--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_10
22
(Mon)15:33

S2ep2-1 The Hounds of Baskerville

『バスカヴィル家の犬』来ました!小学校高学年くらいのときに読んで、大変面白かったという記憶があります。また近いうちに読み返さなければ。

原題は"The hound of the Baskervilles"
この違いのニュアンスはどう訳せば良いのだろうか。

ヘンリーやモーティマー先生は実際にこの作品から取られた名前なんだなあ。

本文はRead Moreからどうぞ〜


DARTMOOR (20年前)
WOMAN: Oh, hello. Are you all right? What is it, dear? Are you lost?
   あら、こんにちは。大丈夫?なあに坊や?迷子?
HENRY KNIGHT: (SCREAMS)

・この子役さん、ヘンリーにそっくり…!よく探してくるものだなあ。

221B BAKER STREET
SH: Well, that was tedious!
   (銛を持った血まみれのシャーロック)もう飽き飽きだ!
JW: You went on the Tube like that?
   それで地下鉄に乗ったのか?
SH: None of the cabs would take me.
   どのタクシーも乗せようとしなかった。

・着替えてきたシャーロックだが、銛は持ったままでいらついている様子
SH: Nothing?
   無いのか?
JW: Military coup in Uganda…
   ウガンダで軍のクーデター…
SH: Hmm.
   ふん。
JW: Hmm. Another photo of you with the…
   んー。またあれを被った君の写真…
SH: (GROANS)
   うう。
JW: Oh, um, Cabinet re-shuffle…
   あ、うん、内閣再改造…
SH: Nothing of importance! Oh, God! John, I need some. Get me some!
   重要なことは何も無い!ああ神よ!ジョン、あれが要る。買ってきてくれ。
JW: No.
   駄目だ。
SH: Get me some!
   買ってきてくれ!
JW: No! Cold turkey. We agreed. No matter what. Anyway, you’ve paid everyone off, remember? No one within a two-mile radius will sell you any.
   駄目だ!禁断症状だ。合意しただろう。何があっても駄目だ。それに、皆を買収しただろ、覚えてるか?半径2マイルの奴らは誰も君に売らないぞ。
SH: Stupid idea! Whose idea was that?
   くだらない!誰のアイディアだよ?
JW: (CLEARS THROAT)

・実際、誰のアイディアなんでしょう。

SH: Mrs Hudson!
   ハドソンさん!
JW: Look, Sherlock, you’re doing really well. Don’t give up now.
   おいシャーロック、君は良くやっているよ。ここで諦めるな。
SH: Tell me where they are. Please. Tell me. Please.
   どこにあるのか教えろ。頼む。教えろ。…頼むよ。
JW: Can’t help, sorry.
   助けてやれない、ごめん。
SH: I’ll let you know next week’s lottery numbers.
   来週のロッテリーの番号を教えてやるから。
JW: (CHUCKLES)
SH: Oh, it was worth a try.
   やあ、これは試す価値があるな。

・シャーロック、そんな凄い能力があるなら一気にお金持ちになれるよ。フラットシェアする必要ないよ…(ほんとに、シャーロックはなんでフラットシェアしてるんだろう?221bに来るまではどうしていたんだろう?)

MRS HUDSON: Yoo-hoo!
   ンッフー♪
・この声が大好き!!!
SH: My secret supply. What have you done with my secret supply?
   僕の秘密の在庫。僕の秘密の在庫で何をした?
MRS HUDSON: Hey?
   ええ?
SH: Cigarettes! What have you done with them? Where are they?
   タバコだよ!あれをどうした?何処にある?
MRS HUDSON: You know you never let me touch your things. Oh! Chance would be a fine thing.
   貴方私に貴方の持ち物に決して触らせないじゃないの。まあ!
SH: I thought you weren’t my housekeeper?
   僕の家政婦じゃなかったはずだが?
MRS HUDSON: I’m not. How about a nice cuppa? And perhaps you could put away your harpoon.
   違うわよ。素敵なお茶はいかが?あともしかして貴方の銛をどこかへやってしまえるんじゃないの?
SH: I need something stronger than tea. Perhaps 7% stronger. You’ve been to see Mr Chatterjee again.
   お茶よりも強いものが要るんだ。7%より強いのだ。(ハドソンさんに銛を向ける)またチャッタジーさんに会ったんだな。
MRS HUDSON: Pardon?
   何ですって?
SH: Sandwich shop. That’s a new dress, but there’s flour on the sleeve. You wouldn’t dress like that for baking.
   サンドイッチ屋だ。新しい服だが、袖に小麦粉がついている。貴方はパンを焼く時にそういう服を着ようとはしない。
JW: Sherlock.
   シャーロック。
SH: Thumbnail, tiny traces of foil. Been at the scratch-cards again. We all know where that leads, don’t we? (SNIFFS) Mmm, Casbah Nights. Pretty racy for first thing on Monday morning, wouldn’t you agree? I’ve written a little blog on the identification of perfumes. It’s on the website. You should look it up.
   親指の爪、アルミホイルの小さな跡。僕ら誰でもこの話が行き着く所がわかるだろ?うん。キャスバーナイトか。月曜の朝一にしてはかなり扇情的だ、そう思わないか?香水の識別についてちょっとしたブログを書いた。ウェブにあるよ。見るべきだな。
MRS HUDSON: Please!
   ねえ!
SH: I wouldn’t pin your hopes on that cruise with Mr Chatterjee. He’s got a wife in Doncaster that nobody knows about.
   チャッタジーさんとのクルーズの望みを繋ぎ止める気はないがね。ドンカスターに誰も知らない妻がいるよ。
JW: Sherlock!
   シャーロック!
SH: Well, nobody except me.
   ああ、僕以外の誰も、だ。
MRS HUDSON: I don’t know what you’re talking about, I really don’t!
   貴方が何を言っているのかわからないわ、本当にわかりませんからね!(退室)

・ここのシャーロックの着席動作がかわいいv

JW: What the bloody hell was all that about?
   (新聞を投げ捨てて)一体全体なんだってんだよ?
SH: You don’t understand.
   わからないのか。
JW: Go after her and apologise.
   追いかけて、謝れ。
SH: Apologise?
   謝る?
JW: Mmm-hmm.
   そうだ。
SH: Oh, John, I envy you so much.
   ああジョン、君がとても羨ましいよ。
JW: You envy me?
   君が僕を羨ましい?
SH: Your mind. It’s so placid, straightforward, barely used. Mine’s like an engine, racing out of control. A rocket tearing itself to pieces, trapped on the launch pad. I need a case!
   君の頭脳だ。落ち着きがあって率直で、ほとんど使われていない。僕のはエンジンのようだ、制御不可能で全速力。発射台で罠にかかって粉々になるロケットだ。事件が必要なんだよ!!

・tear … to pieces:(論文などを)酷評する  という意味もあるそうです。

JW: You’ve just solved one! By harpooning a dead pig, apparently.
   解決したばっかだろ!!死んだ豚を銛でしとめて!
SH: Ah! That was this morning! When’s the next one?
   がああ!!それは今朝の!次のはいつだ!?
JW: Nothing on the website?
   サイトには何もないのか?
SH: “Dear Mr Sherlock Holmes, I can’t find Bluebell anywhere. Please, please, please, can you help?”
   「親愛なるシャーロック・ホームズ様、ブルーベルをどこにも見つけられないんです。お願いお願いお願いですから、助けてください」
JW: Bluebell?
   ブルーベル?
SH: A rabbit, John!
   ウサギだジョン!
JW: Oh.
   ああ。
SH: Ah, but there’s more. Before Bluebell disappeared, it turned luminous. “Like a fairy!” according to little Kirsty. Then the next morning, Bluebell was gone! Hutch still locked, no sign of a forced entry. Ah… What am I saying? This is brilliant. Phone Lestrade, tell him there’s an escaped rabbit.
   ああでもまだあるぞ。ブルーベルが消える前、暗闇で光ったんだ。ちっちゃなカースティーちゃんによると「妖精さんみたいに!」そして翌朝、ブルーベルは行っちゃった!兎小屋はちゃんと施錠されていて、無理矢理侵入された形跡もない。ああ、僕はなんて言った?素晴らしいぞ。レストレードに電話だ、逃げたウサギがいると伝えて。

JW: You’re serious?
   本気?
SH: It’s this or Cluedo.
   じゃなけりゃクルードだ。

・クルードっていう、あちらではポピュラーな推理ゲームがあるらしいですね、そしてシャーロックバージョンが発売されたらしいですね…

JW: No. We are never playing that again.
   いやだ、もう絶対にやらない。
SH: Why not?
   なんで?
JW: Because it’s not actually possible for the victim to have done it, Sherlock, that’s why.
   被害者がやりましたなんて可能性は実際ないからだよ、シャーロック。だからだ。
SH: It was the only possible solution.
   それが唯一の答えだ。
JW: It’s not in the rules.
   そんなのルールにない。
SH: Well, then the rules are wrong!
   じゃあルールが間違ってる!!!
(DOORBELL RINGS)
JW: Single ring.
   一度の呼び鈴。
SH: Maximum pressure, just under the half second.
   最大限の圧力、二分の一秒以下。
BOTH: Client!
   依頼人だ!

(ビデオ録画)
REPORTER: Dartmoor. It’s always been a place of myth and legend. But is there something else lurking out here? Something very real? Because Dartmoor is also home to one of the government’s most secretive operations, the Chemical and Biological Weapons Research Centre, which is said to be even more sensitive than Porton Down. Since the end of the Second World War, there have been persistent stories about the Baskerville experiments. Genetic mutations. Animals grown for the battlefield. There are many who believe that within this compound, in the heart of this ancient wilderness, there are horrors beyond imagining. But the real question is, are all of them still inside?
   ダートムーア。ここは常に、神話と伝説の地なのです。しかし他にこの地に潜んでいるものはあるのでしょうか?何かとても現実的なものが?何故ならダートムーアは政府の最高機密事業の一つ、ポートダウン(イギリス軍の化学兵器研究機関)よりもデリケートな機密を扱っていると言われる、化学兵器及び生物兵器の調査センターの本拠地でもあるのです。第二次世界大戦の終結以来、バスカビルの実験について長い間語り継がれているのです。遺伝子変異。戦場用に育てられた動物。この由緒ある荒野の中心で壁に囲われた地では、この話を信じる人が大勢います。想像を超えた恐怖が存在すると。しかし真の疑問はこうです、それら全てはちゃんと中にいるのでしょうか?
HENRY: I was just a kid. It was on the moor, it was dark, but I know what I saw. I know what killed my father.
   私はただの子どもでした。荒野で、暗くて、でも私は何を見たのか判っています。何が私の父を殺したのか判っています。
SH: What did you see?
   (テレビを消す)何を見たんです?
HENRY: Oh, I…I was about to say.
   あ、あの…今言う所だったんです。
SH: Yes, in a TV interview. I prefer to do my own editing.
   ええ、テレビの取材でね。僕は自分で編集する方が好きだ。
HENRY: Yes. Sorry, yes, of course. Excuse me. (BLOWING NOSE)
   ああ。ごめんなさい、そうですよね、当然です。すみません。(鼻をかむ)
JW: In your own time.
   準備できたらでいいですよ。

・in one’s own good time:用意ができたら

SH: But quite quickly.
   でも早くしろ。
HENRY: Do you know Dartmoor, Mr Holmes?
   ダートムーアをご存知ですか、ホームズさん?
SH: No.
   いいや。
HENRY: It’s an amazing place. It’s like nowhere else, it’s sort of bleak but beautiful.
   素晴らしい所です。他にはありませんよ。ある種荒涼としていますが、美しいんです。
SH: Hmm. Not interested, moving on.
   ほう。興味ありませんね、さあ次へ。
HENRY: We used to go for walks after my Mum died, my Dad and me. Every evening we’d go out onto the moor.
   母さんが死んでから、僕らはよく散歩したんです、父さんと僕で。毎日夕方に荒野に出掛けました。
SH: Yes, good, skipping to the night that your dad was violently killed. Where did that happen?
   そう、いいですね、あなたのお父さんが無惨に殺された夜まで飛ばして。どこでだったんです?
HENRY: There’s a place, it’s a sort of local landmark called Dewer’s Hollow. That’s an ancient name for the Devil.
   一種の目印のようなもので、デュワーズの窪地と呼ばれる場所があります。それは悪魔の為の古来の名前なんです。
SH: So?
   で?
JW: Did you see the Devil that night?
   その夜悪魔を見た?
HENRY: Yes. It was huge. Coal black fur with red eyes. It got him. Tore at him, tore him apart. I can’t remember anything else, they found me the next morning just wandering on the moor. My Dad’s body was never found.
   はい。巨大でした。石炭のように黒い毛皮で、真っ赤な目。父を捕えたんです。彼を食いちぎって。他には何も思い出せません、翌朝、荒野をさまよっている所を発見されたんです。父の体が見つかりませんでした。
JW: Hmm. Red eyes, coal black fur. Enormous. Some sort of dog, wolf?
   ふうむ。赤い目、石炭のように黒い毛皮。巨大。犬かな、オオカミ?
SH: Or a genetic experiment?
   それか遺伝子実験か?
HENRY: Are you laughing at me, Mr Holmes?
   僕を笑っているんですか、ホームズさん?
SH: Why, are you joking?
   何故?冗談でも言ったのか?
HENRY: My Dad was always going on about the things they were doing at Baskerville. About the type of monsters they were breeding there. People used to laugh at him. At least the TV people took me seriously.
   父はバスカビルで彼らがやってたことについていつも毒づいていたんです。彼らがそこで育てていた怪物の種類について。みんな彼を笑っていました。いずれにせよテレビの人達は真面目に扱ってくれましたが。
SH: I assume did wonders for Devon tourism.
   デボン観光用の不思議を探してたんでしょうがね。

・このdidは何?

JW: Yeah… Henry, whatever did happen to your father, it was 20 years ago. Why come to us now?
   そうだね…ヘンリー、君のお父さんに何が起こったにせよ、20年前のことだろ。なんだって今、俺らの所に来たんだ?
HENRY: I’m not sure you can help me, Mr Holmes, since you find it all so funny!
   あなたが僕を助けてくれるか定かでないんです、ホームズさん、だってとても可笑しそうにしているから!(退室しようとする)
SH: Because of what happened last night.
   …昨晩、何かが起きたからだ。
JW: Why? What happened last night?
   え?昨晩何かあったのか?
HENRY: How… How did you know?
   どう…どうやって知ったんです?
SH: I didn’t know, I noticed. Came up from Devon on the first available train this morning. You had a disappointing breakfast and a cup of black coffee. The girl in the seat across the aisle fancied you. Although you were initially keen, you’ve now changed your mind. You are however, extremely anxious to have your first cigarette of the day. Sit down, Mr Knight. And do please smoke, I’d be delighted.
   知ったんじゃない、気づいたんだ。今朝始発電車でデボンからやってきた。幻滅する朝食とブラックコーヒーを一杯摂ったんだな。通路越しの席のお嬢さんはあなたに気があった。貴方は最初は乗り気だったのに今は気が変わっている。今日最初のタバコを切望しているんですね。さあ掛けてナイトさん。そしてどうぞお吸いになってください。歓迎しますよ。
HENRY: How on earth did you notice all that?
   一体どうやって気づいたっていうんですか?
JW: It’s not important…
   別に重要なことじゃ…
SH: Punched-out holes where your ticket’s been checked.
   切符を確認された穴だ。
JW: Not now, Sherlock.
   今はよせ、シャーロック。
SH: Oh, please. I’ve been cooped up in here for ages.
   なあ頼むよ。ずっと籠に閉じ込められているんだ。
JW: You’re just showing off.
   ひけらかしてるだけじゃないか。
SH: Of course. I am a show-off. That’s what we do. Train napkin you used to mop up the spilled coffee, strength of the stain shows that you didn’t take milk. There are traces of ketchup on it and round your lips and on your sleeve. Cooked breakfast. Or the nearest thing those trains can manage, probably a sandwich.
   当然だ、僕はひけらかしやなのさ。それが僕らのやってることだろ。君が溢れたコーヒーを拭くのに使った車内用ナプキン、その濃い染みは君がミルクを使わないことを示している。それと君の唇と袖にはケチャップの跡がある。調理された朝食だ。それかそういう電車で食べることができて最も近いのは、サンドイッチだろ。

・manageはcan, couldなどを伴って「…を食べる」という意味になるとか。知らなかった!

HENRY: How did you know it was disappointing?
   何故…幻滅したって判るんです?
SH: Is there any other type of breakfast on a train? The girl, female handwriting’s quite distinctive, wrote her phone number down on the napkin. I can tell from the angle she wrote at that she was sat across from you on the other side of the aisle. Later, after she’d got off, I imagine, you used the napkin to mop up your spilled coffee, accidently smudging the numbers. You’ve been over the last four digits yourself with another pen, so you wanted to keep the number. Just now, though, you used the napkin to blow your nose. Maybe you’re not that into her after all. Then there’s the nicotine stains on your fingers, your shaking fingers. I know the signs. No chance to smoke one on the train no time to roll one before you got a cab here. It’s just after 9:15, you’re desperate. The first train from Exeter to London leaves at 5:46 a.m. You got the first one possible, so something important must have happened last night. Am I wrong?
   他のタイプの車内朝食がありますか?そのお嬢さん、女手特有のだ、彼女の電話番号を君のナプキンに書き留めたんだ。角度から見て彼女は君の通路の反対側に座っていたと言える。その後、彼女が降車してから、きっと零したコーヒーを拭くのにナプキンを使い、うっかり番号をにじませてしまった。最後の四桁はあなたが別のペンでなぞっている、つまり番号を取っておきたかったんだ。そして今、しかしながら、鼻をかむのにナプキンをつかった。多分もう彼女にそういう気はないんだろう。次にあなたの指にニコチンの着色がある、指が震えている。その兆候は知ってますよ。車内では喫煙のチャンスはないしタクシーでここまで来る前にもそんな時間はなかった。9:15をまわった所だ、欲しくてたまらないだろう。エクスターからロンドンへの始発電車は朝5:46発だ。始発電車に乗ったんだ、つまり何か重要なことが昨晩起こったに違いない。僕は間違えているでしょうか?
HENRY: No, you’re right. You’re…completely, exactly right. Bloody hell, I heard you were quick.
   いいえ、あっています。貴方は…完璧に、正確にあっています。なんていうことだ、頭の回転が速いとは聞いていたけれど。
SH: It’s my job. Now shut up and smoke!
   これが僕の仕事です。さあ黙ってタバコを吸って!

・ヘンリーを凝視するシャーロック。仕方なくジョンが話し始める(笑)

JW: Henry, your parents both died and you were, what, seven years old?
   ヘンリー、ご両親ともに亡くなられて君は、何、7歳だったの?
HENRY: I know, but…
   ええ、でも…

・ヘンリーに接近して煙のおこぼれに預かるシャーロックwwwこのシーンは何回見ても「なんだこいつw」って思わず笑ってしまいます。

JW: That must be quite a trauma. Have you ever thought that maybe you invented this story, this… to account for it?
   あの、ト、トラウマになったに違いないだろうね。…その話を、君が作り上げてしまったっていうのは考えたことない?説明をつけるために。
HENRY: That’s what Dr Mortimer says.
   モーティマー先生もそう言います。
JW: Who?
   誰?
SH: His therapist.
   セラピストだ。
HENRY: My therapist.
   僕のセラピストです。
SH: Obviously.
   (ヘンリーに)明白だ。
HENRY: Louise Mortimer. She’s the reason I came back to Dartmoor. She thinks I have to face my demons.
   ルイス・モーティマー。彼女がいるからダートムーアに戻ったんです。彼女は僕が悪魔に向き合う必要があると考えていて。
SH: And what happened when you went back to Dewer’s Hollow last night, Henry? You went there on the advice of your therapist and now you’re consulting a detective. What did you see that changed everything?
   デュワーズの窪地に戻って昨晩何があったんだ、ヘンリー?セラピストの助言でそこへ向かって、今度は諮問探偵か。全てをひっくり返す何を見たんだ?
HENRY: It’s a strange place, the Hollow. Makes you feel so cold inside, so afraid.
   奇妙な所なんです、その窪地ですよ。中に入るととても寒く感じられて、怖くなるんです。
SH: Yes, if I wanted poetry, I’d read John’s emails to his girlfriends, much funnier. What did you see?
   ほう、詩が欲しいならジョンのガールフレンド宛のメールを読むさ、もっと面白いからね。何を見たんです?

・プライバシーも何もあったものじゃないな…もしジョンが訴えたら勝てると思う。これに限らず全般的に。

HENRY: Footprints. On the exact spot where I saw my father torn apart.
   足跡です。僕の父親が引き裂かれたのを見た、まさにあの場所に。
JW: A man’s or a woman’s?
   男性の、それとも女性の?
HENRY: Neither. They were…
   どちらでもありません。それは…
SH: Is that it? Nothing else? Footprints. Is that all?
   それで?他に何も?足跡。それで終わり?
HENRY: Yes, but they were…
   ええ、でもそれは…
SH: No, sorry, Dr Mortimer wins, childhood trauma masked by and invented memory. Boring! Goodbye, Mr Knight. Thank you for smoking.
   いいえ、残念です、モーティマー先生の勝ちですね、覆われた幼少期のトラウマと作られた思い出。退屈だ!さようならナイトさん。煙をありがとう。
HENRY: What about the footprints?
   足跡が何ですか?
SH: Oh, well, they’re probably pawprints, could be anything, therefore nothing. Off to Devon with you. Have a cream tea on me.
   はいはい、まあ四肢動物の足跡でしょう、他のものでなければ、何でも無い。デヴォンと共に去ってしまえ。僕のおごりでクリームティーでも飲みますか。

・「ぶぶづけでもいかが」と同じような言い回しなのかと思って調べたけど、特にそういうわけでもなさそう…

HENRY: Mr Holmes, they were the footprints of a gigantic hound!
   ホームズさん、その足跡は、巨大なハウンド(猟犬)のものだったんです!
SH: Say that again?
   もう一度言って。
HENRY: I found footprints, they were…
   足跡を見つけたんです、それは…
SH: No, no, no, your exact words. Repeat your exact words from a moment ago, exactly as you said them.
   違う違う、正確な言葉を。さっきの正確な言葉を繰り返して。まさにあなたが言った通りに。
HENRY: Mr Holmes, they were the footprints of a gigantic hound.
   ホームズさん…その、足跡は…、巨大な、ハウンドのものだったんです。
SH: I’ll take the case.
   この件を扱おう。
JW: Sorry, what?
   え、何だって?
SH: Thank you for bringing this to my attention, it’s very promising.
   この件を僕に持ち込んでくれてありがとう、これは期待できる。
JW: No, no, no. Sorry, what? A minute ago footprints were boring, now they’re very promising?
   おいおいおい、ちょっと、何?数分前は足跡は退屈だと言っていたのに、今は期待できるだって?
SH: It’s got nothing to do with footprints. As ever, John, you weren’t listening. Baskerville, ever heard of it?
   足跡は関係ないよ。ジョン、相変わらず聞いていなかったんだな。バスカビルについて聞き及んだことは?
JW: Vaguely. It’s very hush-hush.
   なんとなくは。めっちゃ極秘だって。
SH: Sounds like a good place to start.
   始まりには良い場所のようだな。
HENRY: Ah, you’ll come down, then?
   あ、じゃあ来てくださるんですか?
SH: No, I can’t leave London at the moment, far too busy. But don’t worry, I’m putting my best man onto it. Always rely on John to send me all the relevant data, as he never understands a word of it himself.
   いいえ、今はロンドンを離れられないんです、忙しすぎて。でもご心配なく、その件には僕の最高の人材を派遣しますから。常にジョンを信頼して、関係する情報を全て僕に送って。ジョンは決してこの言葉を理解しないけど。
JW: What are you talking about, you’re busy? You don’t have a case. A minute ago you were complaining…
   何を言っているんだ、忙しいだって?扱ってる事件はないだろ。数分前に不平を…
SH: Bluebell, John! I’ve got Bluebell! The case of the vanishing glow-in-the-dark rabbit. NATO’s in uproar.
   ブルーベルだよジョン!僕にはブルーベルがある!暗闇で光るウサギの消失事件だ。(ヘンリーに)北大西洋条約機構が大騒ぎをしていてね。
HENRY: Oh, sorry. You’re not coming then?
   あ、すみません。じゃあ来てくれないんですか?
JW: Oh. OK. OK. (THROWS A CIGARETTE CASE)
   ああ、わかった、わかった。(タバコの箱をシャーロックに投げる)
SH: I don’t need those any more, I’m going to Dartmoor. You go on ahead, Henry, we’ll follow later.
   (箱を放り投げる)もう必要ない、ダートムーアに行くぞ。先に行っていて、ヘンリー。僕らは後で追いかけるから。
HENRY: Sorry, so you are coming?
   すみません、じゃあ来てくださるんですね?
SH: Twenty-tear-old disappearance? A monstrous hound? Wouldn’t miss this for the world!
   20年前の涙の失踪?醜怪なハウンド?どうしたって見逃せるものか!

・ for all the world: (否定を強めて)絶対に、どうしても
  関係ないですが、初見時は「世界も見捨てたものじゃないな!」みたいなことを言ってるのかと思っていました。
・ worldの発音と口の形と、ダン、ダン、ダン♪のBGMが大好き。


・ ジョンが荷物を二つ持って扉から出て来る。…あれ、なんでシャーロック手ぶらなの?まさか…
・ ハドソンさんがスピーディーで暴れている
JW: Oh. Looks like Mrs Hudson finally got to the wife in Doncaster.
   おい、ハドソンさんがついにドンカスターの奥さんに達したようだ。
SH: Hmm. Wait till she finds out about the one in Islamabad. Paddington Station, please.
   うん。イスランバードのにも気づくまで待つとしよう。(運転手に)パディントン駅まで頼む。

ハドソンさんがこういうことでゴタゴタしているのがちょっと意外でした。なんとなく、一種の聖母様のようなイメージを抱いていたので…。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

きたきたきた~!!

でた・・バスカヴィル!!これはなかなか脇役のクオリティが高いと感じる作品。
ヘンリー・ナイト演じる彼とベネディクトとは、「ミスマープル」で共演しています。う~んミステリー繋がり!
そして今まで出た6エピソードの中で、唯一モリアーティが裏で関わっているような匂いを漂わせていないお話。
(あ、私、このあたりから一気に熱が入って本当~~にめんどくさいと思う!!先に忠告・・)
最初のThat was tedious!の前のジョンのおでこに注目よね!

Oh, God!!は「あああクソ!」って感じ。
Whose idea was that?はなんとなくシャーロックの思いつきかと思ってた・・けど違うのかな?実はジョンだった?

Oh, it was worth a try.
(失敗したが)まあ試す価値はあった。

Chance would be a fine thing.
それも無理そうね。って感じ??これ、全部でワンセットみたいよ!

You’ve just solved one! By harpooning a dead pig, apparently.
ここ何度見ても大好き!視聴者的にはあんまりapparentlyじゃないところが(笑)
「え・・あ、豚?・・そうだったんだ」ってなるよね。

But quite quickly.
シャーロックにしてはわりと丁寧な口調。「でもちょっと早目にね」くらいの。

I assume did wonders for Devon tourism.
「do wonders」で「素晴らしい仕事をする/効果がある」みたいよ!
きっとDevonの客寄せに一役買ったんだろうね、というニュアンスだろうか。

those trains can manage
これは私の見解だけれども・・trainがmanageできるもの、でよいのかな・・?と。
そういう電車が用意できるものといったらせいぜい、サンドウィッチだろうな。というイメージ。

as he never understands a word of it himself.
彼自身はそのデータの内容をひとっつも(一文字も)理解していないけどね。

なんか、大暴れしてしまった気が・・・
見苦しいコメントごめんね!!

2012/10/23 (Tue) 00:15 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

Re: きたきたきた~!!

へえ、ベネディクトさん、ミスマープルにも出演されているんですね…!
めんどくさいなんてとんでもないです>_<熱く語ってもらえると嬉しいです…!!!

> ジョンのおでこ
I totally agree with you!!!!そして、あの程度の反応をするだけで、フラットを出て行かないジョンも大概だねw

> Oh, God!!
なるほど。シャーロックが神に祈るなんて珍しいな、とか思ってました(汗)

> Whose idea was that?
うん、多分シャーロックの思いつきなんだろうけども。でも「買収」っていうのが…まさかマイクロフト?なんて…

> Oh, it was worth a try.(失敗したが)まあ試す価値はあった。
な る ほ ど

> You’ve just solved one! By harpooning a dead pig, apparently.
> ここ何度見ても大好き!視聴者的にはあんまりapparentlyじゃないところが(笑)
> 「え・・あ、豚?・・そうだったんだ」ってなるよね。
確かにw ジョンは何故わかったの…

> But quite quickly.
> シャーロックにしてはわりと丁寧な口調。
そうなんだー!シャーロックの台詞は特に、どう訳せば良いか迷いますー。お坊ちゃんぽい感じはするからたまには敬語を使わせるか、それともできるだけぶっきらぼうな言葉を選ぶか。

> 「do wonders」で「素晴らしい仕事をする/効果がある」みたいよ!
あーそこイディオムだったんだ…!!!!ありがとうー!

> those trains can manage
> これは私の見解だけれども・・trainがmanageできるもの、でよいのかな・・?と。
> そういう電車が用意できるものといったらせいぜい、サンドウィッチだろうな。というイメージ。

> as he never understands a word of it himself.
> 彼自身はそのデータの内容をひとっつも(一文字も)理解していないけどね。

両者ともスマートな訳ありがとう>_<

初めて見たSHERLOCKはこのエピソードなので、そういう意味での思い入れもありますv
綺麗な色彩(特に施設内)と音楽、マインドパレス等お洒落な演出、主人公の非人道っぷり(汗)等々、一気に引き込まれてしまいましたー。

2012/10/23 (Tue) 22:44 | そふぃー #vhyXuXfY | URL | 編集 | 返信

No title

こんにちは。
興味深く参照させて頂いてます。

barely used.=「ほとんど使われてない」!そういう意味だったのですか。=かろうじて使われている、ですね。
わたしは「なんとか慣れた」のかと思っていました。mindが頭脳という意味を含むこともびっくり。
羨ましいとか持ち上げられて一気に落とされるとは、でもジョンは良く我慢しましたね。笑

これからも頑張ってください~応援してます(*^^*)

2013/02/01 (Fri) 14:43 | やおこ #- | URL | 編集 | 返信

やおこさん

やおこさん、はじめまして!
barely usedは、Your mind is barely used.の略だと思って訳しました。
mindは辞書を引くと沢山の意味が出てきますね。
「心」や「精神」と訳すと、シャーロックの言う「僕のはエンジンのようだ」に上手く繋がらないように思ったので「頭脳」と採用しています。言葉を選ぶのは難しいです…!!

コメントありがとうございました^^これからも頑張りますので、よろしくお願いします!

2013/02/03 (Sun) 22:37 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。