--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_11
02
(Fri)23:41

S2ep2-3 The Hounds of Baskerville

原作で、ホームズに会ったばかりのモーティマー博士が「あなたの頭蓋骨がほしくてたまりませんよ」と言うのにびっくりしました。
でも、私もベネディクトさんのホームズを見たとき、「この人の頭蓋骨、どんな形しているんだろう」と思いました。…確か、最初の感想がそれでした。
なんとなく、モーティマー博士に親近感…なんて。



BASKERVILLE
GUARD: Pass, please? Thank you.
   通行証を。どうも。
JW: We got ID for Baskerville? How?
   俺らはバスカヴィルへの身分証明書を持ってんのか?どうやって?
SH: It’s not specific to this place. It’s my brothers. Access all areas. I um…acquired it ages ago, just in case.
   この場所限定じゃない。兄のだ。何処にでも入る権利がある。僕は…随分前に手に入れたんだ、何かのときの為にね。
JW: Brilliant.
   素晴らしいことだね。
SH: What’s the matter?
   何か問題が?
JW: We’ll get caught.
   捕まるよ。
SH: No, we won’t. Well, not just yet.
   いいや、そんなことない。まあ、今すぐにではない。
JW: Caught in five minutes. “Oh, hi! We just thought we’d come and have a wander round your top-secret weapons base.” “Really? Great! Come in, kettle’s just boiled.” That’s if we don’t get shot.
   5分以内に捕まるぞ。「やあどうも!君たちのトップシークレットの武器基地をぶらぶらと見せて欲しいんだけど」「そうなの?やったあ!さあ入って、ヤカンが丁度湧いたところだ」もし撃たれないならそうなるな。

・このシーンだけじゃなくて建物内に入ってからも然りなんだけど、二人はこんな会話をおおっぴらに繰り広げていて大丈夫なのかな…(ハラハラ)

GUARD: Here you are. Thank you very much.
   どうぞ。ありがとうございました。
SH: Thank you.
   ありがとう。
GUARD: Straight through, sir.
   まっすぐ進んでください。
JW: Mycroft’s name literally opens doors.
   マイクロフトの名は文字通りドアを開けるんだな。
SH: I’ve told you. He practically is the British Government. I reckon we’ve got about 20 minutes before they realise something’s wrong.
   言っただろ。奴は実質英国政府なんだ。あいつらが何かおかしいと認識するまでに大体20分はあるだろう。

CPL LYONS: What is it? Are we in trouble?
   どうした?何かトラブルでも?
SH: “Are we in trouble, sir?”
   「何かトラブルでもありましたか?」

・ Sirの良い訳し方がわかりません…
・ ライオンズさん、顔つきからしてこっち系の人なのかな…?

CPL LYONS: Yes, sir. Sorry, sir.
   はい、申し訳ありません。
SH: You were expecting us?
   僕たちを待っていたのか?
CPL LYONS: Your ID showed up straight away, Mr Holmes. Corporal Lyons. Security. Is there something wrong, sir?
   あなた様のIDが直ちに現れたもので、ホームズ様。伍長のライオンズ、防衛部門です。何か問題でもあったのでしょうか?
SH: Well, I hope not, Corporal. I hope not.
   ああ、そうでないことを願うよ、伍長殿。そうでないことを願う。
CPL LYONS: It’s just we don’t get inspected here you see, sir. It just doesn’t happen.
   ここに視察を入れることは必要ないとご存知ですよね。起こり得ません。
JW: Never heard of a spot check? Captain John Watson. Fifth Northumberland Fusiliers.
   抜き取り検査のこと聞いていないのか?陸軍大尉ジョン・ワトソンだ。第5ノーザンバーランド・フュージリアーズの。
CPL LYONS: Sir. Major Barrymore won’t be pleased, sir. He’ll want to see you both.
   大尉。バリモア陸軍少佐はお喜びにならないかと。お二方にお会いしたがるでしょう。
JW: I’m afraid we won’t have time for that. We’ll need the full tour. Right away. Carry on. That’s an order, Corporal.
   残念ながらその時間はないんだ。全部見せてもらう必要がある。直ちに。進めろ。これは命令だ、伍長。
CPL LYONS: Yes, sir.
   御意。

・ジョンの軍での経験と機転が活きているシーン…!シャーロックは途中からは黙ってるだけw
・あと、よくわかりませんが、ジョンって、こんなウルトラ級のマイクロフトと共に視察に来てもおかしくない位の高い位を持っているの?

CCV1・security authorization requested・holmes, mycroft・priority ultra
Processing CCV1・5555*0000*×1//5894

・ここの音楽も、緊張感があって大好きです。秒針の音から始まるのも良いですよね。

SH: Nice touch.
   いい接触だ。
JW: Haven’t pulled rank in ages.
   地位を乱用するなんて何年もしてなかった。

・pull (one’s) rank:(部下の尊敬、服従を要求して)地位を悪用する、かさにきて命令を出す

SH: Enjoy it?
   楽しんでる?
JW: Oh, yeah.
   ああ、そうだね。

CCV・security authorization pending・holmes, mycroft・priority ultra・processing CCV1・5555*0000*×1//5894

・ 階数表示がどこまであるかさりげなくチェックしているのかな?
・ 真っ白な壁に光の反射。素敵な画面効果…

SH: How many animals do you keep down here?
   ここに何匹の動物を保有しているんだ?
CPL LYONS: Lots, sir.
   多数です。
SH: Any ever escape?
   逃げ出したことは?
CPL LYONS: They’d have to know how to use that lift, sir. We’re not breeding them that clever.
   リフトの操作法を理解しなければなりませんから。私どもはそこまで彼らを賢く育てていません。
   
SH: Unless they have help.
   助けがなければね。
FRANKLAND: Ah, and you are?
   ああ、あなたは?

・ものすごく蛇足なのですが、いつもここ「ああ、コンチワー?」って聞こえて仕方ありません(汗)

CPL LYONS: Sorry, Dr Frankland, I’m just showing these gentlemen around.
   すみません、フランクランド博士、こちらのご紳士方にこの辺りをお見せしている所です。
FRANKLAND: Ah, new faces! How nice. Careful you don’t get stuck here, though. I only came to fix a tap.
   やあ、新顔だな!いいねえ。でもがむしゃらにならんように気をつけて。私は蛇口を修理しに来ただけなんだ。

JW: How far down does that lift go?
   あのリフトはどのくらい下に行くんだ?
CPL LYONS: Quite a way, sir.
   相当、です。
JW: Mmm-hmm. And what’s down there?
   ふむ。で下には何が?
CPL LYONS: Well, we have to keep the bins somewhere, sir. This way, please, gentlemen.
   我々は何処でも貯蔵所を保たねばなりません。さあこちらへどうぞ。
JW: So what exactly is it that you do here?
   君らがここでやっているのは正確に何なんだ?   
CPL LYONS: I thought you’d know, sir. This being an inspection.
   ご存知のことと思いますが。視察なのですよね。
JW: Well, I’m not an expert, am I?
   俺は専門家ではないからね。
CPL LYONS: Everything from stem cell research to trying to cure the common cold, sir.
   幹細胞からなる全てのものの研究です。ありふれた風邪を治療しようとする為に。
JW: But mostly weaponry?
   だが大方は兵器類?
CPL LYONS: Of one sort or another, yes.
   何らかのでは、そうですね。
JW: Biological, chemical…
   生物的、化学的…
CPL LYONS: One war ends, another begins, sir. New enemies to fight. We have to be prepared.
   ある戦争が終われば他が始まるのです。戦うべき新しい敵。我々は備えなければなりません。

CCV1・security authorization processing
CCV1・5555*0000*×1//5894
-query-query-query-

STAPLETON: OK, Michel. Let’s try Halo 3 next time.
   いいわ、マイケル。次はハロ3を試してみましょう。
CPL LYONS: Dr Stapleton.
   ステイプルトン博士。
SH: Stapleton.
   ステイプルトン…。
STAPLETON: Yes. Who’s this?
   ええ。どなた?
CPL LYONS: Priority ultra, ma’am. Orders from on high. An inspection.
   優先度極限の方です、博士。上からの命令です。ご視察で。
STAPLETON: Really?
   本当?
SH: We’re to be accorded every courtesy, Dr Stapleton. What’s your role at Baskerville?
   我々は全優遇を与えられる為にここにいるのだ、ステイプルトン博士。バスカヴィルでの君の役割は何だ?
STAPLETON: (LAUGHS)
JW: Accorded every courtesy, isn’t that the idea?
   全優遇を与えられる為に、
STAPLETON: I’m not free to say. Official Secrets.
   自由に発言できないの。職務上の秘密なのよ。
SH: Oh, you most certainly are free. And I suggest you remain that way.
   ああ、君は確実に自由だろう。その道に留まることを奨めるね。

・ジョンが険しい顔。

STAPLETON: I have a lot of fingers in a lot of pies. I like to mix things up. Gene’s mostly. Now and again, actual fingers.
   沢山のことに沢山指を突っ込んでいるんです。物事を混ぜ合わせるのが好きで。主に遺伝子を。時々、本物の指を。

・have a finger in the pie:手出しする、干渉する

SH: Stapleton, I knew I knew your name.
   ステイプルトン、僕は、僕は貴方の名前を知っている。
STAPLETON: I doubt it.
   本当かしらね。
SH: People say there’s no such thing as coincidence. What dull lives they must lead.
   偶然なんてものは存在しないと皆言うが…彼らが送っている筈の生活はなんと無味乾燥なのだろうか。
BLUEBELL

・ シャーロックは博士の瞳孔を見ようとしているのかな?w
・ ライオンズ伍長が手帳を覗き込もうとするも、ピシャリと閉じてしまうシャーロック。

STAPLETON: Have you been talking to my daughter?
   娘と話したことが?
SH: Why did Bluebell have to die, Dr Stapleton?
   ブルーベルは何故死ななければならなかった、ステイプルトン博士?
JW: The rabbit?
   あのウサギ?
SH: Disappeared from inside a locked hutch, which was always suggestive.
   鍵のかかった兎小屋から逃げ出した、
JW: The rabbit?
   ウサギ?
SH: Clearly an inside job.
   明らかに内部の人間がやったことだ。
STAPLETON: Oh, you reckon?
   あら、そう思う?
SH: Why? Because it glowed in the dark?
   何故?暗闇で発光したからか?
STAPLETON: I have absolutely no idea what you’re talking about. Who are you?
   あなたが何について話しているのか全く判らないわ。あなた誰なの?

CCV1・security authorization
alert alert
potential level 5 security breach
5555*0000*×1//5894

SH: Well, I think we’ve seen enough for now, Corporal. Thank you so much.
   さあ、差し当たり十分見た。伍長、感謝する。
CPL LYONS: That’s it?
   以上で?
SH: That’s it. It’s this way, isn’t it?
   以上だ。こっちだろう?(さっさと歩き始める)
STAPLETON: Just a minute!
   ちょっと待ちなさいよ!
JW: Did we just break into a military base to investigate a rabbit?
   俺らはウサギの調査をする為に軍事基地に不法侵入したのかよ?
CCV1-authorization query
potential Level 5 security breach
URGENT-URGENT-URGENT
refer holmes, Mycroft

・マイクロフトの元へ、確認の電話連絡網…(綺麗な女の人ばかり…そして、メール一本で繋がったりしないのだろうか…)

(TEXT MESSAGE) What are you doing? M
   なにをしている?M

SH: Huh. 23 minutes. Mycroft’s getting slow.
   はっ!23分か。マイクロフトも鈍ってきてるな。

(リフトの扉が開くとフランクランド博士が乗っている)
FRANKLAND: Hello. Again.
   また会いましたね。
(降りようとすると、扉の前にバリモア少佐が…)
CPL LYONS: Uh, Major, this is…
   ああ、少佐、こちらは…
BARRYMORE: Bloody outrageous! Why wasn’t I told?
   なんと侮辱的な!何故私に伝えられなかったのだ?
JW: Major Barrymore, is it? Yes. Well. Good. Very good. We’re very impressed. Aren’t we, Mr Holmes?
   バリモア少佐ですね?ええ。あの、良かった、とても良かった。感銘を受けましたよ。そうですよね、ホームズさん?

・ 手を差し出すが、握手してもらえないジョンw

SH: Deeply. Hugely.
   深く。大いに。
(TEXT MESSAGE) What’s going on Sherlock? M
   どうしたのだシャーロック M

BARRYMORE: The whole point of Baskerville was to eliminate this kind of bureaucratic nonsense!
バスカヴィルの全ての項目はこういう官僚的な愚行を排除するのですよ!
SH: I’m so sorry, Major.
   悪いね、少佐。
BARRYMORE: Inspections…
   視察だと…
SH: New policy. You can’t remain unmonitored forever. Goodness knows what you’d get up to. Keep walking.
   新しい方針です。君は永久に監視されずにはいられない。君が何をやっているのかは神のみぞ知る。(ジョンに)歩き続けろ。
CPL LYONS: Sir! ID unauthorized, sir!
   少佐!(電話を受けて、緊急ボタンを押す!)IDが認可されていません、少佐!
BARRYMORE: What?
   何だと?
CPL LYONS: I’ve just had the call.
   電話を受けました。
BARRYMORE: Is that right? Who are you?
   本当か?何者だ?
JW: Look, there’s obviously been some kind of mistake.
   おい、明らかに何か間違いでもあったんだ。
BARRYMORE: Clearly not Mycroft Holmes.
   (マイクロフトの写真を見て)明白に、マイクロフト・ホームズではないな。

・っていうか、入り口で気づかないんですか!?

JW: Computer error, Major. It’ll all have to go in the report.
   コンピュータのエラーですよ、少佐。レポート行きにしなくては。
BARRYMORE: What the hell’s going on!
   全くどうなっているんだ!
FRANKLAND: It’s all right, Major. I know exactly who these gentlemen are.
   大丈夫だよ、少佐。私はこちらの紳士方が誰なのかちゃんと知っている。
BARRYMORE: You do?
   貴方が?
FRANKLAND: Yeah, I’m getting a little slow on faces, but Mr Holmes here isn’t someone I expected to show up in this place.
   ああ、顔を覚えるのが多少手間取るようになってきたが、ここにいるホームズさんは私がこの場で恥をかかせたいと思うような人ではない。
SH: Ah, well…
  ああ、ええ…(握手。そして貼付けたようなスマイルw)
FRANKLAND: Good to see you again, Mycroft. I had the honour of meeting Mr Holmes at the WHO conference in…Brussels, was it?
   また会えて嬉しいよ、マイクロフト。WHOの会議でホームズさんとお会いする栄誉に恵まれてねえ…えっと、ブリュッセルだったかな?
SH: Vienna.
   ウィーンです。
FRANKLAND: Vienna. That’s it. This is Mr Mycroft Holmes, Major. There’s obviously been a mistake.
   ウィーン。そうだ。こちらはマイクロフト・ホームズさんだよ、少佐。明らかに間違いがあったんだ。
BARRYMORE: On your head be it, Dr Frankland.
   あなたの責任ですよ、フランクランド博士。

・on one’s head:自分の責任で、自分の身にふりかかって

FRANKLAND: I’ll show them out, Corporal.
   私が外をお見せするよ、伍長。
CPL LYONS: Very well, sir.
   了解致しました、博士。

・ 不服そうなバリモア少佐。目が怖いよー。
・ とにかく、外に出ることが出来ました。

SH: Thank you.
   感謝します。
FRANKLAND: This is about Henry Knight, isn’t it? I thought so. I knew he wanted help but…I didn’t realise he was going to contact Sherlock Holmes. Don’t worry, I know who you really are. I’m never off your website. Thought you’d be wearing that hat, though.
   ヘンリー・ナイト君についてじゃないか?(シャーロックは答えない。)…そう思っていたよ。彼が助けを求めているのは知っていたからね…でもシャーロック・ホームズに接触しようとしていたとはね。心配はいらんよ、お前さんらが本当は誰なのか知っている。お前さんのサイトから離れてることは無いくらいだ。だが、あの帽子を被っていると思ったのだが。

・ここ、シャーロックを見て話しているということは、「推理の科学」の方を見ているということ…!?

SH: That wasn’t my hat.
   あれは僕の帽子じゃなかった。
FRANKLAND: I hardly recognise him without the hat.
   あの帽子が無いと彼をちゃんと認識しにくいな。
SH: It wasn’t my hat.
   僕の帽子じゃなかった。
FRANKLAND: I love the blog, too, Dr Watson.
   ブログも大好きですぞ、ワトソン先生。
JW: Oh, cheers.
   ああ、ありがとう。
FRANKLAND: The Pink thing! And that one about the Aluminium Crutch!
   ピンクのやつな!それからアルミの杖についての!
SH: You know Henry Knight?
   ヘンリー・ナイトを知っているのか?
FRANKLAND: Well, I knew his dad better. He had all sorts of mad theories about this place. Still, he was a good friend. Listen, I can’t really talk now. Here’s my cell number. If I can help, with Henry, give me a call.
   ああ、彼の父親のことの方が知ってたが。この場所についてのあらゆる種の気のふれた空論を持っていてね。だが良い友達だった。(バリモア少佐がじっとこちらを見ている。)おい。今はホントに話していられないんだ。これは私の携帯(セルフォン)番号。何か私が助けられれば、ヘンリーのことでな、電話しとくれ。
SH: I never did ask, Dr Frankland. What exactly is it that you do here?
   私は尋ねていませんが、フランクランド博士。あなたはここで何をしているんだ?
FRANKLAND: Mr Holmes, I would love to tell you, but then of course I’d have to kill you.
   ホームズさん、お前さんにお教えするのは大好きなんだが、教えてしまったら当然、貴方を殺さにゃならない。はっは!
SH: That would be tremendously ambitious of you. Tell me about Dr Stapleton.
   僕を殺そうとは、素晴らしく野心的だな。ステイプルトン博士について教えてください。
FRANKLAND: I never speak ill of a colleague.
   同僚のことは悪く言わないことにしとる。
SH: But you’d speak well of one, which you’re clearly omitting to do.
   だがあなたが明らかにやり損ねた人を褒めるんだな。
FRANKLAND: I do seem to be, don’t I?
   そう見えるかね?
SH: I’ll be in touch.
   連絡します。
FRANKLAND: Any time.
   いつでもどうぞ。

JW: So?
   で?
SH: So?
   で?
JW: What was all that about the rabbit? Oh, please. Can we not do this this time?
   一体全体ウサギが何だったんだ?(シャーロックがコートの襟を立てる。)なあ頼むよ。今回はこれをしないことにはできないのか?
SH: Do what?
   何を?
JW: You being all mysterious with your… cheekbones, and turning your coat collar up so you look cool.
   君は秘密にしたがって…その、頬骨で。それでコートの襟を立てるんだ。カッコつけちゃって。
SH: I don’t do that.
   そんなことしていない。
JW: Yeah, you do.
   いいや、してる。
(車に乗り込む二人)


CAR
JW: So, the email from Kirsty, the missing luminous rabbit…
   それで、カースティーからのメール、いなくなった発光ウサギだけど…
SH: Kirsty Stapleton, whose mother specialises in genetic manipulation.
   カースティー・ステイプルトンだ、母親は遺伝子操作を専門にしている。
JW: She made her daughter’s rabbit glow in the dark?
   彼女が娘のウサギを暗闇で光るようにした?
SH: Probably a fluorescent gene. Removed and spliced into the specimen, simple enough these days.
    恐らく蛍光性の遺伝子だ。取り除かれサンプルに組み継ぎされ。最近では十分簡単だ。
JW: So…
   つまり…
SH: So we know that Dr Stapleton performs secret genetic experiments on animals. The question is has she been working on something deadlier than a rabbit?
   つまり僕らはステイプルトン博士が秘密の動物遺伝子実験を履行していることを知っているんだ。疑問は、彼女はウサギよりも命取りな何かに取り組んでいるのか、だ。
JW: To be fair, that is quite a wide field.
   公平の為に言うけど、相当広いフィールドだぞ。

・ 分野と野原のフィールドをかけたのかな?
・ シャーロックはリアクションに困っているのか、それとも伝わっていないのか…
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

おひさしぶり!

頭蓋骨!(笑)モーティマー氏、そんなこと言ってたんだ!(原作一応読んだが覚えてない・・)

わたしはベネディクト版シャーロックを見たときは、
「うん?ホームズって髪の毛ぐるぐるだったっけ?」でした。笑
同じくBBCの魔術師マーリン主人公の役者さん(コリン、なんとか・・だったような!)にパッと見すごく似ているので最初は同一人物かと・・。巷(ユーチューブとか)でも「ベネディクトと彼、似てるよね!!」コメントをよく見かけたので、「よかった、私だけじゃない!」と胸をなでおろし(笑)

kettle’s just boiled!
このシーン、しみじみ大好き(笑)やかん沸かすっていう英国チックな言い方に加えて・・このジョンの胆の据わり様・・!脱帽。

CPLライオンズ、私結構好き。好青年!「That's it?」のときのキョトーンとした顔がたまらない*笑
そうそう、私もジョンの軍での立ち位置が気になり。そんなに偉かったのだろうか・・?

・Well, we have to keep the bins somewhere, sir.
これ、私はずっと「ごみは何処かに置いておかねばなりませんから。(=ごみ置き場です)」みたいな意味かと思っていたが・・調べてみるとbinそのものに「ごみ」っていう意味はないんだね。。どういうことだろうな。それにしてもライオンズさん、質問にハッキリとは答えないところがさすが!

isn’t that the idea?
「We’re to be accorded every courtesy」の時点からピンと来ていないわたし。
このあとでシャーロックが台詞を言いながら「笑顔→無表情」になるところがなんか怖い!ひええー笑

そしてこのステイプルトン教授がまたすごく面白いキャラクター!ある意味、マインドはシャーロックにすごく似ていて、ふたりはかなり気が合うと思う。ステイプルトンから社会的協調性を抜いたらシャーロックになるんじゃないかと思うくらい。笑
役者の方も好き。彼女の英語も響きが柔らかくてすごく素敵!

which was always suggestive.
「暗示的だった(鍵のかかった小屋から消えた=内部の仕業というのをずっと暗示していた)」ということが言いたい気はするのだけど・・どうやって訳すんだろうな。。
The rabbit? ジョン・・(爆)

Clearly NOT Mycroft Holmes.
ほんとう、入口で気付け~!!!笑

but Mr Holmes here isn’t someone I expected to show up in this place.
ホームズさんがまさかこんなところに来られるとは!という感じでは??
I’ll show them out, Corporal.
私が外まで送りますよ(show~out:これはThe Great Gameで登場したときに覚えた!ギャラリーの女性の台詞!)

That would be tremendously ambitious of you.
これ、難しいね・・。なんとなく、「君なら意欲的にそうするんだろうね」っぽい雰囲気なのかなあ・・と思っていた。
But you’d speak well of one, which you’re clearly omitting to do.
ステイプルトンの(悪い面でなく)良い面を教えてくれればいいのに、良い面を言うのは明らかに避けてるね、見たいなニュアンスで私は受け取っていたよ!
その返しもI do seem to be, don’t I?で「そのようだね?どうやらそうみたいだね?(意味深なニヤリ)」という、ここでステイプルトンの人柄イメージダウンさせているフランクランド(という風にわたしは受け取っていました!)。

ちなみにマーティン・フリーマン、運転できないそうです。笑
パソコンのキーボードの打ち方といい、メカ系弱いのかな。。(The Blind Bankerの冒頭といい)
まあ、ホビットだから仕方ないか!(違)

2012/11/04 (Sun) 17:02 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃんいつもありがとう!もう11月になってしまいましたね。

>わたしはベネディクト版シャーロックを見たときは、
>「うん?ホームズって髪の毛ぐるぐるだったっけ?」でした。笑
ホームズ映像作品の髪型をまとめてるサイトをどこかで見たんだけど、タカの頭みたいなタイプと、くるくるふわふわタイプに二分されているようだよー。鳥の頭のような髪の毛っていう描写が正典にあるそうで、それをどう解釈するか、みたいなことらしい。

>kettle’s just boiled!
うん、「お湯がわく」って訳そうかとも思ったけど、ヤカンがわく、っていう表現面白いよね!

>Well, we have to keep the bins somewhere, sir.
そうか、「貯蔵庫」じゃなくて「ゴミ箱」なのかな!何にせよ、はっきりとは答えないライオンズさん素敵!w

>which was always suggestive.
なるほど!

>but Mr Holmes here isn’t someone I expected to show up in this place.
ああ、そっちの方が自然だね!!
辞書を引いたら「恥をかかせる」っていうのがあって、飛びついてしまいましたー。

>I’ll show them out, Corporal.
>But you’d speak well of one, which you’re clearly omitting to do.
なるほどそういうことなんだ!!!ありがとうー!


ところで、ジョンの”The rabbit?”が面白いと言っている方が多いような気がするんだけど、実はよくわからなくて…どういうこと?折角シャーロックがライオンズさんにわからないように伝えているのに、ジョンが口に出しているから?(汗)

2012/11/05 (Mon) 17:57 | そふぃー #0cyykLN2 | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。