--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_11
13
(Tue)22:01

S2ep2-4 The Hounds of Baskerville

バスカヴィルも中盤です。シャーロックが怖がっているシーン、こちらまで怖くなってくるような不気味さが醸し出されていて…脱帽です。

最近色々忙しくてなかなか時間が取れませんが、シャーロックを和訳するのが楽しくて仕方ありませんv英語の勉強にもなりますしね!1月にTOEIC再チャレンジしようかな。

ではでは!今回もお付き合い頂けたら幸いです。



HENRY’S HOUSE
HENRY: Hi. Come in. Come in.
   どうも。入ってください。入って。
JW: Hi. This is uh… Are you, um…rich?
   やあ。えっと…あの、君って、お金持ちなの?
HENRY: Yeah.
   ええ。
JW: Right.
   なるほど。

・「それが何か?」とでも言いたげなあっさりした肯定w生粋のお金持ちなんだなあ。

HENRY: It’s a couple of words. That’s what I keep seeing. “Liberty.”
   いくつか言葉が。見え続けているんです。「リバティー」、と。
JW: Liberty?
   リバティー?
HENRY: “Liberty” and… “In.” It’s just that. Are you finished?
   「リバティー」と…「イン」。それだけなのですが。(ミルク?を見せながら)もういいですか?

・Did you finish?とはニュアンス違うのかなあ…もし使い分けるのなら気になります。

JW: Mmm. Mean anything to you?
   うん。(シャーロックに)君にとって何か意味が?
SH: “Liberty in death”, isn’t that the expression?
   「死の自由」、そういう表現なんじゃないか?
JW: Mmm.
   うーん。
SH: The only true freedom?
   唯一の真の自由?
HENRY: What now, then?
   それで、今度は何でしょう?
JW: Sherlock’s got a plan.
   シャーロックに計画がある。
SH: Yes.
   ああ。(にっこり)
HENRY: Right.
   なるほど。
SH: We take you back out onto the moor.
   僕らは君をムアに連れ戻す。
HENRY: OK.
   ええ。
SH: And see if anything attacks you.
   そしてもし何かが君を襲ったら見るんだ。そして何かが君を襲うか確かめる。

see if: ~かどうかを確かめる


JW: What?
   何だって?
SH: That should bring things to a head.
   (ジョンに)それが物事を危機に至らしめるはずだ。それがはっきりさせてくれる筈だ。

bring A to a head:危機に陥れる、(不確かなことを)はっきりさせる
head:(通例重大な事態の)頂点、絶頂、危機、クライマックス


HENRY: At night? You want me to go out there at night?
   夜に?貴方は、夜に、僕にそこへ行って欲しいんですか?
JW: That’s your plan? (LAUGHS) Brilliant.
   それが君の計画?ハッ、素晴らしいね。
SH: Do you have any better ideas?
   君にはもっと良い考えがあるのか?
JW: That’s not a plan.
   それは計画じゃない。
SH: If there’s a monster out there, John, there’s only one thing to do, find out where it lives.
   もしそこに魔物がいるのなら、ジョン、することは只一つしかない、それが何処に住んでいるのか調べるんだ。(ヘンリーを見てにっこり。)

・ あの、当人のヘンリーさんを蚊帳の外にしないであげてください…笑
・ シャーロックの笑顔が胡散臭いよーw

MOOR
(シャーロック、ジョン、ヘンリーが懐中電灯を持って夜のムアにいる。ジョンは何かの音に気づいて一人歩みを止める。)
JW: Sher… U, M, Q, R, A. Umqra? Sherlock. Sherlock!
   シャー…(振り返るがもう二人の姿が無い)U, M, Q, R, A.…ウムクラ?…シャーロック。シャーロック!

・モールス信号!ささっと理解できちゃうジョンすごい!かっこいい!小学生のときに憧れて覚えようとしましたが、いつの間にか挫折してしまいました…。懐かしいな。

SH: Met a friend of yours.
   君の友達に会った。
HENRY: What?
   何ですって?
SH: Dr Frankland.
   フランクランド博士。
HENRY: Oh, right. Bob, yeah.
   ああ、そうですか。ボブに、へえ。
SH: He seems pretty concerned about you.
   彼は君の事をかなり心配していた。
HENRY: He’s a worrier. Bless him. He’s been very kind to me since I came back.
   あの人は心配性なんです。彼に幸運を。僕が戻って来てからとても親切にしてくれるんです。
SH: He knew your father?
   君の父親を知っている?
HENRY: Yeah.
   ええ。
SH: But he works at Baskerville. Didn’t your dad have a problem with that?
   しかし彼はバスカヴィルで働いているんだ。君の父親はそのことで何か問題はなかったのか?
HENRY: Well, mates are mates, aren’t they? I mean, look at you and John.
   ええ、でも友達は友達です、そうでしょう?ほら、貴方とジョンを見てくださいよ。
SH: What about us?
   僕らが何か?
HENRY: Well, I mean, he’s a pretty straightforward bloke, and you… They agreed never to talk about work, Uncle Bob and my dad. Dewer’s Hollow.
   ええと、つまり、彼はかなり直球な奴で、それで貴方は…。彼らは仕事に関しては話をしないと合意したんです、ボブおじさんと僕の父は。(立ち止まって)デュワーズの窪地です。

・ ここ、シャーロックが不自然にしゃべり続けているように思うのですが、如何でしょう。もう恐怖を感じ始めているのかな…(あと、ジョンがはぐれたことに気づいてあげて!w)
・ “Well, mates are mates, aren’t they? I mean, look at you and John.”は本当に良い台詞ですね。それに続く“What about us?”も然り。このエピソードにとって重要なシーン!!

JW: Sherlock?
   シャーロック?

HENRY: Oh my God, oh my God, oh my God… Did you see it?
   ああ神様、どうしようどうしよう…あれを見ました?
JW: Did you hear that?
   (二人に合流する。)あれが聞こえたか?
HENRY: We saw it! We saw it.
   僕らは見た!見たんです。
SH: No, I didn’t see anything.
   いいや、僕は何も見なかった。
HENRY: What? What are you talking about?
   何ですって?何を言っているんです?
SH: I didn’t see anything.
   僕は、何も、見なかった。

HERNY’ HOUSE
HENRY: Look, he must have seen it! I saw it. He must have. He must have. I… Why? Why? Why would he say that? It-it-it was there. It was.
   ねえ、彼は見た筈なんです!僕は見ました。彼だってそうだ。彼だって。僕…何故?どうして?何故彼はあんなこと言うんでしょう?あ、あれは、いたんだ。いたんだ。
JW: Henry? Henry, I need you to sit down. Try and relax, please.
   ヘンリー?ヘンリー、君に座って貰う必要がある。リラックスして、さあ。
HENRY: I’m okay. I’m okay.
   僕は大丈夫です。大丈夫なんです。
JW: I’m going to give you something to help you sleep. All right?
   君の睡眠を助けるものを持ってこよう。いいね?
HENRY: This is good news, John. It’s…it’s…it’s good. I’m not crazy. There is a Hound. There is… And Sherlock, he saw it too. No matter what he says. He saw it.
   これは良い新情報なんです、ジョン。これは…これは、良い。僕は狂っていない。ハウンドはいるんだ。いるんだ…シャーロックは、彼もあれを見た。彼が何を言おうと。彼は見た。

RESTAURANT
JW: Well, he is in a pretty bad way. He’s manic. Totally convinced there’s some mutant super-dog roaming the moors. And there isn’t, though, is there? ‘Cause if people knew how to make a mutant super-dog, we’d know. They’d be for sale. I mean, that’s how it works. Listen, on the moor, I saw someone signalling. Morse. I guess it’s Morse. Doesn’t seem to make much sense. U-M-Q-R-A. Does that mean anything? So, OK. What have we got? We know there’s footprints, ‘cause Henry found them. So did the tour guide. But we all heard something. Maybe we should just look for whoever’s got a big dog.
   なあ、彼は悪い状態だよ。狂気だ。すっかり、ムアをうろつく突然変異のスーパードッグがいるって確信している。でもいないんだ、そうだろ?だって人類が突然変異のスーパードッグの作り方を知っているなら、俺らも知っている筈だ。(観光の?)商売用であるはずだ。つまり、それが如何に効果があるかってことだ。なあ、ムアで、誰かが信号を送っているのを見たんだ。モールス。あれはモールスだと思う。あまり意味があるようには見えなかったが。U-M-Q-R-A.何か意味があるかな?(シャーロックは関心を示さない)…あ、うん。何が判ったかな?俺らは足跡があることは知ってる。ヘンリーが見つけたから。それでツアーガイドをした。ガイドも見つけた。でも俺ら皆何かを聞いた。……きっと、俺らは一体誰が大きな犬を飼ってるのか探せば良いんだろ。
SH: Henry’s right.
   ヘンリーは正しい。
JW: What?
   え?
SH: I saw it, too.
   僕も見た。
JW: What?
   え?
SH: I saw it, too, John.
   僕も見たんだ、ジョン。
JW: Just… Just a minute. You saw what?
   ちょ…ちょっと待てよ。何を見たって?
SH: A hound. Out there in the Hollow. A gigantic hound!
   ハウンドだ。あの窪地で。巨大なハウンドを!
JW: Um… Look, Sherlock. We have to be rational about this. OK? Now, you, of all people, can’t just… Let’s just stick to what we know, yes? Stick to the facts.
   あー…なあ、シャーロック。これに関しては理性的にならなきゃ。な?よし、君、みんな、そのほら…俺らが知っている事にこだわろうよ、な?事実に専念しろ。
SH: Once you’ve ruled out the impossible, whatever remains, however improbable, must be true.
   一度不可能を除いたら、何が残ろうと、どんなにありそうもなくても、真実に違いないんだ。

・ホームズの名言来ましたね…!!!!

JW: What does that mean?
   どういう意味だ?
SH: Huh. Look at me, I’m afraid, John. Afraid.
   ハッ。僕を見てみろ、僕は怖がってる、ジョン。怖い。
JW: Sherlock.
   シャーロック。
SH: I’ve always been able to keep myself distant. Divorce myself from feelings. But, look, you see? My body’s betraying me. Interesting, yes? Emotions. The grit on the lens, the fly in the ointment!
   僕は常に自身を遠ざけておけたんだ。自身を、感情と、切り離した。でも、見ろ、判るか?身体が僕に背いている。興味深い、なあ?感情だ。水晶体の砂塵、軟膏にダイブだ!玉にキズだ!

fly in the ointment
《a ~》計画を台無しにする人、玉にキズ、興ざめ◆旧約聖書より、たった一匹のハエが貴重な香料を台無しにするのと同様小さな欠点が楽しみを奪うという一説から(英辞郎から引用)



JW: Yeah, all right, Spock. Just take it easy. You’ve been pretty wired lately. You know you have. I think you’ve just gone out there and got yourself a bit worked up.
   ああ、わかったよスポック。気楽に構えるんだ。最近、君かなり神経過敏なんだよ。自分でわかるだろ。君はちょっとそこに出掛けて行って、少しばかり興奮しているんだ。

・ work uo:(受け身または再帰的)興奮する

SH: Worked up?
   興奮してる?
JW: It was dark and scary…
   暗くて怖くて…
SH: Me? There’s nothing wrong with me.
   僕が?僕には何も悪い所なんて無い。
JW: Sherlock? Sherlock?
   シャーロック?……。シャー…
SH: There is nothing wrong with me! Do you understand? You want me to prove it, yes? We’re looking for a dog, yes? A great big dog. That’s your brilliant theory. Cherchez le chien! Good. Excellent. Yes. Where shall we start? How about them? The sentimental widow and her son, the unemployed fisherman? The answer’s yes.
   僕はどこもおかしくなんかない!!!わかったか!!??(店内が静まり返る。)僕に証明して欲しいんだな、そうだな?僕らは犬を探している、そうだな?大変大きな犬だ。それが君の輝かしい見解。ルック・フォー・ザ・ドッグ!良いね、素晴らしい。ああ。どこから始めようか?彼らはどうだ?感傷的な窓と彼女の息子だ、失業中の漁師の!答えはイエスだ。

・お店が気まずい雰囲気になったとき、思わずお店を見渡しているのはシャーロックの方なんですね。ジョンは暖炉から視線を動かさない。いつもなら逆な気がします。周囲を気にする(気を配る)のはジョンの方で、シャーロックはあくまで自分が中心。

JW: Yes?
   イエス?
SH: She’s got a West Highland terrier called whisky. Not exactly what we’re looking for.
   彼女はウイスキーという名の東ハイランドテリアを飼っている。全然僕らが探しているのではない。
JW: Sherlock, for God’s sake.
   シャーロック、いい加減にしろよ。
SH: Look at the jumper he’s wearing, hardly worn. Clearly he’s uncomfortable in it. Maybe it’s because of the material more likely the hideous pattern. Suggests it’s a present. Probably Christmas. So, he wants into his Mother’s good books. Why? Almost certainly money. He’s treating her to a meal, but his own portion is small. That means he wants to impress her, but he’s trying to economise on his own food.
   彼が着ているジャンパーを見ろ、ほとんど着られていない。着心地悪く思っているのは明らかだ。きっとそれは素材のせいだろうが、ぞっとするような模様のせいの方がありそうだ。あれは贈り物だと暗示してる。多分クリスマスのだ。つまり、彼は母親に好かれたいと望んでいる。何故?ほぼ確実に金銭面だ。彼は食事を奢っている、しかし彼の分はほんの少し。彼女に印象づけたいということだが、彼は自分の食べ物を節約しようとしている。

・ jumperでgoogle画像検索するとセーターが沢山出てきます。イギリスではこういうセーターを「ジャンパー」と言うのでしょうか。
・ be in a person’s good books:人に好かれる

JOHN: Well, maybe he’s just not hungry.
   空腹でないだけなんじゃないかな。
SH: No. Small plate. A starter. He’s practically licked it clean. She’s nearly finished her pavlova. If she’d treated him, he’d have had as much as he wanted. He’s hungry, all right. And not well off. You can tell that from the state of his cuffs and shoes. “How do you know she’s his mother?” Who else would give him a Christmas present like that? Well, it could be an aunt or an older sister, but mother’s more likely. Now, he was a fisherman. The scaring pattern on his hands is very distinctive, fish-hooks. They’re all quite old, now, which suggests he’s been unemployed for some time. Not much industry in this part of the world, so he’s turned to his widowed mother for help. “Widowed?” Yes, obviously. She’s got a man’s wedding ring on a chain around her neck, clearly her late husband’s and too big for her finger. She’s well-dressed but her jewellery’s cheap. She could afford better, but she’s kept it. Sentimental. Now, the dog. Tiny little hairs all over the leg from where it gets a little bit too friendly. But no hairs above the knee, suggesting it’s a small dog, probably a terrier. In fact, it is a West Highland terrier called Whisky. “How the hell do you know that, Sherlock?” Because she was on the same train as us and I heard her calling its name. And that’s not cheating, that’s listening. I use my senses, John, unlike some people. So, you see, I am fine. In fact, I’ve never been better. So just leave me alone!
   違う。小皿だ。スターターだ。ほとんど舐めて綺麗にしている。彼女はパブロワ(ホイップクリームと果物で飾ったメレンゲケーキ)を終えるところだ。もし彼女が彼をもてなしているなら、彼は望むだけ食べただろう。彼は空腹なんだ。そして豊かではない。彼の襟と靴の状態から判るだろ。「どうして彼女が彼のお母さんだとわかる?」他の誰があんなクリスマスプレゼントをやるのか?まあ、叔母か姉もあり得るが、母親の方がありそうだ。さて、彼は漁師だった。彼の両手のおぞましい模様は大変特徴的だ、釣り針だよ。全てかなり古い、今彼はしばらく失業中であることを示唆している。この世界のこの部分ではそれほどの産業じゃない、つまり助けを得る為に未亡人の母親に目を向けるようになったんだな。「未亡人?」そうだ、明らかだ。彼女は男性の結婚指輪を鎖で首にかけている、明らかに彼女の亡くなった夫のものだ、彼女の指には大きすぎる。よく着飾っているが宝石は安物。もっと良いものが買えただろうが、あれを着けたままだ。感傷をそそるな。さあ、犬だ。人懐こ過ぎるところからの小さな毛が足全体に。だが膝より上には毛がない、小さい犬だと示している、恐らくテリアだ。事実、ウイスキーという名の東ハイランドテリアだ。「なんでそんなことがわかるのシャーロック?」何故なら彼女は僕らと同じ電車に居て彼女がそれの名前を呼ぶのを聞いたからな。ズルじゃないぞ、聞いていたんだ。僕は自分の五感を使っているんだジョン、いくらかの人間達とは違って!さあ判るだろう、僕は平常だ。それどころかこれまでになく最高だ。だから!僕を!!放っておいてくれ!!!!

・何て長い台詞…ここまでまくしたてられたらジョンも黙るしかない。

JW: Yeah, OK. OK. Why would you listen to me? I’m just your friend.
   ああ、わかった、わかったよ。何で俺の話を聞かない?俺はただ友達としてだな。なんで俺の言うことを聞くんだ?俺はただの友達だ。

SH: I don’t have friends.
   僕に友達なんていない!

・各所で話題にされているこの表情!!!!ベネディクトさん表情筋どうなってるの…

JW: No. I wonder why?
   へえ。……なんでだろうな?

・ ああ〜シャーロック。ジョンが出て行っちゃったよ…
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

セーターがジャンパーですか

こんにちわ、お邪魔いたします。

すごいですね!英文を訳されている・・!
お勉強させていただきます!私もシャーロックにはまってから石川遼クンみたいに聞き流しで英語取得できないかと生温く考えております。無理かな。

ちょうど先ほどジョンのセーターの話を日記に書いたところだったのですが・・イギリスではジャンパーというのでしょうかね?!ほおお~面白いです。

私も早くバスカヴィルのこと書きたいな・・!

2012/11/14 (Wed) 15:20 | kedama #- | URL | 編集 | 返信

セーター・ジャンパー談議に・・・

わたしもお邪魔してよろしいでしょうか!

たしか英国と米国では、セーター、パンツ(ズボンの方)、スニーカーの言い方が違ったような・・?(The Great Gameでもスニーカーがtrainersでしたね!)

来月、2年ぶりにTOEICを受けに行くのだけども、イディオム帳に載っているイディオムが、このシャーロック全6話の中にもい~っぱい登場します!
私の経験だけれど、ドラマの台詞をまるごと覚えて蓄えていくと、長い目で見てとってもとってもためになる!いろんな映画・ドラマのセリフをそらで言えるようになると、実用でもフレーズごとスラーっと出てきますよ~!

私の場合、文法とか単語とか・・生きた英語でないとなっかなか頭に留まってくれないのだけど、こうするとすんなり記憶に留まって、しかもすんなり引き出しから引っ張り出せるので、私にはとってもいい勉強法でした。
シャーロックの台詞は英語の勉強目的ではなくって、ただ台詞を覚えたかっただけなのだけど(笑)大体においてそらで言えるほどに*ちょいちょい役立っています!

2012/11/14 (Wed) 21:16 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

CASE BOOKのBelgraviaもアップしてたのね!
私、律儀に最初のページから読んでいっているから、まだピンク・・!
だがやはり、バックグラウンドのエピソードとかが面白いね・・!!いやあああじっくりじっくり読みたいけど・・TOEICが終わるまでゆっくり読めなそう(号泣)

ではいつもながら・・・

・And see if anything attacks you.
「see:見る」「if:もし」というよりは、「see if」で一纏めかな・・?
何かが襲って来るかどうか、試してみよう。という感じ?

・That should bring things to a head.
「bring - to a head」は「不確かなことなどをはっきりさせる(by英辞郎)」の方かな?と思いました。

・‘cause Henry found them. So did the tour guide.
ガイドも足跡を見つけた、ってことよ!

・Try and relax
これはなぜ文法的に「and」なのかわからないのだけど・・・「try and relax」といったらrelaxするのをtryして!っていうニュアンスになる気が。tryを無理に訳さず、落ち着いて、くらいでよいのかな・・?と。

・They’d be for sale. I mean, that’s how it works.
もしそんな超犬(笑)が作れるなら、市場に出回ってるだろうし。(世の中の仕組みって)そういうもんだろう?というイメージ。

・The grit on the lens, the fly in the ointment!
The fly in the ointmentはワンフレーズのようで、「玉にきず」の意味みたい。The grit on the lensも同じような意味かな?

・I think you’ve just gone out there and got yourself a bit worked up.
大体、合っているのでは・・?君はただ、あの窪地に行って取り乱しちゃっただけなんだ。

・Maybe it’s because of the material more likely the hideous pattern.
これも間にカンマをいれておくべきでした・・・
(ちくちくした?)生地のせいかもしれないが、趣味の悪い柄のせいのほう(があり得る)だろうな。という感じ?

Why would you listen to me? I’m just your friend.
私のイメージでは、「そうそう、君が僕の言うことなんて聞くはずないよね。僕はただの友達なんだから。」という風に受け取っていた・・。
ここのI don't have friends!は、アドラー氏のヌードと同じくらい、シーズン2のtrailerでも結構ピックアップされていたシーンなのだけど、その時から「・・か、顔!」って感じでした。笑

2012/11/14 (Wed) 21:59 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

kedamaさん

ご来訪&コメントありがとうございます!
kedamaさんの服装に関してのブログも楽しく拝見させていただきました。

ラジオ英語であったり、洋画だったりと色々なものを試してきましたが、ここまで(セリフを丸覚えする勢いで)聞きこむようになったのはSHERLOCKがはじめてです。素晴らしいリスニング教材にも出会えたことに感謝です!

ジャンパーというとどうしても前空きの上着をイメージしますよね。同じ単語でも意味合いが異なってくるのは面白いです!
私も英語&異文化の勉強頑張ろうと思います…!

2012/11/15 (Thu) 13:50 | そふぃー #vhyXuXfY | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃん

Welcome to ジャンパー談義!(笑)

確かに、パンツはよく聞きますね!昔はパンツって言ったら下着のことだったけど、最近は日本でもズボンの呼称として一般的になっているような…(もしかしたら私が知らなかっただけで前からそうだったのかもしれないけど)

イディオム色々出てくるんだね!SHERLOCKは物騒な単語が多いからあまり実用的ではないのかなーなんて最初のうちは思っていましたが、SHERLOCKで覚えた言い回しが実際の英語の雑誌や洋書、音楽なんかでちょくちょく使われているのを発見するようになって、とても嬉しく思っています^^

私も頑張ってもっと覚えます!!


いつも訳の訂正ありがとう>_<
>So did the tour guide.
そっか、そういえばそういう用法ありましたね!!!受験生時代の知識をいかにして留めておくか…ネクステージ(受験時代お世話になった参考書)をやり直そうかなあ汗

>Try and relax
やっぱりそっちの意味なんだ!私もそう思ったんだけど、どうしても文法人間なので、tryは「興奮しててそれどころじゃないだろうけど、とにかく座るという動作をやってみて」という意味かと無理やり解釈してしまいました…。

>Why would you listen to me? I’m just your friend.
私の訳だとWhy wouldn't you listento me?なことに後で気づきました>_<そうだね、ひよりちゃんの訳が正解だと思います。

その他も、直せるところは直しておきます>_<
ありがとう!!!

2012/11/15 (Thu) 14:08 | そふぃー #vhyXuXfY | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。