--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_12
13
(Thu)21:58

S2ep2-7 The Hounds of Baskerville

久しぶりの台詞全訳シリーズ更新です!
ついにマインドパレスシーンにやって参りました。私が初めて見たSHERLOCKはこのハウンドの回で、そしてまさにこのシーンで完全に心を持って行かれたのです。
STAPLETON: Oh, back again? What’s on your mind this time?
   あら、また戻ってきたの?今度は何が気になっているのかしら?

・be on a person’s mind:<物・事が><人の>気にかかっている

SH: Murder, Dr Stapleton. Refined, cold-blooded murder. Will you tell little Kirsty what happened to Bluebell or shall I?
   殺人だ。ステイプルトン博士。手の込んだ、冷血な殺人。幼いカースティーにブルーベルに起きた事について話してくれるかな、それとも僕が話そうか?

・or shall I?という表現がカッコいいですね。いつか使ってみたい…

STAPLETON: OK. What do you want?
   わかったわ。何が望みなの?
SH: Can I borrow your microscope?
   君の顕微鏡を借りられるか?
STAPLETON: Are you sure you’re OK? You look very peaky.
   あなた本当に大丈夫なの?顔色が本当に悪く見えるわよ。
JW: No, I’m all right.
   いや、大丈夫だ。
STAPLETON: It was the GFP gene from a jellyfish, in case you’re interested.
   クラゲのGFP遺伝子だったのよ、もしあなたが興味あるなら。
JW: What?
   何だって?
STAPLETON: In the rabbits.
   ウサギの中の。
JW: Hmm. Great news.
   へえ、良い事を知ったな。
STAPLETON: Aequorea Victoria, if you really want to know.
   オワンクラゲよ、もし本当に知りたいのなら。

・Aequorea Victoria:http://en.wikipedia.org/wiki/Aequorea_victoria
  下村さんがノーベル賞を取った、例のクラゲですね。しかし不思議な生物だなあ。

JW: Why?
   どうして?
STAPLETON: Why not? We don’t ask questions like that here. Isn’t done. It was a mix-up, anyway. My daughter ended up with one of the lab specimens, so poor Bluebell had to go.
   どうして違うの?(何故いけないの?)私たちはここでそんな質問はしないわ。されないの。ごちゃまぜだったわね、とにかく。娘は実験室の標本の一つで手を打ったわ、だから可哀想なブルーベルは行かなきゃならなかったの。

・ Isn’t done.はThat question isn’t done.の略かな?でもquestionsは何故単数系になったのかしら…
・ end up with:…で結末をつける、終わる

JW: Your compassion’s over whelming.
   あなたの思いやりは圧倒的だな。
STAPLETON: I know. I hate myself sometimes.
   知ってる。時々自分のことが嫌になるの。
JW: So, come on, then, you can trust me, I’m a doctor, what else have you got hidden away up here?
   つまり、なあ、じゃあ、君は俺を信頼できるね、俺は医者だ。他に何か隠したものは?
STAPLETON: Listen, if you can imagine it, someone is probably doing it somewhere. Of course they are.
   聞いて、もしあなたが想像できるなら、誰かがそれをどこかでやっているかもしれないの。当然、彼らはやってる。
JW: Cloning?
   クローンを作ることを?
STAPLETON: Yes, of course. Dolly the sheep, remember?
   ええ、勿論。羊のドリー、覚えてる?
JW: Human cloning?
   人間のクローンは?
STAPLETON: Why not?
   何故やらないと言うの?
JW: And what about animals? Not sheep. Big animals.
   それじゃ動物はどう?羊じゃなくて。大きな動物。
STAPLETON: Size isn’t a problem. Not at all. The only limits are ethics and the law. And both those things can be very flexible. But not here, not at Baskerville.
   大きさは問題じゃないわ。全然。足かせになるのは倫理と法だけよ。そしてそれらは両方ともとても柔軟なの。でもここでじゃない、バスカヴィルでは違うわ。

SH: It’s not there!
   無い!
JW: Jesus!
   おい!!
SH: Nothing there! It doesn’t make any sense.
   何もない!わけがわからない!
STAPLETON: What were you expecting to find?
   何が見つかると期待してたのよ?
SH: A drug, of course! It has to be a drug. A hallucinogenic or a deliriant of some kind. There’s no trace of anything in the sugar.
   勿論薬だ!薬であるはずなんだ。幻覚誘発剤かせん妄を引き起こす薬物かそういう種の。砂糖の中には何の痕跡もない。

JW: Sugar?
   砂糖?
SH: The sugar, yes. It’s a simple process of elimination. I saw the Hound, saw it as my imagination expected me to see it. A genetically engineered monster. But I knew I couldn’t believe the evidence of my own eyes, so there were seven possible reasons for it, the most possible being narcotics. Henry Knight, he saw it too. But you didn’t John. You didn’t see it. Now, we have eaten and drunk exactly the same things since we got to Grimpen, apart from one thing! You don’t take sugar in your coffee.
   砂糖だ、そうだ。単純な消去法だ。僕はハウンドを見た、あれを見るだろうという想像の産物として、見たんだ。遺伝子操作された怪物。しかし僕自身の目という証拠を信じられないと判ってた、つまりそれには7つのあり得る理由があったが、最もあり得るのが麻薬。ヘンリー・ナイト、彼もあれを見た。でも君はそうじゃない、ジョン。君はあれを見なかった。さあ、僕らはグリムペンに来て以来完全に同じものを食べて飲んできた、一つを別としては!君はコーヒーに砂糖を入れない。
JW: I see. So…
   なるほど。じゃあ…
SH: I took it from Henry’s kitchen. His sugar. But it’s perfectly all right.
   僕はこれをヘンリーの台所から持ってきた。彼の砂糖を。でもこれは完璧に(身体に?)問題ない。
JW: But maybe it’s not a drug.
   でも多分これは薬じゃない。(でもこれは薬じゃないかもしれないぞ
SH: No, it has to be a drug. How did it get into our systems? How? There must be something. Something… Something buried deep. Get out.
   違う、これは薬のはずなんだ。これはどうやって僕らのシステム身体に入り込んだんだ?どうやって?何かあるに違いない。何か…深く埋められた何かが。(ステイプルトン博士を指差して)出て行け。
STAPLETON: What?
   え?
SH: Get out. I need to go to my mind palace.
   出て行ってくれ。僕は僕の精神の宮殿に行かなければ。

・ 只のマインド・パレスではなくて、マイ・マインド・パレスなんですね!なんだか可愛い表現!


STAPLETON: Your what?
   あなたの何ですって?
JW: He’s not going to be doing much talking for a while, we may as well go.
   彼はしばらく、あまり喋らないですよ、僕らは出た方がよさそうだ。

・may as well:〜した方が良い(状況判断)
        〜してもよい(容認)
        〜したい(控えめな意志)
        〜しなさい(軽い命令)


STAPLETON: His what?
   彼の何ですって?
JW: Oh, his mind palace. It’s a memory technique. A sort of mental map. You plot a map with a location. It doesn’t have to be a real place. And you deposit memories there. Theoretically, you can never forget anything. All you have to do is find your way back to it.
   ああ、彼の精神の宮殿。記憶法だ。精神上の地図のようなもので。場所について地図を描くんだ。本当の場所である必要はない。それで記憶をそこに置いていく。理論上では、人は何も忘れないことになってる。自分の道をそこまで戻ることさえすればいいんだ。
STAPLETON: So this imaginary location could be anything, a house or a street?
   じゃあその想像上の場所は何でもいいのよね、家とか道とか?
JW: Yeah.
   ああ。
STAPLETON: But he said palace. He said it was a palace.
   でも彼はパレスと言ったわ。彼は、それは宮殿だと言った。
JW: Yeah, well, he would, wouldn’t he?
   ああ、えっと、彼はそうしたかったんじゃないかな?

・このwouldは意思の過去形?

・マインドパレスBGM導入部のドレミ♭ドレミ♭ドレミ♭レ〜ミ♭ファ〜がどうしようもなく大好きです。(願わくばソまで行って欲しかったけど…!!)


ハウンドに追いかけられ、逃げているヘンリー。発砲して気づくと、実は自宅にいて、モーティマー博士を撃ってしまうところだった。
HENRY’S HOUSE
HENRY: Oh, my God. Oh my God. Oh, my God. I am so… I am so sorry. I am so sorry.
   ああ、なんてことだ。なんてことだ。どうしよう。あの、…本当にごめんなさい。本当にごめんなさい。


BASKERVILLE
SH: John.
   ジョン。
JW: Yeah, I’m on it.
   ああ、やってる。(何を?)(ああ、わかってる。
・Yeah, I’m on it.はS2ep1でフライト情報を確認するよう頼まれた後にも使われている台詞ですね。

SH: Project H.O.U.N.D. I must have read about it. Stored it away. Experiment in the CIA facility in Liberty, Indiana. H-O-U-N-D.
   プロジェクトハウンド。僕はそれについて読んだことがある筈だ。しまい込んだんだ。インディアナ、リバティーのCIA施設の実験だ。ハウンド。

・store away:しまい込む、とっておく、蓄える、心にとどめておく

Enter Search String
HOUND

NO ACCESS CIA Classified

STAPLETON: That’s as far my access goes, I’m afraid.
   これが私のアクセス権が及ぶ範囲よ、残念ながら。
JW: There must be an override. A password.
   覆すものがあるはずだ。パスワード。
STAPLETON: I imagine so, but that’d be Major Barrymore’s.
   私もそう思うけど、でもそれはバリモア少佐のだわ。
SH: Password. Password. Password. He’d have sat here when he thought it up. Describe him to me.
   パスワード。パスワード。パスワード。彼はそれを考え出したときここに座っていたはずだ。僕に彼を描写して。
STAPLETON: You’ve seen him.
   彼に会ったでしょ。
SH: But describe him.
   でも描写して。
STAPLETON: He’s a bloody martinet. A throwback. The sort they’d have sent into Suez.
   彼はとても厳格な人よ。先祖返りなの。彼らが持ってる性質はスエズに送ったわ。

・martinet:厳格な人、(特に)規律にやかましい軍人(通例侮蔑的に用いる)

SH: Good, excellent. Old-fashioned. A traditionalist. Not the sort of man that uses children’s names as a password. He loves his job. Proud of it. And this is work-related. So, what’s at eye level? Books. Jane’s Defence Weekly. Bound copies. Hannibal. Wellington. Rommel. Churchill’s History of the English-Speaking Peoples, all four volumes. Churchill. He’s fond of Churchill. Copy of The Downing Street Years, one, two, three, four, five, separate biographies of Thacher. Mid-1980s, at a guess. Father and son. Barrymore senior? Medals. Distinguished service order?
   よし、素晴らしい。古風な人間。伝統主義者。子どもの名前をパスワードに使うのはこの種の男ではない。彼は仕事を愛している。誇りに思っている。これは仕事に関係しているぞ。ところで、目の高さには何がある?本だ。ジェーンの週刊防衛。製本された原稿。ハンニバル。ウェリングトン。ロメル。英語話者のチャーチルの歴史、全4巻。チャーチルか。彼はチャーチルを好んでいる。ダウニング街の年の原稿が、いち、に、さん、し、ご、サッチャーの個別の伝記、1980年代半ばだろう。父と息子。バリモアの父親か?勲章だ。殊勲従軍勲章か?
JW: That date, I’d say Falklands veteran.
   この頃だと、フォークランドでの退役軍人だろうな。

・Falklands Warのことかな。こういう知識がさらっと出て来るジョン流石。1982年、UKとアルゼンチンの3ヶ月に渡る戦いで、UKが勝利したそうです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Falklands_War

SH: Right, so Thatcher’s looking more likely a bet than Churchill.
   そうだ、よってサッチャーはチャーチルよりもありそうな有望人物だ。
STAPLETON: So that’s the password?
   じゃあそれがパスワード?
SH: No, with a man like Major Barrymore, only first-name terms would do.
   いや、バリモア少佐のような男なら、ファーストネームのみの言葉だろう。

Auth codeにMargareと打ち込んだのを消して、Maggieと直す。
パスワード解除!(ステイプルトン博士はちゃんと長いパスワードだったのに、ちょっと単純すぎやしませんかね…汗)

conditioned terror  調節されたテロ
aerosol dispersal  噴霧質(エアロゾル)分散

STAPLETON: “H.O.U.N.D”
   ハウンド。

Paranoia  偏執病
Severe frontal lobe damage  深刻な前頭葉損傷   
Blood-brain
Dangerous acceleration  危険な加速
Gross cranial trauma  目に余る頭蓋のトラウマ
Multiple Homicide  複合殺人


JW: Jesus.
   何てことだ。
SH: Project H.O.U.N.D. A new deliriant drug which rendered its users incredibly suggestible. They wanted to use it as an anti-personnel weapon to totally disorientate the enemy using fear and stimulus. But they shut it down and hid it away in 1986.
   プロジェクトハウンド。使用者を酷く挑発的にする、新種のせん妄を引き起こす薬物。彼らはこれを、恐怖と刺激を用いて敵を完全に混乱させる為の対人武器として使いたかったんだ。しかし1986年に彼らはそれを閉鎖して隠した。

・ shut down:閉鎖する
・ hide away:隠れる

STAPLETON: Because of what it did to the subjects they tested it on?
   それが、彼らがそれを試した被験者にしてしまったことが原因で?
SH: And what they did to others. Prolinged exposure drove them insane. Made them almost uncontrollably aggressive.
   そして彼らが他の人にしたことだ。プロリンジド被爆は彼らを狂気に追いやった。彼らを、ほとんど制御できないくらい攻撃的にしてしまったんだ。
JW: So, someone’s been doing it again? Carrying on the experiments?
   つまり、誰かがまたそれをやっているのか?その実験を続けている?
SH: Attempting to refine it, perhaps. For the last 20 years.
   それを改良しようと企てているんだろう。ここ20年間で。
STAPLETON: Who?
   誰が?
JW: Those names mean anything to you?
   これらの名前はあなたにとって意味が?
STAPLETON: No. Not a thing.
   いいえ。全然。
SH: Five principal scientists, 20 years ago. Maybe our friends somewhere in the back of the picture. Somebody who was old enough to be there at the time of the experiments in 1986. Maybe somebody who says “cell phone” because of time spent in America. You remember, John?
   20年前の5人の主要な科学者か。僕らのどこかの友人が写真の後ろにいるかもしれない。1986年のこの実験の時、ここにいるのに十分なくらい年をとっていたんだ。確かセル・フォンと言う誰かが。アメリカで過ごした時間のせいでな。(誰かがセル・フォンと言ったのは、アメリカで過ごした経験のせいだったんだな。)覚えているか、ジョン?
JW: mmm-hmm.
   うん。
SH: Gave us his number in case we needed him.
   僕らが彼を必要とする場合のために、彼の番号をくれた。
STAPLETON: Oh, my God. Bob Frankland. But Bob doesn’t even work on it. I mean, he’s a virologist. This was chemical warfare.
   あら。ボブ・フランクランドだわ。でもボブはこの研究をしてさえいないのに。その、彼はウイルス学者なの。これは化学戦争だったわ。
SH: That’s where he started, though. And he’s never lost the certainty, the obsession that that drug really could work. Nice of him to give us his number. Let’s arrange a little meeting.
   だが、これが彼が始めた場所なんだ。そして彼は確実性を失ったことがない、あの薬が本当に効いたという強迫観念。僕らに彼の番号をくれるとは優しい人だな。小会議の準備をしよう。
(PHONE RINGS)
JW: (ON PHONE) Hello? Who’s this?
   もしもし?どなたですか?
DR MORTIMER: You’ve got to find Henry.
   ヘンリーを見つけなきゃ。
JW: It’s Louise Mortimer. Louise, what’s wrong?
   ルイス・モーティマーだ。ルイス、どうした?
DR MORTIMER: Henry was remembering, then… He tried… He’s got a gun, he went for the gun and tried to…
   ヘンリーが思い出したの、それで…彼は…彼は銃の所へ行ってあれをしようと…
JW: What?
   何だって?
DR MORTIMER: He’s gone! You’ve got to stop him. I don’t know what he might do.
   行ってしまったの!彼を止めなきゃ。彼が何をするかもしれないかわからないわ。
JW: Where are you?
   君はどこにいるんだ?
DR MORTIMER: His house, I’m OK. I’m OK.
   彼の家よ。私は大丈夫。私は大丈夫。
JW: Right, stay there, we’ll get someone to you. OK?
   わかった、そこにいて、君に誰かをやるから。いい?
SH: Henry?
   ヘンリーか?
JW: He’s attacked her.
   彼女を襲った。
SH: Gone? There’s only one place he’ll go to, back to where it all started. (ON PHONE) Lestrade, get to the Hollow. Dewer’s Hollow, now! And bring a gun.
   行ってしまった?彼が行くのは一カ所だけだ。それが全て始まった場所に戻ったんだ。(電話:)レストレード、窪地に取りかかるぞ。デュワーズの窪地だ、今!銃を持っていけ。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

ディフィカルティッシモ!!

このシーン、好きだ~*
とくにステイプルトンがもう・・・いいキャラだよね~。喋り方も柔らかくてほんとう素敵な役者さんよね。。

そして結構台詞がむずかしい!私もそふぃーちゃんとわからないポイントがどかぶり!!とりあえず脳みそフル回転して考えてみたぜ・・!
さて・・・

・Why not?
これはジョンの「Why?」が何に対するなぜなのかわからないけれども、「なぜクラゲの遺伝子をウサギに?」だとしたら、どうしていけないの?的な答えなのかな・・・とか思ってみた!

・ Isn’t done.
私も勝手に「questionsがなされていない」の意味だと思っていたのだけど、そふぃーちゃんのコメントを見て、たしかにー!!って思った!

・It was a mix-up, anyway.
このあたりの台詞、殺人的に難しい。具体的に「何が、どう」って言わないのでかなり予想になるよね。。これはネイティブだとすんなりわかるのかな?うらやましい・・!
このmix-upが何に対してなのかよくわからないのだけど、なんとなく思ったのは「遺伝子がいろいろ混ざってしまった」なのかな・・・とか思ったり。。

・My daughter ended up with one of the lab specimens, so poor Bluebell had to go.
このended upの曖昧なこと!!!わああこんなん動詞としてありなんだ!って思わず突っ込んじゃったよまったくもう。。
had to goは話の流れからしても「処分/殺さなきゃならなかった」の意味だと思うのだけど、どうしたら処分しなきゃいけなくなるのか・・からended upの意味を推測すると・・たとえば、カースティーがラボのspecimensを“いじってしまった”みたいな意味合いなのかな・・とか思ったり。
そのspecimenも、ウサギか、ウサギから採取したサンプルか、実験で使った何か等、色々にとれるよね~・・。ネイティブには程遠い(あたりまえー!)
なのでもろもろ合わせて、当たり障りのない(笑)訳にすると、「どうせごちゃまぜで実験サンプルとしては不完全だったしね。娘がラボのものに手を出しちゃったから、可哀想だけどブルーベルは処分しなきゃならなかったのよ。」・・という感じにしてみたり。。無責任なコメントが多くてごめんね(滝汗)!!

・But it’s perfectly all right.
イメージ的には、その砂糖はクリーンだった、毒なんて混ざってなかった、という感じかな?

・But maybe it’s not a drug.
でもドラッグじゃないかもしれないぞ?という感じ?

・How did it get into our systems?
systemsは身体だと思う、body systemsだっけか。。

・may as well
おおーA Study in Pinkのアンジェロのレストランでも出てたね!なんか紳士っぽい言い方だよね。米ではあまり言わなそうなイメージ(知らないけど。無責任再び・・!)

・Yeah, well, he would, wouldn’t he?
まあ、あいつならそう言いそうだろう?言うだろう(普通の家とかでなくて宮殿だと)?という感じな気がした!

・Yeah, I’m on it.
はっきり何と訳すのかわからないけれど・・・感覚としては、「意識はそっちに向いているよ」というイメージ・・?取りかかる用意は出来ているよ、という感じかなあ~・・。

・Stored it away.
これ。笑 きっと、宮殿の奥にってことよね。

・A throwback. The sort they’d have sent into Suez.
throwbackは古い考え方の人、という意味で使っているのかな??
the sortはバリモア氏のことで、Suezはちょっとイギリスの歴史がわからないので何とも言えないのだけども・・・
昔ながらのお堅い人。スエズに送ったら良かったんじゃないかって感じの人ね。という感じ・・?

・I’d say Falklands veteran.
Frankland。なんだろう。笑
なんかプロジェクトか、班の名前なのかな・・どうやって調べればいいのー!
フランクランドの(での?)(良い功績を遂げた?)兵士の勲章だと思うよ。とか?もうまったくわからんよねー。

というよりバリモア氏が「maggie」って。。笑 ほほほ。

・Maybe somebody who says “cell phone” because of time spent in America.
どっかの誰かがケータイ(mobile phone)のことを「cell phone」って言ってたのは、アメリカで過ごした経験があったからだったんだな。
という具合だろうか・・?

・He’s got a gun, he went for the gun and tried to…
時系列がばらばらだけど、このwent forはfetched forと同じような感じかなあ・・と。
彼、銃を持ってるわ・・。彼、銃を引っぱり出してきて、それで・・・
という感じ??

ほえええむずかし!!
好きなシーンだけど、意味をよく考えないまま観てたのだなあ・・と思い知らされました(反省)
それと全然エピソードとは関係ないけど・・・
カースティーは親のようにちょっと変わった化学者になりそうだなあ~と思ったり笑。

2012/12/17 (Mon) 00:00 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

*訂正

いくつか訂正ありました!!!

・Yeah, I’m on it.
これ、ジョンがただシャーロックの後ろを歩いている時の台詞っていう前提で上記コメントになってしまったのだけど・・今日の朝ちゃんと映像を観かえしてみたら、ジョンがドア見張っていたシーンだったのね!ごめんよ・・
たぶん”John(, man the door.)”に対するI’m on it.じゃないかな?

・I’d say Falklands veteran.
これも今日観かえしてみたら、フォークランドって言っていたね!
だがしかし、フォークランドが何なのかは未だに・・笑;

2012/12/17 (Mon) 08:43 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃん

ステイプルトンさんの喋り方、私も好き!優しい声で、発音も比較的聞き取りやすい^^

・Why not?
なるほど。バスカヴィルでは「どうしてそんなことするの?」というような質問はされない=なんでもやってみよう、という風土なのかな。研究者魂。というか、吹っ切れ過ぎていて危険なところまで辿り着いているのだろうけども。

・end up
辞書を(ネット含め)4種類くらいあたってみたのだけど、いじってしまった、に近いものは見つからなかったよ>_<
えっと、カースティーは、ブルーベルを手放す代わりに、他の標本をどれか貰うことで「結末をつける」ことにした、という意味なのかと。標本っていうのが、生きたウサギのことなのか、何かの綺麗な骨格とかなのかはよくわからないけれども。

・But maybe it’s not a drug.
ひよりちゃんの訳し方の方が、次のシャーロックの台詞への繋がりが自然だね!

・systems
身体!なるほどー!!

・Yeah, I’m on it.
意識はそっちに向いている、わかりやすいね。ジョンとシャーロックの阿吽の呼吸っていう訳ですか。

・宮殿
ケースブックで、シャーロックのパレスを意識してか、ジョンは自分のを「バンガロー」って言っているのを見つけました。なんか笑っちゃったw

・throwback
これもちょっと確認が取れず;_;ネイティブの人は、「先祖が生きていた時代のような、古くさい堅い考えの人」のように使うのかな?

・I’d say Falklands veteran.
あ、私のミスでした!ごめんね、フォークランドだったね。字面でてっきりフランクランドかと早とちりしてしまいました。フォークランド戦争っていうのがあったようで、それで退役して来たっていう意味なのかな。


もし10年後くらいに、実際に年を重ねたシャーロック達の特別ドラマなんかが作られるとしたら、若き研究者のカースティーが出て来たりしたら面白いね!!

2012/12/17 (Mon) 18:36 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

カースティ

なるほど、ブルーベルとは別のウサギで~・・ね!
うん。うん。それっぽいかも。

「バンガロー」見た!!いま!!笑
その謙虚さ、素敵よジョン!!私ならどうするかなあ・・・ノイシュバンシュタイン城とかだと脳内でも迷子になりそうだし。ゲルかな、笑

というよりThe Great Gameで「これ(脳みそ)が僕のハードドライブだ!」とか言ってたホームズ氏、パレスとは言えいきなりアナログな記憶法を持ち出してきたのがちょっと可笑しかった*

あ、それ・・・いい!!
「カースティが大きくなって帰ってくる!」っていうサイドエピソード、実現してほしいかも・・!笑
ケースブックにカースティと思しき女の子の写真を載せてたのもちょっと素敵サービスよねー*

2012/12/17 (Mon) 21:27 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。