--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_12
28
(Fri)21:00

S2ep3-2 The Reichenbach Fall

クリスマスも終わったので、テンプレートを変更してみました。
素敵なテンプレが沢山あって迷ってしまいます。こういうのを作って公開してくださってる人に感謝ですね。私もプログラミングとか勉強したいな。

今回は主に裁判のシーンです。
いつもより特にわからない部分が多いです…。




(PAPERS) CRIME OF THE CENTURY?
   (新聞)世紀の犯罪?
JEWEL THIEF ON TRIAL AT BAILEY
   外壁の宝石泥棒がベイリー(裁判所)に
Amateur detective to be called as expert witness
   素人探偵が鑑定人として呼ばれる

QUESTIONS are being asked in parliament as to how the Tower of London, Pentonville Prison and the Bank of England were all broken into at the same time by the same man – James Moriarty.
   (新聞記事)ロンドン塔、ペントンヴァイル刑務所、そしてイングランド銀行は如何にして同時に、同一人物、ジェームズ・モリアーティによって侵入されたのか、国会で質問がなされる。

・ジムジム言ってるけど、本名はちゃんとジェームズなんですね!
・ここの音楽、いつもとちょっと違う感じで素敵ですよね!!

221B BAKER STREET
JW: Ready?
   いい?
SH: Yes.
   ああ。
MAN1: Let them through.
   彼らを通して。
MAN2: Thank you. I’ve got it.
   ありがとう。わかった。撮れたぞ。

POLICE CAR
JW: Remember…
   忘れ…
SH: Yes.
   ああ。
JW: Remember…
   忘れ…
SH: Yes.
   ああ。
JW: Remember what they told you. Don’t try to be clever…
   彼らが君に言ったことを忘れるなよ。賢こぶろうとするな…
SH: No.
   いやだ。
JW: And please, just keep it simple and brief.
   それと頼むから、単純に、短くしておけ。
SH: God forbid the star witness in the trial should come across as intelligent.
   神は法廷の重要証人に知性があるように見えることを禁止しているのか。

・come across as:~として受け入れられている、~に見える、~のような印象を与える

JW: Intelligent, fine. Let’s give smartarse a wide berth.
   知性、よし。知識をひけらかす奴とは距離を置こうじゃないか。

・get someone wide berth:(人)と距離を置く、(人)を敬遠する

SH: I’ll just be myself.
   僕はただ僕自身でいるさ。
JW: Are you listening to me?
   俺の話聞いてるか?


COURT
WOMAN1: So today, standing outside…
   では本日は、法廷の外から…
MAN: Is this the trial of the century…
   これは世紀の公判なのでしょうか…
WOMAN2: The trial of James Moriarty…
   ジェームズ・モリアーティの裁判は…
MAN: James Moriarty, early today accused of attempting…
   ジェームズ・モリアーティ、今朝早く訴えられた…
WOMAN1: Of attempting to steal the Crown jewels.
   王冠の宝石窃盗未遂の件で…
WOMAN2: At the Old Bailey we have Reichenbach hero Sherlock Holmes…
   中央刑事裁判所で、ライヘンバッハ・ヒーローのシャーロック・ホームズが…

・BBCニュース!この人、本当にBBCのアナウンサーだったりしないのかしら。

JM: Would you mind slipping your hand into my pocket? Thanks.
   君の手を僕のポケットに滑り込ませてくれないかな?ありがとう。


TOILET
MAN: (ON PA) Crown versus Moriarty, please proceed to Court 10.
   王冠対モリアーティ、法廷10にお進みください。
K.RILEY: You’re him.
   あなた、彼ね。
SH: Wrong toilet.
   トイレを間違っている。
K.RILEY: I’m a big fan.
   私、大ファンなの。
SH: Evidently.
  どうやらそのようだ。
K.RILEY: I read your cases. Follow them all. Sign my shirt, would you?
   あなたの事件を読んだわ。全部追ってるの。私のシャツにサインしてくださる?
SH: There are two types of fans.
   2種類のファンがいる。
K.RILEY: Oh?
   ええ?
SH: Catch me before I kill again, type A.
   僕が再び殺す前に僕を捕まえるのが僕がまた君を殺す前に捕まえてみろ、というのがタイプA。
K.RILEY: Uh-huh. What’s type B?
   ふうん。タイプBは何?
SH: Your bedroom’s just a taxi ride away.
   君の寝室はタクシーで短時間だけだ。
K.RILEY: Hmm. Guess which one I am?
   ふうん。あたしがどっちか言い当てて?

pressure marks 圧力の跡
pocket ポケット
ink インク

SH: Neither.
   どちらでもない。
K.RILEY: Really?
   ほんと?
SH: No, you’re not a fan at all. Those marks on your forearm. Edge of a desk. You’ve been typing in a hurry, probably. Pressure on, facing a deadline.
   違う、君は全くファンなどでない。前腕のそれらの印。机のふちだ。急いでタイピングしていたんだ、恐らく。圧力が。締切に直面して。
K.RILEY: That all?
   それで全部?

・ここで、 “That all?”と言えるキティも凄い人だと思うのです。シャーロックを挑発するのには最高の言葉だと思うので。何でも良いからとにかく喋らせよう、何か聞き出してやろう、という記者魂と経験で身につけたテクニックなのではないかしら。好感が持てるかどうかはまた別の話ですが…。

SH: There’s a smudge of ink on your wrist, and the bulge in your left jacket pocket.
   君の袖口にインクの染みが、左のジャケットのポケットに出っ張りがある。
K.RILEY: Bit of a giveaway?
   ちょっとばらされたわね?ちょっとばらし(すぎ)たかしら?
SH: The smudge is deliberate. It’s to see if I’m as good as they say I am. (SNIFFING) Hmm. Oil-based. Used in newspaper print. But drawn on with an index finger. Your finger. Journalist. Unlikely you get your hands dirty at the press. You put that there to test me.
   染みは意図的な物だな。彼らが僕はこうだと言っているのと同じくらい、僕が良くできる奴なのかを見るためのものだ。ふむ。油性だ。新聞の印刷に使われている。しかし人差し指で利用され(塗られ)ている。君の指だ。新聞記者だな。記者会見では手を汚さなさそうだ。僕を試す為にそれをそこにつけたんだ。

・draw on:頼る、利用する、要求する

K.RILEY: Wow! I’m liking you.
   わあ!あなたっていいわねえ。

・likeの進行形。マックの“I’m loving it!”と同じような感じかな…

SH: You mean I’d make a great feature. “Sherlock Holmes, the man beneath the hat.”
   僕が呼び物の記事を作るということだな。「シャーロック・ホームズ、あの帽子の真下の男」
K.RILEY: Kitty. Riley. Pleased to meet you.
   キティ。ライリー。お会いできて嬉しい。
SH: No. I’m just saving you the trouble of asking. No, I won’t give you an interview. No, I don’t want the money.
   いいや。質問する手間からただ君を救うだけだ。(君の質問する手間を省いてあげようとしているだけだ。)いいや、君とはインタビューしない。いいや、金は欲しくない。
K.RILEY: You and John Watson. Just platonic? Can I put you down for a no there as well? There’s all sorts of gossip in the press about you. Sooner or later, you’re going to need someone on your side. Someone to set the record straight.
   貴方とジョン・ワトソン。ただのプラトニックなの?それもノーで記録していいのかしら?報道にはあなたについての全ての種類のゴシップがあるわ。すぐにでも後でも、あなたは味方になる誰かを必要とするわ。記録を正しいものにする為の誰か。

・シャーロックを追いかけながらの最初の質問がそれなの!?w
・put down:書き留める、恥をかかせる

SH: You think you’re the girl for that job, do you?
   君は自分がその仕事に向く女の子だと思っているんだな?
K.RILEY: I’m smart. And you can trust me. Totally.
   あたしは賢いわ。それにあなたは私を信じられる。全面的に。
SH: Smart? OK. Investigative journalist. Good. Well, look at me and tell me what you see. If you’re that skilful, you don’t need an interview, you can just read what you need. No? OK, my turn. I look at you and I see someone who’s still waiting for their first big scoop so that their editor will notice them. You’re wearing an expensive skirt that has been re-hemmed twice. The only posh skirt you’ve got. And your nails, you can’t afford to do them that often. I see someone who’s hungry. I don’t see smart. And I definitely don’t see trustworthy, but I’ll give you a quote, if you like. Three little words. You repel me.
   賢い?なるほど。調査好きの記者か。いいだろう。では、僕を見て君が見えるものを教えて。もし君が熟練なら、インタビューは必要ない、君は君が必要な物をただ読みとることが出来るんだから。できないのか?よし、僕の番だ。僕は君を見て、彼らの編集者が彼らに気づくために最初の大きなスクープを未だ探している誰かが見える。君は2回裾あわせをした高価なスカートをはいている。君が持っている唯一の一張羅だ。そして君の爪、そう頻繁には(手入れを?)する余裕が無いんだな。腹を空かせた誰かが見える。賢い人は見えないな。そして、信頼に値する人は疑いなく見えない、しかし君に引用をあげよう、もしよかったら。3つの短い言葉だ。(わざわざ録音機を口元に持って来る。)君は、全く、吐き気がする。


COURT
BARRISTER: A consulting criminal.
   諮問犯罪者。
SH: Yes.
   ええ。
BARRISTER: Your words. Can you expand on that answer?
   あなたの言葉。その回答を詳しく説明してくれますか?

・expand on:~をさらに詳しく述べる

SH: James Moriarty is for hire.
   ジェームズ・モリアーティは雇われている。
BARRISTER: A tradesman?
   職人?
SH: Yes.
   そうだ。
BARRISTER: But not the sort who’d fix your heating?
   しかし貴方の加熱を修復するべきようなものではない?ヒーターを修理するような職人ではないわけね?
SH: No, the sort who’d plant a bomb or stage an assassination, but I’m sure he’d make a pretty decent job of your boiler.
   違う、爆弾をしかけるか暗殺を演出するような。だが僕は彼が貴方の煮沸器のそう悪くない仕事をすると知っている。だが、彼は貴方の給湯器に関してもなかなか悪くない仕事をすると思うがね。
BARRISTER: Would you describe him as…
   彼をこう描写してくれませんかね…(あなたなら彼をこう描写しますか…
SH: Leading.
   誘導だ。
BARRISTER: What?
   何ですって?
SH: Can’t do that. You’re leading the witness. He’ll object and the judge will uphold.
   そうはいかないぞ。証人を誘導している。彼は異議を唱えるだろう、そして裁判官は支持する。
JUDGE: Mr Holmes.
   ホームズさん。
SH: Ask me how. How would I describe him. What opinion have I formed of him? Did they not teach you this?
   どのように、と聞け。僕が彼をどう描写するのか。僕が彼を構成するのはどのような考えか?彼らは君にこれを教えなかったのか?
JUDGE: Mr Holmes, we’re fine without your help.
   ホームズさん、我々はあなたの助けがなくとも平気です。
BARRISTER: How would you describe this man, his character?
   貴方はこの男をどのように描写しますかね、彼の特性は?
SH: First mistake, James Moriarty isn’t a man at all. He’s a spider. A spider at the centre of a web. A criminal web with a thousand threads and he knows precisely how each and every single one of them dances.
   一つ目のミスだ、ジェームズ・モリアーティは全くもって人間などではない。彼は、蜘蛛だ。網の中心にいる蜘蛛。千の糸を持つ犯罪の網だ、そして彼は一つ一つ、それら全てのものがどう踊っているかを精密に把握している。
BARRISTER: And how long…
   それでどのくらいの期間…
SH: No, no, don’t… Don’t do that. That’s really not a good question.
   駄目だ、違う、…そういうようにするな。それは全く良い質問ではない。
JUDGE: Mr Holmes.
   ホームズさん。
SH: How long have I known him? Not really your best line of enquiry. We met twice, five minutes in total. I pulled a gun. He tried to blow me up. I felt we had a special something.
   僕が彼をどのくらいの期間知っているか?本当に貴方の審問の最高の一節ではないな。僕らは二度会った、全部で5分間。僕は銃を抜いた。彼は僕を吹き飛ばそうとした。僕は、僕らが特別な何かを持つと感じた。
JUDGE: Miss Sorrel, are you seriously claiming this man is an expert? After knowing the accused for just five minutes?
   ソーレルさん、あなたは真面目にこの男が専門家だと主張しているのですか?たった5分間しか被告に会っていないと知った後でさえも?
SH: Two minutes would have made me an expert. Five was ample.
   2分が僕を専門家にするんだ。5では有り余った。
JUDGE: Mr Holmes, that’s a matter for the jury.
   ホームズさん、それは陪審員の問題です。
SH: Oh, really?
   ああ、そうなのか?

・ここでジョンが「ああもう」という表情。シャーロックの暴走のタイミングをよくわかっていらっしゃる!

SH: One librarian, two teachers, two high-pressure jobs, probably the City. Foreman’s a medical secretary, trained abroad, judging by her short hair.
   図書館司書が一人、教師が二人、高い重圧の仕事が二人、恐らく市(金融機関)のだ。医療費書の主任、海外で訓練された、彼女の短い髪から判断した。
JUDGE: Mr Holmes…
   ホームズさん…
SH: Seven are married and two are having an affair with each other, it would seem. Oh, and they’ve just had tea and biscuits. Would you like to know who ate the wafer?
   7人は既婚で2人はお互いに浮気している、と見受ける。ああ、そして彼らは丁度お茶とビスケットを食べたところだったんだな。誰がウエハースを食べたのかお知りになりたいか?
JUDGE: Mr Holmes! You’ve been called here to answer Miss Sorrel’s questions, not to give us a display of your intellectual prowess. Keep your answers brief and to the point. Anything else will be treated as contempt. Do you think you could survive for just a few minutes without showing off?
   ホームズさん!あなたはスーレルさんの質問に答える為にここに呼ばれたのです、知性の優れた腕前を見せびらかす為ではないのですよ。お答えを短く、的を得るようにしてください。他の物は何でも、法廷への侮辱行為として扱います!!見せびらかすことなしに、ただの数分を生き延びられるとお思いですかな!?

・モリアーティの隣の監獄(?)に入れられてしまうわけですが、これはつまり、侮辱罪になってしまったということ?

JW: What did I say? I said “Don’t get clever.”
   俺は何て言った?俺は「賢ぶるな」と言ったんだぞ。
SH: I can’t just turn it on and off like a tap. Well?
   僕はタップダンスのようにスイッチを入れたりきったりはできない。なあ?
JW: Well, what?
   なあ、何?
SH: You were there for the whole thing. Up in the gallery, start to finish.
   君はずっとあそこにいた。ギャラリーの上に、はじめから終わりまで。
JW: Like you said it would be. Sat on his backside, never even stirred.
   君がそうだと言ったようにな。彼の背面に座った、取り乱すこともなかった。(背中にもたれて、びくとも動かなかった。
SH: Moriarty’s not mounting any defence.
   モリアーティは答弁をしないだろう。

221B BAKER STREET
JW: Bank of England, Tower of London, Pentonville. Three of the most secure places in the country, and six weeks ago, Moriarty breaks in, no one knows how or why. All we know is…
   イングランド銀行、ロンドン塔、ペントンヴァイル。この国で最も警備の厳しい3つの場所だ、6週間前、モリアーティが侵入して、方法も理由も、誰もわからない。俺らが知ってる全てのことは…
SH: He ended up in custody.
   彼は拘留を終えた。(結局自分を拘留させることになった。
JW: Don’t do that.
   そうするなよ。
SH: Do what?
   何をするって?
JW: The look.
   その目つき。
SH: Look?
   目つき?
JW: You’re doing the look again.
   君はまたその目つきをしている。
SH: Well, I can’t see it, can I? It’s my face.
   ええと、僕はそれが見えない、見えるのか?(だろ?)(鏡を見て)僕の顔だ。
JW: Yes, and it’s doing a thing. You’re doing a “we both know what’s really going on here” face.
   ああ。で、その君の顔が"何か"をやってるんだ。君は「僕ら二人とも本当にここで起きていることがわかっているよね」な顔をしているよ。
SH: Well, we do.
   ええと、そうだろ。
JW: No, I don’t. Which is why I find the face so annoying.
   いいや、俺は違う。それが俺がその顔にいらつく理由だ。
SH: If Moriarty wanted the jewels, he’d have them. If he wanted those prisoners freed, they’d be out on the streets. The only reason he’s still in a prison cell right now is because he chose to be there. Somehow, this is part of his scheme.
   もしモリアーティがあの宝石を欲しかったのなら、彼はそれらを得ているべきだ。もし彼が囚人達を解放したかったのなら、彼らは(その辺の)道に出ているべきだ。彼が今も依然として監獄の一室にいる唯一の理由は、彼がそこにいることを選択したからだ。どういうわけか(いずれにせよ)、これは彼の計画の一部なんだ。

・ここの景色、美しいなあ。

JUDGE: Mr Crayhill, can we have your first witness?
   クレイヒルさん、あなたの最初の証人を呼べますかな?
CRAYHILL: Your honour, we’re not calling any witnesses.
   慎んで申し上げます、我々は誰一人証人を呼んでいません呼ぶつもりはありません。
JUDGE: I don’t follow. You’ve entered a plea of “not guilty”.
   話についていけませんね。あなたは「無罪」の答弁をに入りましたよね。
CRAYHILL: Nevertheless, my client is offering no evidence. The defence rests.
   それでもなお、私の依頼人は証拠を何も提供しないのです。弁護は停止です。

JUDGE/SHERLOCK: Ladies and gentlemen of the jury. James Moriarty stands accused of several counts of attempted burglary. Crimes which, if he’s found guilty, will elicit a very long custodial sentence and yet his legal team has chosen to offer no evidence whatsoever to support their plea. I find myself in the unusual position of recommending a verdict wholeheartedly. You must find him guilty. Guilty… You must find him guilty.
   陪審員の淑女方、紳士方。ジェームズ・モリアーティはいくつかの侵入窃盗未遂で告訴されている。もし彼に罪が見つかれば、長期間の施設内処遇を引き出す犯罪です。その上に罪状の申し立てを支持する証拠が無いことを提示する為に彼の弁護団が選ばれることになる犯罪です。その状況下で、彼の弁護側は彼の無罪という主張にも関わらず、それを支持する証拠を提出しない、という選択を選んだ。心から判決を薦めるという普通ではない立場に私自身を見つけています。あなたは彼を有罪にしなければなりません。有罪に…。あなたは彼を有罪にしなければなりません。

・stand accused of:〜で非難(告訴)されている、~のことで責められている
・legal team:弁護団
・Crimesで始まる文は、どこがこの文の動詞なのでしょうか?has chosenは単数主語だし…汗 それとも、動詞無しなのかな?
・find A guilty:有罪と評決する


JUDGE: Coming back.
   お戻りなさい。(さあ、続きだ
JW: That was six minutes.
   6分でした。
JUDGE: Surprised it took them that long, to be honest. There was a queue for the loo.
   彼らにそんなに長くかからせたとは驚きだ、正直言うと。トイレの為の弁髪行列があったんだろうな。

・queue(列、弁髪)を発音しながら弁髪に触るジャッジさん。駄洒落みたいなものなのですかね。
・ここで、すっくと立ち上がるジョンが軍人っぽいですよね。(わかりませんけれども汗)そして、スーツを整えながら角を曲がるジョンがとてもスマートに見えます。

JUDGE: Have you reached a verdict on which you all agree?
   あなた方が完全に賛同する評決に達しましたか?
JW: (ON PHONE) Not guilty. They found him not guilty. No defence and Moriarty walked free. Sherlock, are you listening? He’s out. You know he’ll be coming after you. Sher…
   無罪だ。彼らは奴を有罪にしなかった。被告側の答弁無し、モチアーティは無罪放免になった。シャーロック、聞いているか?彼は出された。奴が君を追うだろうってわかってるよな。シャ…

・walk free:無罪放免になる


怖い怖い…モリアーティ怖い…。
それから、1月3日の放送までに訳が間に合わない気がしてきました…うーむ。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

ご訪問ありがとうございました!
細かく訳されてるんですね~。すごいっ。

来年は1月からシリーズ1、シリーズ2が放送されて
シャーロック祭りですね。
これでもっとファンが増えて、シリーズ3以降も
続いてくれることを祈りたいです。(笑)

2012/12/29 (Sat) 08:01 | TOMO #- | URL | 編集 | 返信

Snow flakes!

おおお!このデザインもかわゆい!!結構そふぃーちゃんの選ぶデザイン、私もツボだったりする♪

今回、いろいろと細かいところまで気になってしまって・・「どっちでもいいじゃないのよめんどくさいなあ(合ってるかもわからないのに)」ってなると思うこと請け合い(え)
いつもより5割増しで斜め読みしていいから!!


JEWEL THIEF ON TRIAL AT BAILEY
このBAILEYは、のちにBBCキャスターが「At the Old Bailey...」って報道しているように、裁判所の名前かな?

Amateur detective to be called as expert witness
これ、アマチュアって言ったらシャーロック怒るんとちゃいますの(笑)
The police don't consult 'amatures'ね(A Study in Pink)

「ここの音楽、いつもとちょっと違う感じで素敵ですよね!!」
私も好き!こういう音楽って何ていうのか、私は詳しくないのでよくわからないんだけども・・・雰囲気的にはちょっと南米チックな(いつもの勝手なイメージね!笑)。So I ran to the devil. He was waiting...って言ってない?歌詞もちょっと意識している感じが(あたり前田さんだね)

I’ve got it.
これは、ちょっと誰がどんな状況で言ってるのかわからないのだけど、パパラッチの台詞だとしたら写真のことを言ってるのかな・・とか思った。
「(ショットが)撮れたぞ」という感じ・・?

Evidently.
これ、ClearlyとかObviouslyを多用していたシャーロックが、わざわざEvidentlyと言ったのは「彼女の身に着けていた(いかにもな)グッズを証拠として判断すると」という意味合いを匂わせたかったのかなあ・・・と。
だからあえて言うならば、「その帽子とバッジからすると、そうみたいだね」という雰囲気?訳としてはしつこいけど!

Catch me before I kill again, type A.
これ(笑)ジムのことだよね、たぶん。
僕がまた君を殺そうとする前に捕まえてみろ、っていう奴がタイプA。
ちなみにThe Great Game:"Catch you later."からかな?
ジムがシャーロックのファンだっていうのは、A Study in Pinkで。

Your bedroom’s just a taxi ride away.
これがどういう意味なのかはっきりとはわからないのだけど・・・
あなたのベッドはタクシーで一っ走りしたところよ、というイメージだったなあ・・・しかしどういうベクトルの意味で受け取るものなのか、ちょっとわからず。

Bit of a giveaway?
「Bit of a giveaway だったかしら」という(私の勝手な)イメージ・・
ちょっとヒントあげすぎちゃったかしら。という理解だったのだけど、正解じゃないかも。

But drawn on with an index finger.
うーんん。。これ、たしかに文を見るとdraw on/withなんだろうな、と思うのだけど、なんとなくdrawの意味を残したくなっちゃうのは私だけ・・?
たとえば「Drawn on (your forearm) with an index finger」で、人差し指で"塗られた"みたいに。。

Wow! I’m liking you.
私の解釈なのだけど、
最初はファンでもなんでもなかったのだけど、彼の推理を目の当たりにするうちに「わあ・・。私、ほんとうに貴方のこと好きになってきた!」のかなああ、と思った!

I’m just saving you the trouble of asking.
このsaveは救うというより、save timeとかのsaveかな・・?と。日本語で言うところの"セーブする"みたいに。
ちなみにsave timeはThe Great Game "Just saving her time. Isn't that kinder?"結構好きなシーン。

You and John Watson. Just platonic? Can I put you down for a no there as well?
ほっほっほ。強いなあキティ、あっぱれ。
put downの解釈が迷いどころだけど、ざっくりした意味としては「それも"ノー"でいいの?」という感じ。
あなたとジョン、単なるプラトニックな関係なの?それに対する答えも"ノー"でいいのかしら("ノー"で記録に残していいのかしら/"ノー"で恥をかかせても(?)いいのかしら)
だめやわからん!

And your nails, you can’t afford to do them that often.
うーん想像だけど、do my nailsで、日本語っぽくいうと「ネイルする」みたいな意味になるのかなーと思った!
do my hairとかも言わなかったっけなあ・・・ちょっと、確証なっしんぐ

Three little words.
勝手なイメージなのだけど、英語圏の人って「Three words」が好きな気がする。何かにつけてThree wordsが出てくるような気が。。SVOの最短のセンテンスだから、か・・?たまたまよく出くわしただけかもしれないけど!

But not the sort who’d fix your heating?
でも、ヒーターを修理するようなtradesmanではないわけね?

but I’m sure he’d make a pretty decent job of your boiler.
先のMs Sorrelのコメントを受けて、(本業は爆弾取り付けたり暗殺企てたりだけど)きっとボイラー修理でもなかなかいい仕事してくれると思うよ、というイメージ。

Would you describe him as…
あなたなら、彼をこういう風に描写しますか?というようなwouldだと思う!

Can’t do that.
それは出来ない。やっちゃ駄目だ。という方が私としてはしっくりきたり。。

A criminal web with a thousand threads and he knows precisely how each and every single one of them dances.
これもほんっとう・・!細かいのだけど、
「~、各々がどうやって(操れば)踊るかを知り尽くしている。/踊らせ方を知っている」
もともと踊っているのではなくて、ジムが「踊らせる」というイメージゆえ・・

No, no, don’t… Don’t do that.
おいおいやめろ・・・それはやめろ。
のほうがしっくり・・(うるさいね

I felt we had a special something.
これ、普通なら超ロマンティックな発言!!(笑)
こんな台詞をベニーに言われて、ぶっ倒れないのはモリアーティーだけ。絶対・・!!
僕らの間に、特別な何かがあると感じたんだ。

After knowing the accused for just five minutes?
訳はいいのでは・・?
たった5分しか会ったことがないと知った後でも?

probably the City.
これはThe Blind BankerとThe Great Gameにも登場したようなcity boyのcity(金融関係)じゃないかな??とか。。

trained abroad, judging by her short hair.
短く切った髪から判断するに、

I can’t just turn it on and off like a tap. Well?
このtapは、タップダンスというよりも、「turn on/off」のできるスイッチみたいなものの方が近いのじゃないかな・・と思ったり。
Well?は「で?」の方がニュアンスが近い気がしたり。どっちでもいいね!

Sat on his backside, never even stirred.
このstirは、「動く」の方かな。。と。
背中にもたれて、びくとも動かなかった。というイメージ。

Moriarty’s not mounting any defence.
モリアーティーは自分の主張を弁護する気がないんだ。いや、ちょっと意訳かな・・?

He ended up in custody.
このend upは「結局」の方かな・・?とか。
結局自分を拘留させることになった。みたいな。

Well, I can’t see it, can I?
このシーン・・大好きだなあ(笑)
Wellは「えっと・・」以外にも、出てくる状況によっていろんなニュアンスがあると思う!~can I?は「~だろう?」のように軽い確認とか念押しの雰囲気が出るとよりしっくりくる感じがする。
そうは言ったって/忘れてるようだから言うけど(意訳過ぎ?)、自分で自分の顔が見れるはずないだろ?

Yes, and it’s doing a thing. You’re doing a “we both know what’s really going on here” face.
そう。で、その君の顔が"何か"をやってるんだ。「それがどういうことか、僕らはちゃんとわかってるよな」って顔だ!
って感じ・・?

Well, we do.
で、実際わかってるだろう?というイメージ!

If he wanted those prisoners freed, they’d be out on the streets.
またもや細かいのだけど、このstreetは単なる道路、というよりは、のちに出てくるジムの台詞Back on the streets(釈放・シャバにでる)の意味に近いのかなあ、と感じた!

Somehow, this is part of his scheme.
Somehowは「いずれにしろ」とか「実際はどうであれ」が近いかなあ。。と。

Your honour, we’re not calling any witnesses.
(ウルトラ細かいけど!!)we're not callingは、「呼ぶつもりはない、呼ばない」の方がしっくりくるかなあ・・(We are not going to call...の意味に近いのかなと)。「呼んでいない」にすると、イメージ的に過去形にしそうな(We haven't called/didn't call any...)感じがしたのだけど、実際どうなのかな。。

Crimes which, if he’s found guilty, will elicit a very long custodial sentence
もし彼が本当にその罪があると判断された場合、とても長い禁固刑を言い渡されることになる、というレベルの罪、ってことじゃないかな?
and yet his legal team has chosen to offer no evidence whatsoever to support their plea.
その状況下で、彼の弁護側は彼の無罪という主張にも関わらず、それを支持する証拠を提出しない、という選択を選んだ。

Coming back.
裁判の続きがcoming backするよ、ってことだと思っていた!
さあ、続きだ。という感じ?

That was six minutes.
たったの6分で?というつもりで言ったのじゃないかな?

There was a queue for the loo.
判決は明らかにジムが有罪で、陪審員も(6分とかけなくても)すぐに決断を下せたはずなのにそれだけ時間がかかったということは、トイレの行列に並んでたからだろう、っていうことが言いたかったのかな?

ながながと失礼いたしました・・!!

2012/12/29 (Sat) 13:13 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

TOMOさん

こんにちは!
このお正月で、きっと日本のファンがわんさか増えることになると思うので、その勢いでどんどん続いて欲しいですね。新年三日目にしてライヘンバッハ・フィールになる方が続出するかと思うと心が痛むような気もしますが…汗
コメントありがとうございました!

2012/12/29 (Sat) 13:55 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃん

ね!スッキリしていて、冬らしくて綺麗なテンプレートだね。
ひよりちゃんと趣味が合うようで嬉しいです♪

> JEWEL THIEF ON TRIAL AT BAILEY
なるほど。

> これ、アマチュアって言ったらシャーロック怒るんとちゃいますの(笑)
私もそう思った!日本語に訳すと「素人」になって、より酷い感じ。


> So I ran to the devil. He was waiting...
歌詞は意識してなかった!おおお!!

> I’ve got it.
なるほどー!写真をゲットしたのね。

> Evidently.
私もそう思った!シャーロックが使うにはちょっと珍しい単語だよね。訳もいつもの「明らかだ」「明白だ」とは変えて、帽子とかから見てどうやらそのようだね、みたいにしたつもりでした。うーん的確な言葉が思いつかなくて難しい!

> Catch me before I kill again, type A.
なるほどね、meとIはシャーロックのことじゃないんだ。

> Your bedroom’s just a taxi ride away.
寝室がしっちゃかめっちゃかしているという意味なのか、ここから近いという意味なのか…。
多分前者だけど、文法にはりついている私にはうまく訳せませんでした。

> Bit of a giveaway?
な る ほ ど

> Wow! I’m liking you.
> 「わあ・・。私、ほんとうに貴方のこと好きになってきた!」
私も、イメージしていたのはひよりちゃんと同じような解釈でした。「好きになってきた」と実際に進行形で表現した方がわかりやすいね。

> You and John Watson. Just platonic? Can I put you down for a no there as well?
なるほどね、noはさっきシャロが連発してたnoなんだ!


> Three words
3という数字は何かと大事にされている感はあるよね。とりあえず、まとめるときは3つに分類する、みたいな。
三位一体とかが根底にあったりしたりするのだろうか…?(謎解釈)

> But not the sort who’d fix your heating?
> but I’m sure he’d make a pretty decent job of your boiler.
やっとわかりました。ありがとう!

> I felt we had a special something.
確かに、これはロマンチック。裁判所のあの場所で言うべき台詞ではなさそうだけどね!w

> After knowing the accused for just five minutes?
なんかねー文法がねー(受験生的な言い分)
(Are you seriously claiming this man is an expert)even after you knew this man had met the accused for just five minutes?
が全体だよね?(上の英文は自信無いけれども)なんか、え、ここ省略していいの?みたいな…。

> probably the City.
> これはThe Blind BankerとThe Great Gameにも登場したようなcity boyのcity(金融関係)じゃないかな??とか。。

> I can’t just turn it on and off like a tap. Well?
tapって、スイッチみたいなものの意味あるの?

> Well?は「で?」の方がニュアンスが近い気がしたり。どっちでもいいね!
wellの訳はねー、楽しいけれども難しい!迷ったときは、中学で習った直訳の「ええと」にしてしまいがちなのだけれども!

> Sat on his backside, never even stirred.
ああ、I sat on his backsideかと思った!He sat on his backsideかもしれないんだ。
stirは確かに「動く」の方がいいね。

> Moriarty’s not mounting any defence.
> モリアーティーは自分の主張を弁護する気がないんだ。いや、ちょっと意訳かな・・?
いや、そんな感じだと私も思いました!

> Your honour, we’re not calling any witnesses.
> なるほど!未来形ですね。ありがとう!

> Coming back.
> 裁判の続きがcoming back
なるほど。ここのシーン、そもそも状況がよくわからない。あのおじさんは、ジョンに話しかけているのか、それとも独り言にジョンが反応しただけなのか。

> There was a queue for the loo.
> トイレの行列に並んでたから
queueは行列の方ですか!なるほどね。おじさんが頭を触りながら言うからてっきり…

ありがとうー!
その他の所も、直せる所は赤字で直してみました。

2012/12/29 (Sat) 14:51 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。