--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_01
03
(Thu)14:57

S2ep3-4 The Reichenbach Fall

ライヘンバッハ第4回。32:45〜のシーンです。
テレビ放送までに訳を終わらせる予定でしたが、力及ばずでした…残念!

モリーとの会話のシーンがこう、心にこみ上げるものがあって…辛い気持ちにもなる一方で、引きつけられてやみません。

ドノヴァンもね、本当によくできているキャラクターだなと。疑惑を持っても仕方が無いですよね。上司(レストレード)はシャーロックに魅せられ過ぎている、とも思っているのではないでしょうか。この件に関しては自分がしっかりしていないとって、感じているのではないかなあ。


JW: Six grand a term, you’d expect them to keep the kids safe for you. So the other kids had all left on their holidays?
   一学期につき6000ポンドだ、君の為に子ども達を安全にしておくことを君は彼らに期待している。では他の子ども達は休暇で(学校を)離れたんだな?
DI LESTRADE: They were the only two sleeping on this floor. Absolutely no sign of a break-in. The intruder must have been hidden inside someplace.
   彼らはこの階で寝ていた唯一の二人だったんだ。侵入した形跡は全く無し。侵入者はどこか内部に隠れていたに違いない。
SH: Show me where the brother slept.
   弟が寝ていた場所を見せて。

SH: Boy sleeps there every night gazing at the only light source, outside in the corridor. He’d recognise every shape, every outline. The silhouette of everyone who came to the door.
   少年は外側の通路の唯一の光源を凝視して、毎晩ここで寝ている。彼は全ての形を認識できるはずだ、全ての輪郭を。ドアに来た全ての人のシルエット。
DI LESTRADE: Okay, so?
   ほう、で?
SH: So someone approaches the door who he doesn’t recognise. An intruder. Maybe he can even see the outline of a weapon. What would he do in the precious few seconds before they came into the room? How would he use them, if not to cry out? This little boy, this particular little boy, who reads all those spy books. What would he do?
   そして見覚えがない誰かがドアに近づいているんだ近づく。侵入者だ。多分(ひょっとしたら)彼は武器の輪郭が見えさえしている。奴らが部屋に入ってくるまでの貴重な数秒感で彼は何をしそうか?泣き叫ぶのでなければ、これらを彼はどう使うか?この幼い少年、これらのスパイ本を全て読んでいるこの几帳面な幼い少年。彼は何をしそうか?(この少年なら…ああいう、スパイものを読んだりする少年なら、その貴重な数秒をどう使うか。
JW: He’d leave a sign.
   彼はサインを残している筈だ。
SH: (SNIFFS) Get Anderson.
   アンダーソンを連れてこい。

SH: Linseed oil.
   リンシードオイルだ。
ANDERSON: Not much use. Doesn’t lead us to the kidnapper.
   あまり使わない役立たないな。俺らを誘拐犯に導きはしない。
SH: Brilliant, Anderson.
   素晴らしいなアンダーソン。
ANDERSON: Really?
   本当か?
SH: Yes, brilliant impression of an idiot. The floor.
   ああ、愚者の素晴らしい感想だ。床だな。
JW: He made a trail for us.
   彼は俺らの為に試したんだ。
SH: The boy was made to walk ahead of them.
   男の子は奴らの前を歩かされた。
JW: On tiptoe?
   つま先で?
SH: Indicates anxiety. Gun held to his head. The girl was pulled beside him, dragged sideways. He had his left arm cradled about her neck.
   不安を示している。銃が頭にくっついていたんだ。女の子は彼の側で引かれた、横向きに引きずられて。彼は彼女の首の辺りを左手で抱いていた。
ANDERSON: That’s the end of it. We don’t know where they went from here. Tells us nothing after all.
   それが終わりだ。俺らには彼らがここからどこに行ったのかわからない。どのみち何も教えてくれない。
SH: You’re right, Anderson. Nothing. Except his shoe size, his height, his gait, his walking pace.
   君は正しいな、アンダーソン。何も。彼の靴のサイズや慎重、歩き方、歩く速度を除けばな。
JW: Having fun?
   楽しんでる?
SH: Starting to.
   始まる所だ。
JW: Maybe don’t do the smiling. Kidnapped children?
   多分ニコニコしない方がいいぞ。誘拐された子ども達なんだからな?


CAB
JW: How did he get past the CCTV? If all the doors were locked.
   彼はどうやって過去のCCTVを手に入れたんだCCTVをかいくぐったんだ?もし全ての扉が施錠されていたなら。

get past:~を通り抜ける

SH: He walked in when they weren’t locked.
   それらが施錠されていないときに歩み行ったんだ。
JW: A stranger can’t just walk into a school like that.
   部外者は学校にそんなふうにちょっと歩み行ったりなんてできない。
SH: Anyone can walk in anywhere if they pick the right moment. Yesterday, end of term, parents milling around, chauffeurs, staff. What’s one more stranger among that lot? He was waiting for them. All he had to do was find a place to hide.
   正しい瞬間を選別すれば、誰でもどこへでも歩み入れるさ。昨日、学期の終わりだ、その辺りをウロウロしている親たち、お抱え運転手達、職員。そんな奴らの間にもう一人部外者がいるのは?彼は彼らを待っていたんだ。彼がやるべきことは、隠れる場所を見つけることだけだった。


BART’S
SH: Molly!
   モリー!
MOLLY: Oh, hello. I’m just getting out.
   あら、こんにちは。ちょっと外出するところなの。
SH: No, you’re not.
   いいや、君はそんなところじゃない。
MOLLY: I’ve got a lunch date.
   私、ランチデートをするの。
SH: Cancel it. You’re having lunch with me.
   キャンセルしろ。君は僕とランチをするんだ。

・これ何だろう?ポテトチップ?それがランチなの…?

MOLLY: What?
   何ですって?
SH: Need your help. It’s one of your boyfriends, we’re trying to track him down. He’s been a bit naughty.
   君の助けが必要なんだ。君のボーイフレンドの一人だろ、僕らは彼を見つけ出そうとしているんだ。奴は少しばかり腕白だな。

・track down:見つけ出す、追いつめる、追跡して捕える

JW: It’s Moriarty.
   モリアーティだぞ。
SH: Of course it’s Moriarty.
   勿論モリアーティだ。
MOLLY: Jim actually wasn’t even my boyfriend. We went out three times. I ended it.
   ジムは実際のところ、私のボーイフレンドでさえなかったわ。私たち3度出掛けたの。終わりにしたわ。
SH: Yes, and then he stole the Crown Jewels, broke into the Bank of England and organised a prison break at Pentonville. For the sake of law and order, I suggest you avoid all future attempts at a relationship, Molly.
   ああ、そして彼は王冠の宝石を盗み、イングランド銀行に侵入し、ペントンヴァイルで刑務所を破る計画をしたんだ。法と秩序のため、未来永劫、関係を持つ試みを避けるよう君に提案するよ、モリー。

・for the sake of:〜のために
・また袋を取り出すシャーロック。この手つきが好きです(笑

BARTS’ LAB
SH: Oil, John. The oil in the kidnapper’s footprint. It’ll lead us to Moriarty. All the chemical traces on his shoe have been preserved. The sole of the shoe is like a passport. If we’re lucky, we can see everything that he’s been up to.
   油だ、ジョン。誘拐犯の足跡の油。これが僕らをモリアーティへと導くぞ。彼の靴にあった全ての化学的痕跡は保存されている。靴の底はパスポートのようなものだ。もし僕らが幸運なら、彼が企んでいた全てのことを見ることが出来る。
JW: Hmm.
   ふうん。
SH: I need that analysis.
   僕はこの分析が必要だ。

・このシーンのモリー、学問に身を捧げてきた彼女の凛々しさが表れているようで本当にかっこいです。シャーロックに憧れているだけの取り巻きなんかではなくて、きちんと自分の専門分野を持っている。

MOLLY: Alkaline.
   アルカリ性。
SH: Thank you, John.
   ありがとう、ジョン。
MOLLY: Molly.
   モリーよ。
SH: Yes.
   ああ。

・ここね!シャーロックは”Yes.”ではなくて“Thank you, Molly.”と言い直すべきですよね。もうthank youを飛ばして”Molly.”だけでも良いから言ってあげて!!

1. Chalk  チョーク
2. Asphalt  アスファルト
3. Brick Dust  レンガの屑
4. Vegetation  植物

SH: IOU… Glycerol molecule.
   アイ・オウ・ユー… グリセリル分子。

Glycerol (Glycerine - propane 1,2,3, triol - hydroxyl (OH) functional group)
5. ?????

SH: What are you?
   君は何なんだ?
MOLLY: What did you mean, “I owe you”? You said, “I owe you.” You were muttering it while you were working.
   「君に借りがある」って、どういう意味なの?あなたが言ってたわ、「君に借りがある」って。あなた作業していた間つぶやいていた。

・モリーと話しながら、前方を通り過ぎるジョンを目で一瞬追うシャーロック。それを見ているモリー。

SH: Nothing. Mental note.
   何でもない。頭の中の覚え書きだ。
MOLLY: You’re a bit like my dad. He’s dead. Oh, sorry.
   あなた、ちょっと私のパパみたい。亡くなったの。あ、ごめんなさい。
SH: Molly, please don’t feel the need to make conversation. It’s really not your area.
   モリー、会話をする必要性を感じるな。それは本当に君の(得意な)分野ではない。
MOLLY: When he was dying, he was always cheerful, he was lovely. Except when he thought no one could see. I saw him once. He looked sad.
   彼が死にゆく時、いつも陽気だった、素敵だった。彼が、誰も見ている筈が無いと思ってたとき以外は。一度、彼を見たの。悲しそうだった。
SH: Molly…
   モリー…
MOLLY: You look sad. When you think he can’t see you. Are you okay? Don’t just say you are, because I know what that means, looking sad when you think no one can see you.
   あなた悲しそう。彼があなたを見ている訳がないと思っている時。(顕微鏡を見ていたシャーロックがジョンを見る。そしてモリーと目を合わせる。)大丈夫?大丈夫だなんてただ言わないで、だって私は意味が分かるもの、誰も見ている訳が無いと思っている時に悲しげであることの。
SH: You can see me.
   君は僕が見えるだろう。
MOLLY: I don’t count. What I’m trying to say is that if there’s anything I can do, anything you need, anything at all, you can have me. No, I just mean… I mean… If there’s anything you need. It’s fine.
   私は数えないわ。私が言おうとしているのは、私に出来ることが何かあるなら、あなたが必要な何か、本当に何でも、貴方には私がいるってこと。ううん、私がただ…つまり…もし何かあなたが必要とするなら。いいわ。
SH: But, what could I need from you?
   だが、僕は君から何を必要とするというんだ?
MOLLY: Nothing. I don’t know. But you could probably say thank you, actually.
   何も無い。わからないわ。でも実際、多分ありがとうって言ってもいいんじゃない。
SH: Thank you.
   …ありが、とう。
MOLLY: I’m just going to go and get some crisps. Do you want anything? It’s OK. I know you don’t.
   ちょっと行ってクリスプを取ってくるわ。何か欲しいものある?いいの。欲しいものはないって知ってる。
SH: Well, actually, maybe I’ll…
   あ、実際、多分、僕は…
MOLLY: I know you don’t.
   わかってる。


JW: Sherlock.
   シャーロック。
SH: Hmm?
   ん?
JW: This envelope was in her trunk. There’s another one.
   この封筒が彼女のトランクにあった。もう一つあるんだ。
SH: What?
   何だって?
JW: On our doorstep. Found it today. Yes, and look at that. Look at that. Exactly the same seal.
   俺らの玄関前の階段に。今日見つけたんだ。ああ、これを見て。見ろよ。まさに同じ封蝋だ。
SH: Bread crumbs.
   パン屑か。
JW: Uh-huh. It was there when I got back.
   ああ。僕が戻った時にそこにあった。
SH: A little trace of bread crumbs, hardback copy of fairy tales. Two children led into the forest by a wicked father follow a little trail of bread crumbs.
   パン屑のわずかな跡、ハードカバーのおとぎ話の本。邪悪な父親によって森に導かれた二人の子ども達が、パン屑の僅かな跡を辿る。
JW: That’s Hansel and Gretel. What sort of kidnapper leaves clues?
   それはヘンゼルとグレーテルだ。誘拐犯はどんな手がかりを残している?どんな誘拐犯が手がかりを残すっていうんだ?
SH: The sort that likes to boast. The sort that thinks it’s all a game. He sat in our flat and he said these exact words to me. “All fairy tales need a good old-fashioned villain.” The fifth substance. It’s part of the tale. The witch’s house. The glycerol molecule.
   自慢したいような(誘拐犯)だ。これは完全にゲームなのだと思うような。彼は僕らのフラットに座って、まさにこれらの言葉を僕に言った。「全てのおとぎ話は良い古風な悪役を必要とするんだ」。この5つ目の物質。お話の一部分だ。魔女の家。グリセリル分子。

5. PGPR

SH: PGPR.
   ピー・ジー・ピー・アール。
JW: What’s that?
   それは何だ?
SH: It’s used in making chocolate.
   チョコレートを作るのに使われてる。


SCOTLAND YARD
DI LESTRADE: This fax arrived an hour ago.
   このファックスが一時間前に届いた。

(FAX) HURRY UP THEY’RE DYING!
   急げ 彼らが死んじゃうよ!

DI LESTRADE: What have you got for us?
   俺らの為に何を持って来てくれたんだ?
SH: We need to find a place in the city where all five of these things intersect.
   僕らは市内でこれらの5つが全て交わっている場所を探す必要がある。
DI LESTRADE: Chalk, asphalt, brick dust, vegetation… What the hell is this? Chocolate?
   チョーク、アスファルト、レンガの屑、植物… これは一体何だよ?チョコレートか?
SH: I think we’re looking for a disused sweet factory.
   僕らはお菓子の廃工場を探すことになると思うよ。
DI LESTRADE: We need to narrow that down. A sweet factory with asphalt?
   絞り込む必要があるな。アスファルトのある菓子工場?

・narrow down:絞り込む、範囲を限定する

SH: No, no, no. Too general. Need something more specific, chalk, chalky clay. That’s a far thinner band of geology.
   違う違う。大まか過ぎる。もっと特徴的な何かが要る、チョーク、白亜の粘土。地質学的にかなり狭い一帯だ。
DI LESTRADE: Brick dust.
   レンガの屑。
SH: Building site. Bricks from the 1950s.
   建設用地。1950年代からのレンガだ。
DI LESTRADE: There’s thousands of building sites in London!
   ロンドンには何千も建設用地がある!
SH: I’ve got people out looking.
   僕は人々を見ることから外してきた。僕には外で調査してくれてる人々が居る。
DI LESTRADE: So have I.
   俺もだ。
SH: Homeless network. Faster than the police. Far more relaxed about taking bribes. John. Rhododendron ponticom. Matches. Addlestone.
   ホームレスネットワーク。警察より速い。収賄について遥かに緩いしな。ジョン。シャクナゲのポンチコム。マッチ。アドルストンだ。

・ お仕事してるアンダーソンのカット!
・ ここで電話が一斉に鳴るのは何なんでしょう?

DI LESTRADE: What?
   え?
SH: There’s a mile of disused factories between the river and the park. It matches everything.
   川と公園の間にある廃工場まで1マイルある。そこは全てに一致している。
DI LESTRADE: Come on. Come on!
   来い。行くぞ!


CHOCOLATE FACTORY
SGT DONOVAN: You, look over there. Look everywhere. Spread out, please. Spread out!
   あなた、あっちを見て。全部見て。散りなさい。散って!
SH: This was alight moments ago. They’re still here! Sweet wrappers. What’s he been feeding you? Hansel and Gretel. Mercury.
   少し前に火がついていた。彼らはまだここにいる!菓子の包み紙。彼は君たちに何を食べさせたんだ?ヘンゼルとグレーテル。水銀だ。

・舐めてわかるの?味を知っているの?某有名小学生の「…これは水酸カリ!」みたいな?

DI LESTRADE: What?
   何だって?
SH: The papers, they’re painted with mercury. Lethal. The more the stuff they ate…
   この紙、水銀が塗られている。致死だ。これをもっと彼らが食べたら…・
JW: It was killing them…
   これが彼らを殺す所だった…
SH: It’s not enough to kill them on its own. Taken in large enough quantities, eventually it would kill them. He didn’t need to be there for the execution. Murder by remote control. He could be 1000 miles away. The hungrier they got, the more they ate, the faster they died. Neat.
   これだけで殺すのには、十分でない。十分に大きな量を取られれば、いつかは彼らを殺すだろう。彼は遂行の間そこにいる必要はなかった。遠距離操作による殺人だ。彼は1000マイル遠くにいるかもしれない。彼らの空腹、食べれば食べる程早く死んでしまう。空腹が増すにつれて、食べる量も増えて、早く死んでしまう。 巧妙だ。
JW: Sherlock.
   シャーロック。
SGT DONOVAN: Over here! We’ve got you, don’t worry.
   ここよ!(子ども達に)見つけたわよ、心配しないで。


SCOTLAND YARD
SGT DONOVAN: Right, then. The professionals have finished, if the amateurs want to go in and have their turn.
   はいじゃあ、専門家は終わったわ、もし素人が入ってご自分の番を持ちたいなら。
DI LESTRADE: Now, remember that she’s in shock and she’s just seven years old so… Anything you can do to…
   いいか、彼女はショックを受けていて、たったの7歳だって忘れるなよ、つまり…君が出来ることは…
SH: Not be myself.
   僕自身ではいないこと。
DI LESTRADE: Yeah. Might be helpful.
   そうだ。役に立てばいいがな。(そうしてくれると助かる。

SH: Claudette, I…
   クローデット、僕は…
CLAUDETTE: (SCREAMS)
   キャーー!!!!
SH: I know it’s been hard for you, Claudette. Listen to me.
   君には辛いってわかってるよ、クローデット。話を聞いて。
DI LESTRADE: Get out!
   出て行け!
JW: Makes no sense.
   意味が分からない。
DI LESTRADE: Kid’s traumatised. Something about Sherlock reminds her of the kidnapper.
   子どもはトラウマを抱えさせられてるんだ。シャーロックに関わる何かが誘拐犯を思い出させた。
JW: What’s she said?
   彼女はなんて言った?
SGT DONOVAN: Hasn’t uttered another syllable.
   もう一言も口に出さなかった。
JW: And the boy?
   それじゃ男の子は?
DI LESTRADE: No, he’s unconscious. Still in intensive care.
   いいや、彼は意識が無い。まだ集中治療中だ。

(MESSAGE ON THE WINDOW) “I O U”

DI LESTRADE: Well, don’t let it get to you, I always feel like screaming when you walk into a room. In fact, so do most people. Come on.
   ああ、それに君を取らせるなよ、お前が部屋に入ってくるとき、俺だっていつも叫びたくなる。事実、ほとんどの奴がそうだ。さあ。
SGT DONOVAN: Brilliant work you did, finding those kids from just a footprint. It’s really amazing.
   あなた素晴らしい働きをした、ただの足跡から子ども達を見つけるなんて。本当に驚異的。
SH: Thank you.
   ありがとう。
SGT DONOVAN: Unbelievable.
   信じられない。


JW: Ah. You OK?
   ああ。大丈夫?
SH: Thinking. This is my cab, you get the next one.
   考えている。これは僕のタクシー。君は次のに乗る。

・ジョンが手を上げて停めたのに…

JW: Why?
   何故?
SH: You might talk.
   君は話すだろ。


DI LESTRADE: Problem?
   (資料などを眺めているサリーに)問題でも?

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

ジャベールのような。サリー・ドノヴァン

Six grand a term
grandは1000っていう単位で使うね!これは米でも言うかも。
一学期で6千(ポンド)も払ってるんだから(かかるんだから)、当然、子供の安全も守ってくれると期待するだろうのにね。という感じ?

So someone approaches the door who he doesn’t recognise. An intruder. Maybe he can even see the outline of a weapon.
細かいのだけど
つまり見覚えのない人がドアに近づく(現在進行でなく、現在・・?)
このmaybeは多分よりももう少し、曖昧加減が強い感じがする。私の感覚だけど。。
ひょっとしたら、持っている武器の輪郭だって見えるかもしれない。

This little boy, this particular little boy, who reads all those spy books. What would he do?
このparticularは「特に」の方かな?(スパイものが好きな)"この"少年。という雰囲気
all thoseは、彼が指差した物に対して「ああいうの」と言っているのかな?
この少年なら…ああいう、スパイものを読んだりする少年なら、その貴重な数秒をどう使うか。

Not much use.
useは役に立たない、の方かな?

How did he get past the CCTV?
なんとなく、防犯カメラをどうやってすり抜けたんだ?っぽい意味かと思っていたが・・
(ちなみにCCTVはA Study in Pinkにて)

モリーさん、このさくらんぼ柄お気に入りだね。(笑)

We went out three times. I ended it.
めっちゃ可愛い・・(笑)ちょっとムキになってる!!
私たち(付き合ってたんじゃなくって)3回出掛けただけよ。
しかも"私が"終わりにしたのよ。という感じじゃないかな!

I don’t count.は本当、彼女のキャラクターをぎゅー!っと濃縮したような台詞。
彼女、パイロット版ではわりとマトモ(笑)で真面目そうな感じだったけど、リリース版ではシャーロックにお熱な乙女としてとっても楽しいキャラクターになり、ブログではそのちょっと孤独な感じを匂わせ、更にシーズン2のこの台詞によって彼女の深みがぐっと増したと思う。
かわいい彼女が、どうして検視医になったのか・・と彼女の過去まで知りたくなるほど。
you can have me. No, I just mean…
言い直しているのは、想像だけど、(醜聞で登場したように)haveにもう一つの若干ディープな意味があるからかな?
そういう深い意味じゃなくて…みたいな。全然違ったりして(笑)

But you could probably say thank you, actually.
私の感覚としては、ありがとうって言ってくれるだけでいい、っていう雰囲気で言っているように見えた(もはや視覚に頼る!笑)のだけど、どうなんだろう。

What sort of kidnapper leaves clues?
what sort of~は、どんな~が・・という意味だと思う。
どんな誘拐犯がわざわざヒントを残すんだよ、ヒントを残してくなんてどんな誘拐犯だよ。という感じ?

The sort that likes to boast.
自慢が大好きな奴だ。

アスファルトって、英語ではアシュファルトって言うのがかなり可愛い(笑)一瞬、レストレード、いきなり舌足らず・・?!ってなるね。

I think we’re looking for a disused sweet factory.
こういう表現も英語独特だね。。

粘度は粘土のことかな・・?

I’ve got people out looking.
(ヤードの)外でも調査してくれてる人々が居る、という感じ?
電話が鳴るのは、彼らからのフィードバックが殺到したからでは?

The hungrier they got, the more they ate, the faster they died.
空腹が増すのに比例して、食べる量も増えて、早く弱っていく。

Might be helpful.
That might be helpful.ああ、そうしてくれれば助かる。というニュアンスがしっくり来るかなあ・・?

Well, don’t let it get to you,
解釈は合っているのでは!まあそんなに気にするなよ、という感じかな?

Unbelievable.
初見ではその後のサリーの対応を見るまで「そういう」意味で言っていたのにあまり気が付かなくて、ただ「ほえ?サリーが褒めたぞ・・?え?え?」としか思ってなかったのだけど(笑)、その意図を知ったあとに、ズルズルとその言葉が胸に。。

ここでドノヴァンの話をすると、私ほんとうにあのキャラクターが大好きで、「レミゼラブル」に例えるとジャベールのような人だな・・といつも思っていて。
きっと彼女は本当に正義感が強くて、悪は罰して善は報われるべきという信念を持って仕事をしているんじゃないかなと。シャーロックのことも、決してキライなわけではなくて、彼の才能は十分に認めている(た?)んじゃないかな。彼があらゆる事件を解決してくれたおかげで、悪人をきちんと突き止めることができたから、その横柄な態度も奇妙奇天烈な性格も「受け入れる」ことはしなくても、人に危害を加えたり犯罪を犯してしまう真似をしない限りでは、拒絶はしてこなかったんじゃないか。
逆にアンダーソンの場合は、彼のことをただの頭のおかしいannoyingなヤツ。と毛嫌いしている印象が。
きっとサリーは人間が好きなんだな、と感じる!あのシャーロックに対して、嫌味ったらしくfreakと言いつつも、なんだか愛称というか・・小学生の罵り合いみたいな、ちょっと愛を感じる(私だけか・・?)。「If the amatuers want to go in and have their turn...」と言うのも、ネガティブな発言というよりは、おちょくってるような温かみすら感じちゃう。疑念を抱いてフラットに押しかけた時でも、「Sherlock. We need to talk to you.」っていう言い方ができるのは、彼女が根本的に人間というものが好きなんじゃないかと思わずにいられない。
このストーリーの中ではアンダーソンとともにシャーロックに反感を抱く人物、という色が強いかもしれないのだけど、彼女もほんとうに温かくて、偉大なキャラクターだと思う・・!大好き。

2013/01/13 (Sun) 00:28 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃん

> Six grand a term
grandはそういう意味ですか!!

> このmaybeは多分よりももう少し、曖昧加減が強い感じがする。私の感覚だけど。。
曖昧さはperhapsやprobablyなどと比較してどうなのですかね。色々調べたんだけど、ネイティブでも人によって感覚が違うようです…。

> How did he get past the CCTV?
そういうことですか!!

> We went out three times. I ended it.
> 私たち(付き合ってたんじゃなくって)3回出掛けただけよ。
私も「だけ」というニュアンスだと思っているのだけど、justなどの該当語句がなかったから訳出しなかったのです>_< 
> しかも"私が"終わりにしたのよ。という感じじゃないかな!
なるほど。
実際、モリアーティが人を(利用する為に)口説く時って、どういう感じなんだろう。その辺の人間ごときに本性を表してしまうような彼ではないだろうから、モリーは「なんだかよくわからない変な人だった。でも、悪い人ではなかった。」くらいにしか思わせていなさそう、なんて考えてしまいます。
あと、ジムって呼んでいたし、モリーは恐らくモリアーティの本名を知っていたよね?報道で彼の名前と顔を見たら、わかったはず。裁判で「私と交際していました。彼はIT部門に務めていたから、俳優なんかじゃありません。失業もしていなかった」と証言できるのではないかな、なんて。5分しか会っていないシャーロックよりも鑑定人として信頼できる気がするのだけども…。

> かわいい彼女が、どうして検視医になったのか・・と彼女の過去まで知りたくなるほど。
これは是非知りたいですね!

> アスファルトって、英語ではアシュファルトって言うのがかなり可愛い(笑)一瞬、レストレード、いきなり舌足らず・・?!ってなるね。
気づかなかった…!それは可愛いねv

> 粘度は粘土のことかな・・?
変換ミスでした。ありがとう!

> The hungrier they got, the more they ate, the faster they died.
hungrierを名詞のようにとらえてしまっていました。なるほどね、比較級がここから始まっているんだ。

> Unbelievable.
この台詞の前後でドノヴァンとシャーロックの表情が変わるのが良いよね…!

レミゼラブルは観ていないのでよくわからないのだけど(でも凄い評判ですね!友人達も絶賛していました)、ドノヴァンがシャーロックを「拒む」のではなく「受け入れていた」というひよりちゃんの意見に同意です。
でも、彼はいつかラインを超えるだろうとも思っていた。そのことを恐れていたのかもしれないし、どこかで諦めてその事実すら受け入れてしまっていたのかもしれない。だからこそ、彼を変える可能性を持つジョンに対しても「趣味でも見つけて、離れた方がいい」と言っていたのかも。ジョンが側にいようといまいと、いつかはそうなってしまうのだから、と。まともなアンタは関わらない方がいいよ、みたいな。(ジョンも大概まともなんかじゃないけどね汗)
freakという愛称も、ほんとうに、「愛称」という表現がピッタリだね。本当に嫌っていたらこんな態度はとらないものね。

S3で彼女がどうなるのかも気になります。
フォールからシャーロック帰還までの時間が長かった場合、ジョンが逮捕に繋がる最初の告発者であるドノヴァンに対して多少なりとも憎しみを抱いてしまうような可能性もあると思う。今まであれだけつきあってきたクセに、シャーロックのこと全然わかってなくてモリアーティに踊らされたのか、って。グレッグ含め、ヤードとも距離を取ってしまうかもしれないよね。原作準拠で3年間も経ってしまったら、色々取り返しがつかないような…。

そして、全てがモリアーティによって創り上げられた嘘だったと判明した時、ドノヴァンがどういう行動を起こすか。もしもシャーロックの前で泣いたりなんかしたら、私も泣いちゃう。
ジョンと気まずい関係になってしまう、なんていうのはなんとしても避けてほしいな!!

2013/01/13 (Sun) 20:32 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。