--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_01
07
(Mon)23:32

S2ep3-5 The Reichenbach Fall

前回は少しテーマが変わってしまいましたが、当初の目的に戻ってきまして、ライヘンバッハ第五回です。
タクシーでの映像から、警察に追われるところまで。

ジムがあの映像を録画してパソコンで編集している姿を想像すると、おかしいような、空恐ろしいような…。

CAB
WOMAN ON TV: …nation, this is stunning eveningwear sent from us here at London…
   …国、これは私共がここロンドンからお送りする、茫然とする程のイヴニングウェアです…
SH: Could you turn that off, please?
   消してもらっていいですか?
WOMAN ON TV: As you can see, the set compromises of a beautiful…
   ご覧の通り、このセットは妥協します、美しい…
SH: Can you turn this off?
   消してもらえますか?
WOMAN ON TV: Accompanied by four…
   これが付いてきます、4つの…
JM ON TV: Hello. Are you ready for the story? This is the story of Sir Boast-A-Lot.
   やっほー。お話の準備はできてるかな?これは自慢ばかり卿のお話だよお。

SCOTLAND YARD
SD: A footprint, that’s all he has. A footprint.
   一つの足跡、それが彼が持っているもの全て。足跡一つですよ。
GL: Yeah, well, you know what he’s like, CSI Baker Street.
   ああ、うん、わかってるだろ、彼は、ベーカー街の犯罪現場捜査班みたいなもんだ。

・CSI:crime scene investigation

SD: Well, our boys couldn’t have done it.
   でも、私たちの坊や達はできっこなかった。
GL: Well, that’s why we need him. He’s better.
   ああ、だから彼が必要なんだ。彼の方が優れている。
SD: That’s one explanation.
   それも一つの解釈ですね。
GL: And what’s the other?
   じゃあ他のは何だ?

CAB
JM ON TV: Sir Boast-A-Lot was the bravest and the cleverest knight at the round table. But soon, the other knights began to grow tired of his stories about how brave he was and how many dragons he’d slain. And soon they began to wonder, are Sir Boast-A-Lot’s stories even true?
   自慢ばかり卿は円卓で最も勇敢で賢い騎士だった。でもすぐに、他の騎士達は彼がどれだけ勇敢で何匹のドラゴンを倒したのかについての話に飽き飽きしてきてしまった。そしてすぐに不思議に思い始めた、自慢ばかり卿の話は本当に真実なんだろうか?

SCOTLAND YARD
SD: Only he could have found that evidence.
   彼だけがこの証拠を見つけられたんですよ。

CAB
JM ON TV: Oh, no.
   あ〜あ。

SCOTLAND YARD
SD: And then the girl screams her head off when she sees him, a man she has never seen before. Unless she had seen him before.
   それにあの女の子は彼を見てもの凄く叫んだ、彼女が前に一度も見たことがない男を。以前に会ったことがあるのでなければ。

・one’s head off:(頭がおかしくなるほど)過度に、非常に

GL: What’s your point?
   何が言いたいんだ?
SD: You know what my point is, you just don’t want to think about it.
   何が言いたいかおわかりでしょう、それについて考えたくないだけです。

CAB
JM ON TV: So one of the knights went to King Arthur and said, “I don’t believe Sir Boast-A-Lot’s stories. He’s just a big old liar who makes things up to make himself look good.”
   それでえ、騎士の一人はね、アーサー王のところに行ってさあ、言ったんだ、「私は自慢ばかり卿の話を信じません。彼は自分をよく見せようとしてでっちげているただの老いぼれの大嘘つきです。」ってねー。

SCOTLAND YARD
GL: You’re not seriously suggesting he’s involved, are you?
   奴が関係してしまっているって、本気で言おうとしているんじゃないよな?
ANDERSON: I say we have to entertain the possibility.
   その可能性も考慮しなければならないと言っているんです。

CAB
JM ON TV: And then even the King began to wonder… But that wasn’t the end of Sir Boast-A-Lot’s problem. No. That wasn’t the final problem. The end.
   それで王様ですら疑い始めた…でもこれは自慢ばかり卿の問題の終わりではなかったんだ。なかった。それは最後の問題じゃない。おっしまーい!
SH: Stop the cab. Stop the cab! What was that? What was that?
   タクシーを停めて。タクシーを停めろ!あれは何だったんだ?あれは何だったんだ?
JM: No charge.
   料金はいらないよー。
SULEJMANI: Look out!
   気をつけろ!
SH: Thank you.
   ありがとう。
(GUN SHOTS)
JW: Sherlock!
   シャーロック!

JW: That’s him. It’s him. Sulejmani or something. Mycroft showed me his files. A big Albanian gangster who lives two doors down from us.
   あれは彼だ。それは彼。スレユマニか何か。マイクロフトが彼のファイルを俺に見せた。アルバニアの重要な悪党で、俺らから二件隣に住んでる。
SH: He died because I shook his hand.
   僕が彼の手を握ったから死んだ。
JW: What do you mean?
   どういう意味?
SH: Saved my life, but he couldn’t touch me. Why?
   僕の命を救った、しかし僕に触れてはいけなかった。何故だ?


221B BAKER STREET
SH: Four assassins living right on our doorstep. They didn’t come here to kill me. They have to keep me alive. I’ve got something that all of them want. But if one of them approaches me…
   4人の暗殺者が僕らのまさに玄関前の階段目と鼻の先にに住んでいる。彼らは僕を殺しにここに来なかった。僕を生かしておかなければならないんだ。僕は、彼ら全員が欲する何かを持っている。でも彼らのうち一人が僕に近づけば…

・on 人's doorstep:〜の目の前に

JW: The others kill them before they can get it.
   他のが、彼らがそれを得る前に殺す。
SH: All of the attention is focused on me. There’s a surveillance web closing in on us right now.
   全ての注意は僕に集中している。今この瞬間も迫りつつある監視網があるぞ。

・close in:近づく、迫る、包囲網を狭める、閉じ込める

JW: So, what have you got that’s so important?
   じゃ、君はそんなに大事な何を持っているんだ?
SH: We need to ask about the dusting.
   僕らはほこりを払うことについて尋ねねば。

SH: Precise details. In the last week, what’s been cleaned?
   正確な詳細を。先週、何が掃除されたのか?
MRS HUDSON: Well, Tuesday I did your lino…
   ええと、火曜日に私、あなたのリノリウムを
SH: No, in here. This room. This is where we’ll find it. Any break in the dust line. You can put back anything but dust. Dust is eloquent.
   違う、ここだ。この部屋。ここが僕らがこれを見つけたそれを見つける場所なんだ。ほこり配線への侵入は何でも。埃の裂け目がないか。他の物は何でも戻せるけどホコリは違う。ホコリは雄弁だ。
MRS HUDSON: What’s he on about?
   彼何を言っているの?
JW: I don’t know.
   わかりません、
SH: Cameras. We’re being watched.
   カメラだ。僕らは見られている。
MRS HUDSON: What? Cameras? Here? I’m in my nightie.
   えっ?カメラ?ここに?私ネグリジェなのに。

・ここのシャーロックの動きが、なんだかダンスをしているようで好きです。ファニーな感じ。

SH: No, Inspector.
   断る、警部。
GL: What?
   何だって?
SH: The answer is no.
   答えは、「断る」。
GL: You haven’t heard the question.
   質問を聞いていないだろ。
SH: You want to take me to the station. Just saving you the trouble of asking.
   僕を署に連れて行きたいんだ。尋ねる手間を省いてやっただけだ。
GL: Sherlock…
   シャーロック…
SH: The scream?
   あの悲鳴?
GL: Yeah.
   ああ。
SH: Who was it? Donovan? I bet it was Donovan. Am I somehow responsible for the kidnapping? Ah, Moriarty’s smart. He planted that doubt in her head. That little nagging sensation you got to have to be strong to resist. You can’t kill an idea, can you? Not once it’s made at home…there.
   それは誰だったんだ?ドノヴァンか?ドノヴァンだったと賭けるね。僕がどういうわけか誘拐に責任があるのか?ああ、モリアーティは賢い。彼女の頭に疑いを植え付けたんだ。君が持ってしまった、収まらないで付きまとう感覚は耐える為に抵抗するのに(十分なくらい)強くなければならない。君はこの考えを殺せないんだろう?一度内側でそれが出来てしまえばね…ここだ。

・at home:内に、心底では

GL: Will you come?
   来てくれるか?
SH: One photograph, that’s his next move. Moriarty’s game. First the scream, then a photograph of me being taken in for questioning. He wants to destroy me inch by inch. It is a game, Lestrade, and not one I’m willing to play. Give my regards to Sergeant Donovan.
   一枚の写真、これが彼の次の行動だ。モリアーティのゲーム。まずは悲鳴、次に疑いの為に撮られた僕の僕が尋問のために(署まで)連行される写真。彼は少しずつ僕を破壊したいんだ。これはゲームだよ、レストレード、僕がプレイするのをいとわないものではない。ドノヴァン巡査部長によろしく。

・take in:連行する

SH: He’ll be deciding.
   彼は決心しようとするぞ。どうするか考えるだろう。

・未来進行形!どういうニュアンスなんでしょう。He’ll decide.と比べて、より「決定するのに迷いがある」感じがする言葉遣いなのかな?

JW: Deciding?
   決心?
SH: Whether to come back with a warrant and arrest me.
   令状を持って僕を逮捕しに戻ってくるかどうか。
JW: You think?
   そう思う?
SH: Standard procedure.
   通常の手順だ。
JW: You should have gone with him. People will think…
   彼と行くべきだったじゃないか。皆、こう考えるぞ…
SH: I don’t care what people think.
   僕は皆がどう思うか気にならない。
JW: You’d care if they thought you were stupid or wrong.
   君だって気にするだろ、皆が君が馬鹿だとか、間違ってるとか思ってたら。
SH: No, that would just make them stupid or wrong.
   いいや、それは彼らが馬鹿だとか間違ってるとかっていうことだ。
JW: Sherlock, I don’t want the world believing you’re…
   シャーロック、俺は君のことをそう思い込んでいる世界なんて望まない。
(沈黙)
SH: That I’m what?
   僕が何というように?
JW: A fraud.
   詐欺師だと。
SH: You’re worried they’re right.
   君は彼らが正しいと心配している。
JW: What?
   え?
SH: You’re worried they’re right about me.
   彼らが僕について正しいと心配しているんだ。
JW: No.
   違う。
SH: That’s why you’re so upset, you can’t even entertain the possibility that they might be right, you’re afraid that you’re been taken in as well.
   だから君はそんなに興奮しているんだ、君は彼らが正しいかもしれないという可能性を考慮することさえできない、君も同様に騙されていたのだと恐れている。

・take in:騙す

JW: No, I’m not.
   僕は違う。
SH: Moriarty is playing with your mind, too. Can’t you see what’s going on!
   モリアーディは君の心も使ってプレイしているんだ。何が起きているのかわからないのか!
JW: No, I know you’re for real.
   違う、本気で、僕は君を知っている。
SH: A hundred percent?
   100パーセント?
JW: Nobody could fake being such an annoying dick all the time.
   いつもそんな気に触る奴でいるふりなんて誰にも出来やしない。


SCOTLAND YARD
CHIEF: Sherlock Holmes?
   シャーロック・ホームズ?
GL: Yes, sir.
   はい。
CHIEF: That bloke that’s been in the press?
   報道のあの奴か?
GL: Mmm-hmm.
   ええ。
CHIEF: I thought he was some sort of private eye?
   彼は私立探偵のようなもんだと思ってたが?
GL: He is.
   そうです。
CHIEF: We’ve been consulting with him, that’s what you’re telling me? Not used him on any proper cases though, have we?
   我々は彼に相談していたと、お前はそう言うのか?彼を適切な事件で使ってきたのではなく?(だが重要な事件では彼に介入させてないんだろうな?
GL: Well, one or two.
   ええと、一つか二つ。
ANDERSON: Twenty or thirty.
   20か30。
CHIEF: What?
   何だと?
GL: Look, I’m not the only senior officer who did this…Gregson...
   あの、私だけがそういうことをした高官ではなく…グレグスンも…
CHIEF: Shut up. An amateur detective given access to all sorts of classified information? And now he’s a suspect in a case?
   黙れ。全ての種の機密情報へのアクセス権を与えられた素人探偵?それで今度は彼が事件の容疑者だと?
GL: With all due respect…
   然るべき敬意を払いまして…
CHIEF: You’re a bloody idiot, Lestrade. Now, go and fetch him in, right now. Do it!
   お前はなんて馬鹿なんんだ、レストレード。さあ、言って彼を連れてこい、今すぐだ。やれ!

GL: Proud of yourselves?
   自分達が誇らしいか?
ANDERSON: What if it’s not just this case? What if he’s done this to us every single time?
   この件だけでなかったら?いつだって奴が我々にこれをやっていたら?


221B BAKER STREET
JW: So, I’ve still got some friends on the force. It’s Lestrade. Says they’re all coming over here right now. Queuing up to slap on the handcuffs, every single officer you ever made feel like a tit. Which is a lot of people.
   つまり、俺は警察にまだ何人か友達がいたってことだ。レストレードだよ。すぐにここに彼らが来るって言ってる。手錠をひっぱたくカチャッとつける為に列を作った、君が間抜けみたいに感じさせた全警官が。沢山の人間だ。
MRS HUDSON: Yoo hoo! Oh, sorry, am I interrupting? Some chap delivered a parcel. I forgot. Marked perishable. I had to sign for it. Funny name. German. Like the fairy tales.
   やっふー!あら、ごめんなさい、お邪魔かしら?だれか男の子が小包を届けてくれたわ。忘れちゃったけど。生ものの印がついてて。私がサインしなきゃならなかったの。おかしな名前だった。ドイツの。おとぎ話みたいな。

・some+単数可算名詞:ある〜
 肯定文に用いられ(否定文はany:どんな〜も)、ふつうsome, anyは強く発音される。


SH: Burnt to a crisp.
   カリカリに焼けている。
JW: What does it mean?
   これはどういう意味だ?
(KNOCK AT DOOR)
MRS HUDSON: I’ll go.
   私が行くわ。
SD: Sherlock.
   シャーロック。
GL: Excuse me, Mrs Hudson.
   失礼します、ハドソンさん。
SD: We need to talk to you!
   あなたと話す必要があるの!
MRS HUDSON: Don’t barge in like that!
   そんなふうに中に入らないで頂戴!
JW: Have you got a warrant? Have you?
   令状はあるのか?持っているのか?
GL: Leave it, John.
   それを放してくれ(介入するな)、ジョン。
MRS HUDSON: Me? But…
   私?でも…

GL: Sherlock Holmes, I’m arresting you on suspicion of abduction and kidnapping.
   シャーロック・ホームズ、私は誘拐と誘拐の疑いであなたを逮捕します。

・abductionとkidnappingの違いは?

SH: It’s all right, John.
   大丈夫だ、ジョン。
JW: He’s not resisting. No, it’s not all right. This is ridiculous.
   彼は抵抗していない。駄目だ、大丈夫じゃない。馬鹿げてる。
GL: Get him downstairs, now.
   下に連れて行け、さあ。
JW: You know you don’t…
   君だって違うとわかっているだろ…
GL: Don’t try to interfere or I shall arrest you, too.
   邪魔しようとするな、じゃなきゃお前も逮捕するぞ。

JW: You done?
   君がやったの?終わった?
SD: Oh, I said it. First time we met.
   ああ、あたし言ったわ。私たちが初めて会ったとき。
JW: Don’t bother.
   嫌な思いをさせるなよ。(気にするな
SD: Solving crimes won’t be enough. One day, he’ll cross the line. Now ask yourself, what sort of man would kidnap those kids just so he can impress us all by finding them?
   犯罪を解決することは十分でなくなる。いつか、彼は最後の一線を超える。さあ自分に聞いてみて、どんな種類の男が、彼らを見つけることで私たち皆に感銘を与える為にあの子ども達を誘拐するの?
CHIEF: Donovan?
   ドノヴァン?
SD: Sir.
   はい。
CHIEF: That’s our man?
   あれが我々の男か?
SD: Uh, yes sir.
   あの、そうです。
CHIEF: Looked a bit of a weirdo, if you ask me. Often are, these vigilante types. What are you looking at?
   ちょっとした奇人と見受けたな、もしお前が俺に尋ねるなら。よくいるんだよね、自警団員タイプだ。何を見ているんだ?

MAN: Are you all right, sir?
   大丈夫ですか?
SH: Joining me?
   僕に加わるのか?

・ここの台詞好きだなあ。シャロの表情・言い方も好き。学校の購買に行こうとしたら友達が追いかけて来たから、「一緒に行く?」って尋ねる感じ。じゃ、ないですか?笑

JW: Yeah. Apparently it’s against the law to chin the Chief Superintendent.
   ああ。警視長とおしゃべりする(ぶん殴る)のは法に反するようだ。

・chin:懸垂する、おしゃべりする
・take it on the chin:急所にパンチを食らう


SH: Bit awkward, this.
   これは、少し厄介だな。
JW: There’s not one to bail us.
   俺らを保釈してくれる誰かはいないしな。

・ん?最強のミスター英国政府がいるじゃないですか?

SH: I was thinking more about our imminent and daring escape.
   僕は、僕らの切迫した大胆な逃走についての方をより考えていた。
DISPATCHER: All units to 2-7.
   全て2から7にまとまってる。(すべてのユニットは2-7に向かってください
JW: What?
   え?
DISPATCHER: All units to two… (HIGH-PITCHED FEEDBACK)
   全て2から7にまとまって…
SH: Ladies and gentlemen, will you all please get on to your knees? (FIRING GUNSHOTS) Now would be good!
   淑女の皆様、紳士の皆様、全員すぐに跪いてくださいますか?今だといいですね!

・言葉遣いが丁寧で感動。でもこれも、慇懃無礼なだけ?

GL: Do as he says!
   彼の言う通りにしろ!
JW: (STAMMERING) Just so you’re aware, the gun is his idea, I’m just, uh, you know…
   ただあの気づいてると思いますが、銃は彼のアイディアでして、僕はただのあの、あの…
SH: My hostage!
   僕の人質だ!

・hostageは大学受験の為の単語帳に載っていた覚えがあります。ようやく役に立ちました。

JW: Hostage! Yes, that works. That works. So what now?
   人質!そうだ、それがいい。それはいい。それで今度は何?
SH: Doing what Moriarty wants. Becoming a fugitive. Run.
   モリアーティが望むことをする。逃亡者になる。走れ。

・一瞬写る、頭を抱えるレストレードに涙してしまいそうです。

CHIEF: Get after him, Lestrade!
   彼を追え、レストレード!

・即座に走り出すドノヴァン達の後ろで、茫然としている(?)警部。

SH: Take my hand.
   僕の手を取れ。
JW: Now people will definitely talk. The gun!
   今なら皆間違いなく言うぞ。銃が!
SH: Leave it.
   放っておけ。
JW: Sherlock, wait! We’re going to need to coordinate.
   シャーロック、待て!俺らは連携する必要があるだろう。

・こんな場面でも優しい、たしなめるようなジョンの声。(こんな場面だからこそ、かしら。もしかして、静かに怒ってる?)

SH: Go to your right.
   君の右に行け。
JW: Huh?
   あ?
SH: Go to your right. Everybody wants to believe it. That’s what makes it so clever. A lie that’s preferable to the truth. All my brilliant deductions were just a sham. No one feels inadequate. Sherlock Holmes is just an ordinary man.
   君の右に行け。みんなそう信じたいんだ。それをとても賢くするものだ。真実よりも好ましい嘘。僕の素晴らしい推論は全て只のでっち上げだった。誰も無力だと感じない。シャーロック・ホームズはただの凡人。
JW: What about Mycroft? He could help us.
   マイクロフトはどうだ?俺らを助けてくれるかも。
SH: If he thinks I want a reconciliation? Now’s not really the moment.
   僕が和解を望むと彼が思ったら?今は本当にその時ではない。
JW: Oh, Sherlock, Sherlock! We’re being followed. I knew we couldn’t outrun the police.
   おい、シャーロック、シャーロック!俺らは追われてる。俺らは警察を振り切れないってわかってた。(やっぱりできなかったじゃないか

・何故過去形?

SH: It’s not the police. It’s one of our new neighbours from Baker Street. Let’s see if he can give us some answers.
   警察じゃない。ベイカーストリートからの僕らの新しいご近所さんのうちの一人だ。彼が僕らに何か答えを与えられるのかやってみよう。
JW: Where are we going?
   どこに行くんだ?
SH: We’re going to jump in front of that bus.
   僕らはあのバスの前方に飛び込むんだ。
JW: What?
   え?

・ここ!ライヘンバッハで、もしかしたら最も感動的なシーンなのではないかと、個人的に思っています。ジョンはシャーロックの後ろを走っていたのに、わざわざ前に回り込んで、バスの前に立ち止まるのですよ。いくら手錠がそういう向きに繋がれていたからといっても、普通だったら、シャーロックを画面右側に引っ張るか(orシャロの右側で立ち止まる=自分はバスの進路に入らないようにする)または、シャーロックを左側に引っ張るようにして走り続けるかのどちらかの行動を取るはずです。シャーロックの背中に入ってしまっても、責めることはできないようなシチュエーションだと思います。でも、彼はわざわざバスの進路に入るようにして立ち止まった。両腕を広げて。John believes in Sherlock.

・それから、シャーロックがバスの右半分の位置で立ち止まっているのもポイントかなと。後ろを走ってくるジョンは、バスの前に立つ必要はないと思ったのではないかなどと考えてしまいます。違うかもしれないけど。深読みしすぎてて気持ち悪いですかね。笑 思わず文字色を変えてしまうほど興奮していています。笑



SH: Tell me what you want from me. Tell me!
   僕から何が欲しいのか教えろ。教えろ!
KILLER: He left it at your flat.
  彼はあれをお前のフラットに残した。
SH: Who?
   誰が?
KILLER: Moriarty.
   モリアーティ。
SH: What?
   何を?
KILLER: The computer key code.
   コンピュータのキー・コード。
SH: Of course, he’s selling it. The programme he used to break into the Tower. He planted it when he came around.
   勿論、彼はそれを売っている。彼があの塔に侵入する為に使ったプログラムを。彼がぶらっと訪れた時に置いたんだ。

・plant:(盗聴器や盗品などを)置く、仕掛ける

(GUN SHOTS)

SH: (PANTING) It’s a game-changer. It’s a key. It could break into any system and it’s sitting in our flat right now. That’s why he left that message, telling everyone where to come. “Get Sherlock.” We need to get back into the flat and search.
   根本から考え直しだ。鍵だ。それはどんなシステムにも侵入できて、目下僕らのフラットに置いてある。それが、彼があのメッセージを残した理由だ、皆にどこへ来ればいいかを教えて。「シャーロックを手に入れろ」。僕らはフラットに戻って探す必要があるな。
JW: CID will be camped out. Why plant it on you?
   ロンドン警視庁犯罪捜査部が野営するだろうよ。なんでそれを君に仕掛けたんだ?

・CID:Criminal Investigation Department

SH: It’s another subtle way of smearing my name, now I’m best pals with all those criminals.
   僕の名を穢す別の巧妙な方法だ、さあそれら全ての犯罪者に雇われた、僕は最高の仲間達だ。僕はいまや奴らのような犯罪者と仲良しなんだ。

・withの意味と、Iが主語なのにpalsと複数形になっているのがよくわかりません。

JW: Yeah, well, have you seen this? A kiss and tell. Some bloke called Rich Brook. Who is he?
   ああ、ほら、これ見たことある?暴露モノ。リッチ・ブルックって呼ばれてるやつ。彼は誰だ?

・kiss and tell:暴露もの


お正月休みも終わり、普段の生活が戻ってきます。更新はしばらく滞りがちになるかもしれませんが、これからもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

The most "human being"

As you can see, the set compromises of a beautiful…
ほええ、どうして否定が入ってないんだろう・・?

Hello. Are you ready for the story? This is the story of Sir Boast-A-Lot.
これ、最初見たとき超~ホラーだった!!!夜中、家族の寝静まったあとパソコンの前でこれを観て背中がぞぞぞ・・!!ってなってた・・(笑)ここのシャーロックの表情、リアルでかなり好き。

CSI Baker Street
これはかなり噴出した!(笑)
知っているかもしれないのだけど、米ドラマ「CSI」というのがあって、それには「CSI マイアミ」「CSI ニューヨーク」とか(オリジナルがロスだったかな?)があるのね。
私、そのドラマが好きで昔からちょこちょこ見てるのだけど、シャーロックにはまりはじめた頃に某動画サイトでCSIマイアミのオープニングを真似た「CSI Baker Street」っていう動画を見つけて、大爆笑したことがあり(もしかしてタイトルは違ったかもしれないけど!)。今回このレストレードの発言で「あーみんな同じこと考えてるんだなー」って(笑)。
米では「Elementary」っていうこれまたホームズもののドラマをやるみたいだけど、その前に「CSI Baker Street」をやるべきだと思うんだ私!!(笑)

このThe Reichenbach Fallにはたくさん出てきたけど、キャブでのシャーロックのむきだしの「怒り」が大好きで。今までのエピソードの中で、ここまで人間的な部分って見たことがなくて、なるほど怒りってすごく動物的なというか・・生き物のもっとも自然な感情なのだな・・としみじみ感じた。そこが本当に大好き。

Four assassins living right on our doorstep.
これは「目と鼻の先に」という雰囲気で使っているんじゃないかな・・
と・・思って英辞郎先生に聞いてみた!「on 人's doorstep」で比ゆ的に「目の前に」と使うみたいよ!!

We need to ask about the dusting.
うーん。そうか・・dustを残して訳すとなると「お掃除」じゃちょっとだものね・・。難しい。

Well, Tuesday I did your lino…
linoはずっと、勝手にシーツとか布団(を洗った)という意味かと(リネン→linoみたいな)思っていたのだけど、調べてもそれらしいのが出てこず・・。むしろフローリング的な意味であるらしいのだけど、「No, in here.」って言っているのからして、(ベッドルームみたいに)場所が特定できる単語なのかな、と思い。。ちょっとわからない!

This is where we’ll find it. Any break in the dust line.
違う、この部屋の中でそれを見つけるんだ。埃の裂け目がないか。
Dust is eloquent.優雅な台詞だよね~美しい!

That little nagging sensation you got to have to be strong to resist.
否定するのにstrong enoughでなければならない(程の)nagging sensation。ということかな?(どういうことだ笑)
絶対に違う、とはっきり断言できる強い意志がなければ流されてしまうような(を持たなければならないような)、(頭に引っ付いて離れない)疑念をね。
そのままだと全体の意味がなんとなくイメージできるけど、邦訳するとなるとなかなか、日本語に当てはまる言い方を見つけるのが難しいよね。。

Not once it’s made at home…there.
大きな意味は、いったんここで出来てしまったら(その疑念を払拭することはできない)ね。という雰囲気だと思う。
at homeはここを拠点に、とか、ここにずっと棲みつく、というニュアンスを含んでいるのかな、と思っていたのだけど、内側に・心底でという意味を見つけて、それなのかな?と思ったり。

Will you come?
懐かしい言葉・・。でも、あのときとは全く違う目的で、というのが切なさを増す。

First the scream, then a photograph of me being taken in for questioning.
questioningはこの場合、尋問という意味かな?
一つ目はあの叫び、それから僕が尋問のために署まで連行される写真だ。

He wants to destroy me inch by inch. It is a game, Lestrade, and not one I’m willing to play.
なんか、「burn your heart out」の方法として、こんなに恐ろしいやり方ってないよね。人間、信頼がないと生きていけないし、失って一番辛いのって、誰からも信じてもらえなくなることなのかもしれない・・。これは人間だれもが持っている弱みなのかも。そこに漬け込もうと思うモリアーティーは、本当に怖い。
not one I'm willing to play.の表情が悲痛。。

He’ll be deciding.
decideは決定という意味だけど、decidingだと「決定を下すため考えている」もしくは「考えて決断を下す」という雰囲気かな?プロセスに重きを置いているような感じはする。「どうするか考えるんだろう(考えて決めるんだろう)。」

No, that would just make them stupid or wrong.
この台詞、ほんとうに潔くって大好き・・!痺れる。かっこいい。なんか、こういう潔い人間になりたい。

Sherlock, I don’t want the world believing you’re…
the worldというのは、世界の人々・世間、ということなのかな・・?と思ったり。
君が世間からそんな風に思われるなんてことはなってほしくない。とか。

Can’t you see what’s going on!
むきだしの怒り。これ、アマゾンでDVDを買うってときにうっかりトレイラーでこのシーン観てしまったときに本当びっくりした。本気でシャーロックが怒ってるって、何が起きるの・・??!!って。

No, I know you’re for real.
for realは(ニセモノではなくて)本物だということ、というのが近いかな・・と。
君はまがいものじゃないってちゃんと分かってるよ。
なんか、次の台詞も切ない。切ないほどに愛がある。(日本語ぼろぼろ)

Not used him on any proper cases though, have we?
細かいのだけど・・だが重要な事件では彼に介入させてないんだろうな?という感じがしっくり来たり。

Look, I’m not the only senior officer who did this…
あら・・私これ付け忘れていた・・??
これ、何の字幕で観たのかわからないのだけど(英版DVDの字幕ではなく)、最後に「Gregson...」と言ってるらしいよ!(原作で出てきたらしい・・?)
Look, I’m not the only senior officer who did this. Gregson...
待ってください、ベテランの中でこれをやったのは私だけじゃない。グレグスンだって・・・という感じ?ディモックだってね!まあ彼の場合は若手に入るのかな?

Queuing up to slap on the handcuffs,
slapはカシャっという音のニュアンスを出しているんじゃないかな?それにonで手に付ける、装着する、というイメージなんだが、確証は・・(笑)
手錠を(カチャっと)付けにぞろぞろとやってくるそうな。

Which is a lot of people.
つまり、大勢ってことだ!(笑)
そりゃそうだわな・・

Burnt to a crisp.
こわ・・この手の込みよう。。

Leave it, John.
おお・・そっか!(手錠?)を離せ、ともとれるのね!
私は、「介入するな、放っておけ、僕らに任せておけ」・・のような意味かなとも思っていた!

abductionとkidnappingの違いは?
ホントだ、どう違うんだろうね??モリアーティーについて言っていたときはabductだったけど。。
と、いうわけでグーグルせんせ~い(金八先生風)
検索してみたら、ネイティブでもその定義の違いは微妙らしい。でも一般的な認識として、abductは単に本人の意思に反して強引に連れ去ることで、kidnapはそれに加えて人質的要素が含まれるのだとか。(http://www.usingenglish.com/forum/ask-teacher/84116-abduction-vs-kidnapping.html

You done?
これはAre you done?の略としたら、「もう終わった?満足したかい?」という雰囲気なのかな、と思った!

Don’t bother.
これは、気にするな、構うな。みたいな意味かな・・?と思ったり。

Looked a bit of a weirdo, if you ask me.
if you ask meはこれでまとめて、見たところ、という意味じゃないかな?

Often are, these vigilante types.
私もこのvigilante-typesがどんな意味を込めて言った台詞なのか、よくわからず。
にしてもこの人、なかなか訛りの強いしゃべり方するけど、どこの訛りなんだろう。北の方?西?

Apparently it’s against the law to chin the Chief Superintendent.
たしかに、chinは書いてくれたような意味はあるのだけど、この場合はtake it on the chinの方の意味じゃないかな?
警視長をぶん殴るのは違法らしい。みたいな??

All units to 2-7.
わたし、なんとなく「すべてのユニットは2-7に向かってください」という意味かと思っていたのだけど・・これだけじゃ判断しがたいね。。2-7ってどこやねんって感じだしね。笑

Ladies and gentlemen, will you all please get on to your knees?
うんうん、慇懃無礼。こんな風に切羽詰まったときに出てくるジョークが、こういうドラマでは面白いよね*続くHostage! Yes, that works. That works.も・・顔が「よくないだろ!!!」って言ってるのが(笑)

Now people will definitely talk.
しつこい説明かもしれないけれど一応・・
people might talk(僕らがデキてるんじゃないかって噂になりかねない)がThe Great Gameに登場して、それを踏まえてのdefinitely(今度こそ絶対みんな噂するぞ!)ね!・・んなんわかってるがな!!と思うかもしれないのだけど一応・・!!

We’re going to need to coordinate.
わたしも、静かにムカッとしてるのだと思う(笑)「僕がいることも忘れるなって!君みたいにそうやってヒョイヒョイ飛び回れるわけじゃないんだから」みたいなね。

I knew we couldn’t outrun the police.
ほうらやっぱり、(案の定)できなかったじゃないか、みたいなイメージかな?警察を振り切れるはずはなかったんだ、みたいな。でも訳はそのままでもいいのでは??

おお、なるほど、気遣いね(バスのシーン)。たしかにこれも、そういう意味でとれるのが嬉しいね!

Of course, he’s selling it.
そうか、あいつはそれを売りに出した(出している)んだ。

It’s a game-changer.
なんか他に解釈の仕方があるような気もしつつ、でも思いつかない。。
例えば、最初見たときに思ったのは、モリアーティーからシャーロックへと矛先を向ける、という意味でのgame changerなのかな?とか。。

Get Sherlock
たしかに、原義の「手に入れる」が当たり障りなくていいね!
勝手な解釈を入れると、最初の方での意味は「(裁判に)シャーロックを連れてこい、引っ張り出せ」で、この場合では「シャーロックを捕まえろ」になったってことかな?

now I’m best pals with all those criminals.
いまや奴らのような犯罪者(暗殺者)と仲良しなんだ、ってね。
僕はall those criminals と(=with)best palsだ。
確かにpalsの複数形は言われてみれば「?」だけど、かと言ってpalで単数にするのは、後に来るのがall those criminalsでも、Johnだけ(笑)でも、違和感があるかも。palをfriendに置き換えてみても、I'm best friend with...って単数にすると変な感じがしない??やっぱりI'm (best) friends with...ってなる気がする。あえて単数にするなら、I'm 人's friend。あ、もしかしたらbe friends withっていう状態を表しているのでは??
なんか、「なぜそうなるのか」をいつも説明できなくて御免ね!!感覚に頼ってきた人間なもので(要するに適当ね!!)

Who is he?で「ハッ・・」となるシャーロックの顔が・・。

ちなみに、1年前に観始めたエピソードなのに、ついこのあいだになって初めて発見したものがあり・・(シャーロック情報に対してわりと受け身なので巷ではもう周知の事実なのかもしれないのだけど)ヤードのオフィス向かいのビルにペイントされていた「IOU」のほかに、このあたりのシーンでもうひとつ「IOU」を見つけました・・!
もしまだ知らなかったなら、ぜひ探してみて!!

2013/01/13 (Sun) 16:15 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

バスの場面!

そふぃー様、お邪魔致します!
私も例に漏れず、正月休みのつけを払い続けていたもので、タイミングのずれたコメントで申し訳ないのですが…

えええええ!バスの場面、ジョンはとっさにシャーロックを庇っていたんですか!?

すごい!本当に一瞬のことだったのに、(おそらく無意識に)そういう行動がとれてしまうジョンに年頭から惚れ直してしまいました。ワトソニアン必見の情報に今まで気づかなかったなんて、悔しくすらあります…っ!そして、この一瞬を見逃さなかったそふぃーさんありがとうございます!私にとって何よりのお年玉ですよ~!

一つ前の記事になってしまいますが、「耳コピ」すごいです!
私は音楽にまったく疎いのですが、本当にSHERLOCKには音楽が効果的に使われていると感じています。音楽が好きな方の書いた記事を読みたいなあ、とずっと思っていました。

この記事から、私のブログの記事にリンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか?
もし不都合があるようでしたらすぐに削除致しますので、コメントやメールフォームでお知らせいただければ幸いです。(お忙しい時期に申し訳ないのですが…)

それからlinoですが、ちゃんと調べてはいないのですけれど、「リノリウム」かな?と思いました。台所や病院、実験室などの床によく使われているので(ちなみに原作でワトスンが開いた医院の床もそうなんです)、ハドスンさんはシャーロックたちのキッチンの床掃除をしてくれたのではないかしら。ほんと、羨ましい大家さんです!

2013/01/14 (Mon) 10:10 | ナツミ #0kvoUBVw | URL | 編集 | 返信

ナツミ様

ナツミ様、いらっしゃいませ!

(ひよりちゃんからもコメント頂いているのですが、私が本文で語弊のある書き方をしてしまったことに気づいたので、先にお返事させて頂きます。)

すみません、ジョンが「シャーロックを庇った」というわけではなくて、ジョンも「シャーロックと並んでバスの前に立った」ということでした。
手錠で繋がれていたとはいえ、ジョンにはバスの前に立たないという選択肢もあったはずなのですが、一寸前に「バスの前に飛び出すぞ」と突然言われただけの状況であるにも関わらず、彼は「バスの前に立ちふさがる」という明確な意志を持って行動しているように見えた、ということでした。(わかりにくくてすみません)
普通なら、理由もわからずにバスの前に突然引きずられたりしたら全力で抵抗すると思うのです。画面向かって右か左に走って逃げようとするはずです。それなのに、これほど突然の、しかも自分の命にかかわることで、この行為の目的すらよくわからないのに(もしかしたらジョンもわかっていたのかもしれませんが)、シャーロックの言葉を信じてその通りに行動できるジョンは何て凄いのだろう、と感動してしまったのです。

誤解を呼ぶ書き方をしてしまってすみませんでした。そして、このコメント欄でもあまり整然とした説明ができず、自分の文章力の無さを身にしみて感じています…。

リンクについてですが、とても嬉しく光栄に思います。
ただ、私の意図としては上記のようなものだったので、もしナツミ様がそれでもよろしければなのですが…。

音楽についての記事も書いてみたいと思って入るのですが、如何せんそこまでの知識がなく、四苦八苦しております。(ですが、いつか挑戦したいテーマです!)

リノリウムという言葉、初めて聞きました!キッチンの床掃除…ハドソンさんは本当に素晴らしい大家さんですね。情報ありがとうございます。

後ほど、ナツミ様の記事もよく読ませて頂いて、コメントしに伺いますね!
ありがとうございました^^

2013/01/14 (Mon) 11:17 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃん

今日は特別寒いですね!雪が降ってきました…。

> Hello. Are you ready for the story? This is the story of Sir Boast-A-Lot.
私も同じような体験をしていますwぞぞぞぞってなりますよね。汗

> CSI Baker Street
そういうドラマがあるんだね!!全然知りませんでした。いつも面白い情報をありがとうー!動画サイトで調べてみようっと。

> Dust is eloquent.優雅な台詞だよね~美しい!
私もこの台詞大好き!ホームズらしい台詞だよね。eloquentは単語帳で覚えた記憶があるけれど、あまり入試問題には出てこなかったような。この素晴らしい台詞と共に覚えられるのが嬉しい♪

> That little nagging sensation you got to have to be strong to resist.
なるほど。うーん、ひよりちゃんの説明のお陰でなんとなく掴めたような気がする!のだけど、上手く訳出はできませんでした・・・。

> Not once it’s made at home…there.
at homeにそのような意味があったとは。

> Can’t you see what’s going on!
ここ、吹き替え版もよかったなーと思いました。確か、「それがわからないのか!!」みたいな。
ここまで声を荒げて怒るなんてそうそうないものね。

> No, I know you’re for real.
> for realは(ニセモノではなくて)本物だということ、というのが近いかな・・と。
翻訳版もそっち(君が本物だと知ってる)の意味で訳してあったのだけど、手持ちの辞書(プログレッシブ英和中辞典)では「本当に
本当で」という意味でしか載っていないのです…うーん。

> Look, I’m not the only senior officer who did this…
そういえばグレグソンって言ってたね!(気づかずごめんね>_<)グレッグというレストレードのファーストネームは原作に出てくる「グレグソン」から取られているという説をどこかで読んだことがあるような気がするんだけど、別人なら違うのかな…?何にせよ、原作ネタがほいほい出てくるのが面白いね。

> Queuing up to slap on the handcuffs,
なるほど!擬音みたいな感じかな?

> abductionとkidnappingの違いは?
人質的要素!ほおー。ありがとう!

> Don’t bother.
Don't bother me.の略かと思っていたのだけど、ひよりちゃんの解釈だとDon't bother you.っていうことなのかな?なるほど!

> Get Sherlock
字幕では「シャーロックをゲット」ってなっていたような気がします。面白いねw

> このあたりのシーンでもうひとつ「IOU」を見つけました・・!
221bの目の前の壁のところかな?私も全然気づいていなかったのだけど、色々な考察サイトさんを回るうちに気づかされました…!IOUが提示されるのが、シャーロックの椅子(ジョンの椅子の真向かい)、警視庁の向かいのビル、フラットの前の壁、となっていることが、シャーロックの友達(ジョン、レストレード、ハドソンさん)が狙われていることを伝えているのではないか、みたいな。いやはや、皆様本当に素晴らしいです。
friendsと言われてジョンとハドソンさんはわかるけど、レストレードを即答するのは少し不自然な感じがしなくもないものね。

その他も詳しい説明をありがとう!!
寒いですので、どうぞご自愛ください!!

2013/01/14 (Mon) 14:20 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

すみません…!

「シャーロックを庇った」というのは言いすぎかもしれませんね。私こそ、深読みしてしまいましてすみませんでした!(そして、読み違えてしまったことで、ひより様を差し置いて先にお返事いただいてしまい、ひより様にも申し訳ありませんでした…!)

それでも、ジョンの行動がなかなかできないことであるのは間違いないですし、そふぃー様の記事でジョンに惚れ直した気持ちに変わりはありませんので、もしよろしければリンクはそのままにしていただければ嬉しいです。記事を読んでいただいて、そふぃー様が違和感をおぼえられるようであれば、修正しますのでおっしゃってくださいね。

2013/01/14 (Mon) 14:45 | ナツミ #0kvoUBVw | URL | 編集 | 返信

ナツミ様

> それでも、ジョンの行動がなかなかできないことであるのは間違いないですし、そふぃー様の記事でジョンに惚れ直した気持ちに変わりはありませんので、もしよろしければリンクはそのままにしていただければ嬉しいです。記事を読んでいただいて、そふぃー様が違和感をおぼえられるようであれば、修正しますのでおっしゃってくださいね。

こちらこそ、リンクをそのままにしておいていただいて、とても嬉しく思っています。ありがとうございます^^
ジョンの行動は、本当になかなかできることではありませんし、ジョンにそういったことをさせた「彼らの関係性」も、なかなかあるものではないですよね。
シャーロックを観て、友人とは、人間とは…と、色々と考えるようにもなりました。

2013/01/16 (Wed) 20:53 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。