--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_01
19
(Sat)21:21

S2ep3-7 The Reichenbach Fall

ライヘンバッハ最終回。
遂に、シーズン2の全台詞を訳し終わりました…!

ブログをはじめたことで素敵な方々と出会えて、本当に幸せです。
自分一人でやっていたら途中で放り出してしまったかもしれません。
ここまでありがとうございました。浅学者のブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

BART’S
JW: Got your message.
   君のメッセージが着たを受け取った
SH: Computer code is key to this. If we find it, we can use it, beat Moriarty at his own game.
   コンピュータのコードはこれのキーだ。もし僕らがそれを見つけたら、それを使える、彼自身のゲームでモリアーティを打ちのめせる。
JW: What do you mean, use it?
   それを使うって、どういう意味?
SH: He’s used it to create a false identity. So we can use it to break into the records and destroy Richard Brook.
   彼は虚偽の身元をつくりあげる為にそれを使ってきた。つまり僕らはその記録に侵入してチリャード・ブルックを滅ぼす為にそれを使うことが出来る。
JW: And bring back Jim Moriarty again.
   それでジム・モリアーティをまた連れ戻すのか。
SH: Somewhere in 221B, somewhere, on the day of the verdict, he left it hidden.
   221Bのどこかに、どこかに、あの判決の日に、彼はそれを隠していった。
JW: Uh-huh. What did he touch?
   ううむ。彼は何処に触ったんだ?
SH: An apple, nothing else.
   リンゴ一個、他は何も。
JW: Did he write anything down?
   何か書き留めた?
SH: No.
   いや。

・シャーロックが暗号の解読方法に気づくシーン。ハウンドでのシャロの台詞“Some people who aren’t geniuses have an amazing ability to stimulate it in others.” (天才でない人間の中にも、他者を刺激することにかけては驚くべき能力をもつ者がいる。)が思い出されます。
   

(TEXT MESSAGE) Come and play. Bart’s Hospital rooftop. SH
PS. Got something of yours you might want back.
   来て遊ぼうよ。バーツ病院の屋上。SH
   追伸 君が取り戻したいと思うであろう、君の何かを持っている。

JW: (ON PHONE) Yeah, speaking. What? What happened? Is she OK? Oh, my God. Right. Yes, I’m coming.
   ああ、僕です。何?何があったって?彼女は平気なんですか?ああなんてことだ。わかりました。ええ、行きます。

・警察に追われているのに、電話に出てしまったりしていいのでしょうか?汗

SH: What is it?
   何だ?
JW: Paramedics. Mrs Hudson’s been shot.
   救急医療隊員だ。ハドソンさんが撃たれた。
SH: What? How?
   ええ?どうやって?
JW: Well, probably one of the killers you managed to attract. Jesus. Jesus! She’s dying, Sherlock. Let’s go.
   多分、君が引きつけようとした殺し屋の一人だ。ああもう。ああもう!彼女が死にそうだ、シャーロック、行こう。
SH: You go, I’m busy.
   君は行くんだな、僕は忙しい。
JW: Busy?
   忙しい?
SH: Thinking, I need to think.
   考えている。考える必要がある。
JW: You need to… Doesn’t she mean anything to you? You once half killed a man because he laid a finger on her.
   必要があるって…彼女は君にとって何も意味が無いのか?君は前に男を半殺しにしたじゃないか、彼が彼女に指を触れたからって。
SH: She’s my landlady.
   彼女は僕の大家だ。
JW: She’s dying! You machine… Sod this. Sod this. You stay here if you want. On your own.
   彼女が死にそうなんだぞ!君という機械は…畜生。畜生。そうしたいなら君はここにいろ。ご勝手にね。
SH: Alone is what I have. Alone protects me.
   孤独は僕が持っているものだ。孤独は僕を守ってくれる。
JW: No, friends protect people.
   いいや、友達が人々を守るんだ。

(TEXT MESSAGE) I’m waiting… JM
   待ってるよ… JM

・BGM Stayin’ Aliveの歌詞:http://www.lyricsfreak.com/b/bee+gees/stayin+alive_20015578.html

BART’S ROOFTOP
JM: Well. Here we are at last. You and me, Sherlock. And our problem, the final problem. Stayin’ alive. So boring, isn’t it? It’s just…staying. All my life, I’ve been searching for distractions, and you were the best distraction and now I don’t even have you. Because I’ve beaten you. And you know what? In the end, it was easy. It was easy. Now I’ve got to go back to playing with the ordinary people. And it turns out you’re ordinary, just like all of them. Oh, well. Did you almost start to wonder if I was real? Did I nearly get you?
   さあて。遂に僕らはここにいる。ボクと君だ、シャーロック。そして僕らの問題、最後の問題。ステイン・アライブ。超退屈だよね?ただ…留まっているだけ。僕の人生、気晴らしを探してたんだ、それで君は最高の気晴らしだったんだけど今や僕には君さえいない。だってぼくがやっつけちゃったんだもん。わかるかな?結局、簡単だった。簡単だった。さあ僕は凡人と遊ぶことに戻ったんだ。そして君も凡人だと判明したね、彼らみんなみたいに。ああ、うん。僕が本物かどうか疑問に思い始めそうだった?ボクは君をあとちょっとでゲットするところだったかな?(もうちょっとで引っかかりそうだった?
SH: Richard Brook.
   リチャード・ブルック。
JM: Nobody seems to get the joke. But you do.
   誰もこのジョークをわからなかいようだね。でも君はわかる。
SH: Of course.
   勿論だ。
JM: Attaboy.
   あっぱれだね。
SH: Rich Brook in German is Reichenbach. The case that made my name.
   リッチ・ブルックはドイツ語でライヘンバッハ。僕の名を上げた事件だ。

・make one's name:名を成す、名前が売れる、有名になる

JM: Just trying to have some fun. Good, you got that too.
   ちょっと楽しもうとしてるだけさ。いいね、それもわかったんだ。
SH: Beats like digits. Every beat is a one, every rest is a zero. Binary code. That’s why all those assassins tried to save my life. It was hidden on me, hidden inside my head. A few simple lines of computer code that can break into any system.
   数字のように打つ。(デジタルの二進法の)数字のようなビート(打ち方/拍)だ。打つのは1、休符は0。バイナリコードだな。それが、あれら全ての暗殺者が僕の命を救おうとしていた理由だ。それは僕に隠されていた、僕の頭脳の中に。どんなシステムにも侵入できる、コンピューターコードの僅かで単純な一節。
JM: Told all my clients. Last one to Sherlock is a sissy.
   ぼくの依頼人達みんなに言ったんだ。シャーロックへの最後の一つ最後にシャーロックにアプローチした人は、意気地のない奴。
SH: Yes, but now that it’s up here, I can use it to alter all the records. I can kill Rich Brook and bring back Jim Moriarty.
   ああ、しかし今は(自分の頭を指して)ここで作動しているに入っている、僕は全ての記録を変える為にそれを使うことが出来る。僕はリッチ・ブルックを殺し、ジム・モリアーティを連れ戻すことが出来る。
JM: No, no, no, no, no. This is too easy. This is too easy. There is no key, doofus! Those digits are meaningless. They’re utterly meaningless. You don’t really think a couple of lines of computer code are going to crash the world around our ears? I’m disappointed. I’m disappointed in you. Ordinary Sherlock.
   違う、違う違う違う違う。簡単過ぎる。簡単過ぎるよ。鍵なんて無いんだ、馬鹿め!あの数字は無意味なんだよ。あれは全く無意味なんだ。君だってコンピューターコードの2、3の節が僕たちの耳の周りの世界を崩すって本当に思ってないよね?失望したよ。君には失望しちゃったよ。平凡なシャーロック。
SH: But the rhythm…
   だがあのリズム…
JM: Partita No 1. Thank you, Johann Sebastian Bach.
   パルティータの1番。ありがとう、ジョアン・セバスチャン・バッハ。
SH: Then how did you…
   ではどうやって…
JM: Now, how did I break into the bank, to the Tower, to the prison? Daylight robbery! All it takes is some willing participants.
   さあ、僕がどうやって銀行や塔や刑務所に侵入したか?白昼強盗!必要なのは、何人かの協力的な参加者だ。

・all it takes is:必要なのは〜だ

(TEXT MESSAGE) it’s showtime!
   ショータイムだ!

JM: I knew you’d fall for it. That’s your weakness. You always want everything to be clever. Now, shall we finish the game? One final act. Glad you chose a tall building. Nice way to do it.
   それの為に君が落ちるって君が引っ掛かるってわかってたよ。それが君の欠点だ。君はいつだって、全てが利口であることを望んでいる。さあ、ゲームをおしまいにしようか?最後の幕(一挙動)だよ。君が高い建物を選んだのを嬉しく思うね。それをするには良い成り行きだ。

・fall for:引っ掛かる、つられる、はまる

SH: Do it? Do… Do what? Yes, of course. My suicide.
   それをする?する…何をだ?ああ、当然。僕の自殺だ。
JM: Genius detective proved to be a fraud. I read it in the paper, so it must be true. I love newspapers. Fairy tales. And pretty grim ones, too.
   詐欺師だと証明された天才探偵。ボク新聞で読んだよ、だから本当のはずだねえ。ぼく新聞が大好き。おとぎ話も。それに、とっても残酷なやつも、ね。

・恐らく、grim=残酷な、と「グリム」童話の掛詞。

221 BAKER STREET
MRS HUDSON: Oh, God, John, you made me jump.
   あらまあジョン、私を飛び上がらせたわね。
JW: But…
   でも…
MRS HUDSON: Is everything OK now with the police? Has, um, Sherlock sorted it all out?
   警察のことはもう全部大丈夫なの?あの、シャーロックは全部収拾を付けたの?
JW: Oh, my God… Taxi! Taxi! No, no, no, no, police! Sort of.
   ああ、なんてことだ…タクシー!タクシー!駄目、おいおい、警察だ!みたいなもんだ。
MAN: Thanks, mate. Thanks a lot.
   ありがとうさん。ほんとありがとう。(皮肉?)


BART’S ROOFTOP
SH: I can still prove that you created an entirely false identity.
   僕は、君が完全に嘘の身元を創り上げたことをまだ証明できる。
JM: Oh, just kill yourself, it’s a lot less effort. Go on. For me. Please!
   もう、さあ自分を殺しちゃえよ、そっちの方がかなり少ない労力だよ。行け。僕の為に。どお〜ぞぉ〜〜〜〜〜〜〜っ!
SH: You’re insane.
   君は常軌を逸している。
JM: You’re just getting that now? Whoa, whoa! OK. Let me give you a little extra incentive. Your friends will die if you don’t.
   君、今それがわかったとこなの?わあ、うわわわあ!わかったよ。君に少し追加の動機付けを与えさせて。もし君がやらなかったら、君のお友達が死ぬんだ。
SH: John?
   ジョン?
JM: Not just John. Everyone.
   ジョンだけじゃない。みんなだ。
SH: Mrs Hudson.
   ハドソンさん。
JM: Everyone.
   みんな。
SH: Lestrade.
   レストレード。
JM: Three bullets, three gunmen, three victims. There’s no stopping them now. Unless my people see you jump. You can have me arrested. You can torture me. You can do anything you like with me. But nothing’s going to prevent them from pulling the trigger. Your only three friends in the world will die. Unless…
   3つの弾丸、3人の殺し屋、3人の犠牲者。もう彼らを止めるものは無い。僕の人材が、君が飛ぶのを見る以外には。君は僕を逮捕させられるよ。君は僕を拷問できる。君は僕を使って何でも好きなことができる。でも、彼らが引き金を引くのを避けるものは無い。君の、世界中でたった3人のお友達は死んじゃうんだ。もし…
SH: Unless I kill myself, complete your story.
   もし僕が自殺するのでなければ、君のお話を完結させるのでなければ。
JM: You’ve got to admit, that’s sexier.
   君は受け入れなきゃいけない、そっちの方がセクシーだ。
SH: And I die in disgrace.
   そして僕は恥辱の中で死ぬ。
JM: Of course, that’s the point of this. Oh, you got an audience now. Off you pop. Go on. I told you how this ends. Your death is the only thing that’s going to call off the killers. I’m certainly not going to do it.
   勿論だよ、そこがこれのポイントなんだ。おや、君は観客もいるよ。出て行け。行けよ。これがどんなふうに終わるか言っただろ。君の死は、殺し屋に中止させる只一つのことなんだ。僕は絶対にそれをやらないもん。

・call off:~に声をかけて攻撃をやめさせる、〔計画・予定など〕中止する[させる]

SH: Would you give me one moment, please. One moment of privacy. Please?
   僕に、一時くれないか、頼む。ひと時のプライバシーを。お願いだ。
JM: Of course.
   勿論だよ。

SH: (CHUCKLES)
JM: What? What is it? What did I miss?
   何だ?何なんだ?僕は何をミスした?
SH: You’re not going to do it? So the killers can be called off, then, there’s a recall code or a word or a number. I don’t have to die…if I’ve got you.
   君はそれをやらないって?つまり、殺し屋達はやめることができるんだな、ではやめさせる暗号か言葉か番号があるんだ。僕は死ぬ必要が無い…もし君をゲットしたとしたら。
JM: Oh… You think you can make me stop the order? You think you can make me do that?
   へえ…君は僕に命令を止めさせられると思ってるんだ?僕にそうさせることができるって思ってるんだ?
SH: Yes. So do you.
   ああ。君がそう思っているように。
JM: Sherlock, your big brother and all the king’s horses couldn’t make do a thing I didn’t want to.
   シャーロック、君のお兄さんと全部の王様の馬達でも、僕が望まないことをさせることは出来なかったんだ。

・コメント欄で、ひよりちゃんに頂いた情報。all the king's horsesとは、ハンプティ・ダンプティの歌の中に出てくるものの引用ではないかと。面白い!!(詳しくはコメント欄へ!)

SH: Yes, but I’m not my brother, remember? I am you. Prepared to do anything. Prepared to burn. Prepared to do what ordinary people won’t do. You want me to shake hands with you in Hell? I shall not disappoint you.
   ああ、だが僕は兄ではない、覚えているか?僕は君だ。何でもする為に準備した。燃やすために準備した。普通の人間がしないことをする為に準備した。(何でもする準備が出来ている。燃える準備も出来ている。普通の人がしないことをする準備が出来ている。)君は僕に、地獄で握手して欲しいだろ?僕は君に失望しないだろうよ。僕は君を失望させないよ。
JM: Nah. You talk big. Nah. You’re ordinary. You’re ordinary, you’re on the side of the angels.
   いいや。君はほらを吹く。いいや。君は普通だ。君は平凡だ、君は天使の側なんだ。

・talk big:得意そうに話す、ほらを吹く

SH: Oh, I may be on the side of the angels, but don’t think for one second that I am one of them.
   ああ、僕は天使の側にいるかもしれないが、一秒だって僕が彼らの一員だと思うな。

・シャーロックを見つめて、突然態度を変えるジム。

JM: No. You’re not. I see. You’re not ordinary. No. You’re me. You’re me. Thank you, Sherlock Holmes. Thank you. Bless you. As long as I’m alive, you can save your friends. You’ve got a way out. Well, good luck with that.
   違う。君は違う。わかったよ。君は平凡じゃない。違う。君は、僕だ。君は僕。ありがとう、シャーロック・ホームズ。ありがとう。幸運を。僕が生きている限り、君はお友達を救うことが出来る。君は方法を引き出した。君には抜け道がある。ああ、それに関して幸運を。
(JM SHOOTS HIMSELF)


SCOTLAND YARD
DI LESTRADE: Yes, Sir. Thank you. Bye.
   ええ、ありがとうございます。では。


JW: (ON PHONE) Hello?
   もしもし?
SH: John.
   ジョン。
JW: Hey, Sherlock, you OK?
   おい、シャーロック、大丈夫なのか?
SH: Turn around and walk back the way you came.
   転回して来た道に戻れ。
JW: No, I’m coming in.
   いや、行くよ。
SH: Just do as I ask! Please.
   僕が、頼む、通りにしろ!頼む。
JW: Where?
   何処だ?
SH: Stop there.
   そこで止まれ。
JW: Sherlock?
   シャーロック?
SH: OK, look up. I’m on the rooftop.
   いい、見上げて。僕は屋上にいる。
JW: Oh, God.
   おい。
SH: I…I…I can’t come down, so we’ll just have to do it like this.
   あ…僕は降りて行けないから、僕らはこれをこうやってしなくちゃいけない。
JW: What’s going on?
   何が起きているんだ?(何を言っているんだ、かな?)
SH: An apology. It’s all true.
   謝罪だ。…全部本当だ。
JW: What?
   え?
SH: Everything they said about me. I invented Moriarty.
   彼らが僕について行ったこと全て。僕がモリアーティを創り上げた。
JW: Why are you saying this?
   何故そんなこと言っているんだ?
SH: I’m a fake.
   僕はイカサマだ。
JW: Sherlock.
   シャーロック。
SH: The newspapers were right all along. I want you to tell Lestrade, I want you to tell Mrs Hudson, and Molly. In fact, tell anyone who will listen to you that I created Moriarty for my own purposes.
   新聞は初めからずっと正しかった。レストレードに伝えて欲しい、ハドソンさんと、モリーに伝えて欲しい。いや、君に耳を傾ける人には誰にでも伝えろ、僕が、自分の目的の為にモリアーティを創り上げたと。

・all along:最初からずっと

JW: OK, shut up, Sherlock, shut up. The first time we met. The first time we met. You knew all about my sister, right?
   わかったから黙れよ、シャーロック。俺らが初めて会ったとき。俺らが初めて会ったとき。君は僕の姉について全部わかった、そうだろう?
SH: Nobody could be that clever.
   誰もそんな賢くなんていられない。
JW: You could.
   君はできた。(君を除けばだ。
SH: I researched you. Before we met, I discovered everything that I could to impress you. It’s a trick. Just a magic trick.
   君を調べたんだ。会う前に、君に印象づけるために僕ができる全てのことを掴んでおいた。ごまかしだ。ただの手品。
JW: No, all right, stop it now.
   違う、わかったから、もうやめろ。
SH: No, stay exactly where you are. Don’t move.
   駄目だ、正確に君がいる所に留まれ。動くな。
JW: All right.
   わかった。
SH: Keep your eyes fixed on me. Please, will you do this for me?
   君の目を僕に固定しておいて。お願いだ、これを僕の為にやってくれるか?
JW: Do what?
   何をするって?
SH: This phone call, it’s, um… It’s my note. It’s what people do, don’t they? Leave a note.
   この電話は、その、あ…僕の書き置きだ。これは人々がすることだ、そうだよな?書き置きを残す。
JW: Leave a note, when?
   書き置きを残すって、いつ?
SH: Good bye, John.
   さよなら、ジョン。
JW: No. Don’t. Sherlock! Sherlock… Sherlock. Sherlock. I’m a doctor. Let me come through. Let me come through, please. No, he’s my friend. He’s my friend. Please. Please, let me just… Oh, Jesus, no… God, no. Oh, God.
   駄目だ。よせ。シャーロック!シャーロック。(飛び降りたシャーロックに駆け寄る。)シャーロック。シャーロック。僕は医者だ。通して。通してください。やめて、彼は僕の友達なんだ。彼は僕の友達です。お願いします。お願いします、ちょっと僕に…ああ、なんて、ああ…神様。

・ハトが2羽飛び立つ。
・狙撃を中止する殺し屋。
・マイクロフトはディオゲネスクラブに。新聞を置いて、両手をあわせるのが印象的です。

(NEWSPAPER) “SUICIDE OF FAKE GENIUS”
   偽りの天才が自殺

E.THOMPSON: There’s stuff that you wanted to say, but didn’t say it.
   言いたかったことがあるのね、でも言わなかった。
JW: Yeah.
   ああ。
E.THOMPSON: Say it now.
   今言って。
JW: No. I’m sorry, I can’t.
   いや。ごめん、できない。


MRS HUDSON: There’s all of this stuff. All the science equipment. I left it all in boxes. I don’t know what needs doing. I thought I’d take it to a school. Would you…?
   全部のこのガラクタ。あの科学機材。箱に全部入れたの。どうするのがいいかわからなくて。学校にあげようかと思ったんだけど。ねえ…?

・do what needs doing:すべきことをする

JW: I can’t go back to the flat again. Not at the moment. I’m angry.
   もうあのフラットには戻れません。今の所は。俺は怒ってる。
MRS HUDSON: It’s OK, John. There’s nothing unusual in that. That’s the way he made everyone feel. All those marks on my table, and the noise. Firing guns at half past one in the morning.
   いいのよ、ジョン。その中では変なことは無いわ。何もおかしいことなんてない。それが、彼がみんなをそういう気分にさせるやり方なのよ。(彼って人は、いつもみんなをそういう気持ちにさせていたのよ)私のテーブルの上のあの全部の印、それにやかましい音。早朝1時半に銃を発射したり。
JW: Yeah.
   ええ。
MRS HUDSON: Bloody specimens in my fridge. Imagine, keeping bodies where there’s food!
   私の冷蔵庫の中の酷い標本。想像して、食べ物がある場所に死体を保管してるの!

・私の机、私の冷蔵庫、と所有核がつくのがいいですね。(家具は大家さんのものなのかな…?)

JW: Yes.
   ええ。
MRS HUDSON: And the fighting! Drove me up the wall with all his carryings on.
   それに喧嘩!彼の騒ぎ全部で私をカッカさせたのよ。

・drive ~ up the wall:(人を)怒らせる、イライラさせる
・carryings on:騒ぎ、いちゃつき、おふざけ


JW: Yeah, listen, I’m not actually that angry, OK?
   ええ、聞いてください、俺は実際はそんな怒ってないですから、わかりますか?
MRS HUDSON: OK, I’ll leave you alone to, you know…
   ええ、あなたを一人にしてあげましょうね、アレの為に、わかるでしょ…
JW: Um… Mmm, right, you… You told me once…that you weren’t a hero. Um… There were times I didn’t even think you were human but let me tell you this, you were the best man and the most human human being that I’ve ever known and no one will ever convince me that you told me a lie, OK? So… There. I was… I was so alone. And I owe you so much. Oh, please, there’s just one more thing, right? One more thing. One more miracle, Sherlock, for me. Don’t be…dead. Would you, just for me, just stop it? Stop this.
   あー…うむ、ああ、あの…君は以前俺に言った…君はヒーローじゃないって。あの…君が人間でないとさえ思ってた時もあったけど、俺に、これを君に伝えさせてくれ、君は最高の人間だった、そして俺の知る限り、最も人間らしい人間だった。誰でさえ、君が俺に嘘をついていたと納得させることは絶対にない、いいか?だから…ほら。俺は…俺はとても孤立していたんだ。だからほんと君には恩がある。なあ、頼むよ、もう一つだけあるんだろ、そうだろ?もう一つだよ。もう一つ奇跡を。シャーロック、俺の為に。死んでなんか…いるな。どうか、ただ俺の為に、やめてくれないか?それを、やめろ。

・ 涙をぬぐって、一度頷き、まっすぐと前を見つめて立ち去るジョン。この動きですよ。この動きに、彼の人生や価値観が凝縮されているようで…涙
・ そして、それを見つめるシャーロック…

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

Congrats!!!

Got your message.
メールを受け取ったよ。という訳が自然かな・・?とか思ってみたり。

And you know what?
これもいろいろ意訳の仕方がありそうだね*

Did I nearly get you?
このget youは、The Great Gameの「Gotcha」と同じで「ひっかかる」の意味で使っていると思う!「もうちょっとで引っかかりそうだった?」

Beats like digits.
このBeatは名詞だと思う。
「(デジタルの二進法の)数字みたいなビート(打ち方/拍)」

Last one to Sherlock is a sissy.
oneは人という解釈でいいのかな?「最後にシャーロックにたどり着いた(アプローチした)人は意気地なしだぞ、ってね。」という感じ?

Yes, but now that it’s up here, I can use it to alter all the records.
「ここにある」という感じでいいのではないかな・・?「ああ、だがそれはもう此処に(頭の中に)入ってる。」

I knew you’d fall for it.
fall forで嵌っちゃう、引っかかっちゃう、という意味だそう*
「君なら引っかかると思ったよ」

One final act.
うーんそうか、幕ね!私には「最後の行動(訳すと微妙。笑)」に聞こえる。私ならなんとなく、幕と言う意味で使うなら「The final act」って言うかも・・?

I love newspapers. Fairy tales. And pretty grim ones, too.
私これ、最初見たとき本当ゾッとした・・
私の解釈なのだけど、「I love newspapers」のあとに「Fairy tales~♪」が来たときに、「新聞って所詮、フェアリーテイルみたいなものなんだ」って言っているように聞こえて・・!本当、新聞って今の時代は最も信頼できる情報媒体だと思われているけど、実際、キティの記事みたいに、嘘で塗り固めることも不可能ではなくて・・みんなが信頼を寄せる新聞も、ただのフェアリーテイルになりかねないんだ・・。って、先の「falling's just like flying, except..」のように、すごく的を射た(しかも強烈に怖い)台詞と思った・・!
そのあとのpretty grim onesはきっと、Grimm Fairy talesと引っ掛けているんだよね??

No, no, no, no, police! Sort of.
これ、実際「Sort of」っていう部分は字幕では入っていなかったのだけど、ここ、超重要じゃんね・・!!!今までも、シャーロックが堂々と「おう。俺は警察だ」って言うのに対して彼は「sort of 警察」っていう若干謙虚な言い方をしていて、それがこんな切羽詰まったこの瞬間でも律儀にsort of付けちゃうジョンがナイスで仕方ない。

You’re insane.
何度見ても大好き。。

Sherlock, your big brother and all the king’s horses couldn’t make do a thing I didn’t want to.
all the kings horsesで連想するのは「Humpty Dumpty」の童謡(グリムでなくてたぶんMother Goose?だけど、これの抜粋じゃないかと)。私の知っている歌詞は、
Humpty Dumpty sat on the wall
Humpty Dumpty had a great fall
All the kings horses and all the kings men
couldn't put Humpty together again
ちなみにハンプティは幼児の時の私の理解が正しければ「タマゴ人間」(ほかに表現の仕方がある気がしなくもない笑)フェンスみたいなところに座っていたら突然、地面に落っこちてしまって体がバラバラになったのだけど、駆け付けた騎士一団もどうすることもできなかった・・っていう、文字にすると超怖い歌(ぞぞ・・)
マザーグースって、これ以上に残酷なのがあったりするけど、メロディが愉快なので子供もあまりよく考えずに歌っちゃう・・っていうのが恐ろしい!!

Prepared to do anything. Prepared to burn.Prepared to do what ordinary people won’t do.
これは「もう、何でもする(心の)準備は出来ている。燃え尽くされる準備も出来ている。普通の人がしないことを、僕はする準備がもう出来ている。」だと思う・・!!

You want me to shake hands with you in Hell? I shall not disappoint you.
「地獄で(会って)僕と握手したいって?僕は君を失望させないよ。(ならば、そうしてみせようじゃないか。)」
痺れる。こうやって、何かを守るために、自分のすべてを放り出す心の用意ができた人間って、ものすごい強いオーラを放てるんだね。
本当に本当に、素敵な人間だ。。

You’ve got a way out.
「(僕が生きている限り、)君には抜け道があるんだ。」
(have got:持っている、ある/way out:抜け道が)

What’s going on?
「何が起きてるんだ?」でいいと思う!

You could.
細かいのだけど、このcouldは過去ではないと思う。君ならできる、かな?
もしくは「Nobody could be that clever.(そんなのが分かるほど賢いやつなんか、世の中に存在しないさ)」「You could.(君を除けばね)」というほんのり意訳もありかも。

It’s a trick. Just a magic trick.
The Blind Bankerのちょっとムカつくセバスチャン(苦笑)に言われたときには(当然ながら)サラッと否定したのが一転、ここでシャーロック自ら言うところが更に切ない。。

A Study in Pinkでの、ジョンが孤独だったころのBGMが流れる。。
このメロディはほかのエピソードにも流れたことはあったのだけど、この場面が一番、心に沁みるね。。

I don’t know what needs doing.
「(遺ったガラクタを)どうするのがいいかわからなくて・・。」
do what needs doingで、すべきことをする、という言い方があるみたい。

There’s nothing unusual in that. That’s the way he made everyone feel.
「なにもおかしい事はないわ(怒りを覚えることに/in that)。」
「彼って人は、いつもみんなをそういう気持ちにさせていたのよ」
the wayは訳としては、やり方、ではないのだけど・・・で、でも、なんと説明したらよいかわからない・・・ほえええごめんよおおぉ。。。

家具は大家さんのものなのかな…
たしか!彼女はやたら家具のキズなんかに神経質になっていた気が。。でも、ドラマの中では壁についてしか言っていなかったと思う(The Great Game "What've you done with my bloody wall!")から、ブログで読んだのかも!The Blind Bankerでも、ジョンが机のキズをこすって「(ため息)チッ」って言ってたね(笑)

you were the best man and the most human... human being that I’ve ever known.
「君は最高の人だった。そして僕が知りうる、最も…最も人間らしい人間だった。」(台詞ではhumanを繰り返しているけど、邦訳はこっちの強調の方がしっくりくる)

And no one will ever convince me that you told me a lie
「で、誰が何と言おうと、君が最初から嘘をついてたなんて、ぜったいに信じっこない」

また一層と、ジョンの構え方が軍人ぽくなったね。The most human being...これを言えた彼はつくづくすごい。そしてシャーロックはいままで本当の友情、本当の意味で誰かほかの人を気にすること(caringみたいな)を知らなくて、ある意味(一般人から見れば)すごく可哀想な人間だったけど、こうしてレストレード、ジョン、ハドソンさん、モリー、ドノヴァン等々の人間に出会って、彼らと一緒に生活できた彼は、すっごく幸せな人だったんだな・・。としみじみ。
ジョンもシャーロックも、みんな、本当に素敵な人間。


シーズン2の3話。ようやく終えたね。おめでとう・・!!


区切りとして、せっかくなのでもうちょっと書かせてもらうと、

最初の日本での放送(シーズン1)を見てドハマりした後に、居てもたってもいられなくなった私は「Yのつく某動画サイト」(笑)で、主にヨーロッパのお方々がアップしてくだすっていた短いカット映像なんかを夜な夜な貪るように見ていたのだけど、そのうちに台詞なんかも覚えてブツブツ言えるほどになってきたころ、「全部の台詞を知りたいよ・・!」と思って(某ネット通販英国版で)DVDを購入したのが、スクリプトを起こすはじまりでした。

文字に起こしてそれっぽく体裁を整えてからは、プリントアウトして知らなかった単語・イディオムに書き込みを入れたりして使っていたのだけど、そのころ(今でもあるよな・・?)日本向け非公式のSHERLOCKファンサイトにはA Study in Pinkの途中までしかスクリプトと邦訳がなかったのもあって、自分でのっけてしまえー!と世に公開。そのうちセットで(ワタシ風解釈で)日本語訳も作って、本当の完全版にしたい・・!と思っていて、ジョンのブログも、和訳ものをいくつか見かけたことがあったのだけど、微妙なニュアンス等々、自分と違うな・・と感じたりすることがあったので、和訳にはいつか挑戦したいと思っていた、のね。

その矢先にそふぃーちゃんから連絡をもらって、とりあえずスクリプトをこんな情熱のあるおかたに使えってもらえることに飛び上がるほど喜んで、(あつかましくも)こんな(やかましい)コメントをさせてもらったりして・・そふぃーちゃんには、大変な失礼とご迷惑をかけてしまったと思うのだけど、本当にとってもとっても楽しかったです。どんなにかSHERLOCKのキャラクターが素敵なのか、もう一度教えてくれた気がします。より一層、このドラマが大好きになった。ほんとうに、ありがとうね・・!!(いっつもいっつも、やかましくてごめんねぇぇえ!!!)


まだシーズン1、ジョンとモリーとコニープリンスのブログがあるけど!(ハハハなんてねー!笑)
SHERLOCKを愛するみんなに幸あれ!

2013/01/23 (Wed) 22:40 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃん

今回もありがとうー!

> Got your message.
確かに!!何故その訳を思いつかなかったんだろう・・・

> And you know what?
ひよりちゃんのお陰で、これは適当に意訳していいフレーズだとわかりました♪でも、ここは「わかるかな?」でもいいかな〜なんて思ってしまって…笑

> Beats like digits.
名詞か!(A Study in Pinkでの「姉か!」というテンションでw)

> Last one to Sherlock is a sissy.
なるほど。ビリにはなるなよ〜、と牽制しているのですね。

> I knew you’d fall for it.
fall forでイディオムなんだ!ちゃんと「fall」を使っているのが凄いというか何と言うか…。この場合、日本語では「ハマる」と訳すのが「穴に”落ちて”ハマる」ような連想が得られていいのかなあ…。

> One final act.
カッコ書きで一挙動、としてみました!ジムのいう「お話」に絡めた訳の方が良いのかなあ、と思って「幕」にしてみたんだけど、まあシャーロックがフォールすることを指しているんだものね。「行動」という方がいいんだろうなあ。和訳難しい!w

> I love newspapers. Fairy tales. And pretty grim ones, too.
激しく同意!!!もう本当に、その通りだと思う。newspapersとfairy talesを並列させているのが本当に恐ろしい。ジムの世界観を物語っているし、実際の現実世界だって、きっとそうなのだと思う。

関係ないかもだけど、ディズニーランドのアトラクション「ジャングルクルーズ」で、象だのインディアンだの滝だのの危険を乗り越えて一通り回った後、最後にキャストさんが「さあ、最も恐ろしい場所にやってきました。現代社会です。」って言うのね。なんか、その恐ろしさに似ている。(私、はじめてこれを聞いたとき、ディズニーランドの中でリアルに鳥肌立ちました)

> そのあとのpretty grim onesはきっと、Grimm Fairy talesと引っ掛けているんだよね??
そうだね!ここ、和訳にもなんとか反映させたかったけど、無理でした…

> No, no, no, no, police! Sort of.
うん、吹き替えは「警察だ!」だったよね。確かに大事。ここまで切迫した場面でもちゃんと、Sort of.って言い足すジョン。

> Sherlock, your big brother and all the king’s horses couldn’t make do a thing I didn’t want to.
> all the kings horsesで連想するのは「Humpty Dumpty」の童謡(グリムでなくてたぶんMother Goose?だけど、これの抜粋じゃないかと)。私の知っている歌詞は、
> Humpty Dumpty sat on the wall
> Humpty Dumpty had a great fall
> All the kings horses and all the kings men
> couldn't put Humpty together again

これは全然知らなかった!!!king’s horsesっていう言い回しは独特だから何か元ネタがあるのかなーと思ってはいたんだけど、この歌には辿り着けなかったなあ!!面白い情報をありがとうー!!この場面にピッタリすぎてもう、言葉にならない・・・。

> you were the best man and the most human... human being that I’ve ever known.
humanには人間らしい、という意味があるんだね!!なんていうか、もう、ジョン…!!涙



あたたかいお言葉をありがとう。
そもそもの始まりは、ひよりちゃんがネット上にアップしてくれていたスクリプトを私が公式の物か何かだと勝手に思い込み、勝手にコピペして借用し、勝手な和訳までつけたブログを立ち上げてしまっていたという、本当に私の勝手な行動だったのに…。途中でひよりちゃんが一文字一文字打ち込んでいるものなのだと気づいて焦ってメールして、すぐにあたたかく許可してくれて、それだけでもう十分嬉しかったのに、毎回毎回丁寧なコメントをつけてくれて…。本当に本当にありがとう。(あつかましいだなんて!やかましいだなんて!全然、ぜんっぜん、そんなことないです!)
このブログを始められたのも、そして今も続けていられるのも、ほとんどひよりちゃんのお陰です。なんだか涙が出てきそう…!!笑

ひよりちゃんも和訳に挑戦しようとしていたんだね!なんだか、私がその機会を奪ってしまったようになっていたら申し訳ないです…!ひよりちゃんの訳も見てみたいな^^コメント欄でもらっている訳、いつも素敵だなあと思って読んでいます。

> まだシーズン1、ジョンとモリーとコニープリンスのブログがあるけど!(ハハハなんてねー!笑)
ジョンとwモリーとwコニープリンスwww
いやあ、先は長いですね!!笑
S3も秋か冬か、まあそのうち放送されると思うので、しばらく頑張ってみます!!!

ありがとう!
We believe in Sherlock!!

2013/01/23 (Wed) 23:58 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。