--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_01
23
(Wed)21:35

S1ep1-1 A Study in Pink

順番が逆ですが、これからシーズン1の訳に取りかかります!
今回から、レストレードを「レストラード」と表記することにします。

E.THOMPSON: How’s your blog going?
   ブログはどう?
JW: Yeah, good. Very good.
   ああ、いいですよ。とてもいい。
E.THOMPSON: You haven’t written a word, have you?
   一言も書いてないじゃないの?
JW: You just wrote “still has trust issues”.
   「信用問題をまだ抱えている」って書いただろ。
E.THOMPSON: And you read my writing upside down. You see what I mean? John, you’re a soldier, and it’s going to take you a while to adjust to civilian life. And writing a blog about everything that happens to you, will honestly help you.
   あなたは私が書くのを逆さまから読むし。私が言ってることわかるでしょう?ジョン、あなたは軍人なの、市民生活に適応するにはしばらくかかるわ。あなたに起こること全てについてブログを書くことが、本当にあなたの助けになるの。
JW: Nothing happens to me.
   何も、僕に起こらない。

October 12th

(ON PHONE)
J.PATTERSON: What do you mean there’s no ruddy car?
   赤い忌々しい車がないってどういうことだ?
WOMAN: He went to Waterloo, I’m sorry. Get a cab!
   彼がウォータールーに行っちゃったの、ごめんなさいね。タクシーを拾って!
J.PATTERSON: I never get cabs!
   タクシーを拾ったことなんてないよ!
WOMAN: I love you.
   愛してるわ。
J.PATTERSON: When?
   いつ?
WOMAN: Get a cab!
  タクシーを拾って!

MRS PATTERSON: My husband… was a happy man who lived life to the full. He loved his family and his work, and that he should have taken his own life in this way is a mystery, and a shock to all who knew him.
   夫は…人生を最大限に生きた幸せな人でした。家族と仕事を愛していました。彼がこのような形で自殺しなければならなかったことは不可解で、彼を知っていた全ての人にとって衝撃です。

・to the full:最大限に
・take one's life:自殺する
cf. take someone’s life:(人)の命を奪う



November 26th

J.PHILLIMORE: Yes, yes, taxi! (WHISTLES) I’ll be back in two minutes, mate.
   ああ、よし、タクシー!2分で戻ってくるよ。
MAN: What?
   え?
J.PHILLIMORE: I’m just going home to get my umbrella.
   ちょっと家に行って傘を取ってくる。
MAN: You can share mine.
   僕のを一緒に使えば良いよ。
J.PHILLIMORE: Two minutes, all right?
   2分だ、わかった?


January 27th

MAN: She still dancing?
   彼女まだ踊ってるの?
WOMAN: Yeah, if you can call it that.
   ええ、もしあなたがそれをそう分類するなら。(あれをダンスと言うのなら
MAN: Did you get the car keys off her?
   車の鍵は取りあげたのか?
WOMAN: Got them out of her bag.
   彼女の鞄から取っておいたわ。
MAN: Where is she?
   彼女はどこ?


PRESS CONFERENCE
SD: The body of Beth Davenport, Junior Minister for Transport, was found late last night on a building site in Greater London. Preliminary investigations suggest that this was suicide. We can confirm that this apparent suicide closely resembles those of Sir Jeffery Patterson, and James Phillimore. In the light of this, these incidents are now being treated as linked. The investigation is ongoing, but Detective Inspector Lestrade will take questions now.
  運輸副大臣のベス・ダベンポートの遺体は、昨晩遅くに大ロンドンで発見されました。予備調査では、これが自殺であることが示されています。我々は、この明らかな自殺はジェフリー・パターソン卿とジェームズ・フィリモアのものとよく似ていると発表することができます。これを踏まえまして、これらの事件は今や関連したものとして扱われます。調査は進行中ですが、レストラード警部が今質問を受け付けます。

・in the light of:~の観点から、〜を考慮して
・take a question:質問を受け付ける


MAN1: Detective Inspector, how can suicide be linked?
   警部、自殺がどうやって関連付けられるというのですか?
GL: Well, they all took the same poison. They were all found in places they had no reason to be. None of them had shown any prior indication.
   ええと、彼らは全員同じ毒を摂取しています。彼らは皆、そこにいる理由が無い場所で発見されました。彼らのうち誰も事前の兆候を示していません。
MAN1: But you can’t have serial suicides.
   でも連続自殺だなんてありえない。
GL: Well, apparently you can.
   ええと、ご覧のようにありえるのです。
MAN2: These three people, there’s nothing that links them?
   この3人、彼らを結びつけているものはないのですか?
GL: There’s no link we’ve found yet, but we’re looking for it, there has to be one.
   まだ我々が見つけたものはありませんが、探しています、何かあるはずです。

(MOBILES BEEP) Wrong!
   違う!

・皆さん仰っているので、私がここで言うまでもないのですが、この文字での演出!本当に素晴らしいですね…!

SD: If you’ve all got texts, please ignore them.
   メールを受け取ったとしても、どうか無視してください。
MAN1: It just says “wrong”.
   「違う」と書いてある。
SD: Yeah, well just ignore that. If there are no more questions for Detective Inspector Lestrade, I’m going to bring this session to an end.
   ええ、でもとにかく無視してください。レストラード警部にもしこれ以上質問がないのなら、この時間を終わりにします。
MAN2: If they’re suicides, what are you investigating?
   もしそれらが自殺なら、何を調査しているのですか?
GL: As I say, these suicides are clearly linked. It’s… it’s an unusual situation. We’ve got our best people investigating.
   申し上げた通り、これらの自殺は明らかに繋がっています。これは…これは普通でない状態です。我々には調査する最高の人材がいます。

(MOBILES BEEP) Wrong!
   違う!

MAN1: Says “wrong” again.
   また「違う」って。
SD: One more question.
   もう一つご質問を。
WOMAN: Is there any chance that these are murders? And if they are, is this the work of a serial killer?
   これらが殺人だという可能性はありますか?そしてもしそうなら、連続殺人犯によるものでは?

chance可能性、とも訳せるのですね。

GL: I know that you like writing about these, but these do appear to be suicides. We know the difference. The poison was clearly self-administered.
   あなた方がそれらについて書くのを好むことを知っていますが、自殺だと思われます。我々は違いがわかります。毒は明らかに自己投与されました。
WOMAN: Yes, but if they are murders, how do people keep themselves safe?
   ええ、でももしも殺人だったら、人々はどうやって自分たちを安全にしておくのですか?
GL: Well, don’t commit suicide.
   ええと、自殺しないことです。
SD: (WHISPERS) Daily Mail.
   デイリー・メールですよ。

・Daily Mail:「The Daily Mail(デイリー・メール)は、1896年創刊のイギリスでもっとも古いタブロイド紙。発行部数はザ・サン (The Sun) 紙に次いで第2位。」(Wikipediaより引用)

GL: Obviously, this is a frightening time for people, but all anyone has to do is exercise reasonable precautions. We are all as safe as we want to be.
   明らかに、人々にとって恐ろしい時間です、しかし皆さんがすべき全ては、合理的な警戒をすることです。我々は、そうありたいと思っているのと同じ位安全です。
(MOBILES BEEP) Wrong!
   違う!
(TEXT MESSAGE) You know where to find me. SH
   何処で僕が見つけられるか知っているだろ。SH

GL: Thank you.
   ありがとう。
SD: You’ve got to stop him doing that. He’s making us look like idiots.
   彼にあれをするのを止めさせるべきです。私たちを馬鹿みたいに見えさせてしまう。
GL: If you can tell me how he does it, I’ll stop him.
   もし彼があれをする方法を教えてくれるなら、俺が彼を止めよう。


PARK
MIKE: John! John Watson! Stamford, Mike Stamford. We were at Barts together.
   ジョン!ジョン・ワトソン!スタンフォードだよ、マイク・スタンフォード。バーツで一緒だった。
JW: Yes, sorry, yes, Mike, hello.
   ああ、ごめん、そうだな、マイク、やあ。
MIKE: Yeah I know. I got fat.
   ああわかるよ。太っちゃったんだ。
JW: No, no.
   いや、そんなこと。
MIKE: I heard you were abroad somewhere, getting shot at. What happened?
   どこか外国にいて、撃たれたと聞いたけど。どうした?
JW: I got shot.
   撃たれた。

JW: Are you still at Barts then?
   じゃ、まだバーツにいるんだ?
MIKE: Teaching now, yeah. Bright young things like we used to be. God I hate them. What about you? Just staying in town till you get yourself sorted?
   今は教えてる、うん。僕らがそうだったように輝かしい若者に。ああ彼らが嫌いだなあ。君は?君を分類する(身辺のごたごたしたことが)片付くまで街に留まるの?
JW: I can’t afford London on an Army pension.
   軍隊の年金ではロンドン(に住むこと)が経済的に許されないんだ。
MIKE: Ah, you couldn’t bear to be anywhere else. That’s not the John Watson I know.
   ああ、君は他の何処であっても耐えられないだろう。そんなの、僕が知ってるジョン・ワトソンじゃあない。
JW: Yeah, I’m not the John Watson.
   ああ、僕はそのジョン・ワトソンではない。
MIKE: Couldn’t Harry help?
   ハリーは助けてくれないのか?
JW: Yeah, like that’s going to happen.
   ああ、それが起こるようだ。
MIKE: I don’t know, get a flatshare or something?
   わからないな、フラットシェアか何かをするのは?
JW: Come on, who’d want me for a flatmate?
   おい、誰が僕をフラットメイトに望むんだよ?
MIKE: (LAUGHS)
JW: What?
   何?
MIKE: You’re the second person to say that to me today.
   今日僕にそう言ったのは君が二人目だ。
JW: Who was the first?
   一人目は誰だ?


BARTS’ MORGUE
SH: How fresh?
   どのくらい新鮮?
MOLLY: Just in. 67, natural causes. He used to work here. I knew him. He was nice.
   入ったばかり。67歳、自然死。彼はここで働いていたの。私彼を知ってた。素敵な人だったわ。
SH: Fine. We’ll start with the riding crop.
   よし。僕らは乗馬鞭で始めよう。

・きました主人公!!!!上下逆、死体の臭いを嗅ぎ、乗馬鞭から始めちゃう。


MOLLY: So, bad day, was it?
   つまり、嫌な日、だったのね?
SH: I need to know what bruises form in the next 20 minutes. A man’s alibi depends on it. Text me.
   20分でどんな痣なのか知る必要がある。ある男のアリバイが掛かっているんだ。メールして。
MOLLY: Listen, I was wondering. Maybe later, when you’re finished…
   ねえ、ちょっと思ったんだけど。もしかして後で、あなたが終わったとき…
SH: You’re wearing lipstick. You weren’t wearing lipstick before.
   口紅をつけているな。以前は口紅をつけていなかった。
MOLLY: I, er… I refreshed it a bit.
   あ、ええ…ちょっと気分転換をしたの。
SH: Sorry, you were saying?
   ごめん、君が話していたね?
MOLLY: I was wondering if you’d like to have coffee.
   ちょっと思ったんだけどコーヒーはいかがかしらって。
SH: Black, two sugars, please. I’ll be upstairs.
   ブラック、砂糖を2つで頼む。僕は上にいる。
MOLLY: OK…
   わかった…

・違うよシャーロック!そうじゃないよ!!!!!笑


BARTS’ LAB
JW: Bit different from my day.
   俺の日(自分がいた頃)とは少し違う。
MIKE: You’ve no idea!
   わかってないな!見当もつかないだろうな!
SH: Mike, can I borrow your phone? There’s no signal on mine.
   マイク、君の電話を借りられないか?僕のには電波が入らない。
MIKE: And what’s wrong with the landline?
   固定電話はどうした?
SH: I prefer to text.
   メールの方がいい。
MIKE: Sorry, it’s in my coat.
   ごめん、コートの中なんだ。
JW: Er, here… use mine.
   ああ、あの…僕のを使って。
SH: Oh, thank you.
   ああ、ありがとう。
MIKE: This is an old friend of mine. John Watson.
   これは僕の旧友の一人。ジョン・ワトソン。
SH: Afghanistan or Iraq?
   アフガニスタンかイラクか?
JW: Sorry?
   なんだって?
SH: Which was it, Afghanistan or Iraq?
   どっちだ、アフガニスタンかイラクか?
JW: Afghanistan. Sorry, how did you…?
   アフガニスタン。すみません、どうやって…?
SH: Ah, Molly, coffee, thank you. What happened to the lipstick?
   ああ、モリー、コーヒーか、ありがとう。口紅はどうしたんだ?
MOLLY: It wasn’t working for me.
   私には効果がなかったの。
SH: Really? I thought it was a big improvement. Your mouth’s too small now.
   本当?大きな改善だと思ったよ。今の君の口は小さ過ぎる。
MOLLY: OK…
   わかったわ…

SH: How do you feel about the violin?
   ヴァイオリンをどう思う?
JW: Sorry, what?
   なんですって?
SH: I play the violin when I’m thinking, and sometimes I don’t talk for days on end. Would that bother you? Potential flatmates should know the worst about each other.
   僕は考えるときにヴァイオリンを弾く、それに時々、何日も終日話さない。それは君を困惑させるかな?滞在的なフラットメイトはお互いの悪い所を知っているべきだ。
JW: You, you told him about me?
  おい、君は彼に僕について話したのか?
MIKE: Not a word.
   一言も。
JW: Then who said anything about flatmates?
   じゃあ誰が何かフラットメイトについて言ったんだ?
SH: I did. Told Mike this morning that I must be a difficult man to find a flatmate for. Now here he is, just after lunch, with an old friend clearly just home from military service from Afghanistan. Wasn’t a difficult leap.
   僕だ。今朝マイクに、僕はフラットメイトを見つけるのが難しい男に違いないと言った。今彼はここにいる、昼食後、明らかにアフガニスタンへの兵役から帰ってきたばかりの旧友を伴って。難しい飛躍ではなかった。
JW: How did you know about Afghanistan?
   アフガニスタンについてはどうやってわかった?

・ここで答えないのが、第一話の距離感ですよね。シーズン2を観た後だと強烈な違和感を覚えます。

SH: Got my eye on a nice little place in central London. Together we ought to be able to afford it. We meet there tomorrow evening, seven o’clock. Sorry, got to dash. I think I left my riding crop in the mortuary.
   ロンドンの中心部の、素敵でこじんまりした場所に目をつけている。一緒でなら、僕らは金銭的に大丈夫な筈だ。僕らは明日の夕方7時そこで会う。すまない、急いでいるんだ。霊安室に僕の乗馬鞭を置いてきてしまったようだ。
JW: Is that it?
   それだけ?
SH: Is that, what?
   何が?
JW: We’ve only just met and we’re going to go and look at a flat?
   僕らはちょっと会っただけ、それで行ってフラットを見るって?
SH: Problem?
   問題でも?
JW: We don’t know a thing about each other, I don’t know where we’re meeting, I don’t even know your name.
   僕らはお互いに何も知らない、僕は僕らが会う場所も知らないし、僕は君の名前だって知らない。
SH: I know you’re an Army doctor and you’ve been invalided home from Afghanistan. I know you’ve got a brother who’s worried about you, but you won’t go to him for help, because you don’t approve of him, possibly because he’s an alcoholic, more likely because he recently walked out on his wife. And I know that your therapist thinks your limp’s psychosomatic, quite correctly, I’m afraid. That’s enough to be going on with, don’t you think? The name’s Sherlock Holmes, and the address is 221B Baker Street. Afternoon.
   君は軍医で、アフガニスタンから負傷兵として送還されたと僕は知っている。君には君を心配しているお兄さんがいるが、助けを求めて彼の所へはいかない、何故なら彼を承認できないから(嫌いだから)だと僕は知っている。多分彼はアルコール中毒者か、もっとありそうなのは最近妻を捨てたからだ。そして君のセラピストは君の足を引きずることは心因性のものだと考えていることも僕は知っている。かなり正確だ、残念ながらね。一緒に行くのにはこれで十分だ、そう思わないか?名前はシャーロック・ホームズ、住所はベーカー街221Bだ。ご機嫌よう。

・walk out of the marriage:結婚を放棄する、別居する、離婚する
・出ました、衝撃的なウインク。一度見たら忘れられません。非常に印象的。後にも先にも、こんなウインクには絶対に出会わないだろうなあ…。
・そしてちゃんとマイクにご挨拶するシャーロック。

MIKE: Yeah. He’s always like that.
   ああ、彼はいつもあんな感じだ。


シーズン2を見た後だと、シャーロックは勿論ですが、ジョンまでもぎこちない笑顔を作っているのがありありと感じられて、キュッと締め付けられるような気持ちになります…。”Nothing happens to me.”だものなあ。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

やっと参戦できます^^

そふぃーさん、こんにちは。
やっとこちらに参加できます。「ピンク~」は去年の夏ごろからやってましたが、久しぶりの英語でわからないところだらけで、訳もぼろぼろでした(まだ直してない)。わたしもこちらを読ませていただきながら、復習していきたいと思います!
よろしくお願いします。


Just staying in town till you get yourself sorted?
sortが動詞になると、おかたづけ のような意味合いだと、教えていただきました~。

weblioにこのような用例が載ってます。
>In British sense “to fix a problem”, often used in the form “I’ll get you sorted,” or “Now that’s sorted,” – in American usage sort out is used instead.

 「(身辺のごたごたしたことが)片付くまでロンドンに滞在してるのか?」
  って感じでしょうか?

like that’s going to happen.
これも私引っかかったんですが、likeの前に I が省略されているのでは?
と教えていただきました。

「そんなことが起ればいいな→そんなことは起りえないよ」

という意味かと思われます。

2013/01/31 (Thu) 10:45 | YOKO #t5k9YYEY | URL | 編集 | 返信

カウンターが・・!

そろそろ、カウンターが「1895」に近づいてきたね・・!笑
踏んだ幸運なお方はきっといいことがあるはず~!と、言ってから私がやたらめったら踏みまくるというシナリオ*笑

私も、僭越ながら個人的見解を載せていただきますと・・

till you get yourself sorted
sort:整理する の見解、私もそんなニュアンスかな!という気がいたします!
sort outで問題を解決するのは米的な表現なのですね!ほおおぉ!!たしかに、ナルニアでも"I had it sorted."なる台詞があってsort単独登場に「??」だったのだけど、なるほどなっとく。
get oneself sorted outで「落ち着く」という雰囲気にもなるので、この場合はラストのoutを抜いてるのね・・!総合して「いろいろ落ち着くまでここにいるのかい?」という感じ・・?

Like, that's going to happen.
これは・・私は「みたいなね」というニュアンスのlikeかな・・?と思っていた・・!もしI likeとすれば、「I'd like that to happen.」(それも、"是非!"っぽいニュアンスのloveの方がしっくりくる感じも)になるのが自然かしら・・と思ってみたり。
”Like, ~~.”で「~~、みたいなね」のような意味になったりすることがあったりするので、この場合も「ハッ…そりゃあり得る話だな。(ゼッタイないです)」みたいなことかな・・?と。

割り込み失礼いたしました・・(滝汗)

2013/02/02 (Sat) 00:18 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

引き続き・・

リンゴが常温で置いてあるのって、やっぱりいつまでたっても見慣れない。冷やした方がおいしいと思うのに・・とか余計なお世話なんだけどね・・!
でもああいうのを「(海賊)船に乗りながら果物ナイフで片手切りしてパクリ!」っていうのはちょっと憧れ。(笑)

ruddy
これは「bloody」みたいな意味かと・・!
「(あのへっぽこ)車がない、ってどういう事なんだ」
個人的にこのSirパターソンさん、ダンディーで素敵*(オジサン好き)

Yeah, if you can call it that.
「アレを"ダンス"って言うんならね」 という感じ・・?このyouも不特定多数な臭い。
どれだけ泥酔してるのー!というより、オンナってやっぱり怖いよね(そこじゃない)

Detective Inspector, how can suicide be linked?
この記者が・・ポール・マッカートニーに見えて仕方ない!!

Wrong!
ふと思ったのだけど、日本版DVDって、こういう文字も全部日本語になってるのだったっけ・・?

You know where to find me.
これはこのフレーズまるごと覚えると◎!わりと色んなところで出てくるフレーズ。

なんだか、今どき先進国(じゃなくても)で自然死って、あり得るんだ・・!
と思ったけど、もしや「変死」でないものを自然死って言う??今まで自然死と言ったら、事故死とか病死を除いたいわゆる老死だと思ってたのだけど、きっと違うんだね!!

You’ve no idea!
マイクの台詞を想像するに「You've no idea how this lab have changed.」のような言葉を匂わせているのかな・・?と思っていた・・!
「(当時からどれほど変わったか、)見当も付かんだろう」というイメージかな・・?

Sorry, it’s in my coat.
これ、ちなみにパイロット版では「別のコート(Wrong coat.)」で、「え?マイクってばバーツに来るのにコート2着も用意してるわけ??」と思っていたら、「白衣」をwhite coatと言うみたい~(笑)
このドラマで一番マトモな登場人物を変人扱いするところだった!!いかんいかん。
しかしこのお方も、すごい癖のある訛り(The Reichenbach Fallのヤードのチーフに似た感じ・・)

How do you feel about the violin?
ここの台詞というより、タイピングの凄まじい速さの音にギョッとする!!

Not a word.
マイクが持ってる試験管がちょっと気になるお年頃。。

and the address is 221B Baker Street
この"221B"はやっぱり(個人的に)、マイクロフトの"two hundred and twenty one B"よりも、こっちの"two two one B"の方が素敵な響きに聞こえる(気がする)!!

せっかくモリーちゃんコーヒー淹れてくれたんだから、もうちょっと飲もうよ。シャーロックよ。

2013/02/02 (Sat) 01:27 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

自然死

ひよりさん、はじめまして!
自然死、ここ、私も60代で?!と、不思議だったんですが、英語には変死 の対義語としての 自然死という言い方があるようですね。日本語も厳密にはそうなのかもしれませんが、私たちの感覚では自然死というと老衰みたいな感覚ですよねー。

2013/02/02 (Sat) 10:11 | YOKO #t5k9YYEY | URL | 編集 | 返信

変死⇔自然死?

YOKOさん、こちらこそはじめまして!!

そうなのですね・・!!やはり「60代で老死!」ってことはさすがに考えにくいですものね・・(・v・;)仰るように、unnatural death対するnatural、のような理解でいいのかもしれないですね!

2013/02/02 (Sat) 12:33 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

No title

YOKOさん、ひよりちゃん、コメントありがとうございます!
パソコンの電源ケーブルの調子が悪く、なかなかアクセスできませんでした。お返事が遅くなりすみません。

カウンターは同じIPアドレスからは1日1回しかカウントされない設定になっているので、1895を踏むのは運かもしれません…!願わくば、その数字になっているときに私もアクセスしたいです>_<

sortはお片づけ、ですか!例文まで教えてくださりありがとうございます^^

likeはなるほdp、そのような解釈の仕方が…!勉強になりました。

常温のリンゴは確かに不思議。でも、私も大学で外国人留学生や帰国子女の皆さんがリンゴを丸々お弁当に持ってきてそのままガブリと食べているのには憧れていました…!

>ふと思ったのだけど、日本版DVDって、こういう文字も全部日本語になってるのだったっけ・・?
ここは「違う!」となっていました。検死シーンでの「ぬれている」「乾いている」「きれい」なども日本語になっていて驚きました。どうやって編集するのでしょうかね。

自然死について、パソコンに内蔵されている国語辞典では「外傷や病気によるのではなく、加齢現象が進み、老衰によって死亡すること。」となっています。うーん、不思議ですね。確かに、事件性の無いものをnatural deathと表現していると解釈するのが自然なのでしょうが。

ウインク前のシーン、住所も然りだけど、the name isという話し方が好きです。
I'mでもMy name isでもなく、ジョンが「君の名前も知らない」と言ったのを受けて「君が知りたがっている名前は…」というようなニュアンスなのかなと勝手なことを考えてみたり。

シーズン1の訳、道のりは長いですが、おつきあいいただけると嬉しく思います。よろしくお願いします!

2013/02/03 (Sun) 22:18 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。