--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_01
27
(Sun)17:13

S1ep1-2 A Study in Pink

まだまだシャーロックとジョンがよそよそしいです。

(JOHN’S MOBILE PHONE) Messages - Sent
If brother has green ladder, arrest brother. SH
   送信済みメッセージ   
   もし兄弟が緑の梯子を持っていたら、兄弟を逮捕しろ。SH

BAKER STREET
SH: Hello.
   こんにちは。
JW: Ah, Mr Holmes.
   ああ、ホームズさん。
SH: Sherlock, please.
   どうぞシャーロックと。
JW: Well, this is a prime spot. Must be expensive.
   やあ、ここは一等地だ。高いに違いない。
SH: Mrs Hudson, the landlady she’s given me a special deal. Owes me a favor. A few years back, her husband got himself sentenced to death in Florida. I was able to help out.
   ハドソン夫人、大家である彼女は僕に特別待遇を与えてくれた。僕に借りがあるんだ。数年前、彼女の夫がフロリダで死刑を宣告された。僕は助けることができたのさ。
JW: Sorry, you stopped her husband being executed?
   ごめん、君が彼女の旦那さんが死刑執行されるのを止めてやったのか?
SH: Oh no, I ensured it.
   ああ、違う。確実にしたんだ。
MRS HUDSON: Sherlock.
   シャーロック。
SH: Mrs Hudson, Dr John Watson.
   ハドソンさん、ジョン・ワトソン医師です。
MRS HUDSON: Hello, come in.
   こんにちは、入って。
JW: Thank you.
   ありがとうございます。
SH: Shall we?
   いいかな?


JW: Well, this could be very nice. Very nice indeed.
   ああ、これはとても良いだろうね。実にとても良い。
SH: Yes. Yes, I think so, my thoughts precisely. So I went straight ahead and moved in.
   ああ。そうだろう、僕もそう思って、僕の考えは精密にもまさにそうだ。それで僕は直行して入居した。

・go straight ahead:一直線に進む、直進する

JW: Soon as we get this rubbish cleaned up. Oh… So this is all…?
   僕らがこのガラクタを片付ければすぐにね。ああ…。じゃあこれは全部…?
SH: Well, obviously I can straighten things up, a bit.
   ああ、明らかに僕はこれらを片付けられる、少しね。

・straighten up:片付ける、整頓する

JW: That’s a skull.
   頭蓋骨だ。
SH: Friend of mine. When I say friend…
   僕の友達だ。僕が友達というときは…
MRS HUDSON: What do you think then, Dr Watson? There’s another bedroom upstairs, if you’ll be needing two bedrooms.
   ねえどう思います、ワトソン先生?上の階にはもう一つ別の寝室がありますの、もし二つ寝室が必要なら。
JW: Of course we’ll be needing two.
   勿論、僕らは二つ必要とします。
MRS HUDSON: Oh don’t worry, there’s all sorts round here. Mrs Turner next door’s got married ones. Oh… Sherlock! The mess you’ve made.
   ああ心配しないで、この辺りには全種類(色んな人が)いるのよ。ターナー夫人、お隣さんには結婚してるのがいるの。ああ…シャーロック!あなたがやった散らかし!
JW: I looked you up on the internet last night.
   昨晩、君をインターネットで調べたよ。
SH: Anything interesting?
   何か面白いことが?
JW: Found your website. The Science Of Deduction.
   君のサイトを見つけた。「推理の科学」。
SH: What did you think?
   どう思った?
JW: You said you could identify a software designer by his tie, and an airline pilot by his left thumb?
   君は、ソフトウェアデザイナーはネクタイで、航空パイロットは左手の親指で見分けることが出来ると書いていたね?
SH: Yes. And I can read your military career in your face and your leg, and your brother’s drinking habits in your mobile phone.
   そうだ。そして僕は君の兵歴を顔つきと足で、君のお兄さんの飲み癖は君の携帯で読むことが出来る。
JW: How?
   どうやって?

MRS HUDSON: What about these suicides, then, Sherlock? I thought that’d be right up your street. Three, exactly the same.
   じゃあこの自殺はどうなの、シャーロック?これはあなたの道にピッタリだと思ったわ。あなたの得意分野(大好物)じゃない?3つ、全く同じ。
SH: Four. There’s been a fourth. And there’s something different this time.
   4つだ。4番目があった。そして今回は違う何かがある。
MRS HUDSON: A fourth?
   4番目?
SH: Where?
   どこだ?
DI LESTRADE: Brixton, Lauriston Gardens.
   ブリクストン、ロリストン・ガーデンだ。

・調べた所、Lautiston Gardensは原作に出て来た架空の地名のようです。(多分)

SH: What’s new about this one? You wouldn’t have come to get me if something wasn’t different.
   これについて新しいのは何だ?もし何か違わなかったら君は僕を連れに来なかっただろう。
DI LESTRADE: You know how they never leave notes?
   彼らが一度も書き置きを残していないという手口を知っているだろ?
SH: Yeah.
   ああ。
DI LESTRADE: This one did. Will you come?
   今回のはしたんだ。来てくれるか?
SH:  Who’s on forensics?
   誰が鑑識をしているんだ?
DI LESTRADE: Anderson.
   アンダーソンだ。
SH: Anderson won’t work well with me.
   アンダーソンは僕と一緒だとあまり機能しないだろう。相性が良くない。

・work well with:上手くいく

DI LESTRADE: Well he won’t be your assistant.
   でも彼はお前の助手じゃない。
SH: I need an assistant.
   僕は助手が必要だ。
DI LESTRADE: Will you come?
   来てくれるか?
SH: Not in a police car, I’ll be right behind.
   パトカーではなくね。少し遅れるよ。
DI LESTRADE: Thank you.
   ありがとう。

SH: Brilliant! Yes! Ah, four serial suicides and now a note. Ah it’s Christmas. Mrs Hudson, I’ll be late. Might need some food.
   輝かしい!やった!ああ、4連続自殺に今度は書き置きだ。ああ、クリスマスだ。ハドソンさん、僕は遅くなります。少し食べ物を必要とするかも。
MRS HUDSON: I’m your landlady dear, not your housekeeper.
   私はあなたの大家なのよ可愛い子、家政婦じゃないの。
SH: Something cold will do. John, have a cup of tea, make yourself at home. Don’t wait up!
   何か冷たいものでいいです。ジョン、お茶を飲んでくつろげ。起きて待っているなよ!

・wait up;立ち止まって待つ、寝ずに待つ
・はじめてジョンって呼びましたね…!

MRS HUDSON: Look at him, dashing about. My husband was just the same. But, you’re more the sitting down type, I can tell. I’ll make you that cuppa, you rest your leg.
   彼を見て、突撃してる。私の夫もちょうど同じだった。でも、あなたはもっと座っているタイプなのね、私わかるわ。お茶を用意してあげる、あなたは足を休めるの。
JW: Damn my leg! Sorry, I’m so sorry. It’s just sometimes this bloody thing…
   この足めが!!すみません、失礼しました。時々このやっかいな…
MRS HUDSON: I understand dear, I’ve got a hip.
   わかるわよ可愛い人、私は腰に。

・このgetはなんて訳せば良いのかな。

JW: Cup of tea would be lovely. Thank you.
   お茶がいいわよ。ありがとう。
MRS HUDSON: Just this once dear, I’m not your housekeeper.
   この一回だけですからね、私はあなたの家政婦じゃないの。
JW: Couple of biscuits too, if you’ve got ‘em.
   ビスケット2、3枚も、もしお持ちでしたら。
MRS HUDSON: Not your housekeeper.
   家政婦ではありません。
SH: You’re a doctor. In fact, you’re an Army doctor.
   君は医者だ。実際のところ、君は軍医だ。
JW: Yes.
   ああ。
SH: Any good?
   どのくらい腕がいい?
JW: Very good.
   とても腕がいい。
SH: Seen a lot of injuries then, violent deaths.
   じゃあ怪我や、凄惨な死をたくさん見たな。
JW: Well, yes.
   ああ、そうだ。
SH: Bit of trouble too, I bet?
   苦しみも少しあるだろうな?
JW: Of course. Yes. Enough for a lifetime, far too much.
   勿論、そうだ。一度の人生には十分だ、もうたくさん過ぎる。
SH: Want to see some more?
   もっと見たいか?
JW: Oh God, yes. Sorry, Mrs Hudson. I’ll skip the tea. Off out.
   モチロンだ。すみません、ハドソンさん。お茶は飛ばします。出掛けます。

・Oh God, yes.って、普通の返事じゃないですよね?ジョンの危なさが表れていますよね?

MRS HUDSON: Both of you?
   あなたたち二人とも?
SH: Impossible suicides? Four of them? No point sitting at home when there’s finally something fun going on!
   不可能な自殺?彼ら4人?遂に何か楽しいことが進行しているときに家で座ってる意味等無い!
MRS HUDSON: Look at you all happy. It’s not decent.
   あなた本当に幸せそうね。慎み深くないわよ。
SH: Who cares about decent? The game, Mrs Hudson, is on! Taxi!
   誰が慎みなんて気にするんですか?ゲームは、ハドソンさん、始まっている!タクシー!


CAB
SH: OK. You’ve got questions.
   いいよ。君は質問があるんだろ。
JW: Yeah, where are we going?
   ああ、俺らはどこに行くんだ?
SH: Crime scene. Next?
   犯罪現場。次は?
JW: Who are you? What do you do?
   君は誰だ?仕事は?
SH: What do you think?
   君はどう思うんだ?
JW: I’d say… private detective.
   私立探偵…だと思う。
SH: But?
   でも?
JW: But the police don’t go to private detectives.
   でも警察は私立探偵のところへ行ったりしない。
SH: I’m a consulting detective. Only one in the world. I invented the job.
   僕は諮問探偵だ。世界で唯一。僕がこの仕事を考え出した。
JW: What does that mean?
   どういう意味?
SH: It means when the police are out of their depth, which is always, they consult me.
   つまり、警察の能力の及ばないとき、つまりいつもだが、僕に相談するんだ。

・out of one's depth:背の立たない深みにはまって、(人)の手に余る

JW: The police don’t consult amateurs.
   警察は素人に相談しない。
SH: When I met you for the first time yesterday, I said Afghanistan or Iraq. You looked surprised.
   昨日初めて君に会ったとき、僕はアフガニスタンかイラクかと言った。君は驚いているように見えた。
JW: Yes, how did you know?
   ああ、どうして知っていたんだ?
SH: I didn’t know, I saw. Your haircut, the way you hold yourself says military. But your conversation as you entered the room…
   知っていたんじゃない、見てわかったんだ。君の髪型と、自身を支えている感じは軍人だと示していた。しかし君があの部屋に入ってき時の君たちの会話は…

JW: Bit different from my day.

SH: ...said trained at Barts. So Army doctor, obvious. Your face is tanned, but no tan above the wrists. You’ve been abroad but not sunbathing. Your limp’s really bad when you walk, but you don’t ask for a chair when you stand, like you’ve forgotten about it, so it’s at least partly psychosomatic. That says the original circumstances of the injury were traumatic. Wounded in action, then. Wounded in action, suntan - Afghanistan or Iraq.
   バーツで訓練を受けたと示していた。つまり軍医だ、明らかな。君の顔は日焼けしているが、手首より上は日焼けしていない。君は外国にいたが日光浴ではない。君が足を引きずるのは、歩く時は本当に悪いのに、立つ時には椅子を頼まない。まるでそのことを忘れているようにだ、つまり少なくとも部分的には心因性。負傷の元の出来事は心的外傷だったことを意味する。軍事行動での負傷、日焼け…アフガニスタンかイラクだ。
JW: You said I had a therapist.
   君は僕にセラピストがいると言った。
SH: You’ve got a psychosomatic limp, of course you’ve got a therapist. Then there’s your brother. Your phone. It’s expensive, e-mail enabled, MP3 player. You’re looking for a flatshare. You wouldn’t waste money on this, it’s a gift then. Scraches. Not one, many over time, it’s been in the same pocket as keys and coins. The man sitting next to me wouldn’t treat his one luxury item like this, so it’s had a previous owner. Next bit’s easy. You know it already.
   君は心因性で足を引きずっている、当然君にはセラピストがいる。そして君には兄がいる。兄(の件)だ。君の電話。それは高価だ、メールが可能、mp3再生機も。君はフラットメイトを探している。君はこれに金を浪費したりしない、ではそれは贈り物だ。かすり傷。一つじゃない、何度もだ、鍵や小銭と同じポケットの中にあったんだ。僕の隣に座っている男は、彼の高級品をそんなふうに扱ったりはしない、つまり前の所有者がいたんだ。次は少し簡単だ。君はもうわかっているな。
JW: The engraving?
   彫刻?
SH: Harry Watson. Clearly a family member who’s given you his old phone. Not your father, this is a young man’s gadget. Could be a cousin, but you’re a war hero who can’t find a place to live. Unlikely you’ve got an extended family certainly not one you’re close to, so brother it is. Now, Clara. Who’s Clara? Three kisses says it’s a romantic attachment. The expense of the phone says wife, not girlfriend. Must have given it to him recently, this model’s only six months old. Marriage in trouble, then, six months on he’s given it away. If she’d left him, he would have kept it. People do sentiment. But no, he wanted rid of it. He left her. He gave the phone to you, that says he want you to stay in touch. You’re looking for a cheap accommodation, but you're not going to your brother for help. That says you’ve got problems with him. Maybe you liked his wife, maybe you don’t like his drinking.
   ハリー・ワトソン。明らかに、彼の古い電話を君に与えた家族の一人だ。君の父親ではない、これは若い男性のガジェット。従兄弟であるわけはないの可能性はある、しかし君は住む所を見つけられない戦争の英雄だ。確実に近しくない親戚がいるのはありそうもない君に親戚はあまり居そうにない、特に近しい親戚は。つまり兄だ。さて、クララだ。クララは誰だ?3つのキスはロマンチックな愛情を語っている。電話の出費は、彼女ではなく妻だと示している。最近彼に贈ったはずだ、このモデルは出てからたった6ヶ月。結婚が苦境に陥り、6ヶ月で彼は手放した。もし彼女が彼を捨てたなら、彼はこれを取っておく。人は感情的なことをする。でも違う、彼はこれを忘れ去りたかった。彼が彼女を捨てた。彼はこの電話を君に与えた、つまり君と繋がったままでいたいんだ。君は安い宿泊施設を探している、なのに君は助けを求めてお兄さんの所へ行かない。つまり彼について問題がある。多分彼の妻が好きだったか、彼が飲酒することが嫌だったのかもしれない。

・sentimentの語はエピソード1のこんなに早い段階ででてきていたのですね。

JW: How can you possibly know about the drinking?
   飲酒についてはどうしてわかるんだ?
SH: Shot in the dark. Good one, though. Power connection, tiny little scuff marks around the edge of it. Every night he goes to plug it in to charge, but his hands are shaking. You never see those marks on a sober man’s phone, never seen a drunk’s without them. There you go, you see. You were right.
   当てずっぽうだ。しかし良い方だな。電源接続、ふちの周りにとても小さな擦れた跡が。彼は毎晩チャージの為に差し込みに行く、しかし彼の両手は震えている。しらふの人間の電話ではこういう跡は絶対に見られない、それなしの飲酒者も見られない。さあ、わかるな。君は正しかった。

・shot in the dark:《a ~》当てずっぽう、当て推量

JW: I was right? Right about what?
   僕が正しかった?何について正しかった?
SH: The police don’t consult amateurs.
   警察は素人に相談しない。
JW: That…was amazing.
   これは…驚くべきだ。
SH: Do you think so?
   そう思うか?
JW: Of course it was. It was extraordinary. It was quite extraordinary.
   勿論そうだ。卓越していた。相当卓越していたよ。
SH: That’s not what people normally say.
   それは、人々が普通言うことではないな。
JW: What do people normally say?
   みんな普通は何て言うんだ?
SH: Piss off!
   ムカツク!


LAURISTON GARDENS
SH: Did I get anything wrong?
   僕は何か間違っていたか?
JW: Harry and me don’t get on, never have. Clara and Harry split up three months ago, and they’re getting a divorce. And Harry is a drinker.
   ハリーと俺は気があわない、一度もそんなことはなかった。クララとハリーは3ヶ月前に別れて、彼らは離婚するんだ。あとハリーは飲酒者だ。

・get on:成功する、仲良くやっていく

SH: Spot on, then? I didn’t expect to be right about everything.
   待って、では?では全てその通りなのか?全部正しいとは期待していなかったよ。
JW: Harry’s short for Harriet.
   ハリーはハリエットの短縮だ。
SH: Harry’s your sister.
   ハリーは姉か。
JW: What exactly am I supposed to be doing here?
   俺はここでまさに何をされることを想定されるんだ?
SH: Sister!
   姉か!
JW: No, seriously, what am I doing here?
   違う、真面目に、俺はここで何をするんだ?
SH: There’s always something.
   いつだって何かはある。

SGT DONOVAN: Hello, freak!
   こんにちは、変人!
SH: I’m here to see Detective Inspector Lestrade.
   レストラード警部に会う為にここにいる。
SGT DONOVAN: Why?
   なんで?
SH: I was invited.
   招かれた。
SGT DONOVAN: Why?
   なんで?
SH: I think he wants me to take a look.
   僕に見せたいからじゃないかな。
SGT DONOVAN: Well, you know what I think, don’t you?
   ふうん、あたしが何考えてるかわかるの?
SH: Always, Sally. I even know you didn’t make it home last night.
   常にね、サリー。僕には君が昨晩家に辿り着かなかったことさえわかるよ。

・make it home:家にたどり着く

SGT DONOVAN: Er…who’s this?
   え…これ誰?
SH: Colleague of mine, Dr Watson. Dr Watson, this is Sergeant Sally Donovan. Old friend.
   僕の同僚だ、ワトソン医師。ワトソン先生、こちらは巡査部長のサリー・ドノヴァン。旧友だ。
SGT DONOVAN: A colleague? How did you get a colleague? Did he follow you home?
   同僚?あんたどうやって同僚を手にしたわけ?彼、あなたの家に着いて来たの?
JW: Would it be better if I just waited…?
   俺はここで待っていた方がいいかな…?
SH: No.
   いや。
SGT DONOVAN: Freak’s here. Bringing him in.
   変人がここにいます。中に入れます。

・bring in:(中に)持ち込む、引き入れる
      警察に連行する、警察へ連れて行く、逮捕する


SH: Ah, Anderson. Here we are again.
   ああ、アンダーソン。また会ったな。
ANDERSON: It’s a crime scene. I don’t want it contaminated. Are we clear on that?
   ここは犯罪現場だ。ここを汚染したくはない。俺らはその点はっきりしてるかな?
SH: Quite clear. And is your wife away for long?
   かなりクリアだ。それに君の妻は長く留守にしているのか?

・clearには、事件現場を荒らしたりしないという認識が「はっきりしていること」と、アンダーソンの台詞contaminate(汚染する)に対しての、「自分は汚染しない=清潔である」の二つの意味がかかっているように思います。

ANDERSON: Oh don’t pretend you worked that out. Somebody told you that.
   おい解いたふりをするな。誰かがお前に教えたんだ。
SH: Your deodorant told me that.
   君の体臭防止剤が僕に教えてくれたよ。
ANDERSON: My deodorant?
   俺の体臭防止剤?
SH: It’s for men.
   男用だ。
ANDERSON: Well of course it’s for men, I’m, wearing it.
   ああ勿論男用だよ、俺は、それを身につけてる。
SH: So’s Sergeant Donovan. (SNIFFES) Ooh…I think it just vaporized. May I go in?
   ドノヴァン巡査部長もだ。ああ…ちょっと揮発しただけだと思うが。入るよ?
ANDERSON: Now look, whatever you’re trying to imply…
   おいちょっと、お前が暗示しようとしていることがなんであれ…
SH: I’m not implying anything. I’m sure Sally came round for a nice little chat and just happened to stay over. And I assume she scrubbed your floors, going by the state of her knees.
   僕は何も暗示しようとなどしていない。サリーはちょっとした素敵なおしゃべりをしに来て、ただ泊まることになっただけだとわかっているさ。それに彼女の膝の状態に基づいて判断すると、
、彼女は当然君の床も磨いたんだろ。

・stay over:泊まる
・go by:〜を基準とする、~を判断の基にする

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

Ahhh, it's Christmas!!(笑)

Yes, I think so, my thoughts precisely.
僕の思い・考えと(my thoughts)ちょうど・そのまんまだ(precisely)という感じかな?
「僕の思った通りだ。/僕もまさにそう思う。」

When I say friend…
このWhen I say...の表現がいつも謎なのだけど、なんとなく「まあ、友達と言ってもね・・」みたいな雰囲気なのかな・・とか思ったり。どんなニュアンスで言ってるんだろうなあ。。

There's all sorts round here
このall sortsは「all kinds of」みたいに「いろんな」という意味で言っているのかな・・?と。
「あら気にしないで!この辺りって色んな人がいるのよ。」みたいな・・笑。

I thought that’d be right up your street.
up 人's streetで一纏めとすると、「あなたの得意分野(大好物)じゃない?」という感じ?
ちなみにここ、パイロット版では続けてジョンが「What is your street?(君って一体何してる人なの・・?)」って言う場面がありました*笑

You know how they never leave notes?
ここ、不思議な表現だよね・・!なんとなく私の感覚だけど、「You know they never leave notes?」ってhowを抜かすと「今までの犠牲者が置き書きなんてしなかったのは知ってるか?」だけど、howを入れると「置き書きをしない"手法(手口)"」みたいな雰囲気が出るのかなーという気もした!

Anderson won’t work well with me.
work well withで、上手くやっていけない、という感じかな・・?
「アンダーソンと僕はそりが合わないんだ」

Don’t wait up! (笑)

I’ve got a hip.
I've got a hip (pain). (hip "ache"とは言わないんだ。。acheだとback acheなんだね・・!ほへええ)「わかるわ。私も腰に。」という感じ?
have gotはいままでもたくさん登場したけど、haveと同じ意味でいいと思うよ・・!たぶん英国的な表現なのかな?(Have you got cash?(S1E2) I've got change(S1E3) Have you got a warrant? (S2E3) 等々・・)

Cup of tea would be lovely.
ここ、ハドソンさんの台詞と間違えたりしてる??紅茶はいいですね。という感じになるんじゃないかな・・?

Couple of biscuits too, if you’ve got ‘em.
訳はokだと思うよ・・!そしてまたまたhave got登場!

Oh God, yes.
パイロット版では「(嬉しそうに)God, yes! (ニコー!!)」だったのだけど、こっちの真剣な顔つきの方がずっと「(神経)アブナイ」感でててナイス!笑

out of one's depth
The Great Gameでも登場!・・ってだけ笑;

Then there’s your brother.
「それから兄(の件)だ」という感じかな?あえて強調するなら、「Then, there's "your brother".」か「Then, there's the fact about your brother.」とか

Could be a cousin,
couldだから「従兄っていう可能性もあるが、」という感じかな?

Unlikely you’ve got an extended family certainly not one you’re close to, so brother it is.
ちょっと整理の意味で最初からいくと、「君に親戚はあまり居そうにない/特に近しい親戚は。/ならつまり、兄ってことになる。」

Spot on, then?
Spot onは全部当てた、という意味じゃないかな・・?

What exactly am I supposed to be doing here?
「それで、正確には僕はここで一体何をさせるつもりなんだ?僕はずばり何のためにここに居るんだ?」という感じ・・?

2013/02/02 (Sat) 19:15 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

No title

>The mess you’ve made.

いかにも英語・・というか、日本語じゃない言語なんだな~と思いますね。この表現すきです。

>There’s always something.
ここ、どっちにも取れるとは思うのですが「いつだって何か見落とす、まちがう」という意味じゃないかと考えましたがいかがでしょうか?

>clear
お~!いわれてみれば二つの意味があるような・・・
SHERLOCKは掛詞多いですよね!

2013/02/04 (Mon) 17:30 | YOKO #- | URL | 編集 | 返信

YOKOさん

こんにちは!今年の冬は雪が多いですね。

>The mess you’ve made.

本当に、日本語にはない表現ですね!言っていることはわかりますが、自分から使うことはなかなかないだろうなあと思います。こういう表現がポンポン口から出てくるようになると良いのですが。

>There’s always something.

ジョンが、自分が出来そうなことを何かを見落としている、ということでしょうか?
ここはWhat am I doing here?への答えなので、出来ることはいつでもどこにでも何かしらあるものだ、というような意味で取っていました…!

2013/02/06 (Wed) 16:42 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃん

> There's all sorts round here
わかりにくい訳にしちゃった汗
異性愛も同性愛も両性愛も、その他諸々全種類いるのよ、みたいな意味かと思ってしまいました。「いろんな」と訳せば必ずしも「全種類」いなくても使えるし良いね!

> I thought that’d be right up your street.
up someone's streetっていうイディオムがあるんだ!パイロット版ではstreetをまた使っているのね。
覚えなきゃー!

> You know how they never leave notes?
手口、ですか!なるほど!!すごくしっくりくる。howとくるとつい「方法」と訳してしまうけど、一辺倒じゃ駄目ですね。

> Don’t wait up! (笑)
吹き替え版だと「先に寝てろ!」となってますね。
最初に見た時は、シャーロックだったら同居人が帰って来ようが帰ってこまいが寝たい時に寝そうなのでちょっと不思議に思いました。相手を待っているという発想はあまりなさそうだし、自分も「待ってて欲しい」などと期待はしていなさそう。でも、この台詞を言ったということは、ジョンが自分を待ってくれてしまうかもしれないと考えた上での配慮なのかな。素敵な台詞です^^

> I’ve got a hip.
あ、やっぱりpainが省略されてるんだ。
hip acheと言わないなんて初耳でした…。

> Couple of biscuits too, if you’ve got ‘em.
got ‘emって、英語?ドイツ語か何かなのかな?

> Then there’s your brother.
ああ、そういうニュアンスなんだ!Then you have a brother.ではないものね。

> Unlikely you’ve got an extended family certainly not one you’re close to, so brother it is.
素晴らしいです。ありがとうございます。
副詞の修飾範囲が未だによくわからなくなってしまう…勉強しなきゃー。

> Spot on, then?
あ、これどうしてこう訳したんだろう。Stop on, then?と見間違えたのかな?汗

Thanks a lot!!!
パソコンの調子がおかしくて滞りがちになっていますが、近いうちにまた再会させます・・・!

2013/02/06 (Wed) 17:13 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

there's always something

ここの会話は、シャーロックはジョンの話は聞いてなくて、ハリーを男性だと思っていた、つまり推理が完璧じゃなかったことを悔しがって、やっぱり何か間違っちゃうんだ。と独り言を言ってるのではないかと思ったのです。

でも、ここの発言時はシャーロックは後ろを向いてるので、どういう表情なのかわかりませんが、ジョンの質問に最後まで答えないというのも、シャーロックらしくて面白いのではないでしょうか?


>got'em

これは、got them の早口バージョンではないかと思いました。
themはビスケットのことですよね。


本当、雪はどきどきしますね。
昨日はそんなに積もらなくてホッとしました。
パソコンお調子早く治るといいですね。
続きを楽しみにしています。

2013/02/07 (Thu) 11:18 | YOKO #- | URL | 編集 | 返信

No title

実際、(気のせいかもしれないけれども・・)どちらの訳も見たことがある気がします。(NHKとAXNで放送された時かな・・?)

どっちがどっちか覚えていないのだけど、「いつも何か見落としてしまう」のような意味と「何かしらすることはある」のような意味の両方あったような(再度、気のせいかも・・!)
A Study in Pinkしかわからないのでこのエピソードに限りですが、全体的にAXNは簡略化されていて、私はどちらかというとニュアンス重視のNHK訳贔屓なのでもし二通りの訳があったのなら私はNHKさんの方に一票を投じたい!笑

今の所、どちらかと言えば前者の方だという気はするのだけど、ジョンが「いや、真面目に僕ここで何をするわけ?」って強調してるのに無視かいー!って所で引っ掛かる。笑(むしろ大きくうなずいて納得すべきところだったのかな。笑)


YOKOさん仰る通り!「'em」はthemの略*
ちなみにビスケットはやや英国的な言い方・・米はクッキーのが一般的。The Blind BankerでもFancy a biscuit with that?で登場ー。
(もしやあのクッキーモンスターも、英国生まれだったら「ビスケットモンスター」だったかもしれなかったりして・・ちょい語呂わる感・・笑。そもそも食らい方が紳士的じゃないね!)
'cause、'ead、‘emはこの後もジェフの台詞等で登場~

2013/02/09 (Sat) 01:00 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

いつも何かある。

YOKOさん、ひよりちゃん、お返事が遅れてしまってすみません。いつもコメントありがとうございます!

There's always something.
なるほどです。ジョンの質問に答えずに「いつも何か外れていることがある」という解釈も、とてもしっくりきます。
S1のシャーロックはジョンの質問に答えきらなかったりすることも多いですものね。

got'em
themの短縮系なのですね!'reや'dはよく見かけますが、'emははじめて見かけたので何かドイツ語などからの引用なのかと思ってしまいました…。
関係ないかもしれませんが、dunno=don't knowの短縮系というのも最近知りました。
こんなに基本的なものでも、まだまだ知らない表現が山ほどあるのですね。精進します!

ビスケットモンスターw
気になってbiscuit monsterでgoogle画像検索をかけてみたのだけど、クッキーモンスターが沢山ヒットしました。中には、biscuit monsterと明記されている画像も…。制作者さんの勘違いなのか、実際にビスケットモンスターと呼ぶ人達が居るのか…。

醜聞でレストレードが「機内で配られる特別なビスケットが入っていた」と言った時、「ん?クッキーでは?」と密かに思っていました。なるほど、英国ではビスケットの呼び方の方が一般的なのかな。

ありがとうございます!!!
パソコンの調子はまだイマイチなのですが、近いうちに1−3をアップします!^^

2013/02/10 (Sun) 20:24 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

'em

‘emは単に「themを短縮した形」と言うよりは、「thを抜いた発音を文字にした」の方が近い気がする!
‘reなんかと違って‘em等は正式な英語ではなくって、ちょっと下町・庶民風な音(かなーりわかりずらい例だけど、「レミゼラブル」のガブロッシュ少年のような”h”とか”t”の音を抜いちゃうイメージ。)なので標準英語と比べると少し荒くて、あまり綺麗な英語ではないという認識かも。

dunnoは(特に下町・庶民風な発音っていうわけじゃなく)、don’t knowのちょい早口風の音をそのまま文字にした感じで、あまり細かくはわからないのだけど米と英で(cuzとcozみたいに)少し違うかも?(その他gotta/gonna/gimme/lotta/gotcha等々・・初対面の単語でも、なんとなく音で想像できるやも!)
どっちも小説とかコミックとか、それこそ字幕等にしか出てこないかも!

2013/03/05 (Tue) 23:33 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。