--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_02
10
(Sun)21:32

S1ep1-3 A Study in Pink

お久しぶりです。検死のシーンなど!

SH: You’ll need to wear one of these.
   君はこれらのうち一つを着る必要がある。
GL: Who’s this?
   これは誰だ?
SH: He’s with me.
   僕の同伴だ。
GL: But who is he?
   でも彼は誰だ?
SH: I said, he’s with me.
   言っただろ、同伴だ。
JW: Aren’t you going to put one on?
   君はこれを着ないのか?
SH: So where are we?
   じゃあ僕らはどこへ?
GL: Upstairs.
   上の階だ。

GL: I can give you two minutes.
   2分やる。
SH: May need longer.
   もっと必要だろうな。
GL: Her name is Jennifer Wilson, according to her credit cards. We’re running them now for contract details. Hasn’t been here long. Some kids found her.
   クレジットカードによると、彼女の名前はジェニファー・ウィルソン。契約の詳細を手に入れる為に追わせている。ここに長くいたのではない。子ども達が彼女を見つけたんだ。
SH: Shut up.
   黙れ。
GL: I didn’t say anything.
   何も言わなかったぞ。
SH: You were thinking. It’s annoying.
   考えてた。それが鬱陶しい。

Left handed   左利き
RACHE German(n.) revenge   ドイツ語(名詞)復讐
Rachel   レイチェル
Wet. Dry. Wet.   濡れている。乾いている。濡れている。
Clean. Clean. Clean. Dirty. unhappily married 10+ years   綺麗。綺麗。汚れている。不幸な結婚10年以上
Dirty. Clean. Regularly removed   汚れている。綺麗。定期的に外されている
Serial adulterer   連続の密通者

GL: Got anything?
   何かわかったか?
SH: Not much.
   十分でない。
ANDERSON: She’s German. Rache. It’s German for revenge. She could be trying to tell us something…
   ドイツ人だ。Rache。ドイツ語で復讐。俺らに伝えようとしていたんだろう、そう何か…
SH: Yes, thank you for your input.
   ああ、情報提供に感謝するよ。
GL: So she’s German?
   じゃあ彼女はドイツ人か?
SH: Of course she’s not. She’s from out of town, though. Intended to stay in London for one night before returning home to Cardiff, so far, so obvious.
   当然違う。彼女は街の外から来たがな。カーディフの家に戻る前の一晩、ロンドンに滞在することを示唆している。今の所は、とても明確だ。

・so farは醜聞の、車のトランク事件現場での会話でも出てきましたね。

(MOBILE ONLINE) UK Weather

JW: Sorry, obvious?
   あの、明確だって?
GL: What about the message, though?
   じゃあメッセージは?
SH: Dr Watson, what do you think?
   ワトソン医師、どう思いますか?
JW: Of the message?
   メッセージについて?
SH: Of the body. You’re a medical man.
   死体について。君は医師だろ。
GL: Well you know, we have a whole team outside.
   おい、外に一通りの(医療)チームがいる。
SH: They won’t work well with me.
   彼らとはそりが合わない。
GL: I’m breaking every rule letting you in here…
   お前をここに入れるのに全規則を破ってるんだぞ…
SH: Yes, because you need me.
   ああ、何故なら僕を必要としているからな。
GL: Yes, I do. God help me.
   ああ、そうだ。神様お助けを。畜生めマジで助けてくれ。
SH: Dr Watson.
   ワトソン先生。
JW: Hm?
   え?
GL: Oh, do as he says. Help yourself. Anderson, keep everyone out for a couple of minutes.
   ああ、彼の言う通りにして。ご勝手に。アンダーソン、数分間みんなを外に居させろ。

SH: Well?
   それで?
JW: What am I doing here?
   俺はここで何をするんだ?
SH: Helping me make a point.
   僕を理解させる助けを。

・help+人+原型は、help 人 to doと同じ意味だそうです。原型不定詞!

JW: I’m supposed to help you pay the rent.
   家賃を払うのを手伝うことにはなっている。
SH: Well this is more fun.
   こっちの方が楽しい。
JW: Fun? There’s a woman lying dead.
   楽しい?死んで横たわった女性がいるんだぞ。
SH: Perfectly sound analysis, but I was hoping you’d go deeper.
   完璧に分析に聞こえる、でももっと深くやって欲しかった。

・soundsでないのが気になります…。analysisも形容詞ではなく名詞だし。

・吹き替え版では「(警察側の検死も)完璧だけど、君にもっとちゃんとやってほしい」というような受け取りをしましたが、もしかして、「(死んで横たわった女性、という分析は)完璧だけど、もっと深くやってみてよ」という皮肉なのかしら?

JW: Yeah. Asphyxiation…probably. Passed out, choked on her own vomit. Can’t smell any alcohol on her. It could have been a seizure. Possibly drugs.
   よし。窒息だな…多分。自分の嘔吐物を詰まらせて、亡くなった。彼女からアルコールの臭いはしない。発作だったのかもしれない。麻薬かも。
SH: You know what it was, you’ve read the papers.
   なんだったのかわかるだろう、君は新聞を読んでいる。
JW: Well, she’s one of the suicides, the fourth…?
   じゃあ、彼女は自殺の一人、4番目の…?

GL: Sherlock, two minutes, I said. I need anything you’ve got.
   シャーロック、2分だと言った。お前がわかったことが必要だ。
SH: Victim is in her late 30s. Professional person, going by her clothes. I’m guessing something in the media, going by the frankly alarming shade of pink. Travelled from Cardiff today, intending to stay in London for one night it’s obvious from the size of her suitcase.
   犠牲者は30代後半。服装からして専門職者だ。メディアの何かだと思うな、率直に言って異様なピンクの色調からして。今日カーディフから旅して来た、ロンドンに一晩滞在するつもりだ、彼女のスーツケースの大きさから明らかだ。

・go by:~を判断の基にする

GL: Suitcase?
   スーツケース?
SH: Suitcase, yes. She’s been married for at least ten years, but not happily. She’s had a string of lovers, but none of them knew she was married.
   そう、スーツケースだ。彼女は少なくとも10年は結婚しているが、幸せではない。次々と多くの恋人がいたが、その中の誰も彼女が結婚していたと知らなかった。
GL: Oh, for God’s sake, if you’re just making this up…
   おい、もしお前がそれをでっちあげてるんなら…

・ここ、翻訳版では「作り話はよせよ」となっていて、少し違和感がありました。レストレードは、既に長くつきあっているのにまだ「シャーロックが言うならそうなのだろう」と思うには至っていないのかな?

SH: Her wedding ring. Ten years old at least. The rest of her jewellery has been regularly cleaned, but not her wedding ring. State of her marriage right there. The inside of the ring is shinier than the outside, that means it’s regularly removed. The only polishing it gets is when she works it off her finger. It’s not for work, look at her nails. She doesn’t work with her hands, so what or rather who does she remove her rings for? Clearly not one lover, she’d never sustain the fiction of being single for that amount of time, so more likely a string of them. Simple.
   彼女の結婚指輪。少なくとも10年は経っている。他の宝石は定期的に綺麗にされているのに、結婚指輪はそうでない。彼女の結婚状態がそこに。指輪の内側は外側よりも光っている、つまり定期的に外していたんだ。それが唯一得ていた研磨は、彼女がそれを指から外す時。仕事のためではない、爪を見ろ。手を使っての仕事はしていない、では何の、いや、誰の為に彼女は指輪を外すのか?当然一人の恋人ではない。これだけの長い時間、独身であるという嘘を維持できなかったんだできる筈がない。つまり大勢いたという方があり得る。単純だ。
JW: That’s brilliant! Sorry.
   素晴らしい!失礼。
GL: Cardiff?
   カーディフ?
SH: It’s obvious, isn’t it?
   明らかじゃないか?
JW: It’s not obvious to me.
   俺には明らかじゃない。
SH: Dear God, what is it like in your funny little brains? It must be so boring. Her coat, it’s slightly damp, she’s been in heavy rain in the last few hours, no rain anywhere in London in that time. Under her coat collar is damp too. She’s turned it up against the wind. She’s got an umbrella in her left hand pocket, but it’s dry and unused. Not just wind, strong wind, too strong to use her umbrella. We know from her suitcase that she was intending to stay overnight, so she must have come a decent distance but she can’t have travelled more than two or three hours, because her coat still hasn’t dried. So, where has there been heavy rain and strong wind within the radius of that travel time? Cardiff.
   なんてことだ、君たちのおかしくてちっぽけな頭脳は一体なんなんだどんな感じなんだ?退屈に違いないな。彼女のコート、僅かに湿っている、数時間前に酷い雨の中にいたんだ、ロンドンではその時間どこにも雨は降らなかった。襟の裏も湿っている。風に逆らって立てた。左のポケットに傘をもっているが、乾いていて使われていない。ただの風じゃない、強風だ、強すぎて傘を使えなかった。彼女のスーツケースから、彼女が一晩滞在するつもりだったことがわかる、つまりそこそこの距離から来たに違いないが、2、3時間以上は旅していない、彼女のコートはまだ乾いていないからね。では、その旅行時間の半径内で酷い雨と強風があったのは何処だ?(携帯を見せて。)カーディフだ。
JW: That’s fantastic!
   素晴らしい!
SH: Do you know you do that out loud?
   君が大きな声で口に出しているって知ってるか?
JW: Sorry, I’ll shut up.
   すまない、黙るよ。
SH: No, it’s…fine.
   いや、…いいんだ。

GL: Why do you keep saying suitcase?
   なんでスーツケースって言い続けてるんだ?
SH: Yes, where is it? She must have a phone or an organiser. Find out who Rachel is.
   そうだ、どこにある?携帯かシステム手帳を持っているはずだ。レイチェルが誰なのか探して。
GL: She was writing Rachel?
   彼女はレイチェルと書いていたのか?
SH: No, she was leaving an angry note in German! Of course she was writing Rachel, no other word it can be. But the question is, why did she wait until she was dying to write it?
   違う、彼女はドイツ語で恨みの書き置きを残そうとしていたんだ!(ってなわけあるか、)勿論、彼女はレイチェルと書いていた、他の言葉であるわけがない。だが疑問点は、何故彼女はこれを書くのを死ぬ時まで待っていたんだ?

・あれ?下線部の意味…?

GL: So how do you know she had a suitcase?
   どうして彼女がスーツケースを持っていたとわかる?
SH: Back of her right leg, tiny splash marks on her heel and calf not present on the left. She was dragging a wheeled suitcase behind her with right hand. Don’t get that splash pattern any other way. Smallish case, going by the spread. Case that size, woman this clothes, conscious, could only be an overnight bag, so we know she was staying one night. Now where is it? What have you done with it?
   右足の後ろ、少し跳ねた跡がある、左にはない。車輪の付いたスーツケースを右手で後ろに引きずっていたんだ。この跳ね方は他のどんな方法でも付かない。跳ねからして小さなケース。このサイズのケース、この服の女性、見栄えを気にしている、一晩だけの鞄だ、つまり僕らは彼女が一晩滞在しようとしていたのがわかる。さあどこだ?君たちはそれをどうしたんだ?
GL: There wasn’t a case.
   ケースはなかった。
SH: Say that again?
   もう一度言って?
GL: There wasn’t a case. There was never any suitcase.
   ケースはなかった。スーツケースなんてなかった。
SH: Suitcase! Did anyone find a suitcase? Was there a suitcase in this house?
   スーツケース!誰かスーツケースを見つけたか?この家の中にスーツケースはあったか?
GL: Sherlock, there was no case!
   シャーロック、ケースはなかった!
SH: But they take the poison themselves, they chew, swallow the pills themselves. There are clear signs, even you lot couldn’t miss them.
   だが彼らは毒を服用した、彼らは噛み、錠剤を飲み込む。お前達でさえ見逃すことが出来ない、明らかな印がある。
GL: Right, yeah, thanks. And…?
   ああ、そうだな、ありがとう。で?
SH: It’s murder, all of them. I don’t know how. But they’re not suicides, they’re killings, serial killings. We’ve got ourselves a serial killer. Love those. There’s always something to look forward to.
   これは殺人だ、全て。方法はわからない。しかし自殺ではない、これは殺害だ、連続殺人。僕らは連続殺人者を手に入れたんだ。そういうのは大好きだ。いつだって何か楽しみなことがある。
GL: Why are you saying that?
   何故そんなことを言う?
SH: Her case! Come on, where is her case? Did she eat it? Someone else was here and they took her case. So the killer must have driven here. Forgot the case was in the car.
   彼女のケース!おい、彼女のケースはどこだ?彼女が食べたのか?誰か他の人がここにいて、彼らが取ったんだ。つまり殺し屋はここに運転してきた。ケースが車の中にあることを忘れて。
JW: She could’ve checked into a hotel, left her case there.
   彼女はホテルにチェックインしてたかもしれない、そこにケースを置いて来たのかも。
SH: No, she never got to the hotel. Look at her hair. She colour-coordinates her lipstick and her shoes. She’d never have left any hotel with her hair still looking… Oh…Oh!
   違う、彼女はホテルになど行っていない。彼女の髪を見ろ。口紅と靴の色を合わせている。彼女は髪をこんな見た目にしたままホテルを去ったりなど決して… ああ、…ああ!
JW: Sherlock?
   シャーロック?
GL: What is it, what?
   何だ、どうした?
SH: Serial killers, always hard. You have to wait for them to make a mistake.
   連続殺人犯、いつだって手強い。彼らがミスを犯すのを待たなければ。
GL: We can’t just wait!
   ただ待つなんてできない!
SH: Oh, we’re done waiting. Look at her, really look! Houston, we have a mistake. Get on to Cardiff. Find out who Jennifer Wilson’s family and friends were. Find Rachel!
   ああ、待つのは終わりだ。彼女を見ろ、本当に見ろ!(really look likeの略で「そのものだ」?)ヒューストン、僕らは間違えている。カーディフへ急げ。ジェニファー・ウィルソンの家族と友達が誰だったのか調べろ。レイチェルを探せ!
GL: Of course, yeah, but what mistake?!
   勿論だ、ああ、でも間違いってなんだ?
SH: Pink!
   ピンク!
ANDERSON: Let’s get on with it.
   さあやっちゃおう。

・get on with:~と仲良くやっていく、~をどんどん進める


SD: He’s gone.
   彼、行っちゃったわ。
JW: Who, Sherlock Holmes?
   誰が?シャーロック・ホームズ?
SD: Yeah, he just took off. He does that.
   ええ、急いで出て行ったわよ。彼いつもそう。
JW: Is he coming back?
   戻ってくるかな?
SD: Didn’t look like it.
   そういうふうには見えなかった。
JW: Right. Right... Yes, sorry, where am I?
   そうか。そうか…そう、あの、僕は何処に居るんだ?
SD: Brixton.
   ブリクストンよ。
JW: Do you know where I could get a cab? It’s just, er…well…my leg.
   僕は何処でタクシーを拾えるか知ってます?その、あの…えっと…僕は足が。
SD: Try the main road.
   幹線道路に当たってみて。
JW: Thanks.
   ありがとう。
SD: But you’re not his friend. He doesn’t have friends. So who are you?
   でもあなた彼の友達じゃないわね。彼に友達はいないもの。じゃあ誰なの?
JW: I’m…I’m nobody. I just met him.
   僕は…僕は何でも無いよ。彼には会ったばかりだ。
SD: OK, bit of advice, then. Stay away from that guy.
   そう、じゃあちょっとアドバイス。あの男とは距離を取りなさい。
JW: Why?
   どうして?
SD: You know why he’s here? He’s not paid or anything. He likes it. He gets off on it. The weirder the crime, the more he gets off. And you know what? One day just showing up won’t be enough. One day we’ll be standing round a body, and Sherlock Holmes will be the one that put it there.
   彼がどうしてここに居るのか知ってる?報酬も何ももらえないの。彼、好きなのよ。快感を覚えてるの。謎めいた犯罪になるほど、彼はより興奮する。それでね?いつか、暴くのだけでは十分でなくなる。いつか私たちは死体の側に立つことになる、そしてシャーロック・ホームズはそこにそれを置いた人物なの。

・get off on:~に快感を覚える、麻薬でハイな気分になる◆【語源】麻薬から来た表現で、麻薬の効果を得るといい気分になって、すべてから解放されて現実から離れた(off)気分になるところから

JW: Why would he do that?
   何故彼はそうする?
SD: Because he’s a psychopath. Psychopaths get bored.
   だって彼は精神病質者だもの。精神病質者って退屈するものよ。
GL: Donovan!
   ドノヴァン!
SD: Coming. Stay away from Sherlock Holmes.
   参ります。シャーロック・ホームズから距離を置きなさい。


JW: Taxi! Taxi!
   タクシー!タクシー!
(PHONE RINGS)
JW: Hello?
   もしもし?
MAN(M): There is a security camera on the building to your left. Do you see it?
   君の左のビルに監視カメラがある。見えるかな?
JW: Who’s this? Who’s speaking?
   誰だ?誰が話している?
MAN(M): Do you see the camera, Dr Watson?
   カメラが見えるかな、ワトソン先生?
JW: Yeah I see it.
   ああ見える。
MAN(M): Watch… There is a another camera on the building opposite you. Do you see it?
   見て… 君の反対側のビルに別のカメラがある。見えるかな?
JW: Mm-hm
   ああ。
MAN(M): And finally, at the top of the building on your right.
   最後に、右側のビルの上だ。
(CAMERA WIRRES)
JW: How are you doing this?
   どうやってやっているんだ?
MAN(M): Get into the car, Dr Watson. I would make some sort of threat, but I’m sure your situation is quite clear to you.
   車に乗って、ワトソン先生。脅しのようなことをしてもいいが、君は自分の状況をとてもはっきりわかっていると、私は思っているよ。

・このI would〜は、グレートゲーム及び醜聞のモリアーティの台詞”I would try to convince you,”と同じような訳し方でいいのかしら。wouldのニュアンスは難しいです…。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

sound

ここの sound は形容詞かなと思います。soundest 1. Healthy. 2. Complete, solid, or secure. 3. mathematics logic (argument) having the soundness property. 4. British slang Good. 5. (of sleep) Quiet and deep.

2013/02/11 (Mon) 13:55 | YOKO #- | URL | 編集 | 返信

Perfectly sound analysis

先ほどのコメントは携帯からで、舌足らずで失礼いたしました。
後半部分は辞書からのコピペです。

形容詞のsoundだと、2の意味の「完全な」かなと思ったのですが、
4の英国式口語でのgoodという意味でもいいのかも。

Perfectly sound analysis
完璧に完全な分析だね。(完璧にいい分析だね)

で、そふぃーさんと同じで、ここは皮肉だと思います。
「医者としての見解で、女性が死んで横たわってるというのは、まったく正確な分析だとは思うけど、もう少し突っ込んだ分析を期待してたんだけどね・・・」


同様に「she was leaving an angry note in German!」も嫌味でしょうね。
シャーロックったら・・・w

Intended to stay・・
は「滞在するつもりだった。」ではないでしょうか?

get off onってドラッグから来たんですね!
は~勉強になります。なるほど~。


I would〜
「やろうと思えばできるけど」って気持ちをあらわしてるのではないかと思います。
たしかに、モリアーティもプールのシーンで言ってましたね。


私のほうは「醜聞」に取り掛かりました~^^
ちらちら、そふぃーさんの訳も拝見しています。
先に見ちゃうと勉強にならないので、訳してからにしてます、楽しいです~~

2013/02/11 (Mon) 16:56 | YOKO #- | URL | 編集 | 返信

YOKOさん

soundは形容詞でしたか…!なるほど、それなら文法的にもしっくりきますね!
形容詞のsoundは受験頻出でしたのに…忘れてしまうものですね。

she was leaving an angry note in German!
これも皮肉でしたか。スクリプトで見ると紛らわしいです笑

intended to stayは3回出てきますね。最初のは「滞在すること」と訳してしまっていました…ありがとうございます!

get off onをはじめ、イディオムなどの意味は英辞郎(又は『プログレッシブ英和中辞典』)のコピペが多いです。便利な時代ですね。

ベルグレーヴィアに取りかかられたのですね!
後ほどお邪魔させて頂きます^^

2013/02/11 (Mon) 18:43 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

お久し振り・・!

Aren’t you going to put one on?
うおおい、ジョンの言う通りだよ!笑
パイロット版ではちゃんと着ていたのにどうした!

God help me.
Godに大した意味はなくって、悪態というか、「(イライラして)ああもう!」「ウソでしょ!信じられない!」「勘弁してくれ」「ちくしょう!」とか色んな感じで「God!」を(単独でも)使うので、これも「もうお手上げで参ってるんだちくしょうマジで助けてくれ」っていう雰囲気だと思うー。

Perfectly sound analysis
YOKOさんおっしゃるとおり、soundは「十分な」とかの方ですね*
「うん、実に完璧な分析だ。けどもうちょっと掘り下げたものだったら嬉しかったな。」(要は「誰だって見りゃわかるだろ」みたいなね。)

ちなみにここ、パイロット版では「いいや違う。女□人と男○人が死んでる。君がちんたらお喋りなんかしてる間に被害者はもっと増えるんだぞ!」みたいなことを言ってます。
パイロット版の彼、わりとマトモ発言多し・・(笑)

Oh, for God’s sake, if you’re just making this up…
確かに五年もコンサルティングしてもらっていた人に「ハア?おま、何言ってんだうそつけー!」なんてまず言わないと思うのだけど・・
物語の導入部として、視聴者目線に立ってくれたんだよねきっと。笑

she’d never sustain the fiction of being single for that amount of time
私の理解なのだけど・・
「そんなに長い時間、独身っていう嘘を持ちこたえられなかったはずだろうから、たくさん居たことになる。」
あんまり意味がピンとこないのだけど、(指輪の内側がピカピカになるほど)たくさんの時間(長さ、ではなくて時間の総量)をある一人の男性と過ごしたら独身という嘘がバレる確率が高くなる、っていう意味なのかな。。とか思ったりしているのだけど、よくわからないよおおー

what is it like in your funny little brains?
ニュアンスなのだけど、what is it likeだと「どんな感じなんだろうな」というのがしっくりくるかな?
たとえば「What's it like in 場所?」で出てくるのが多いと思うのだけど、「場所ってどんな感じ?」っていう訳がニュアンスとしてはすんなり入るっていう気がしたり。


なんか、これだけピンクを徹底していて、傘だけ白いのが私的に謎・・

No, she was leaving an angry note in German!
英国ドラマSHERLOCK、稀に見る「ノリツッコミ」・・笑(というより本当にここだけなんじゃない・・?!)
「いいや。彼女は恨みのメッセージをドイツ語で・・!って馬鹿言うな、レイチェルって書いてたに決まってるだろ」

She’d never have left any hotel with her hair still looking… Oh…Oh!
ここ・・手を合わせるときの「ビューン!」って音!!!ホント大好き・・(笑)
そのあとのすさまじく怪しい指の動きったら。

Look at her, really look!
そのまま「被害者をよく見ろ!」でいいのでは??でも彼の「見る」は「observe」も含んでいるから「ちゃんと見ろ!」だけじゃ伝わらないぞ!!笑

Houston, we have a mistake.
007は観たことなかったのに、これは知ってる、って。。と、思ったりしたけど、シャーロックの台詞にも登場するくらい、お決まりのフレーズになっているってことにしておく。笑

2013/02/17 (Sun) 00:35 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

ツッコミどころ!

ほんとに!
傘が白いんだから、スーツケースだってピンクとは限らなくなるのでは?なんて思いました!

それた、APOLLO13知ってるのに地動説しらないの!?!でもココは、聖典でも地動説しらないのは、ワトスンをからかっただけらしいので、そかも忠実に再現ってことかもしれませんね!

2013/02/17 (Sun) 10:56 | YOKO #- | URL | 編集 | 返信

ひよりちゃん

電源アダプタを交換してもらったので、パソコンがまた以前のように使えるようになりました。
本当に、PCは現代の必需品ですね…。


> パイロット版ではちゃんと着ていたのにどうした!

あの青い服を着ているパイロット版があるからこそ、本編で着ていない彼が「やっぱりシャーロックはそうでなくちゃ!」というふうに見えますね笑

> she’d never sustain the fiction of being single for that amount of time
> 「そんなに長い時間、独身っていう嘘を持ちこたえられなかったはずだろうから、たくさん居たことになる。」
> あんまり意味がピンとこないのだけど、(指輪の内側がピカピカになるほど)たくさんの時間(長さ、ではなくて時間の総量)をある一人の男性と過ごしたら独身という嘘がバレる確率が高くなる、っていう意味なのかな。。

なるほどなるほど。そんなに長い間一人の愛人とだけ付き合っていたのならバレてしまいそうだね。
私は「一度に付き合っている人が大勢いる」という解釈で見ていたのだけど、「相手を次々と変えている」ということだったのかな。納得!

> なんか、これだけピンクを徹底していて、傘だけ白いのが私的に謎・・

本当に、傘が白いのが不思議…。
YOKOさんもコメントくださっていますが、どうしてなのかな?イギリスでは「ピンクの傘」は売られていないのかな?日本のように、500円のカラフルな折り畳み傘がそこら中で売られているイメージはないけれど…(あくまで私の勝手なイメージの話ですが)

> No, she was leaving an angry note in German!
乗り突っ込み…!文字でみるとわかりにくい…!!w

> Houston, we have a mistake.
> 007は観たことなかったのに、これは知ってる、って。。と、思ったりしたけど、シャーロックの台詞にも登場するくらい、お決まりのフレーズになっているってことにしておく。笑

この台詞、特に何も感じずに訳してしまったのだけど、もしかして007からの引用なのかな…?

2013/02/21 (Thu) 14:45 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

YOKOさん

こんにちは!
本当に、傘が白いのが謎ですね。日本で言う所の透明なビニール傘のようなものなのでしょうか?雨が降るとは思わなかったから、その辺で売っている傘を買いました、でも使えませんでした、というような…?それにしても、ピンクの方がわかりやすくて良いですよね笑

Study in Pinkを新しい記事で再録なさっているのですね。
実は、何月頃の記事に載っているのかわからず探していた所だったので、とても助かっています。自分で訳し終わった所から、じっくり読ませて頂きますね。

2013/02/21 (Thu) 14:48 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

Houston, we have a mistake.

こんにちは!
パソコン直ってよかったですね!
STUDY IN PINK 再録完了しました。
最初訳し始めたときには、まさか全訳になるとか思ってなかったもので、つまみ食い的に気になるところだけやってみよう~というのりだったんです。あれよあれよという間にどつぼにはまってました。
ブログの投稿文字制限ぎりぎりまで載せて7回で終われました。

ところで、 Houston, we have a mistake. ですが、これ、元ネタは多分、アポロ13号の事故の話だと思います。トム・ハンクス主演で映画にもなりましたよね~。
あのときの台詞は「 Houston, we have a problem(problems)」ですが、シャーロックはそれをもじって、 Houston, we have a mistake. と言ったのでしょう。

そうするとですよ、アポロ13号の奇跡の生還の話を知ってて(もしかしたらトム・ハンクスの映画も見ていて)地動説を知らないとは考えにくいわけで、ここはやはり正典のホームズと同様、ワトスンをからかっていると見るのがよいのではないかと思います。

こんなところにも、正典ネタをからめる脚本家さん、素晴らしいですね。

2013/02/26 (Tue) 14:01 | YOKO #t5k9YYEY | URL | 編集 | 返信

YOKOさん

>Houston, we have a mistake.
アポロ13号…!全然知りませんでした。

実は、ホームズは地動説を知らないのだと本気で思っていました。実はワトソンをからかっているだけなのですか?

本当に、原作への愛とリスペクト満載なSHERLOCK、素晴らしいですね!

2013/03/06 (Wed) 18:28 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。