--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_04
05
(Fri)23:15

S1ep1-5 A Study in Pink

お久しぶりです。
4月から色々と環境が変わったので、その準備などもあって3月から長らく放置してしまいました…。
以後ものろのろ更新になりそうですが、少しずつ進めて行こうと思います。お付き合い頂ければ幸いです!


221B BAKER STREET
JW: What are you doing?
   何してるんだ?
SH: Nicotine patch. Helps me think. Impossible to sustain a smoking habit in London these days. Bad news for brain work.
   ニコチンパッチ。僕が考えるのを助けてくれる。最近ロンドンでは喫煙癖を維持するのは無理なんだ。頭脳労働には悪い知らせだ。
JW: It’s good news for breathing.
   呼吸には良い知らせだぞ。
SH: Oh, breathing. Breathing’s boring.
   ああ、呼吸か。呼吸は退屈だ。
JW: Is that…three patches?
   それは…パッチを3つ?
SH: It’s a three-patch problem…
   これはパッチ3つ分の問題だ…。

JW: Well? You asked me to come, I’m assuming it’s important.
   えっと?君、俺に来るよう頼んだよな、大事なことだと思ってるんだけど。
SH: Oh, yeah, of course. Can I borrow your phone?
   ああ、そうだ、勿論だ。君の携帯を借りられるか?
JW: My phone?
   俺の携帯?
SH: I don’t want to use mine. Always a chance that my number will be recognised. It’s on the website.
   僕のは使いたくない。僕の番号はわかってしまう可能性が常に。サイトに載ってる。
JW: Mrs Hudson’s got a phone.
   ハドソンさんは電話を持ってるぞ。
SH: Yeah, she’s downstairs. I tried shouting but she didn’t hear me.
   ああ、彼女は下の階だ。叫んでみたけど、僕の声は彼女に聞こえなかった。
JW: I was the other side of London…!
   俺はロンドンの反対側にいたんだぞ…!
SH: There was no hurry.
   急いでいなかった。
JW: Here. So what’s this about, the case?
   ほら。で、なんのことだ、ケース(事件)か?
SH: Her case…
   彼女のケース…
JW: Her case?
   彼女のケース?
SH: Her suitcase, yes obviously. The murderer took her suitcase, first big mistake.
   彼女のスーツケース、ああ明白だ。殺人犯は彼女のスーツケースを取ってしまった、最初の大きなミス。
JW: OK, he took her case. So?
   なるほど、彼がケースを取った。で?
SH: It’s no use, there’s no other way. We’ll have to risk it. On my desk there’s a number. I want you to send a text.
   これは役に立たない、他の方法もない。思い切ってやってみるべきだ。僕の机の上に番号がある。君にメールを送ってもらいたい。
JW:  You brought me here…to send a text?
   君が俺をここに連れて来たのは…メールを送る為?
SH:  Text, yes. The number on my desk. What’s wrong?
   メール、そうだ。番号は僕の机の上に。どうした?
JW: Just met a friend of yours.
   君の友達に会った所だ。
SH: A friend?
   友達?
JW: An enemy.
   敵。
SH: Oh. Which one?
   ああ。どっちだ?
JW: Well, your arch-enemy, according to him. Do people have arch-enemies?
   えっと、君の首位の敵だ、彼によるとね。人ってのは首位の敵がいるもんなのか?
SH: Did he offer you money to spy on me?
   奴は僕をスパイすることに支払いを申し出たか?
JW: Yes.
   ああ。
SH: Did you take it?
   受けたのか?
JW: No.
   いいや。
SH: Pity. We could’ve split the fee. Think it through next time.
   惜しかったな。謝礼を分けあえたのに。次回まで考えておけ。

・through:まで(ずっと)

JW: Who is he?
   彼は誰だ?
SH: The most dangerous man you’ve ever met and not my problem right now. On my desk, the number.
   君が出会ってきた最も危険な男で、今は僕の問題じゃない。僕の机の上。番号。
JW: Jennifer Wilson. That was… Hang on. Wasn’t that the dead woman?
   ジェニファー・ウィルソン。これは…ちょい待て。死んだ女性じゃなかったか?
SH: Yes, that’s not important. Just enter the number. Are you doing it?
   ああ、それは重要じゃない。いいから番号を入力して。やってるか?

・enter:入力する、記入する

JW: Yes.
   ああ。
SH: Have you done it?
   済んだか?
JW: Yeah, hang on!
   おい待てよ!
SH: These words exactly. “What happened at Lauriston Gardens? I must have blacked out. 22 Northumberland Street, please come.”
   ちゃんとこの言葉で。「ローリストンガーデンで何があったの?気を失っていたようなのです。お願いだからノーザンバランド通り22に来てください。」
JW: You blacked out?
   君が気を失った?
SH: What? No…no! Type and send it. Quickly. Have you sent it?
   は?いや、…違う!打って送って。はやく。送ったか?
JW: What’s the address?
   住所は?
SH: 22 Northumberland Street. Hurry up.
   ノーザンバランド通り22だ。急げ。
JW: (SPOTS THE SUITCASE) That’s…That’s the pink lady’s case, that’s Jennifer Wilson’s case.
   それ…それは、ピンクの女性のケース、それはジェニファー・ウィルソンのケースだ。

・pink ladyをピンク女と訳そうとしたのですが、ladyはもっと丁寧なニュアンスなのかなと思い直して、無難にピンクの女性としてみました。

SH: Yes, obviously. Oh, perhaps I should mention I didn’t kill her.
   そうだ、明らかに。ああ、多分僕は彼女を殺してないと言及すべきだな。
JW: I never said you did.
   君がやったなんて言ってないぞ。
SH: Why not? Given the text I just had you send and the fact that I have her case, it’s a perfectly logical assumption.
   何故だ?君にさっき送らせたメールと僕が彼女のケースを所持しているという事実が与えられていて、これは完璧に論理的な仮定だ。
JW: Do people usually assume you’re the murderer?
   君が殺人者だって、みんなよく決めつけるのか?
SH: Now and then, yes.
   時々な、そうなんだ。
JW: OK… How did you get this?
   なるほどね…どうやって手に入れた?
SH: By looking.
   探した。
JW: Where?
   何処を?
SH: The killer must’ve driven her to Lauriston Gardens. He could only keep her case by accident if it was in a car. Nobody could be seen with this case without drawing attention to themselves, particularly a man which is statistically more likely. So obviously he’d feel compelled to get rid of it the moment he noticed he still has it. Wouldn’t have taken him more than five minutes to realise his mistake. I checked every backstreet wide enough for a car five minutes from Laruiston Gardens, and anywhere you can dispose of a bulky object without being observed. Took me less than an hour to find the right skip.
   犯人は彼女をロリストン・ガーデンに車で連れて行ったに違いない。もしあれが車の中にあったなら、彼はただ偶然で持ったままにしてしまっただけなのだろう。この事件ではこんなケースを持っていたら誰も彼ら自身に注目することなしに見られたりしなかっただろう、特に統計的にもっとありそうな男はな。特に男は、統計的にもっとありそうだ。


つまりまだそれを持ったままだと気づいた瞬間、彼は明らかにそれを放り出さなければと感じただろうな。彼のミスに気づくのに5分以上はかからなかっただろう。僕はロリストン・ガーデンから5分で、車(が通るの)に十分な幅の裏道の全てを、そして視られることなしにかさばる物を処分できる場所を確認した。正解の廃棄物入れコンテナを見つけるのに1時間はかからなかった。

・ draw attention to:~に注目する
・ dispose of:処分する


JW: Pink. You got all that because you realised the case would be pink?
   ピンクか。君はケースがピンクであると気づいていたから、全部わかってたんだな?
SH: Well it had to be pink, obviously.
   ああピンクでなきゃならなかった、明らかに。
JW: Why didn’t I think of that.
   なんで俺はそう思わなかったんだろうな。
SH: Because you’re an idiot. No, no, don’t look like that. Practically everyone is. Now look. Do you see what’s missing?
   君が馬鹿だからだ。ああ、そんな風に見るな。実質的に全員そうだ。さあ見ろ。何が無いのかわかるか?
JW: From the case? How could I?
   ケースから?どうしてわかるってんだ?
SH: Her phone. Where’s her mobile phone? There was no phone on the body, there’s no phone in the case. We know she had one. That’s her number there, you just texted it.
   彼女の携帯。彼女の携帯は何処だ?死体に携帯はなかった、ケースの中に携帯は無かった。彼女が持っていたのはわかってる。あれは彼女の番号だ、君が今メールしたやつ。
JW: Maybe she left it at home.
   彼女は家に置いて来たのかも。
SH: She has a string of lovers and she’s careful about it. She never leaves her phone at home.
   彼女には一連の愛人達がいてそれに関して慎重だ。彼女は決して携帯を家に忘れたりしない。
JW: Er, well… Why did I just send that text?
   ああ、そうか…なんで俺はメールを送った?
SH: Well the question is, where is her phone now?
   さあ質問は、彼女の携帯が今どこにあるか?
JW: She could’ve lost it.
   なくしたのかも。
SH: Yes, or?
   そうだな、でなければ?
JW: The murderer… You think the murderer has the phone?
   殺人犯… 君は殺人犯がその携帯を持っていると思ってるのか?
SH: Maybe she left it when she left her case. Maybe he took it from her for some reason. Either way, the balance of probability is the murderer has her phone.
   彼女がケースを残したときにそれを残したのかもしれない。何かの理由で彼が彼女から取ったのかもしれない。どちらにせよ、ありそうなのは殺人犯が彼女の携帯を持っていることだ。

・balance of probability:twitterで教えてもらったのですが、欧米の民法上の原則の一つだそうです。

JW: Sorry…what are we doing? Did I just text a murderer? What good will that do?
   あのさ…俺らは何をやってるんだ?俺は殺人犯にメールしたとこなのか?それはどんないいことをしてくれるんだ?
(PHONE RINGS) (withheld) calling
SH: A few hours after his last victim, and now he receives a text that can only be from her. If somebody had just found that phone, they’d ignore a text like that, but the murderer…would panic.
   彼の最新の犠牲者から数時間、そして今彼は彼女からのものでしかあり得ないメールを受け取る。誰かが携帯を見つけただけなら、こういうメールを無視するだろうが、犯人なら…パニックだ。
JW: Have you talked to the police?
   警察には話したのか?
SH: Four people are dead, there isn’t time to talk to the police.
   4人死んでるんだ、警察に話す時間はない。
JW: So why are you talking to me?
   じゃあなんで俺に話してるんだ?
SH: Mrs Hudson took my skull.
   ハドソンさんが僕の骸骨を取った。
JW: So I’m basically filling in for your skull?
   じゃあ要するに俺は君の骸骨の代理をしてるのか?

・basically:要するに
・fill in for:(人)の代わりをする、(人)の留守を預かる


SH: Relax, you’re doing fine. Well?
   落ち着いて、君はよくやってるよ。で?
JW: Well, what?
   で?って何?
SH: Well, you could just sit there and watch telly.
   で、君はそこにただ座ってテレビを見る。
JW: You want me to come with you?
   君は俺に、君と来て欲しいのか?
SH: I like company when I go out and I think better when I talk aloud. The skull just attracts attention, so… Problem?
   外出するときは同伴がいるといい、外で話す時はその方がいいと思う。骸骨はまあ注意を引く、だからその…。問題でも?

・“Yes, I want you to come with me.”って言えばいいのにw

JW: Yeah, Sergeant Donovan.
   ああそうだ、ドノヴァン巡査部長。
SH: What about her?
   彼女がどうした?
JW: She said you get off on this, you enjoy it.
   彼女が、君がこれにハイになってるって、楽しんでるって言ってた。

・get off on:~の効果を感じる、ワクワクする、快感を覚える

SH: And I said “dangerous”, and here you are.
   それで僕は「危険だ」と言ったら、君はここにいる。
JW: Damn it!
   全く!


JW: Where are we going?
   どこに向かってるんだ?
SH: Northumberland Street’s a five minute walk from here.
   ノーザンバランド通りがここから歩いて5分だ。
JW: You think he’s stupid enough to go there?
   君は、彼がそこに来るくらい馬鹿だと思ってるのか?
SH: No, I think he’s brilliant enough. I love the brilliant ones. They’re all so desperate to get caught.
   いや、僕は彼がそうするくらい賢いと考えている。賢い奴は大好きだ。奴らは皆本当に捕まえられたがってる。
JW: Why?
   何故?
SH: Appreciation! Applause! At long last the spotlight. That’s the frailty of genius, John, it needs an audience.
   評価!賛美!やっとのことでスポットライト。それが天才の欠点だ、ジョン、天才は観客を必要とする。

・At long last:やっとのことで

JW: Yeah.
   そうだな。
SH: This is his hunting ground. Right here in the heart of the city. Now that we know his victims were abducted, that changes everything. Because all of his victims disappeared from busy streets, crowded places, but nobody saw them go. Think, come on, think! Who do we trust, even though we don’t know them? Who passes unnoticed wherever they go? Who hunts in the middle of a crowd?
   ここは彼の猟場。街の中心部のまさにここ。さあ彼の犠牲者は誘拐されたと僕らは知っている、それは全てを変えるんだ。何故なら彼の全ての犠牲者は交通量の多い道、混み合った場所から消えているんだ、しかし誰も彼らが行くのを見ていない。考えろ、さあ、考えろ!僕らは誰を信じるというんだ、彼らを知らないにも関わらず?どこへ行こうと見逃されるのは誰だ?人ごみの中心で狩りをするのは誰だ?
JW: Don’t know. Who?
   わからない。誰だ?
SH: Haven’t the faintest. Hungry?
   さっぱりだ。空腹か?

・I haven't the faintest idea.:全く分からない。
・「お腹空いてる?」だとシャーロックにしてはフレンドリー過ぎる気がしますし、「腹減ってるか?」だとシャーロックのあの気品が伺えないような気がする。「空腹か?」もかなりイマイチですが。

ANGELO’S RESTAURANT
SH: Thank you, Billy. 22 Northumberland Street. Keep your eyes on it.
   ありがとうビリー。ノーザンバランド通り22だ。目を離すなよ。

・“Thank you, Billy.”については前にも出ましたね!

JW: He’s not just going to ring the doorbell, is he? He’d need to be mad.
   彼はドアベルを鳴らさないんじゃないか、なあ?(そんなことをするには)狂ってる必要があるぞ。
SH: He has killed four people.
   彼は4人殺しているんだぞ。
JW: OK.
   そうだな。
ANGELO: Sherlock! Anything on the menu, whatever you want, free. On the house, for you and for your date.
   シャーロック!メニューにあるのなんでも、望む物はなんでも、タダだよ。店のおごりだ、お前も、お前のデート相手も。

・on the house:店のおごりで

SH: Do you want to eat?
   食べたいか?
JW: I’m not his date.
   俺は交際相手じゃない。
ANGELO: This man got me off a murder charge.
   この男は俺を殺人の責から免れさせてくれた。
SH:  He’s Angelo. Three years ago, I successfully proved to Lestrade, at the time of a particularly vicious triple murder, that Angelo was in a completely different part of town, house-breaking.
   彼はアンジェロ。3年前、僕が上手くレストラードに証明したんだ、とりわけ卑劣な3人連続殺人の時、アンジェロは街の完全に違う部分にいた、家宅侵入中だったんだ。
ANGELO: He cleared my name.
   俺の潔白を証明してくれた。

・clear someone’s name:汚名をそそぐ

SH: I cleared it a bit. Anything happening opposite?
   僕は少しそそいだ。反対側で何か起きてるのか?
ANGELO: Nothing. But for this man, I’d have gone to prison.
   何も。でもこの男のおかげで、俺は入獄しなかった。この男がいなかったら、俺は入獄していた。

俺は入獄したことがある(?)ここは否定形でないと意味が通らないのでは。’dはなんだろう。
・but for:〜がなかったら

SH: You did go to prison.
   入獄しただろ。
ANGELO: I’ll get a candle for the table. It’s more romantic.
   テーブルにロウソクを持ってくるよ。その方がロマンチックだ。
JW: I’m not his date!
   俺はデート相手じゃない!
SH: You may as well eat. We might have a long wait.
   君は食べた方がいい、僕らは長く待つだろう。
(ANGELO BRINGS A CANDLE)
JW: Thanks.
   ありがとよ。

JW: People don’t have arch-enemies.
   普通の人は首位の敵を持たない。
SH: Sorry?
   なんて?
JW: In real life. There are no arch-enemies in real life. Doesn’t happen.
   実生活で。現実的に首位の敵なんていない。そんなの起こらない。
SH: Doesn’t it? Sounds a bit dull.
   ないのか?それは退屈だな。
JW: So who did I meet?
   で、俺は誰と会ったんだ?
SH: What do real people have, then, in their “real lives”?
   実際の人には何がいるんだ、それなら、その「実生活」で?
JW: Friends? People they know, people they like, people they don’t like… Girlfriends, boyfriends.
   友達かな?知っている人、好きな人、好きでない人…ガールフレンド、ボーイフレンド。
SH: Yes, well, as I was saying, dull.
   へえ、そうか、僕が言った通り、退屈だ。
JW: You don’t have a girlfriend, then?
   じゃあ君はガールフレンドがいない?
SH: Girlfriend? No, not really my area.
   ガールフレンド?いや、全く僕の領域でない。
JW: Mm. Oh, right. Do you have a boyfriend? Which is fine, by the way.
   ふん。へえ、そう。ボーイフレンドはいるの?どっちでもいいよ、別にね。
SH: I know it's fine.
   いいなんて判ってる。
JW: So you’ve got a boyfriend, then.
   じゃ、君にはボーイフレンドがいるんだな。

・ガールフレンドのくだりは現在形だったのに、現在完了になってる!

SH: No.
   いいや。
JW: Right. OK. You’re unattached, like me. Fine. Good.
   わかった。そう。恋人がいないのか、俺みたいに。いいね。うん。
SH: John, um…I think you should know that I consider myself married to my work and while I’m flattered by your interest, I’m really not looking for any…
   ジョン、あの…僕は自分の仕事と結婚していると考えていると君は知るべきだと思うんだ、君の興味を引くことができて嬉しく思うが、僕は本当にそういうのを探していなくて…

・ここ、確か「君と住むことができて嬉しいと思う」というような吹き替えになってましたよね!?

JW: No, no, I’m not asking…no. I’m just saying, it’s all fine.
   違う、おい、頼んでるんじゃない…違う。全然大丈夫だって言ってるだけだ。
SH: Good. Thank you. Look across the street. Taxi. It’s stopped. Nobody getting in, and nobody getting out. Why a taxi? Oh, that’s clever. Is it clever? Why is it clever?
   そうか。ありがとう。通りの向こうを見ろ。タクシー。停まった。誰も乗らない、そして誰も降りない。何故タクシー?ああ、賢いな。賢いのか?何故賢いんだ?
JW: That’s him.
   彼だ。
SH: Don’t stare.
   じっと見るな。
JW: You’re staring.
   君は見てる。
SH: We can’t both stare.
   二人とも凝視はできない。


JW: Sorry… I’ve got the cab number.
   すみません… タクシーの番号を控えた。
SH: Good for you. Right turn, one way, roadworks, traffic lights, bus lane, pedestrian crossing, left turn only, traffic lights.
   いいぞ。右折、一方通行、道路工事、信号、バスレーン、横断歩道、左折のみ、信号。
MAN: Oi!
   おい!
JW: Sorry.
   すみません。
SH: Come on, John. Come on, John. We’re losing him!
   さあジョン。来て、ジョン。彼を見失うぞ!
JW: This way.
   こっちだ。
SH: No, this way!
   違う、こっちだ!
JW: Sorry…
   ごめん…

(BUMPS INTO THE CAB)
SH: Police! Open her up. (PANTING) No… Teeth, tan. What, Californian? LA, Santa Monica. Just arrived.
   警察だ!開けろ。ああ…歯、日焼け。何だ、カリフォルニア?ロサンジェルス、サンタモニカか。到着したばかり。
JW: How could you possibly know that?
   なんでそれが判るっていうんだ?
SH: The luggage. Probably your first trip to London, right? Going by your final destination and the route the cabbie was taking you.
   荷物だ。多分ロンドンは初めての旅行ですね?最終的な目的地を過ぎてタクシー運転手のルートがあなたを拾った。
MAN: Sorry, are you guys the police?
   すみません、あなたたち警察なんですか?
SH: Yeah. Everything all right?
   ええ。何ごとも大丈夫ですか?
MAN: Yeah…
   はあ…
SH: Welcome to London.
   ロンドンへようこそ。
JW: Er…any problems, just let us know. Basically just a cab that happened to slow down.
   あの…何かありましたら、知らせてください。要するにたまたま減速したタクシーだったのか。
SH: Basically.
   要するにね。
JW: Not the murderer.
   殺人犯じゃなかった。
SH: Not the murderer, no.
   殺人犯じゃなかった、違った。
JW: Wrong country, good alibi.
   国が違う、良いアリバイだ。
SH: As they go.
   
JW: Hey, where did you get this? Detective Inspector Lestrade?
   おい、これ何処で手に入れた?レストラード警部?
SH: Yeah. I pickpocket him when he’s annoying. You can keep that one, I’ve got plenty at the flat. What?
   ああ。あいつが鬱陶しいときにすったんだ。一つとっておけよ、僕はフラットに沢山持ってる。何だ?
JW: Nothing, just…“Welcome to London.”
   何も、ただ…「ロンドンへようこそ」笑
(SNIGGERS)
SH: Got your breath back?
   息は戻ったか?
JW: Ready when you are.
   君がいいならもういいよ。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

お久しぶりです

こんにちは。
いろいろお忙しいようですね!
春はいろんなことがありますものね~。

Nobody could be seen with this case without drawing attention to themselves, particularly a man which is statistically more likely.

ここの  this case はピンクのスーツケースのことだと思います。
ピンクのスーツケースなんて、目立って大変。男が持ってるなら特に。
という意味かと。


But for this man,I’d have gone to prison
この男がいなかったら、監獄行きになるところだった。

’d  は would で 仮定法だと思います。
but for = without という意味のようです。
前が否定の意味を持つから、後ろは肯定形でいいってことなんでしょう。


As they go.
ここ私も分からなくて・・・。どういう意味なんでしょうね。
知りたいです。

2013/04/09 (Tue) 13:31 | YOKO #t5k9YYEY | URL | 編集 | 返信

YOKOさん

YOKOさんお久しぶりです!
今回もコメントありがとうございます。

なるほど、caseはスーツケースのことなのですね!やっと意味が掴めました。ありがとうございます>_<

But forの仮定法、そういえば文法書でやりました。すっかり忘れていた…駄目ですね、もっと勉強します。

ありがとうございました^^

2013/04/11 (Thu) 07:06 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。