--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_09
16
(Mon)23:21

S1ep1-7 A Study in Pink

ご無沙汰してしまいました。
実は学校を卒業し、4月から就職していました。色々バタバタしているうちに約半年も更新が滞ってしまいました…。以前のようには更新できなさそうですが、少しずつ勉強していきたいです。これからもお付き合いいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。


CABBIE: Taxi for Sherlock Holmes.
   シャーロック・ホームズの為のタクシーです。
SH: I didn’t order a taxi.
   僕はタクシーを頼んでいない。
CABBIE: Doesn’t mean you don’t need one.
   必要としていないという訳ではないでしょう。
SH: You’re the cabbie. The one who stopped outside Northumberland Street. It was you. Not your passenger.
   君はタクシー運転手だ。ノーザンバランド通りで停まっていた奴だ。君だったのか。君の客ではなく。
CABBIE: See? No one ever thinks about the cabbie. It’s like you’re invisible. Just the back of an ‘ead. Proper advantage for a serial killer.
   わかりました?誰も運転手については考えたりしない。見えてないみたいに。頭の後ろだけ。連続殺人犯には適切な好都合です。
SH: Is this a confession?
   それは自白か?
CABBIE: Oh, yeah. I’ll tell you what else… If you call the coppers now, I won’t run. I’ll sit quiet, and they can take me down, I promise.
   ああ、ええ。他にもお伝えしますよ…今巡査を呼んでも、私は逃げません。私は大人しく座って、私に一杯食わせることが出来る、約束します。

・copperは銅という意味。制服の銅ボタンから「巡査」という意味もある。
・take down:一杯食わせる(?)


SH: Why?
   何故だ?
CABBIE: Cos you’re not going to do that.
   あなたはそうしないから。
SH: Am I not?
   僕がしない?
CABBIE: I didn’t kill those four people, Mr Holmes. I spoke to ‘em…and they killed themselves. If you get the coppers now, I’ll promise you one thing. I will never tell you what I said.
   私はあの4人を殺していません、ホームズさん。私が彼らに話をしたら…みんな自分を殺したんです。今巡査を呼んだら、貴方に一つ約束するでしょう。私が何と言ったのかは決して教えない。
SH: No-one else will die, though, and I believe they call that a result.
   だが、他の誰も死なない、それに彼ら(警察?被害者?)はそれを結果と呼ぶ。
CABBIE: And you won’t ever understand how those people died. What kind of result do you care about?
   そして貴方はあの人達がどう死んだのか決してわからない。どんな結果を気にするんです?
SH: If I wanted to understand…what would I do?
   もし知りたいなら…僕は何をすれば?
CABBIE: Let me take you for a ride.
   貴方を車で連れ出させてください。

・take a person for a ride:
  1.(人を)(車で連れ出して)殺害する、誘拐して殺す
  2.(人を)欺く、騙す


吹き替えは「一緒に来てください」でしたっけ、「ドライブしましょう」でしたっけ。
こんな意味のあるイディオムだったとは…。これをタクシーの運転手が言うっていうのが良いですね!!すぐ後に“I don’t want to kill you.”なんて言うのに!!

SH: So you can kill me too?
   じゃあ君は僕も殺せるのか?
CABBIE: I don’t want to kill you, Mr Holmes. I’m going to talk to you, and then you’re going to kill yourself.
   貴方を殺したくない、ホームズさん。私は貴方と話す、すると貴方は自殺するんです。


221B BAKER STREET
JW: He just got into the cab… It’s Sherlock. He just drove off in a cab.
   彼はタクシーに乗ったとこだ…シャーロックだ。タクシーで走り去っちゃった。
SGT DONOVAN: I told you, he does that. He bloody left again. We’re wasting our time!
   言ったでしょ、彼はそうするの。まったくまた放り出したのよ。私たち時間を無駄にしてる!
JW: I’m calling the phone, it’s ringing out.
   電話をかけてる、鳴ってる。
(PHONE RINGS)
DI LESTRADE: And if it’s ringing, it’s not here.
   鳴ってるんなら、ここには無いわね。
JW: I’ll try the search again.
   もう一度探してみる。
SGT DONOVAN: Does it matter? Does any of it? He’s just a lunatic and he’ll always let you down. And you’re wasting your time. All our time.
   問題?その何かが?彼はただの奇人で、いつだって期待を裏切るの。あんた時間を無駄にしてるわよ。私たちみんなの時間。
DI LESTRADE: OK, everybody…done here.
   よし、みんな…ここは終わりだ。


CAB
SH: How did you find me?
   どうやって僕を見つけた?
CABBIE: Oh, I recognised you. Soon as I saw chasing my cab. Sherlock Holmes! I was warned about you. I’ve been on your website too. Brilliant stuff! Loved it.
   ああ、貴方だとわかったんです。私のタクシーを追うのを見てすぐに。シャーロック・ホームズ!貴方について警告されました。貴方のサイトにもいたんですよ。素晴らしいものだ!大好きでした。
SH: Who warned you about me?
   誰が僕に付いて警告した?
CABBIE: Just someone out there who’s noticed.
   気をつけているそこの誰かです。

・who has noticedで訳したけれど、who is noticedかも…?

SH: Who? Who would notice me?
   誰だ?誰が僕に注目する?
CABBIE: You’re too modest, Mr Holmes.
   あなたは大変控えめですね、ホームズさん。
SH: I’m really not.
   僕は全然そんなことはない。
CABBIE: Got yourself a fan.
   あなたはファンを得ている。
SH: Tell me more.
   もっと話して。
CABBIE: That’s all you’re going to know. In this lifetime.
   あなたが知ることになる全てだ。この人生で。


221B BAKER STREET
DI LESTRADE: Why did he do that? Why did he have to leave?
   なんであいつはああしたんだ?なんで行かなきゃならなかった?
JW: You know better than I do.
   僕よりよく知ってるでしょう。
DI LESTRADE: I’ve known him for five years and, no, I don’t.
   俺は彼を5年間知ってる、いや、知らないんだ。
JW: So, why do you put up with him?
   じゃ、何故彼に耐える?

・put up with:〜に耐える

DI LESTRADE: Because I’m desperate, that’s why. And because Sherlock Holmes is a great man, and I think one day, if we’re very, very lucky, he might even be a good one.
   必死だからだ、それが理由。それにシャーロック・ホームズは偉大な人間だ、そしていつか、もし俺らがとっても、とっても幸運なら、彼は良い人間にさえなるかもしれない。

・veryって二回言ったw

ROLAND-KERR FURTHER EDUCATION COLLAGE
SH: Where are we?
   僕らは何処にいるんだ?
CABBIE: You know every street in London. You know exactly where we are.
   あなたはロンドンの全ての道を知っている。貴方は私たちがいる場所を正確に知っている。
SH: Roland-Kerr Further Education Collage. Why here?
   ローランド・ケール継続教育大学。何故ここなんだ?

・further education:義務教育終了後の成人向けの教育。大学での教育を除く。

CABBIE: It’s open. Cleaners are in. One thing about being a cabbie, you always know a nice quiet spot for a murder. I’m surprised more of us don’t branch out.
   開いている。清掃業者が中に。タクシー運転手であることについて一つ、殺人に向いている静かな場所をいつでも知ってる。
SH: And you just walk your victims in? How?
   それでお前はお前の犠牲者を中に歩かせたのか?どうやって?
(CABBIE DRAWS A GUN)
SH: Oh…Dull.
   ああ…愚鈍だ。
CABBIE: Don’t worry. It gets better.
   心配しないで。もっと良くなる。
SH: You can’t make people take their own lives at gun point.
   銃を突き付けるんじゃ人々に自身の命を取らせることはできない。
CABBIE: I don’t. It’s much better than that. Don’t need this with you. Cos you’ll follow me.
   私はそうしない。それよりもっとかなり良い、貴方相手にはこれは必要ない。貴方は私についてくるから。


CABBIE: Well, what do you think? It’s up to you. You’re the one who’s going to die here.
   さて、どう思いますか?貴方次第だ。貴方はここで死ぬ奴だ。
SH: No, I’m not.
   いいや、僕は違う。
CABBIE: That’s what they all say. Shall we talk?
   それは皆が言うことだ。話しましょうか?
SH: Bit risky, wasn’t it? Took me away under the eye of about half a dozen of policemen. They’re not that stupid. And Mrs Hudson will remember you.
   少々危なっかしかった、そうじゃなかったか?約半ダースの警官の目の元で僕を連れ去った。奴らはそんな馬鹿ではない。それにハドソンさんはお前を思い出すかも。
CABBIE: You call that a risk? Nah… This is a risk. (PUTS A PILL ON TABLE)
Oh, I like this bit. Cos you don’ get it yet, do ya? But you’re about to. I just have to do this…
(PUTS ANOTHER PILL ON TABLE) Weren’t expecting that, were ya? Oh, you’re gonna love this.
   貴方はあれを危なっかしかったと言うのですか?いいや…これが、危なっかしいんです。ああ、私はこれが些か好きだ。だって貴方はまだわかってないから、そうだろう?でもわかるところだ。私がこうすると…これは想定しなかっただろう?ああ、貴方はこれを気に入るよ。
SH: Love what?
   何を気に入ると?
CABBIE: Sherlock Holmes…look at you! Here in the flesh. That website of yours, your fan told me about it.
   シャーロック・ホームズ…自分を見て!ここでこの世に生きている。あなたのウェブサイト、貴方のファンが私に教えてくれた。

・in the flesh:生きている、この世にいる

SH: My fan?
   僕のファン?
CABBIE: You are brilliant. You are a proper genius. The Science Of Deduction. Now, that…is proper thinking. Between you and me sitting here, why can’t people think? Don’t it make you mad? Why can’t people just think?
   貴方は輝かしい。貴方は全くの天才だ。推理の科学。さあ…適切な思考だ。ここに座っている貴方と私の間、何故人々は考えられない?それは貴方を狂わせませんか?どうして皆ただ考えられないんだ?
SH: Oh, I see… So you’re a proper genius too.
   ああ、わかった…つまり君も全くの天才。
CABBIE: Don’t look it, do I? Funny little man driving a cab. But you’ll know better in a minute. Chances are it’ll be the last thing you ever know.
   そうは見えないだろう?タクシーを運転しているおかしな小男。でもすぐにもっとよくわかります。
SH: OK. Two bottles. Explain.
   わかった。二つのビン。説明しろ。
CABBIE: There’s a good bottle and a bad bottle. You take the pill from the good bottle, you live. You take the pill from the bad bottle… you die.
   良いビンと悪いビンがある。良いビンから錠剤を飲むと、生きる。悪いビンから錠剤を飲むと…死ぬ。
SH: Both bottles are of course identical.
   どちらのビンも勿論同じ物。
CABBIE: In every way.
   全てにおいて。
SH: And you know which is which?
   それでお前はどちらがどちらなのか知っている。
CABBIE: Of course I know.
   勿論知っています。
SH: But I don’t.
   だが僕は知らない。
CABBIE: Wouldn’t be a game if you knew, you’re the one who chooses.
   もし貴方が知っていたらゲームではない、貴方が選ぶ方の人だ。
SH: Why should I? I’ve got nothing to go on. What’s in it for me?
   何故僕がやらなきゃならない?続けなければならないことは僕には何も無い。僕にとってそれに何がある?
CABBIE: I haven’t told you the best bit yet. Whatever bottle you choose, I take the pill from the other one. And then together…we take our medicine. I won’t cheat. It’s your choice. I’ll take whatever pill you don’t. Didn’t expect that, did you, Mr Holmes?
   一番のことをまだ言ってなかったね。貴方が何のビンを選ぼうと、私はもう一つのから錠剤を飲む。そしてその時一緒に…私たちは薬を飲む。ズルはしない。貴方の選択です。私は貴方が選ばなかった錠剤なら何でも飲みますよ。予想しなかったでしょう、ホームズさん?
SH: This is what you did to the rest of them, you gave them a choice?
   これが残りの彼らにやったことか、彼らに選択権を与えた?
CABBIE: And now I’m giving you one. You take your time. Get yourself together. I want your best game.
   そして今は貴方に与えるんだ。ゆっくりどうぞ。落ち着いて。私は貴方の最高のゲームを望んでいる。
SH: It’s not a game, it’s chance.
   これはゲームではない、運だ。
CABBIE: I’ve played four times. I’m alive. It’s not chance, Mr Holmes, it’s chess. It’s a game of chess, with one move…and one survivor. And this…this…is the move. (PUSHES ONE TOWARD SHERLOCK) Did I just give you the good bottle or the bad bottle? You can choose either one.
   私は4回やった。私は生きている。これは運ではない、ホームズさん、これはチェスだ。これはチェスのゲーム、一つの動きで…一人の生存者。そしてこれが…これが…その動き。私は貴方に良いビンをやったのか悪いビンをやったのか?どちらでも選べますよ。


CAB
(ON PHONE)
JW: No, Detective Inspector Lestrade. I need to speak to him. It’s important. It’s an emergency. Er, left here, please. Left here…
   違う、レストラード警部です。彼に話す必要があるんです。重大なことなんです。緊急です。あ、ここを左に、お願いします。ここを左…


ROLAND-KERR FURTHER EDUCATION COLLAGE
CABBIE: You ready yet, Mr Holmes? Ready to play?
   もう準備ができましたか、ホームズさん?プレイする準備ができました?
SH: Play what? It’s a 50:50 chance.
   何をプレイするって?半々の運だ。
CABBIE: You’re not playing the numbers, you’re playing me. Did I just give you the good pill or the bad pill? Is it a bluff, or a double bluff? Or a triple bluff?
   貴方は数字とプレイしているんじゃない、私とプレイしているんだ。私は貴方に良い薬を渡したか悪い薬を渡したか?はったりか、二重のはったりか?それとも三重のはったり?
SH: It’s still just chance.
   それでもただの運だ。
CABBIE: Four people, in a row? It’s not chance.
   連続で、4人?運じゃない。
SH: Luck.
   運。

・chanceからluckに単語を変えたのには何か意味があるのかな。強調する為に言葉を変えただけ?それともニュアンスが違うのかしら。

CABBIE: It’s genius! I know how people think. I know how people think I think. I can see it all like a map inside my head. Everyone’s so stupid, even you. Or maybe God just loves me.
   才能ですよ!人がどう考えるのかがわかるんだ。私が考えることを人がどう考えるかわかるんだ。私の頭の中の地図のように全部見える。みんなとても馬鹿だ、貴方でさえ。それか神が私を愛してるのかも。
SH: Either way, you’re wasted as a cabbie.
   どちらにせよ、運転手としては役立たずだ。

・wasteを辞書で引いたのですが、ぴったりくる訳が見当たらず…。日本語版では確か「終わってる」でしたよね。

SH: So…you risked your life four times just to kill strangers, why?
   では…他人を殺す為などに4回命の危険を犯したのか、何故だ?
CABBIE: Time to play.
   プレイする時間だ。
SH: Oh, I am playing. This is my turn. There’s shaving foam behind your left ear. Nobody’s pointed it out to you. Traces of where it’s happened before, so obviously you live on your own, there’s no-one to tell you. But there’s a photograph of children. The children’s mother’s been cut out of the picture, so if she’d died, she’d still be there. Photograph’s old, but the frame’s new. You think of your children, but you don’t get to see them. Estranged father. She took the kids, but you still love them, and it still hurts. Ah, but there’s more. Your clothes. Recently laundered, but everything you’re wearing is at least…three years old? Keeping up appearances, but not planning ahead. And here you are on a kamikaze murder spree. What’s that about? Ah…three years ago. Is that when they told you?
   やあ、僕はプレイしているさ。僕の番だ。君の左耳の後ろにシェービング・フォームがある。君に指摘してくれる人が誰もいないんだ。以前それが起きていた場所の痕跡、つまり明らかに君は一人で暮らしている、君に教えてくれる人は誰もいない。しかし子ども達の写真がある。子ども達の母親は写真から切り取られている、もし彼女が死んでいたのなら、まだそこにいたはずだ。写真は古い、だが額は新しい。子どものことを思いやっているが、会う機会がないんだ。疎遠になった父親。彼女が子どもを引き取ったが、君はまだ彼らを愛している、そしてまだ痛むんだ。やあ、しかしもっとある。君の服。最近表れた、だが君が着ている全てのものは少なくとも…3年は経っている?外見を手入れして入るが、前途の計画がない。そして君はカミカゼ殺人劇に出演中。何についてだ?ああ…3年前。それが彼らが君に伝えた時だな?
CABBIE: Told me what?
   何を伝えた?
SH: That you’re a dead man walking.
   君が死刑囚だと。

・a dead man walking:死刑囚

CABBIE: So are you.
   あなただって。
SH: You don’t have long, though. Am I right?
   だが、君には長い時間はない。僕は正しいか?
CABBIE: Aneurism. Right in ‘ere. Any breath could be my last.
   動脈瘤。ここに。どんな呼吸も私の最後のになるかもしれない。
SH: And because you’re dying, you’ve just murdered four people.
   何故なら君は死に逝っているから、君は4人殺してきた。
CABBIE: I’ve outlived four people. That’s the most fun you can have with an aneurism.
   4人より長生きした。動脈瘤付きなら、持つことが出来る最大の楽しみだ。
SH: No… No, there’s something else. You didn’t just kill four people because you’re bitter. Bitterness is a paralytic. Love is a much more vicious motivator. Somehow, this is about your children.
   いや…違う、何か他の物がある。辛いから4人も殺したのではない。辛さは麻痺患者だ。愛はよりたちの悪い同期だ。ともかく、それは君の子ども達についてだ。

・paralyticは名詞だと麻痺患者という意味しか見つけられませんでした。日本語版では「人は辛さには慣れるものだ」みたいな訳になってましたよね。

CABBIE: Oh… You are good, aren’t ya?
   やあ…あなたは凄い、ですね?
SH: But how?
   しかしどうやって?
CABBIE: When I die, they won’t get much, my kids. Not a lot of money in driving cabs.
   私が死ぬとき、彼らは沢山得ることは無い、子ども達だ。タクシーを運転するんじゃ金は多くない。
SH: Or serial killing.
   それか連続殺人するか。
CABBIE: You’d be surprised.
   あなたは驚くでしょう。
SH: Surprised me.
   僕を驚かせる?
CABBIE: I have a sponsor.
   私にはスポンサーがいます。
SH: You have a what?
   何がいるって?
CABBIE: For every life I take, money goes to my kids. The more I kill…the better off they’ll be. You see? It’s nicer than you think.
   私が取った全ての命に対して、私の子ども達に金が行く。私が殺せば殺す程…支払いは良くなる。わかりますか?貴方が考えるよりも良いことだ。

・offはpay-offのような雰囲気かと勝手に思って訳しました。

SH: Who’d sponsor a serial killer?
   連続殺人犯に誰が出資する?
CABBIE: Who’d be a fan of Sherlock Holmes? You’re not the only one to enjoy a good murder. There’s others out there just like you, except you’re just a man. And they’re so much more than that.
   誰がシャーロック・ホームズのファンになります?貴方は素敵な殺人を楽しむ唯一の人ではない。あちらには貴方のようなのが他にもいます、貴方がただの人であるのを除けば。そしてそれよりももっとたくさんのことがある。

・あなたがたった一人であるのを除けば、かな?

SH: What do you mean…more than a man? An organisation…what?
   どういう意味だ…一人の男よりももっと?組織…か?
CABBIE: There’s a name that no-one says. And I’m not going to say it either. Now, enough chatter. Time to choose.
   誰も言わない名前がある。そして私もまた言いませんよ。さあ、十分なおしゃべりだ。選ぶ時間です。

JW: Sherlock! Sherlock!
   シャーロック!シャーロック!

SH: What if I don’t choose either? I could just walk out of here.
   僕がどちらも選ばなかったら?僕はここからただ歩き去るかもしれない。
(CABBIE DRAWS A GUN)
CABBIE: You can take a 50:50 chance, or I can shoot you in the head. Funnily enough, no-one’s ever gone for that option.
   あなたは50対50のチャンスを取ることができる、それか私が頭を撃つ。妙な話だが、誰もその選択肢は選ばなかった。

・funnily enough:妙な話だが、不思議なことに
・go for:選ぶ、決める


SH: I’ll have the gun, please.
   僕は銃を取る、どうぞ。
CABBIE: Are you sure?
   本当ですか?
SH: Definitely. The gun.
   間違いなく。銃を。

・definitelyっていう堅いイメージの単語を使ってくるシャーロックがカッコいい…

CABBIE: You don’t want to phone a friend?
   友達に電話したくないんですか?
SH: The gun.
   銃を。
(CABBIE PULLS THE TRIGGER)
SH: I know a real gun when I see one.
   本当の銃を見れば本物の銃だとわかる。
CABBIE: None of the others did.
   他の誰もわからなかった。
SH: Clearly. Well, this has been very interesting. I look forward to the court case.
   当然だ。さて、大変興味深かった。訴訟を楽しみにしている。
CABBIE: Just before you go, did you figure it out? Which one’s the good bottle?
   あなたが行く前に、貴方はわかりましたか?どちらが良いビンなのか?
SH: Course. Child’s play.
   勿論。子どもの遊びだ。
CABBIE: Well, which one, then? Which one would you have picked? Just so I know whether I could have beaten you. Come on! Play the game.
   へえ、じゃあどちらです?あなたはどちらを取りますか?私があなたに打ちのめされたのかどうか知る為に。さあ!ゲームをしましょうよ。

・ここ、「冥土の土産に知りたいなあ」みたいなこと言ってませんでしたっけ?オリジナルなのかな。面白い言い回しですね!

(SHERLOCK PICKS ONE)
CABBIE: Oh! Interesting. So what do you think? Shall we? Really…what do you think? Can you beat me? Are you clever enough…to bet your life?
   ほう!面白い。それでどう思います?やります?本当に…どう思いますか?私を打ちのめせますか?貴方は自分の命をかけられる位…利口ですか?

JW: (MUFFLED) Sherlock!
   シャーロック!

CABBIE: I bet you get bored, don’t you? I know you do. A man like you. So clever. But what’s the point of being clever if you can’t prove it? Still the addict. But this…this is what you’re really addicted to. You’ll do anything…anything at all, to stop being bored. You’re not bored now, are ya? Isn’t it good?
   あなたは退屈しているでしょうね、違いますか?あなたがそうだと私はわかる。貴方に似ている男を。とても利口だ。しかしそれを証明することができなければ、利口であることにどんな意味があるでしょう?まだ依存が。しかしこれは…貴方が本当に中毒になっていることだ。あなたは何でもする…本当に何でも、退屈であることをやめるために。貴方は今退屈してないでしょう?良くないですか?
(GUNSHOT)
(CABBIE GASPING)
SH: Was I right? I was, wasn’t I? Did I get it right? OK…tell me this. Your sponsor. Who was it? The one who told you about me, my fan. I want a name.
   僕は正しかったか?僕は正しかった、そうだろ?僕は正しく理解したか?わかった…教えろ。お前のスポンサー。誰だ?僕について教えた奴か、僕のファン。名前が欲しい。
CABBIE: No…
   いいや…
SH: You’re dying, but there’s still time to hurt you. Give me…a name.
   君は死ぬ所だ、しかし君を痛めつける時間はまだある。名前を…教えろ。
(CABBIE GASPS)
SH: A name! Now! The name!
   名前だ!さあ!名前!
CABBIE: Moriarty!
   モリアーティー!
SH: (MOUTHS) “Moriarty…”
   モリアーティ…
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。