--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_06
10
(Tue)20:42

4月20日

お久しぶりです。
遂に、S3が日本でも放送されましたね。

実は今までジョンのブログをちゃんと読んだことがなかったのですが、本編では語られなかったことが色々と書いてあることに気づき、きちんと読んでみることにしました!
ドラマの公式補足として、楽しんでいこうと思います。

S2E3後の、長い更新停滞期のあとの投稿からはじめます!
A New Beginning
新しい始まり

It feels odd. Coming back here. This blog. It's taken me about a week to write this. I kept coming back. Deleting bits. Adding bits. The thing is, I'm not an emotional person. I'm emotional, obviously. I have emotions but I don't embrace grief. I guess I'm very British.
変な感じだ。ここに戻ってきた。このブログに。これを書くのに約1週間かかったよ。僕は戻り続けた。少し消去して。少し加えて。つまり、僕は感情的な人間ではないんだ。僕は感情的だ、明らかに。僕は感情があるけど、嘆きを恥じたりしない。僕はまさに英国人なのだと思う。
I don't like to talk about it.
このことについて話したくない。

But I've been told that I should talk about it. That if I don't talk about it I'll be how I was pre-Sherlock. And I can't go back to that. I've a life now.
だが僕は話すべきだと言われてきた。もし僕がそれについて語らなかったから、僕はシャーロック(に会う)前のままだろうって。それに僕はその状態に戻れない。僕は新しい生活を始めたんだ。

I understand that he's dead. And I accept it. I still believe in him. In who he was. The truth behind that will come out, I believe that. But Sherlock is dead and that period of my life is behind me.
彼が死んだってわかってる。受け入れている。依然彼を信じているけど。彼は本当だって。隠された真実が明らかになる、そう信じている。でもシャーロックは死んで、僕の人生のその時間は、僕の過去へ過ぎ去った。

・ believe inは、存在を信じるとか、そういう語ですよね。神を信じるとか、サンタクロースを信じるとか。ファンが使う#blieveinsherlockは、シャーロックが生きていることを信じている、っていう意味ですよね。
でもジョンの場合、シャーロックは死んでしまったと思っているわけだから、どういうニュアンスで使っていたのかな。

And that's what life is. Things happen. Then they're in the past. And you move on to new things. New people. New friends. New beginnings.
それが生活だ。色々なことが起こる。そして去る。新しいことに移る。新しい人達。新しい友達。新しい始まり。

But it's also important not to forget the past. And I've found a few photos and a few blog posts I never finished so over the next few weeks I'll be doing that really. Remembering the past.
でも、過去を忘れないことも大事なことだ。僕は何枚かの写真と、書きかけだったブログ記事を見つけたから、その後数週間僕は本当に、過去を思い出したんだ。

And I won't feel sad about it. Not any more. Because they were good times. We did good and we had fun. And that's what I'm going to remember. My best friend, and he'd kill me for saying that's what he was, is dead. Sherlock Holmes is dead.
それを悲しくは思わない。今となっては。なぜなら、いい時間だったから。僕らはよくやったし楽しんだ。それが、これから僕が忘れないでいくことなんだ。僕の一番の友達、自分が何であるかを言うことで僕を殺した彼は、死んだ。シャーロック・ホームズは死んだ。

But, by God, he'll never be forgotten.
しかし、神により、彼は決して忘れられることはない。

12 comments

You're doing the right thing, John.
貴方は正しいことをしているわ、ジョン。
E Thompson 20 april

Yeah. It feels good. Thanks. Typing up the old cases now.
ああ。いい感じだ。ありがとう。今、古い事件をタイプしてる。
John Watson 20 April

Some of us still believe in Sherlock.
私たちのうち何人かもシャーロックを信じてる。
Jacob Sowersby 20 April

Thanks Jacob. Your video still makes me smile.
ありがとうヤコブ。君のビデオは未だに僕を微笑ませてくれる。
John Watson 20 April

Come for a drink soon, mate.
なあ、近いうちに飲みに行こう。
Mike Stamford 20 April

I'd like a drink if you can spare a minute.
少し時間を割けるならお茶にしたいわ。
Mrs Hudson 20 April

He saved my life. I'll never lose faith in him.
彼は僕の命を救ってくれた。彼への信頼を失ったりしない。
C Melas 20 April

Let's go for a drink later. X
あとで飲みに行きましょう。X(キスマーク)
Mary 20 April

Everyone thinks drink is the answer but it isn't.
飲酒が答えだってみんな思ってるけど、違うのよね。
Harry Watson 20 April4

I don't think there is an answer. I've just got to keep going.
答えがあるなんて思ってない。関係を続けるっていうだけだ。
John Watson 20 April

And you will. X
そうね。
Mary 20 April

Who's Mary?
メアリーって誰?
Harry Watson 20 April
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。