--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_10
12
(Fri)22:10

S2ep1 A Scandal in Belgravia 7

「シャーロックと、愛」っていうコンセプトが本当にそのものだなと。「シャーロックの、愛」ではなくて。


221B BAKER STREET
(221bに帰ってきて、何か異変に気づくシャーロック。やたら臭いを気にしてる様子。)

JW: Hey, Sherlock.
   (小走りでご帰宅。鍵を置く。)なあシャーロック?
SH: We have a client.
   依頼人だ。
JW: What, in your bedroom? Oh.
   何、君の寝室に?おや。(シャーロックのベッドで眠るアイリーンを発見)

(居間。アイリーンが羽織っているのはシャーロックのドレスガウン?)
SH: So who’s after you?
   それで誰が君を追っているんだ?
IA: People who want to kill me.
   私を殺したいと思っている人達。
SH: Who’s that?
   誰?
IA: Killers.
   殺し屋よ。
JW: It would help if you were a tiny bit more specific.
   もうほんのちょっとはっきりしてくれたら助かるんだが。
SH: So you faked your own death in order to get ahead of them?
   つまりそいつらを出し抜くために自身の死を偽装したと?

・get ahead of:~の先[前方]に出る、~を追い抜く

IA: It worked for a while.
   しばらくは上手くいったわ。
SH: Except you let John know that you’re alive and therefore me.
   君が生きているとジョンに知らせ、その結果僕に知らせたのを除けばな。
IA: I knew you’d keep my secret.
   貴方達は秘密を守ってくださると知っているもの。
SH: You couldn’t.
   ???
IA: But you did, didn’t you? Where’s my camera-phone?
   でもそうしてくださった、そうでしょう?私のカメラフォンはどこ?
JW: It’s not here. We’re not stupid.
   ここにはないよ。俺らは馬鹿じゃない。
IA: Then what have you done with it? If they’ve guessed you’ve got it, they’ll be watching you.
   それで何をしたの?貴方達が持っているとあの人達に解き当てられたら、監視されるわよ。
SH: If they’ve been watching me, they’ll know that I took a safety deposit box at a bank on the Strand a few months ago.
   そいつらが僕を見ていたなら、数ヶ月前にストランド街の銀行の貸金庫に預けたと知っているだろう。
IA: I need it.
   あれが必要なの。
JW: Well, we can’t just go and get it, can we? Molly Hooper. She could collect it and take it to Barts. Then one of your homeless network could bring it here, leave it in the cafe and one of the boys downstairs could bring it up the back.
   だが、俺らが行って取ってくる訳にはいかない、だろ?モリー・フーパーだ。彼女なら受け取ってバーツに持って来られる。そして君のベイカー街不正規連帯の一人がここに持って来て、カフェに置いて、下の階の少年の誰かが上に戻してくれる。
SH: Very good, John, excellent plan, full of intelligent precautions.
   とてもいいね、ジョン。素晴らしい計画だ、賢明な用心に満ちている。
JW: Thank you. So, why don’t I phone… Oh.
   ありがとう。じゃあ電話を…(シャーロックがカメラフォンを取り出す)ああ。
SH: So, what do you keep on here? In general, I mean?
   それで、ここに何を保存しているんだ?概要で、と言う意味でだ。
IA: Pictures, information, anything I might find useful.
   写真とか情報とか、使えそうなものは何でも。
JW: For blackmail?
   脅迫用に?
IA: For protection. I make my way in the world, I misbehave. I like to know people will be on my side exactly when I need them to be.
   保護用によ。私はこの世界で、自分の道を切り開いているの、お行儀の悪いことをしてね。私、みんながちゃんと必要な時に私の側についてくれるって判るのが好き。
SH: So how do you acquire this information?
   情報はどう手に入れる?
IA: I told you. I misbehave.
   言ったでしょ。お行儀の悪いことをするの。
SH: But you’ve acquired something that’s more danger than protection. Do you know what it is?
   だが保護というには危険すぎるものを手に入れてしまったんだろう。それが何か知っているのか?
IA: Yes. But I don’t understand it.
   ええ。でも理解はしていないの。
SH: I assumed. Show me. The passcode.
   僕が引き受けよう。見せて。(アイリーンが手を出すが、渡さない。)パスコードを。(たっぷり間をおいて、手渡す)
IA: It’s not working.
   (打ち込むがハズレの音。)動かないわ。
SH: No, because it’s a duplicate that I had made into which you’ve just entered the numbers 1058. I assumed you’d choose something more specific than that, but then thanks anyway.
   違う、これは君に1058という数字を入力させるために僕が作った複製だ。何かもっと特徴のあるものを選んだと思っていたが、まあ、とにかく感謝するよ。

・ ジョンが笑っている…ということは、全て演技?
・ 本物に1058と入力するが、外れ。残り一回!

IA: I told you that camera-phone was my life. I know when it’s in my hand.
   あのカメラフォンは私の命だって言ったでしょ。手に取ればわかるわ。
SH: Oh, you’re rather good.
   へえ、かなりのものだ。
IA: You’re not so bad.
   貴方もそう悪くないわ。
JW: Hamish. John Hamish Watson, just if you were looking for baby names.
   (見つめ合う二人に)ヘイミッシュ。ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン。もし赤ん坊の名前を考えているなら。
IA: There was a man, an MOD official and I knew what he liked. One of the things he liked was showing off. He told me this email was going to save the world. He didn’t know it, but I photographed it. He was a bit tied up at the time. It’s a bit small on that screen, can you read it?
   ある男がいたの、国防省の役人よ、彼が好むものを知ってたわ。彼が好きだったことの一つは、見せびらかすこと。このメールが世界を救うって言ってた。彼は知らなかったけど、私写真を撮ったの。その時彼はちょっと忙しかったのよ。その画面じゃちょっと小さいけど、読める?

・MOD:Ministry of Defense
tie up自動詞で「…と親密な関係を結ぶ、結婚する」という意味もあるんですね。

007 Confirmed allocation
4C12C45F13E13G60A60B61F34G34J60D12H33K34K

SH: Yes.
   ああ。
IA: Code, obviously. I had one of those best cryptographers in the country take a look at it, though he was mostly upside-down, as I recall. Couldn’t figure it out. What can you do, Mr Holmes? Go on, impress a girl.
   暗号だわ、明らかに。この国一番の暗号使用者の一人に見せたんだけど、彼かなりひっくり返して頑張ってたんだけどね、思い出すわ。解けなかったのよ。貴方は何が出来るかしら、ホームズさん?さあ、女の子に感銘を。

・ジョンは何か裏がありそうなことに気づいていそう。肝心のシャーロックは挑発されてやる気満々。showing offはシャーロックの十八番でもあるものね。

SH: There’s a margin for error, but I’m pretty sure there’s a 747 leaving Heathrow tomorrow at 6:30 in the evening for Baltimore. Apparently it’s going to save the world, I’m not sure how that could be true, but give me a moment, I’ve only been on the case for eight seconds.
   余白にミスがあるが、誤る幅はあるだろうが、ヒースロー発ボルチモア行き夕方6:30発747があることは確実だ。これが世界を救うのだろうが、どう真実になるのかはわからない、だが時間をくれ、まだこの件には8秒しか使っていないんだから。

Oh, come on, it’s not code, these are seat allocations on a passenger jet. Look! There’s no letter I because it can be mistaken for a one. No letters past K, the width of the plane is the limit. The numbers always appear randomly and not in sequence, but the letters have little runs of sequence all over the place. Families and couples sitting together. Only a jumbo is wide enough to need a letter K or rows past 55, which is why there’s always an upstairs. There’s a row 13, which eliminates the more superstitious airlines. Then there’s the style of the flight number, 007, that eliminates a few more. And assuming the British point of origin, which would be logical, considering the original source of the information and assuming from the increased pressure on you lately that the crisis is imminent, the only flight that matches all the criteria and departs within the week is the 6:30 to Baltimore tomorrow evening from Heathrow airport. Please don’t feel obliged to tell me that was remarkable or amazing. John’s expressed that thought in every possible variant available to the English language.
   あきれた、これは暗号ではない、ジェット旅客機の席割当だ。見ろ!Iの文字がない、これは1と間違える可能性があるからだ。K以降の文字がない、旅客機の幅には限界がある。数字は常に無作為に表れていて順序通りでないが、アルファベットはあちこちで順序だっている。家族やカップルは共に座る。ジャンボジェットだけがKの文字を要する幅を持ち、いつも上の階があるから55以降の列を必要とする。列番号13があることから迷信深い航空会社を排除する。さらに007というフライトナンバーの様式からさらにいくつかが考慮外。
そして英国民の論理的である原点を思い元々の情報源を考慮して且つ先ほどの君の高まる切迫から仮定するに決定的段階が迫っている、全ての基準に合致し今週中に発つ唯一の便は明日夕刻6:30ヒースロー発ボルチモア行きだけだ。どうか僕に非凡だとか驚くべきだとか言わなければならないと思わないで。ジョンが思いつく使用可能な英語の限りを尽くして表現してくれているから。

come on:反語的に「いいかげんにしてくれ、ふざけるな、あきれた」
・ジョンに言ってもらえれば満足なんですね。そうですか。

IA: I would have you right here, on this desk, until you begged for mercy twice.
   私貴方が今ここで欲しいわ、この机の上で、貴方が慈悲を2度請うまで。

・どういうことだろう?

SH: John, please can you check those flight schedules, see if I’m right?
   (アイリーンを見つめ返しながら)ジョン、フライト・スケジュールを確認して僕が正しいか見てくれるか?
JW: Yeah, I’m on it, yeah.
   ああ、今やってる、うん。
SH: I never begged for mercy in my life.
   僕は人生において慈悲を請うたことなどない。
IA: Twice.
   2度よ。
JW: Uh, yeah, you were right, flight 007.
   ああ、うん、あってた、007便。
SH: What did you say?
   なんだって?
JW: You’re right.
   あってた。
SH: No, no, after that, what did you say after that?
   そうじゃない、その後だ、その後なんと言った?
JW: 007. Flight 007.
   ダブル・オー・セブン。007便。
SH : 007, 007, 007, 007. Something. Something 007, 007. What?
   007、007、007、007.何か。何か007。007。何だ?


(TEXT MESSAGE) 747 TOMORROW 6:30PM HEATHROW
   (メール:)747 明日 午後6:30 ヒースロー
(TEXT MESSAGE) Jumbo Jet. Dear me Mr Holmes, dear me.
   (メール:)ジョンボジェット。あらまあホームズさん。あらあらまあまあ。

・マイクロフトの“Bond air is go”を思い出すシャーロック。マイクロフト兄さん、優秀な弟の前で大事な話をしちゃ駄目でしょう…。
・モリアーティからのメールを受け取り、何時間も落ち込むマイクロフト。ここのシーン、約50秒。とても時間がとってある。
・暖炉の前、バイオリンでピチカートするシャーロック。

SH: Coventry.
   コヴェントリー。
IA: I’ve never been. Is it nice?
   行ったことないわ。素敵な所?
SH: Where’s John?
   ジョンはどこだ?

・だからw気がついたらまずジョンを呼ぶのはどういうことなの(笑) 目の前にいるのはアイリーンなんだから、せめて「今何時?」とか、他に言うことあるでしょ!

IA: He went out, a couple of hours ago.
   出掛けたわよ、数時間前に。
SH: I was just talking to him.
   彼と話しているところだったのに。

・序盤の「昨日ジョンがいなかったのに二人で同意した」っていうのはこのような過程で行われたのだろうか…

IA: He said you do that. What’s Coventry got to do with anything?
   貴方は(いつも)そうするって彼が言ってた。コヴェントリーが何か関係あるの?
SH: It’s a story. Probably not true. In the Second World War, the Allies knew that Coventry was going to get bombed because they’d broken the German code but they didn’t want the Germans to know that they’d broken the code so they let it happen anyway.
   物語だ。恐らく真実ではない。第二次世界大戦で、連合国はドイツの暗号を解読してコヴェントリーが爆撃を受けると知ったが、ドイツに暗号を解読したことを知られたくなかったのでやらせたんだ。
IA: Have you ever had anyone?
   今までに誰かいたの?
SH: I’m sorry?
   何だって?
IA: And when I say had, I’m being indelicate.
   私が「いた」って言う時は猥らなの。
SH: I don’t understand.
   理解できない。
IA: I’ll be delicate, then. Let’s have dinner.
   じゃあ慎み深くなるわ。(シャーロックの手に自分の手を重ねる)お食事しましょ。

・英語のindelicateとdelicateの「まさに対義語」というニュアンスを出したかったけど、よい言葉が見つかりませんでした。

SH: Why?
   何故?
IA: You might be hungry.
   お腹がすいているでしょう?
SH: I’m not.
   いいや。
IA: Good.
   良いわ。
SH: Why would I want to have dinner if I wasn’t hungry?
   (アイリーンの手に触れながら)僕は空腹でないのに、何故食事したがる?
IA: Mr Holmes, if it was the end of the world, if this was the very last night, would you have dinner with me?
   ホームズさん、もし今が世界の終わりだとしたら、もしこれがまさに最後の夜だとしたら、私とお食事してくださる?
MRS HUDSON: Sherlock?
   シャーロック?
IA: Too late.
   …時間切れ。
SH: That’s not the end of the world, that’s Mrs Hudson.
   世界の終わりではない、ハドソンさんだ。
MRS HUDSON: Sherlock, this man was at the door, is the bell still not working? He shot it.
   シャーロック、この人がドアの所で、ベルはまだ壊れているの?(男性に)彼が撃っちゃったのよ。
SH: Have you come to take me away again?
   また僕を連れ去りにきたのか?
MAN1: Yes, Mr Holmes.
   はい、ホームズさん。

・今更だけど、「ホームズ様」と訳せば良かったかもと後悔しています。

SH: Well, I decline.
   へえ、断る。
MAN1: I don’t think you do.
   そうはなさらないと。(航空券を手渡す)

・車に乗り込んで出発!窓から見下ろすアイリーン。

次回がいよいよ最後です…!
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

You couldn’t.
彼女自身は、自分が生きてるのを内緒に出来ずにジョンに教えてしまった、ってことなのかな?

He was a bit tied up at the time.
そふぃーぬの訳いいかんじとおもう!

There’s a margin for error,
「a margin of error」がワンセットで出てきた・・!!(辞書で!)
「間違ってもよいゆとり」なんだって。

And assuming the British point of origin,
ここがわからないよね・・!あとはokだと思う!
ちなみに「007」って、日本ではもともと「ぜろぜろせぶん」っていう読み方で通ってるから、シャーロックが「だぶるおーせぶん」って言われてハッ・・!ジェームズ・ボンドか!!となるのとは完全に逆の感覚だよね。
あとあと!知っているかもしれないのだけど、自国の首相の名前も興味なーし!の世間知らずなシャーロックが映画「007」を知る経緯は、シーズン1のときのジョンのブログのコメントのやりとりであったのよ!

2012/10/21 (Sun) 01:03 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

>You couldn’t.
なるほど!話が戻る訳ですね。

a margin for errorあった!!うわーやっぱり調べてみるものですねー。ありがとう!

>007
おお…そもそもジェームズ・ボンドのことをよく知りませんでした…!それでマイクロフトは「ボンド・エアー」と呼んでいたのが結びつくのですね。全然しらなかったー。情報ありがとう!

2012/10/21 (Sun) 16:51 | そふぃー #vhyXuXfY | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。