--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_10
17
(Wed)23:19

S2ep1 A Scandal in Belgravia 8

『ベルグレーヴィアの醜聞』全訳はこれで最後です。
伏線回収に忙しい怒濤の展開。

ところで、原作ファンにも人気の高く、パスティーシュ作品等でも多くホームズとの恋愛関係を仄めかされるアイリーン・アドラーですが、『ボヘミアの醜聞』を読んだ限りでは、シャーロックがアイリーンに惹かれているという描写はあまりない(いくら写真を欲しがるにしても)し、ましてやアイリーンは愛する人とただ一緒になって逃げただけですから、ホームズのことは「注意しなくちゃいけなかった賢い探偵さん」という程度にしか思っていないように感じました。「これは恋愛感情なんてものではない」とワトソンも断言しているし。うん。
つまり何が言いたいって、そんなアイリーンをあそこまでの重要人物にしたシャーロキアンの存在が凄いなと。ほんとすごいよシャーロキアンの皆様…(恐)


今回、特に長いです。スクリプトはRead Moreから!
CAR
SH: There’s going to be a bomb on a passenger jet. The British and American governments know about it, but rather than expose the source of their information, they’re going to let it happen. The plane will blow up. Coventry all over again. The wheel turns, nothing is ever new.
   旅客機に爆弾がおかれる。英国及び米国政府はそれを把握しているが、彼らの情報源を暴露するよりはそのまま実行させるだろう。飛行機は爆発する。コヴェントリー再び、か。歴史の輪が回る。新しいことは、何もない。

・(all) over again:繰り返して、もう一度

HEATHROW AIRPORT
SH: Well, you’re looking all better. How are you feeling?
   おーや、すっかり良くなったようだ。ご気分は?

・ひよりちゃん情報によると、ここの部分でシャーロックはアメリカ英語を話しているそうですね。私もそういうのわかるようになりたいなー!頑張ります!

AMERICAN: Like putting a bullet in your brain, sir. They’d pin a medal on me if I did, sir.
   貴方の頭脳に銃弾を打ち込むような風ですよ。もしやったら奴らは俺にメダルを約束してくれんだろうな、(振り返るシャーロックに)…くれるでしょうね。
・3回目のご登場!この人の台詞は字面的には丁寧に感じるけど、どうなんだろう?慇懃無礼っていうことでいいのかな?

JUMBO JET
MH: The Coventry conundrum. What do you think of my solution? The flight of the dead.
   コヴェントリーの難問だ。私の解決策をどう思う?死のフライトだよ。
SH: The plane blows up midair, mission accomplished for the terrorists, hundreds of casualties but nobody dies.
   航空機は空中で爆発し、テロリストにとっては任務は遂行された、何百もの犠牲者、しかし誰も死にはしない。
MH: Neat, don’t you think? You’ve been stumbling around the fringes of this one for ages. Or were you too bored to notice the pattern? We ran a similar project with the Germans a while back, though I believe one of our passengers didn’t make the flight. But that’s the deceased for you, late in every sense of the word.
   巧妙だと思わないか?お前は長いことこの件の周辺でウロウロとしていたんだ。(祖父に会わせてもらえなかった少女達、叔母の遺骨が入れ替わったという男性…)それとも退屈しすぎてパターンに気づけなかったのかな?我々は少し前にドイツのものと類似した計画を動かしていたのだよ、もっとも乗客の一人が飛ばなかったと信じているがね。(車のトランクの中にいた男性)だがお前にとっては過ぎたことだ、あらゆる意味で。

・この車のトランク事件、シャーロックが意気揚々と取り組んでもおかしくなさそうなのに、何故今まで放っておかれていたんだろう?アイリーンの件で忙しかった?

SH: How’s the plane going to fly? Oh, of course, unmanned aircraft, hardly new.
   航空機はどうやって飛ぶんだ?ああ、勿論無人機だ、全く新しくない。
MH: It doesn’t fly. It will never fly. The entire project is cancelled. The terrorist cells have been informed that we know about the bomb. We can’t fool them now. We’ve lost everything. One fragment of one email and months and years of planning, finished.
   飛ばないよ。決して飛ばないんだ。全ての計画が破棄される。テロリストの班に我々が爆弾に気づいたことが知らされた。今や彼らを欺くことは出来ない。我々は全て失った。一通のメールの断片で、何ヶ月何年もの計画が終わった。
SH: Your MOD man.
   部下の国防省の奴か。
MH: That’s all it takes. One lonely naive man, desperate to show off, and a woman clever enough to make him feel special.
   ある独りぼっちで世間知らずな男…自分を誇示したくて仕方がない。そして賢い女。彼を特別だと感じさせるのに十分なくらい。
SH: You should screen your defence people more carefully.
   国防省の人間はもっと気をつけて選別するんだな。
MH: I’m not talking about the MOD man, Sherlock, I’m talking about you! A damsel in distress. In the end, are you really so obvious? Because this was textbook. The promise of love, the pain of loss, the joy of redemption. Then give him a puzzle and watch him dance.
   (口調を強める)国防省役人の話をしているのではない、シャーロック、お前のことを話しているんだ!囚われの姫君、か。結局、お前はそんなに判り易い人間なのか?何せこれは教科書だぞ。愛の約束、失う痛み、償いの喜び。そして彼に謎を与えて踊っているのを見る。

・ マイクロフト兄さん、ちょっとこの辺り広範囲で仰っている意味がよくわからないです…文法もなんか変ですよね?主語と動詞…(涙)
・ a damsel in distressはどっちの意味かな?前者だとは思うのだけども。
「囚われの姫君」
http://en.wikipedia.org/wiki/Damsel_in_distress
映画(邦題『踊る騎士』)
http://www.imdb.com/title/tt0028757/

SH: Don’t be absurd.
   ばかげたことを言うな。
MH: Absurd? How quickly did you decipher that email for her? Was it the full minute? Or were you really eager to impress?
   ばかげただと?彼女の為に、あのメールをどんな速さで解読したんだ?丸1分かかったか?それとも本当に感銘を与えたがってでもいたのかな?
IA: I think it was less than five seconds.
   (シャーロックの背後から)5秒もかからなかったと思うわ。
MH: I drove you into her path. I’m sorry, I didn’t know.
   私がお前を彼女の道に追いやってしまったんだ。すまなかった、知らなかったんだ。
IA: Mr Holmes, I think we need to talk.
   ホームズさん、おしゃべりする必要がありそうね。
SH: So do I. There are a number of aspects I’m still not quite clear on.
   僕もだ。まだ明白にならない多くの局面がある。
IA: Not you, junior, you’re done now. There’s more, loads more. On this phone I’ve got secrets and pictures and scandals that could topple your whole world. You have no idea how much havoc I can cause and exactly one way to stop me. Unless you want to tell your masters that your biggest security leak is your own little brother.
   貴方じゃないわ、ジュニア、貴方はもう済んだの。(マイクロフトに)もっとよ、とてもたくさんあるの。貴方の全世界を崩れ落とすことができる秘密や写真やスキャンダルを持っているわ。私が引き起こせる大破壊がどれほどのものか、そして私を止める正確な一つの方法も思いつかないでしょ。貴方のボスに、秘密の最大の漏れ口が貴方の弟だって申告したいのでなければ。

・ ”Not you, junior, you’re done now.”がカッコいい。完全にお子様扱い…
・ あとここのマイクロフトの表情!口をすぼめるようにしていて、珍しいなあ。弟を手放すことはできないということなのか、それとも優秀な弟をこの件に引き合わせてしまった自分を顧みたのか。

(どこかの部屋)
MH: We have people who can get into this.
   これに侵入できる人材はいる。
IA: I tested that theory for you. I let Sherlock Holmes try it for six months. Sherlock, dear, tell him what you found when you x-rayed my camera-phone.
   貴方の為に、その方法は試したわ。シャーロック・ホームズに6ヶ月間やらせたの。ねえシャーロック、私のカメラフォンにX線を当てたとき何が判ったか教えてさしあげて。
SH: There are four additional units wired inside the casing. I suspect containing acid or a small amount of explosive. Any attempt to open the casing will burn the hard drive.
   ケースの内側に取り付けられた追加装置が4つある。酸が含まれているか、少量の爆薬か。覆いを開けようとする如何なる試みもハードドライブを燃やすだろう。
IA: Explosive. It’s more me.
   激情的なの。私よりもね。(thanがないからこの訳は違うかな。)
   爆薬よ。(酸よりも)私らしいでしょ。

MH: Some data is always recoverable.
   いつでも復元可能なデータもある。
IA: Take that risk.
   危険を冒すことね。
MH: You have a passcode to open this. I deeply regret to say we have people who can extract it from you.
   これを開くパスコードがあるんだろう。こんなことを言うのは誠に遺憾だが、君からそれを無理矢理引き出せる人材もいるんだよ。
IA: Sherlock?
   シャーロック?
SH: There’ll be two passcodes, one to open the phone, one to burn the drive. Even under duress, you can’t know which one she’s given you and there would be no point in a second attempt.
   パスコードは2つあるだろう、一つはロック解除するが、一つはドライブを焼く。脅迫の下でさえどちらを言うのかわからないし、二度目では意味がない。
IA: He’s good, isn’t he? I should have him on a leash. In fact, I might.
   彼、いい子だわ、そうじゃなくて?彼にリードをつけるべきだったわね。実際、そうしたかも。
MH: We destroy this, then. No one has the information.
   それなら我々はこれを破壊する。情報は誰の元にもない。
IA: Fine. Good idea. Unless there are lives of British citizens depending on the information you’re about to burn.
   素敵ね。良い考えだわ。貴方がまさに焼き払おうとしている情報に英国市民の命がかかっているのでないと言うのなら。
MH: Are there?
   あるのか?
IA: Telling you would be playing fair. I’m not playing any more. A list of my requests, and some ideas about my protection once they’re granted. I’d say it wouldn’t blow much of a hole in the wealth of a nation, but then I’d be lying. I imagine you’d like to sleep on it?
   お教えすればフェプレーになるでしょうね。でももう遊ばないの。私の要求のリストよ、そして、昔彼らが聞き入れてくれた私の保護についての幾つかのアイディア。国富に大きな穴をあける訳じゃないと申し上げるけど、嘘になるわ。(マイクロフトがリストに目を通して表情を変える)一晩寝て考えたいでしょうね?

・ Wouldの時勢がよくわからないな。
・ sleep on:を一晩寝て考える、の決定を翌日に延ばす

MH: Thank you, yes.
   その通りだ、感謝するよ。
IA: Too bad. Off you pop and talk to people.
   残念ね。(シャーロックが鼻で笑う)出て行って皆さんとお話ししなさい。
MH: You’ve been very thorough. I wish our lot were as half as good as you.
   君は本当に徹底的だな。我々側の連中も君の半分でも利口であればな。
IA: I can’t take all the credit, I had a bit of help. Oh, Jim Moriarty sends his love.
   全ての賞賛を受ける訳にはいかないの、ちょっと助けがあったのよ。(シャーロックに)あ、ジム・モリアーティがよろしくって。

・「助け」があったのか!…ちょっと残念。前にも書いたけど、アイリーン対ホームズの一騎打ちであってほしかったな。これだと、モリアーティがアイリーンを派遣したようになってしまうようで。

MH: Yes, he’s been in touch. Seems desperate for my attention, which I’m sure can be arranged.
   ああ、彼とは連絡を取っているよ。私に注目してもらいたくて仕方がないようだ。(書類を見て)アレンジできるだろうな。
IA: I had all this stuff, never knew what to do with it. Thank God for the consulting criminal. Gave me a lot of advice about how to play the Holmes boys. Do you know what he calls you? The Ice Man. And the Virgin. Didn’t even ask for anything, I think he just likes to cause trouble. Now that’s my kind of man.
   この代物を持っていたけどどう扱えば良いのか知らなかったの。諮問犯罪者について神に感謝ね。ホームズ兄弟でどう遊べば良いか、たっぷり助言をくれたわ。彼が貴方達を何て呼ぶかご存知?「殺し屋」と「生娘ちゃん」。何か尋ねた求めた訳じゃないけど、彼はただゴタゴタを起こすのが好きなのだと思うわ。私好みの男だわ。
MH: And here you are, the dominatrix who brought a nation to its knees. Nicely played.
   そして、一つの国家を跪かせた女王様か。素晴らしいお手並みだった。
SH: No.
   違う。
IA: Sorry?
   何て?
SH: I said no. Very, very close, but no. You got carried away. The game was too elaborate, you were enjoying yourself too much.
   違うと言ったんだ。とても、とても良い処まで接近したが、違う。貴女は我を忘れてしまった。ゲームに趣向を凝らし過ぎた。貴女は楽しみ過ぎたんだ。
IA: There’s no such thing as too much.
   やり過ぎたことなんて無いわ。
SH: Oh, enjoying the thrill of the chase is fine. Craving the distraction of the game, I sympathise entirely, but sentiment? Sentiment is a chemical defect found in the losing side.
   ああ、追求のスリルを楽しむのは良い。ゲームという気晴らしの娯楽を切望するなら、僕は完全に共感する。だが、感情?感情は敗者側に属する化学的欠陥だ。

・ sentimentの訳は難しいな…
・ シャーロックが“sentiment”の語を出した時に、マイクロフトが怪訝な顔をするのが好きです。

IA: Sentiment? What are you talking about?
   感情ですって?何の話かしら?
SH: You.
   貴女だ。
IA: Oh, dear God. Look at the poor man. You don’t actually think I was interested in you? Why? Because you’re the great Sherlock Holmes, the clever detective in the funny hat?
   まあ、なんてこと。哀れな人。私が貴方に関心があったなんて、本当に思っているわけじゃないんでしょう?何故なの?だって貴方はおかしなお帽子の賢い探偵、偉大なるシャーロック・ホームズでしょ?
SH: No.
   違う。

・ここの“No.”は、貴女は僕のことをそういうふう(the great Sherlock Holmes, the clever detective in the funny hat)に思っているのではない、という意味での「違う」なのかな。ゾクゾクする!

SH: Because I took your pulse. Elevated. Your pupils dilated. I imagine John Watson thinks love is a mystery to me but the chemistry is incredibly simple and very destructive. When we first met, you told me that disguise is always a self-portrait. How true of you. The combination to your safe, your measurements, but this, this is far more intimate. This is your heart and you should never let it rule your head. You could have chosen any random number and walked out of here today with everything you’ve worked for. But you just couldn’t resist it, could you? I’ve always assumed that love is a dangerous disadvantage. Thank you for the final proof.
   貴女の脈を取ったんだ。高まっていた。瞳孔も拡大していた。ジョン・ワトソンは僕にとって愛とは不可思議なものであると考えているようだが化学は驚く程に単純明快で大変に破壊的だ。僕たちが初めて出会った時、変装は常に自画像であると言ったね。なんと貴女の真実を言い表していることか。金庫のコードは貴女のスリーサイズ、しかしこれは、これはずっと内面的なものだ。これは貴女の心、決してそれに理性を支配させてはいけなかった。何か無作為の数字を選んで、貴女が得た全てのものと共に今日ここから歩き去ることが出来た筈だった。だが貴女は誘惑に勝てなかったんだ、そうだろう?僕は常に、愛は危険を孕む不利なものだと決めてかかっている。最後の証拠をありがとう。

・ これ、アイリーンの反応を指して「携帯のパスコードがこれであっている」ことの“証拠”の意だと思っていたんだけど、もしかして「愛は危険なものだ」という考えを決定づける“証拠”ということなのかな。

IA: Everything I said, it’s not real. I was just playing the game.
   私が言ったことは全部、真実ではないわ。ゲームで遊んでいただけなの。
SH: I know. And this is just losing.
   判っている。そしてこれはただ負けたというだけだ。

・ I am SHER locked.
・ 実は私、本編視聴前に偶然、ネットでネタバレ画像を目にしてしまっていたのです。ものすごく後悔しました。
・ アイリーンがこのコードを設定したのはどのタイミングなんだろう?クリスマスか、それとも221bの居間でなのか。
・ 幾らなんでも、このパスワードを言い当てるのは無理があると思うんです。だから、“sentiment”と鎌をかけた上で、アイリーンの “You don’t actually think I was interested in you?”という問わず語り(これは明らかにアイリーンのミスだと思うのですがどうでしょう)で導いて、その他(脈、瞳孔。そして画面を見せてからの涙)等で確信したのかなと。後一回間違えたらデータが全て消えてしまう(?)訳だし。データが消えたら誰も得しない…。
・ 色々書きましたが、ここのシーンはこみ上げてくるものがあります。泣いてしまう…囁き声でのI know.とかね!ね!!アイリーンの涙も衝撃的だし。

SH: There you are brother. I hope the contents make up for any inconvenience I may have caused you tonight.
   さあ兄弟、この中身が今晩僕がかけてしまった迷惑の埋め合わせになればいいのだが。
MH: I’m certain they will.
   間違いなくそうなるよ。
SH: If you’re feeling kind, lock her up, otherwise let her go. I doubt she’ll survive long without her “protection”.
   思いやりがあるのなら彼女を拘留しろ、そうでなければ行かせるんだ。彼女が「保護」無しに長く生き延びるか疑わしいぞ。
IA: Are you expecting me to beg?
   私に懇願しろと言うの?
SH: Yes.
   そうだ。
IA: Please. You’re right. I won’t even last six months.
   お願い。貴方の言う通りよ。6ヶ月でさえもたないわ。
SH: Sorry about dinner.
   食事をご一緒できず残念だよ。
・ ここ、シャーロックはどんな気持ち(?)なんだろう?随分と無表情で棒読みのような…


SPEEDY’S SANDWICH BAR & CAFE
JW: You don’t smoke.
   吸わないのかと。
MH: I also don’t frequent cafés.
   カフェにもほとんど行かないんだがね。

・ジョン、マイクロフトが出向いてカフェに誘ってくれたよ!…あの金髪の女の人はマイクロフトの部下で「ジョンがこう言ってましたよ」って伝えていたとしたら…!!!美味しいです。S3でまた出てこないかなー。

JW: It’s the file on Irene Adler?
   アイリーン・アドラーに関してのファイル?
MH: Closed forever. I am about to go and inform my brother, or, if you prefer, you are, that she somehow got herself into a Witness Protection scheme in America. New name, new identity. She will survive and thrive, but he will never see her again.
   永久に非公開のものだ。我が兄弟の所に行って知らせるところなんだが、もしも君が望むなら、君がやりなさい。ともかくも彼女は証人保護計画に入った。新しい名前、新しい身元。彼女は生き延び、栄華を誇るだろう。しかし、彼は彼女に再び会うことはない。
JW: Why would he care? He despised her at the end. Won’t even mention her by name, just The Woman.
   何故彼が気にするんです?彼は彼女を最後には見下していた。彼女を名前で呼ぶこともしない、ただ、あの人、と。
MH: Is that loathing or a salute? One of a kind, the one woman who matters?
   それは嫌悪か…それとも敬意なのか?唯一の、重要な一人の女性。
JW: He’s not like that. He doesn’t feel things that way. I don’t think.
   彼はそんなじゃない。あいつはそんなふうに物事を感じたりしない。そうは思わない。
MH: My brother has the brain of a scientist or a philosopher, yet he elects to be a detective. What might we deduce about his heart?
   私の兄弟は科学者か哲学者の頭脳を持っているが、それにも関わらず奴は探偵になることを選んだ。あれの心について、我々は何を推理できるかな?
JW: I don’t know.
   わかりませんよ。
MH: Neither do I. But initially he wanted to be a pirate.
   私もだ。だが最初は海賊になりたがっていた。

・歳の離れた兄弟…!ホームズ兄弟の幼少期について是非詳しく知りたいです。

JW: He’ll be OK with this, Witness Protection, never seeing her again, he’ll be fine.
   これに関して彼は大丈夫、証人保護、もう彼女には会わない、彼は平気。
MH: I agree. That’s why I decided to tell him that.
   賛同するよ。だから伝えようと決めた。
JW: Instead of what?
   …何の代わりに?
MH: She’s dead. She was captured by a terrorist cell in Karachi two months ago and beheaded.
   彼女は死んだ。彼女は二ヶ月前カラチでテロリスト組織に捕われ、打ち首にされた。
JW: It was definitely her? She’s done this before.
   それは確実に彼女だったのか?彼女は前にも死を偽装した。
MH: I was thorough this time. It would take Sherlock Holmes to fool me, and I don’t think he was on hand, do you? So… What shall we tell Sherlock?
   今度こそ徹底的にやった。私を騙すにはシャーロック・ホームズが要る、そしてあれがその場に居合わせたとは思わない、そうだろう?それで…(ファイルを前に出す)我々は、シャーロックに何と伝えようか?

・ アイリーンの死について。多分、結局偽装な訳ですよね。しかもマイクロフト絡みで徹底的に隠している。特に、ジョンに対してここまで用意周到に演技をして隠しているのが重要だと思います。これが残念だなと。アイリーンが生きているのを、ここまでして、しかもジョンにも隠してしまうと、肝心なライヘンバッハの存在が霞んでしまう気がします。もしこれもシャーロックとアイリーンの類似性として描いているとしても、ちょっとやり過ぎなのかなあと。証人保護プログラムで十分だと思うんだけどな。

221B BAKER STREET
SH: Clearly you’ve got news. If it’s about the Leeds triple murder, it was the gardener. Did nobody notice the earring?
   明らかにニュースを得たな。リーズ城の3連続殺人についてなら、庭師だ。イヤリングに気づく奴はいないのか?
JW: Hi. Uh, no, it’s um… It’s about Irene Adler.
   やあ、あの、あ…アイリーン・アドラーについてだ。
SH: Well? Has something happened? Has she come back?
   ほう?何か起こったのか?戻ってきたのか?
JW: No, no, she’s… I just bumped into Mycroft downstairs, he had to take a call.
   いや、いや、彼女は…下の階でマイクロフトにばったり出くわしてね、電話すれば良かったのに。
SH: Is she back in London?
   ロンドンに戻っているのか?
JW: No. She’s uh… She’s in America.
   いや。その…(息を大きく吸って)アメリカにいる。
SH: America?
   アメリカ?

・シャーロック!!!貴方知っているでしょう。全て知っているでしょう。ジョンの瞳孔や立ち振る舞いを見て、ジョンがどれだけ貴方の為に苦しんでくれていることかを正確に察して良心に苛まれれば良いよ。もう!全く!!!(涙)

JW: Mmm-hmm. Got herself on a Witness Protection scheme, apparently. I don’t know how she swung it but, uh… well, you know.
   うん。どうやら証人保護計画に入ったらしい。どう上手く処理したのか知らないけど、でも、あ、うん、……だろ?
SH: I know what?
   何が?
JW: Well, you won’t be able to see her again.
   ほら、もう会えないって。
SH: Why would I want to see her again?
   何故僕がまた会いたいと思う?
JW: Didn’t say you did.
   君はそんなこと言ってないよ。
SH: Is that her file?
   それは彼女のファイル?
JW: Yes, I was just going to take it back to Mycroft. Do you want to…
   ああ、マイクロフトに返しにいく所だ。よかったら…
SH: No.
   いや。
JW: Hmm. Listen, actually…
   (長めの沈黙)あ、あのさ、実は…
SH: No, but I will have the camera-phone, though.
   いや、しかし、だがカメラフォンを持っておこう。
JW: There’s nothing on it any more. It’s been stripped.
   この中にはもう何もない。剥がれてしまった。
SH: I know but I… I’ll still have it.
   知っている。だが…それでも持っておく。
JW: I’ve got to get this back to Mycroft. You can’t keep it. Sherlock, I have to give this to Mycroft, it’s the government’s now. I couldn’t…
   マイクロフトに返さなきゃならない。これを持っておくことはできないんだよ。シャーロック、俺はマイクロフトに返さなきゃ、これは今や政府のものだ。俺は…
SH: Please. Thank you.
   欲しいんだ。(ジョンは迷うけれども、シャーロックの手にカメラフォンを乗せる)…ありがとう。

・pleaseの訳は、アイリーンの“懇願”とも掛かっているのだろうから「頼む」とか「お願いだ」とかが良いんだろうけど、なんだかしっくりこなかったので、こうしました。「欲しい」と言われたら、ジョンはきっと渡すだろうなと。

JW: Well, I’d better take this back.
   えっと、戻さなきゃな。
SH: Yes.
   ああ。
JW: Did she ever text you again after all that?
   (立ち止まって振り返る)その後メールはまたあったのか?
SH: Once, few months ago.
   一度、数ヶ月前に。
JW: What did she say?
   何だって?
SH: “Goodbye, Mr Holmes.”
   「さようなら、ホームズさん」
JW: Oh.
   へえ。

・ アイリーンからのメールを見返すシャーロック。あれ?57通もないよね?
・ “John’s blog is HILARIOUS. I think he likes you more than I do.”とか”BBC1right now. You’ll laugh.”とかw
・ そういえば、差出人名が“From The Woman”となっている…!これはシャーロックがそう設定したのかな。それともアイリーンが着信音と共にパーソナライズしたのかな。どちらにせよ美味しいです。

KARACHI
・ ベールをつけて、最後のメールを送信するアイリーン。最期のメールがシャーロック宛…。
・ そしてあの音!
SH: When I say run, run.
   走れと言ったら、走れ。

・ マイクロフトの手下(笑)総動員で処理したんだろうな。
・ このシーンは議論を呼んでいますね。私も、ライヘンバッハが霞む感が出てしまうから、ちょっとやり過ぎだなあと思います。でも、シャーロックはアイリーンに借りがあるんですよね。プールサイドで、もう絶体絶命だったシャーロックとジョンを助けたのはアイリーンだと言えばそうな訳で。
・ 最期のメールが「Please help me」のようなメッセージだったら、かつて彼女が言った「二度目の懇願」(一度目はマイクロフトの仕事部屋?で)になるわけで、それはそれで素敵だとも思うのですが。っていうか、結局「二度」にこだわったのにはどんな意味があったのだろう?

221B BAKER STREET
SH: The Woman. The Woman.
   あの女性、か。……あの、人。

・ このシーンのシャーロックが渋くて酷く恰好いい。


・ 最後のスタッフロール、Irene Adlerは特別枠みたいになっていて素敵。あと、ジョンに新年の予定を尋ねた金髪の女の人は、Beautiful Womanという役名なんですねw
・ 余韻が残る中、パーカスから始まる感傷的で大音量のエンディングがかかる流れが大好物です。


やっと一話訳し終わりました!!!ありがとうございましたー。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

1エピソード終えたね!おめでと~*

but rather that expose the source of their information, they’re going to let it happen.
まだ未確認だけど、これは「rather than」の打ち間違いな気がする!ごめんねーー!!
The wheel turns, nothing is ever new.
このセリフの言い方、好きだー。

Like putting a bullet in your brain, sir.
慇懃無礼。笑 そうね!

It doesn’t fly. It will never fly...
飛ばない。もう飛ぶことはない。この計画は中止になったよ。
我々が爆弾に気が付いたことはもうテロリストに知らされてしまった。今さら彼らを欺くことはできない。すべてを失った。
たった一通のメールのほんの一部で、何か月何年もかけて計画を練ってきた努力が水の泡だ。

That’s all it takes.
それが対価(代償)さ。

One lonely naive man, desperate to show off, and a woman clever enough to make him feel special.
自慢屋で、独りぼっちで世間知らずの男の前に、一人の女が現われることによってね。自分が特別なのだと錯覚させるのに十分賢い女性が。

A damsel in distress
きっと前者だね!初めて知った~!お前はヒーローのつもりだったのかーって感じか!

Because this was textbook...
何せこれはマニュアルどおりだぞ?愛の約束→(アドラー氏を)失った哀しみ→(アドラー氏を)取り戻せた(生きていた)ことの喜び。
それからお前の大好物のなぞなぞを解読させて、手中で踊らされているのを眺めるんだ。
 「手中で」っていうのもなんかピッタリはまる感じがしないのだけど・・(シーズン1も考慮に入れると。)こう、「わたわた必死になって動き回ってる」ってイメージなのだよね・・どう訳すんだろね。

Explosive. It’s more me.
ここは完全に私の予想だけれども
「Explosive.」は「(酸か爆薬か、の話をうけて)爆薬よ。」
「It's more me.」は、(爆薬みたいな)私がまだ居るのよみたいな・・ニュアンスか・・(自信ぜろ。ウィンク!)絶対ほかに解釈のしようがあると思う・・!!

He’s good, isn’t he? I should have him on a leash. In fact, I might.
彼、ほんとう冴えてるのね。リードにつけてやりたいわ。本当にそうしちゃおうかしら。

I’d say it wouldn’t blow much of a hole in the wealth of a nation, but then I’d be lying.
このはじめの「'd」がwouldなのかshouldなのか・・いまのところshouldに一票。
国富に打撃は与えない程度よ、と言いたいところだけど(言うべきなのかもしれないけれど)、きっと嘘になるわ。・・と言う感じ・・・???もうわからん!くー!

Didn’t even ask for anything,
見返りは何も求めてこなかった。
ask forときたら、「何かを求める(この場合は報酬とか見返りを連想する人が多いのでは)」指すことが多いかも!

Why? Because you’re the great Sherlock Holmes, the clever detective in the funny hat?
どうして(あなたに気があると思っていたの)?あなたがへんてこりんな帽子の偉大な探偵、シャーロック・ホームズだから?
つづくシャーロックの「No.」も、上記に対しての否定かと!そうじゃなくてちゃんと科学的にキミの脈をとって瞳孔を観察したからだよ。って具合に・・・

>これ、アイリーンの反応を指して「携帯のパスコードがこれであっている」ことの“証拠”の意だと思っていたんだけど、もしかして「愛は危険なものだ」という考えを決定づける“証拠”ということなのかな。
>>私も、映像ではずっと前者だと思っていたのだけど、いま落ち着いて文だけを見ていると、後者な気がしてくる。わざわざ直前に I’ve always assumed that love is a dangerous disadvantage.と言っているし。。

One of a kind, the one woman who matters?
唯一の、重要な一人の女性として(の尊敬ではなくて)?

一話終えましたね*次はバスカヴィル??
(それともシーズン1?)

2012/10/21 (Sun) 02:38 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

The wheel turns, nothing is ever new.
私もここ好き!

Explosiveはやっぱり爆薬かあ。形容詞もあったから、思わず飛びついちゃった(笑)
It's more me.はなんだろう。先生にも聞いてみようかな。

Because this was textbook...
そっか、「教科書通り」ということなんだ。よくありすぎる話だろ、みたいな。

'dがshouldの可能性は考えつかなかった…!そうね、shouldの方がいいね!

ask forもうっかりしてたよー(汗)

「最後の証拠」が何の証拠なのかについて。もしこのエピソードでシャーロックが「愛は危険なものである」と再認識したとすると…なんか、どうなのかなって。シャロが「愛」を知ったからこそのライヘンバッハな訳で。ジョン達と出会う前のシャロだったら、「何故僕が凡人の為に死ななければならない?複数の凡人より、僕が一人生き残る方がずっと世界の為になる」くらいに思いそう。っていうか、sentimentにheadを支配させなければ、そう考える方が合理的だとすら思う。実際すごい天才だし。マイクロフトの協力を仰げば、不名誉なシャーロック・ホームズの名を捨てて生まれ変わることも可能だろうし。

「愛は危険なものである」とシャロが認識するのは、シャロが以降「愛」を遠ざけてしまうというわけじゃなくて、只の伏線のつもりなのかな。
…などなど考えてしまうこともあるので、「パスコードがあっている」ことについての証拠だといいなとか思っています。でも違うんだろうな!(笑)

いつも丁寧なコメントありがとう!!!

2012/10/23 (Tue) 21:38 | そふぃー #vhyXuXfY | URL | 編集 | 返信

Love..?

う~~ん。。。

私はライヘンバッハと、このベルグレービアの愛ってちょっと違うと感じていて。。。
そもそもベルグレービアのシャーロックの人間性が、他の5つの作品と根底の部分で統一されていない気がして(台本書いてる人が一人でないから当たり前といえば当たり前なのだけど・・)何度観ても、彼の人間性の描かれ方に疑問を持ってしまう・・・。シャーロックの何を知ってるんだ~そもそも「本来のシャーロック」なんてものがあるか~!って話なんだけど・・。でもやっぱり、なんだかこの作品が無理やり「ロマンス」に繋げているような感じがしてしまって、、他の作品がとっても丁寧なだけに、どうもしっくりこないのね。。

だからベルグレービアの「Love」が、「愛」というよりは「ロマンス」という認識がつよい。「愛」というには、深さが足りない。このエピソードでは深さが大事ではなかったのかもしれないけど、あのライヘンバッハの、本当にあたたかいあたたかい愛をみてしまうと、同じ「愛」とは到底思えなくなってしまう。。

なんだか、どうやって表現したらいいのか・・ベルグレービアはとくにSHERLOCKシリーズでも人気があって、私と同じような感想はほとんどみたことがなくて、こんなコメントをするのも申しわけなくって肩身がせまいのだけど・・。
たぶん、The Great Game と The Reichenbach Fall の、あの微妙なバランスのシャーロックの描かれ方に大賛成なんだね(も、もはや日本語がわからない・・!)
この2作品(とあえていうなら1作目)の彼の人間性にすっごくすっごく納得して、これこそがシャーロックなんだと勝手に私が思っているのね。彼だけでなく、マイクロフトもそうかな。

いろいろとあるけど、こういうのを文字にするのってなんだか辛い(泣)
話の大筋からは逸れてしまっているけど・・いつかそふぃーちゃんの意見も聞いてみたい!

2012/10/24 (Wed) 00:53 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

なるほどなるほど。
そうだね、ベルグレーヴィアとライヘンバッハの「Love」が違うものである、というのは私も賛成です。
ベルグレーヴィアは確かに人気が高いようだけど、好き嫌いが別れるエピソードでもあるようだね。他の人の感想ブログなどを読んでいると、「この回だけはちょっと…」っていう否定的なコメントも結構見かけました。だから全然!肩身が狭いとか!そんなことを思うことは無いと思います>_<
それでもこうしてコメントくれるのが嬉しいです^^

あと、私は実は、ベルグレーヴィアもそこまでロマンスだとは思っていないんだよね…
別の人格を持ちながらも類似する部分がある人間個人同士として、何か惹かれるものがあるけど、ただそれだけっていうか、なんていうか。アイリーンにせよシャーロックにせよ、恋愛的な意味でのI love you.ではなく、I'm interested in you.なのかなと。最後のアイリーンの問わず語りでも”interested”を用いているし。

アイリーンがゲイである、っていうのも、「これは男女間(或は、ゲイなどの恋愛対象間同士)の紋切り型恋愛ロマンスではないよ」っていうニュアンスを出す為にわざわざそういう設定にしたのかな、と思っています。男女共に相手にしていることから、ぼんやりと両性愛者なのかな、というイメージを(視聴者に)与えたままでも良かった筈なのに、ズバリ「同性愛者」だと作中で語っていて…。これは、アイリーンがシャーロックに「恋愛感情」を抱いている訳ではないということを、作り手がアピールしているのかなって。

個人的に、恋愛描写(特に、男女の規範的恋愛というか、何かそういうもの)が結構苦手なので、多様な性や感情のあり方とかが示唆されていたり、そういう直接の恋愛描写がないという意味では、ベルグレーヴィア(というかSHERLOCK全般)はとても好きだなあって。
SHERLOCKの人格的なことについては、まだそこまでちゃんと内容の理解が進んでいない(のと、英語の台詞のニュアンスが理解できない)ので、まだなんともコメントできないんだけど…(涙)

あと、私が前のコメントで書いてるのは、ベルグレーヴィアとライヘンバッハの「愛」のニュアンスが違うものであるにせよ、とにかくep3では「大切なもの」を得たシャーロックが描かれているのかなっていうような意味でした。ep1で「愛ってやっぱ危険じゃん。じゃあ持つのやーめた。HDから削除!→ジョン?ハドソンさん?別に大事じゃないし。愛はディスアドバンテージだ!!!」ってなってしまってわけではないんだな、って。w

でもここまで書いておきながら、私はまだ作品全体をちゃんと視聴したわけではないので、的外れなことを言っているかもなんだけども…(あわあわ)

なんか、文字で語るのって大変だね!上手く言葉にできない…

2012/10/24 (Wed) 11:11 | そふぃー #HoS6CxPE | URL | 編集 | 返信

過去記事にすみません…

お、おじゃま致します……
年末にはうちの方に来ていただき、ありがとうございました。
あのタイミングで来ていただき、そしてコメントを残してくださったことで、実はほんとに助かりまして……お礼をお伝えしたい!と思って参りました。

年末年始にこのベルグレービアの後半部分を訳してまして。
……私、「sleep on」に「を一晩寝て考える、の決定を翌日に延ばす」という意味があることを知らなかったのです。(すみません……英語弱者でして)
字幕のこの部分、意訳だと思っていました。
で、
「~ but then I’d be lying. I imagine you’d like to sleep on it?」の部分、「『その上で寝たいでしょう』?…アイリーンは一体いきなり何を言い出したんだ?その前の『lying』に『横たわる』の意味もかけてそれで「sleep」につながるなんか言葉遊び的なジョーク?」などと訳の分からないことを考えておりました。で、こちらを覗かせていただいたところ、ものすごくすっきりしまして。

こうやって英語を載せて全訳していただいているおかげで、私みたいな英語苦手人間でもいろいろ知ることができます。ほんとにありがとうございます。

そして訳の間に書かれた解釈や上のコメント欄のやりとりを今改めて読ませていただいたのですが、何だかすごく、いろいろ刺激を受けました。「Love」のニュアンスとか、シャーロックの意識はS2でどんな風に変化しているのか?とか。

お2人の過去のやりとりに今更勝手に反応して申し訳ないのですが、ひよりさんの

>たぶん、The Great Game と The Reichenbach Fall の、あの微妙なバランスのシャーロックの描かれ方に大賛成なんだね
>この2作品(とあえていうなら1作目)の彼の人間性にすっごくすっごく納得して、これこそがシャーロックなんだと勝手に私が思っているのね。

こ、この感じ、すんごいよく分かります!!
(そして私はあきらめが悪いので、しっくりこないとこを無理やり何とかしようといろいろ妄想をこね回して、こね回しているうちに考えが変わったり、よくわかんなくなったりしてるのですが)

……さらっとお礼を申し上げて去ろうと思っていたのにすみません。

またちょこちょこ覗かせていただくかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

2013/01/09 (Wed) 23:15 | ゆい #- | URL | 編集 | 返信

ぽろぽろ・・

ゆいさまのコメント、ひょっこり拝見させていただきました・・!
はじめまして。ひよりです*

思わず、ほんとうに思わず、コメントを読んで泣きそうになりました(というより、泣きました笑!)
あれ・・わたしだけじゃないんだ、共感してくれる方が居るんだ・・と、
なんだか、どえらくほっとしました・・!!

私もどうにか説明を付けたいと思って、あれこれ妄想しては色んな理由付けをしてみたり・・を繰り返すうちに、結局「あーもうなんかよくわからんね!」となったりが多々あります。笑


けれども!どうであれ。
ひとりで霧の中をさまようのではなくて、こうしてSHERLOCKに関して、色々な人と、色々なことが共有できるのってしみじみ・・幸せ!


・・さて!今後もシーズン3が控えているし、そふぃーちゃんのこのブログもまだまだ訳を終えていないエピソードがあるし!!
うん。もう、ここまで来ちゃったらジョン/モリー/コニーのブログもやっちゃえやっちゃえ~!!(無責任発言でたー!!)

というかなりしょーもない私ですが、今後もお付き合いのほど。
よろしくお願いいたします*

2013/01/10 (Thu) 00:15 | ひより #idS7H31o | URL | 編集 | 返信

No title

ゆいさん、こちらこそコメントありがとうございました。

ベルグレーヴィアの考察についての記事も拝見していました。ひよりちゃんがベルグレに納得いかないと言っているのを以前から知っていたので、「ゆいさんの考察記事連載が終わったら、ひよりちゃんに是非教えてあげよう!」と思っていた矢先にコメントをいただけて、なんだか嬉しく思っています。

私は”Sorry about dinner.”の無表情棒読みシャーロックに疑問を感じていましたが、ゆいさんの解釈で「ストン」とはまったように感じていました。カメラワークなど、細かい演出の背景にも言及されていて感激しております。ラストシーンについての記事も楽しみにしています!

私はかなり怪しげな英語力しかないのですが、ひよりちゃんはじめコメントくださる方々に支えられながら、辞書を引き引きなんとかやっております…。自分の趣味&勉強の為にやっているのですが、もし何かお役に立てているのなら嬉しいです。(ただ、間違った情報を垂れ流しているかもしれないので、そこは本当に申し訳ないのですが…。)

ひよりちゃん
>うん。もう、ここまで来ちゃったらジョン/モリー/コニーのブログもやっちゃえやっちゃえ~!!(無責任発言でたー!!)
特にジョンのブログには興味があります!ほとんど読んだことないけれど、コメント欄での応酬も面白いとの噂なので。でもまあ、まずはシーズン1ですね!そしてシーズン3も、そこまで熱意を続けて持って行けるように頑張りたいです。

ゆいさん、ひよりちゃん、今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました^^

2013/01/11 (Fri) 10:53 | そふぃー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。